鉄道模型HO(16番) HNモジュール東京クラブ

HNモジュールという規格のモジュールを連結して、HO車両運転を楽しむものです。手持ちの小編成車両を走らせたり、その走らせるモジュールを作りませんか? 本クラブは東京近郊をベースとしていますが、本家の関西や北九州をベースに活動しいるグラブもあります。 このBLOGではクラブ員の個人的な製作記事が含まれることがあります。 いや 含まれる方が多いかもしれません。

6/22(土)と6/23(日)の2日間 東京 吉祥寺で
鉄道模型アートマルシェというイベントに行ってきました。
JR吉祥寺駅 ちかくのヨドバシカメラ隣のビル1階で開催されています。

IMG_3596

宮下洋一さんの作品も展示されていました。
IMG_3593

IMG_3594

Rail Classicさんは エッチングとホワイトメタルの組みあわせの
トヨエースの販売がされていました。渋いですね。
IMG_3591

明日 6/23まで行っています。

私はモジュールに組み込むため 梅桜堂さんのアクセリを購入して帰りました。
これを自作するのは大変だ。
IMG_3598


2024年夏も発売するJR線の快速・普通列車に乗り放題の青春18きっぷ。

利用期間は7月20日から9月10日まで、乗車日当日限りを1枚のきっぷで5回まで利用できる。
知らなかったが、なくなるうわさもあったらしい。
続いてほしいものです。

関西のHNモジュール運転会は9/15なので 東京→京都の区間は 残念ながら
まともには使えないなあ。

往復とも新幹線を使わないルートはきついかもしれないが、例えば復路だけ 
普通列車の乗り継ぎで移動するできたのになあ、残念。

前回使った切符画像が見つからない!

駅近くの本屋でTMS買ってきました。

IMG_3556

冒頭の記事は2023年レイアウトコンペで特別賞のORION PACIFIC RAILWAY
G&D鉄道に影響を受けて製作している巨大なアメリカレイアウトです。
きっかけが1964年8月号と書いてあったのですが、手元に見つからず 
1971年7月号のG&D鉄道の記事と比べてみました。

IMG_3557

細かなところまで製作されている芸術的なレイアウトで圧倒されたものです。
さまざまな鉄橋がありましたが...
IMG_3560

まだ記事のレイアウトは製作途中とのことですが、巨大なレイアウトなのに細かなところまで
表現されています。

次の記事としては よりリアルなシーナリィ製作のための「静電気接着の基本手技」
も読みごたえがあります。
何回も読み直す必要がありそうです。レベル高し!
IMG_3563

製品紹介のところで KATOからジョイント道床が新発売されたみたい。
フレキシブル線路を使ったモジュール間の接続にピッタリ。
当HNモジュール同士の接続で利用できそうな予感がします!
いろいろ確かめたいものです...


↑このページのトップヘ