MY SOUL COLLECTION

昔に購入したSOULのSingle盤や最近購入したIndie SOULなどを紹介

2009年07月

Hard Cover/Do You Care(Like You Say You Do)

2e5a3def.jpg今日は、Hard Cover/Do You Care(Like You Say You Do)(Shanty Town)を紹介。
最近発売された「Magnetik Soul 5」で、ついに初CD化されたGreart Beat Ballad。ライターには、何とHolland-Dozier-Hollandの名前を発見。Produceも、Brian Hollandが担当しています。この曲は、ArtworkもAlbum未収録ながら12盤で発表していますが、このDuoに比べると残念ながら今回は分が悪いです。客演の女性歌手Elaine Alexanderの歌はともかく、男性Vocalの静かに沸き上がる熱い歌が聴きものです。暑苦しさ全開ですが、そこがまた応えられません(苦笑)。ちなみに裏面のI Bet She Does It Like She Dancesは平均点なDancerです。

Rated R/Love And Life

51025070.jpg今日は、Rated R/Love And Lifeを紹介。最近はG-Rapの深みから抜け出せない今日この頃でしたが、さすがに本盤は速攻でGetしました(笑)。レーベルは、2006年に発表したSingle盤(Hottie、Liesは本盤にも再収録)と同じくMusicWorks Entertainment。メンバーも前回同様に、Reggie“JT”TaylorとRobert“Dink”WilliamsonのDuo編成です。内容はPromo盤・コンピ盤・Single盤と追っかけている身を裏切らない出来。特に中盤から出現するBalladは素晴らしく、「Would U Mind」や「Promises」などは、過去の名曲「Natural Thang」や「Stay With Me」に迫る内容です。

Al Mason/Good Lovin'+We Still Could Be Together

c680967b.jpg今日は、Al Masonの12盤「Good Lovin'+We Still Could Be Together」(Al & The Kidd/1980)を紹介。先日紹介したVA/The Essentical Modern Soul Selectionに収録の一曲。当時は、一番原盤が欲しい曲でした。本来であれば、裏がColour Her Woman(後に発表されたFull Albumにも収録。Versionが同一かは不明)の7盤を紹介するのが普通ですが、単純に持っていないので、こちらの12盤を紹介します(苦笑)。まずは、そのGood Lovin'。完全無敵のGreart Modern Philly Dancerとしか言いようがありません。個人的には、Larry Wedgeworth And Clique/No More Gamesと並んで、この分野Solo部門のBestの一曲だと思っています。そして、裏のDeep Ballad「We Still Could Be Together」。ライターにはSkip MahoneyとIra Watsonが関与しています。PianoのIntroに導かれ、最初は静かに歌い出すものの、途中の語り以降は何かに取り憑かれたような切羽詰まった歌が聞きものです。
プロフィール

ho0825

タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ