MY SOUL COLLECTION

昔に購入したSOULのSingle盤や最近購入したIndie SOULなどを紹介

2009年05月

Deep Side/Let's Make Love

81c450d5.jpg今日は、Deep Side/Let's Make Love(Jive)を紹介。
現在は、Git Freshと名前を変え、昨年Single盤「Booty Music」を発表したGroupです。前に年間ベストCDで紹介した「What I Need」(StarGate制作)も素晴らしい曲ですが、こちらも負けず劣らずな好曲です。制作は客演もしているR Kellyが担当。陽気な曲調のなかにも、サビでは哀愁のMelodyを漂わすあたりは、実にSoulを感じます。地域としても注目されているフロリダ出身のGroupですが、なかなかAlbum発表まで至りませんね(Indieでは一枚発表済み)。是非、今後も頑張って欲しいGroupです。

VA(Masterpiece)/Masterpiece volume 1 : The Ultimate Disco Funk Collection

4abcc52f.jpg今日は、VA(Masterpiece)/Masterpiece volume 1 : The Ultimate Disco Funk Collectionを紹介。
ここ数年で活発化した80年代12盤の編集盤のなかで、オランダのVinyl Masterpieceから発売されている本シリーズが当初は一番好きでした。その記念すべき第一弾の目玉は、何と言ってもAtlantic盤御三家のうち二曲の初CD化でしょう。確信犯的に、「Hold On」のワンフレーズを挿入して、自分の一番得意なMideum Tempoで歌いきる「Ze-Brass/Feel So Good」 。行き過ぎな程に感情を込めたリードの素晴らしい歌が展開されるDancer「Bridge/Baby Don't Hold Your Love Back」。この二曲は、自分にとっては一生付き合い、聞き続けるであろう名曲です。

Paradise/World's Midnight

4a2cbc31.jpg今日は、Paradise/World's Midnightを紹介。
再発当時に、買い逃して以来ずっと捜していた一枚をやっと見つけました(笑)。One Mind Two Hearts程の必殺曲は無いものの、収録曲の出来は総じてたかいです。印象としては次作と比べると、幾分地味で、曲調が幅広いという感じです。Gospel Groupなので、歌詞に「God」や「Jesus」が登場しますが、80年代Soulが好きな方なら是非聴いて頂きたい一枚です。

BarberShop(2002)-2

f13d163d.jpg今日も前回に引き続き、BarberShop(2002)を紹介。お薦め3は、Collin/Baby,Baby,Baby。結局、Full Albumは出ませんでしたが、非常に魅力的な歌手です。2001年に同じくEpicから出たクリスマス盤「A Season Of Soul And Sounds」に収録されていた「Spend It With Me」も好曲でした。しかし、昨年入手した同曲のSingleCDのジャケットを見てびっくり。この歌手って、白人だったのですね。確かに、よく聴くと、そうかもと思うところもありますが、クリスマス盤を聴いていた時には全く気づきませんでした(苦笑)。

Soundtrack/Barbershop

e8e0fd56.jpg今日は、Soundtrack/Barbershopを紹介。bmr誌で紹介されているのを見てから、予算1000円目安で購入するのに約4ヶ月かかりました(苦笑)。お薦め1は、誌面でも各ライターさんが絶賛していた「Glenn Lewis & Amel Larrieux/What's Come Over Me?」。G LewisのStevie節全開の歌から始まり、相性の良いAmelの歌が絡んでくるDuetは非常に魅力的な仕上がりです。お薦め2は、「Best Man/I See You」。当初この曲は、12盤と高価なSingeCDの存在しか知らず、本盤に収録されている事を知った際には、更に捜索意欲がたかまってしまいました。内容は、Eddie F印全開のGreart Mid Dancer。日本盤の解説同様、本盤のBest曲だと思います。

Playa/Unleased Compilation

fd20edca.jpg今日はPlaya/Unleased Compilationを紹介。こんなマニアックなBlogを見ている方なら、既にご存知の名古屋のCDショップBout Out Recordさんと元メンバーのSmoky氏が手掛けた一枚。Playa時代の未発表曲を中心に、現在Smoky氏が活動中のSmoke-N-Bigの音源まで含んだ過去と未来をつないだ見事な一枚に仕上がっています。いやいや、売れるCDを企画段階から立案するCDショップさんの熱意と愛情には感服です。内容も素晴らしいの一言。曲単位でいえば、Digital Blackの1st Albumに収録済みの好曲が4曲含まれていますが、その他はタイトル通りながらも、概発曲にひけを取らない出来の未発表曲で構成されています。一次全盛期当時は、はやりの音という印象しかなかったTimbalandの音も、ここでは意外な程に普遍性のある魅力を発散。今聴いたほうが、本来の魅力を正面から受け止められました。
プロフィール

ho0825

タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ