官能小説家−習作−

官能小説、一連の習作を掲載。SMでつながった男女のSMプロットをオムニバス展開。 妄想男の緊縛女への股縄・羞恥責め。M女に調教されたS男のM女育成、恥丘に刺青M女etc.

目次

閲覧は、無料で、成人限定ではありますが自由です。
ただ、著作権は、放棄していませんので、転載等は事前に承認を求めてください。



官能小説家−習作−


屋外でのノーパン、股縄、緊縛、奴隷契約、羞恥責め、自縛、露出、刺青、恥丘、m女、女王様、クンニリングス・・・
成人向けですのでご注意ください。


目次は、項目をクリックして、その日付へ飛んでください。
そこから物語が始まります。

※ 今まで目次の項目を選ぶと、古い(最初の)お話から表示します。

※ 下まで読み終わったら、「次へ」をクリックすると次の話へつながります。
   「前へ」をクリックすると、前の話に戻ります。


でも、最初の「レイープロット」が全ての始まりです。

基本的には、前の話に出てきた脇役が、次の主役になっていたりしますので、
最初から読んでいただけると、登場人物の生い立ちなども分かりやすいと思います。




 1.レイ-プロット       05年6月8日


 2.レイ 続き        07年6月13日


 3.ゆみか−プロット    07年9月17日 


 4.蒲田プロット-後日譚-  08年1月25日 


 5.春香−プロット      08年2月15日 


 6.エリカ様           09年5月1日 


 7.里子             09年10月8日 


 8.タトゥー程口の容子    10年8月25日


 9.プチ官能小説 「夜8時」      11年12月3日


 10.午前1時        12年2月9日


 11.ある孤独−M女が生まれるまで    12年6月1日 


 12.お気に入り画像        14年9月5日 


 13.倒 錯−譲られた女       15年1月23日 


 14.苦辱の華          16年2月12日 


 15.あのかぶ         16年4月28日 


 16.里加、被虐の物語<M女のはじまり> 17年9月1日 


 17.薫子、被虐の物語<悪夢のような> 17年10月20日 


 18.悦子、被虐の物語<S/M仕掛>  18年1月5日



その日付へ飛んでください。
そこから物語が始まります。





※下まで読み終わったら、「次へ」をクリックすると次の話へつながります。
   「前へ」をクリックすると、前の話に戻ります。

でも、最初の「レイープロット」が全ての始まりです。

悦子、被虐の物語<S/M仕掛>-9-

梅上は、武松とぶつからない日を選んで、閉店間際にやって来る。
店の従業員が帰ってから、梅上が我が儘な注文をし、板前のいない厨房でありあわせの食材でなんとかそれに応えようとするのを、後ろから襲ったり、せっかく作ったものを不味いとなじったりして、悦子の口惜しそうな顔を見て喜んでいた。

「くやしいか?」
「・・・」

「憎いか?」
「ううぅ」

「いやなら出て行っていいんだぞ。この店は全部俺のものだ」
「ううー」

「お前も、俺のものだ」
「やだー」

梅上は、抵抗する悦子を嬉しそうに捕まえて、手を縛り上げた。
手を縛ってしまえばあとは、好きにできると言うように着物の脇口から手を入れる。
当然ブラなどしていない胸に侵入して、きつく着物に囲われた乳首に触れる。
悦子は、梅上から逃れようと暴れるが、簡単に足払いされて畳に転がされた。

それでも、足をばたつかせて梅上を遠ざけようともがくが、ニヤつきながら梅上は片足を掴む。
股の間に入るようにして、その片足を近くの柱に縛りつける。
悦子はそれでも残った片足で梅上を蹴り飛ばそうとするが、上手く身を躱わされ、そちらも捕まえられてしまう。
そして、思いっ切り足首を持って左右に広げるのだった。
「あぁー、いや、そんなこと」
「いい声だねー」

着物の裾が開き、悦子の股の奥が露わにされる。

梅上は、近くの座卓に、捕まえた悦子の足に回した縄を結びつける。
悦子の股は、手を離しても梅上の目に曝されたまま、閉じられない。

悦子の後ろに回って起き上がらせた梅上は、今度は、襟の合わせ目から手を忍ばせる。
女中の着物姿だから中は襦袢一枚、帯も簡単なワンタッチものだ。
帯留めさえとってしまえば、襟を緩めるのは簡単だった。

乳房が剥き出しにされる。
悦子の口に指を突っ込んで、舌を二本の指で挟むと、嫌でも次第に涎が、口の端から垂れてしまう。

それを掬って指にまとわせると、悦子の露わになった陰唇に塗りたくり、割れ目の中心に押し当ててきた。

「ほら、どうだ?嫌な男の指に犯されるのは」
「やだー、やめて」

「騒いでも、もう店には誰も居ないもんな。お前が返しちまったんだから」
「だれかー」

「うるさい女だなー」
猿ぐつわとして、一瘤作った手ぬぐいを噛ませ、後ろで縛る。
「うぐぅ、ぐー」

「待ってろ、お仕置きだ」
梅上は蝋燭を持ってきた。
悦子の目の前で火をつける。
「やぁうぅー」

「いやか?怖いか?はっきり言わなくちゃ分からないぞー?」
「いぁうぅー」
「そうか、いいのか?」

梅上は立ち上がって膝のあたりに蝋を垂らした。
「まだこんなんじゃ何ともないよな?」

太ももへ垂らす、ボトン、ボトンと悦子の白い太腿に蝋の赤みが被さっていく。
「あうぃいー」
悦子は脚を動かすが、柱と座卓二つに繋がれて、思うようにならない。

「こっちにも欲しいだろう?」
梅上は、膝をついて、より的に命中するようにして、乳首に垂らす。
「あうぅぃー」

膨らんで赤茶けた乳首が、蝋の赤に埋もれていく。
「さあ、次は、どこでしょう?」
「あぁぁー」

「そう正解、ここしか残ってないよねー」
梅上は少し体をずらして、悦子の下半身に向かうと、裾をきれいに開き直して、指をもう一度中心に挿し込んだ。
「あぁあー」

「ここだけは敏感だから後にして」
そんなことを囁きながら、その周りに垂らしていく。
同時に挿し込んだ指を、更に奥に入れて、動かし始めた。

快感、恐怖、熱さ、ごちゃ混ぜになって悦子の感覚が混乱する。

そうして、悦子は、まるで木偶人形のように、手足も口も動かせないまま、梅上が上になって果てるのを受け容れた。

そんな日々が、武松と梅上の毎週交替で続いた。

そうしているうちに、今回の仕組みが、悦子にも段々と分かって来た。

武松は、梅上と結託していたのだ。
梅上が、宇目商会の名で手に入れていた隣地を使って、店の権利を取り戻すだけでなく、浮浪者を使って、悦子を追い詰める仕掛けをしていた。
以前の金のためなら喜んでMになる悦子でなく、追い詰められた女を強引に手込めにしたかったからだ。
どうも気に入っていた秘書も、金のためならの口らしかった。
金で転ぶ女は、もうつまらない。

それが、武松との共通点だった。
銀座のクラブで紹介されて知り合った二人は、その共通点で意気投合し、更に偶然にも悦子と、その店を知っているという共通点で、更に盛り上がった。
そのために武松と結託して仕掛けをし、悦子を窮地に追い込んだのだ。

普段は女将として、そして、融資分を返すまでは武松のM女にも。
武松は、気位の高い悦子を、金の力で屈服させるのを楽しんでいた。
金で喜んで抱かれるのでなく、悔しさに歯を食いしばって、一晩一万円で抱かれる悦子を楽しむ。
そのために、この仕掛けを誇らしげにしゃべった武松だった。
これだけの店の女将が、そんな値段で抱けるはずはないが、金を一日でも早く返してお店を取り戻すためには、仕方ないのだった。

股縄を掛けたまま、女将として一日働かせ、最後に客として上がり、部屋に呼んで女将の股縄姿を確かめて見て、武松は酒を飲み、飲ませて、店の切り盛りをさせに返すのだ。

接客や差配に集中できないからと嫌がる悦子に、店はもう取り返さなくていいのかと、意地悪く囁き、きっと睨むようにして、立って行く女将の後ろ姿に、武松は、ほくそ笑む。

嫌でも辛くても、ここへ戻って来て、股の戒めを解くよう懇願しなければならない悦子。

毎回、違う手で悦子を辱め、無理やり抱くのが武松の楽しみとなっていた。

このSM仕掛けで、悦子が、辱めを受け、悔しがり、嫌がるのを、裸に剥くのは、極上の贅沢とか言って・・・

―― 終 ――

悦子、被虐の物語<S/M仕掛>-8-

ぬるぬるを指で広げるように触りながら、バイブを当てて更に撹拌する。
「うぅーん、ダメー」

バイブが、悦子の壺の口に持って来られ、焦らすように行き来する。
「あぁー、やだー」

悦子は、耐えきれず、うずくまり、固まってしまった。
「何だ、これだけで・・・」
武松は、悦子の髪を掴み、半身を置き上がらせて、眼前に怒張したものを突き付けた。

悦子は、それを口に含み根元まで受け入れた。
髪を掴まれ武松のものを、出し入れされる。

喉奥に突き入れられ、えずいても、治まれば、また入れられた。

悦子は、涙目で武松を見上げながら、舌を絡ませてやった。
『男なんて、この程度で大喜びするんだから・・・』

口惜しさ半分で、自分自身に言いかけた。

武松は、あっけなく悦子の口の中で、逝ってしまった。
だが、悦子も、迷いもなくそれを飲み込んでいた。

あとは、バイブで適当に遊ばせて、二人で眠りについた。

翌朝、悦子が武松のものを頬張ってやると、たちまち元気になり、もう一回戦してから満足そうに武松は帰って行った。

そうして、武松は、東京出張のたびに悦子の所に泊まり、悦子を縛って、責めて、果てて、帰って行くようになった。

悦子は、ねだって、ポケットマネーから数百万円を、建前上は融資と言うことで、出させることにも成功するようになっていた。

こうして、店の売買と改装の契約も、融資も完了し、武松との関係も含めて、悦子の予定通りに事が運んで行った。

3カ月休業して、新装開店。
忙しくなるからと武松の勧めもあって、板前と経理の担当を追加で雇っていた。
順調に客も、増えて来て、悦子も自信を深めていった。

武松との逢瀬も月に2度くらいで、忙しい悦子にはちょうどいい頻度でもあった。
すべてが順調に進んでいる。

だが、暫くして、店の前に浮浪者がたむろし始めた。
追い散らせば、居なくなったが、数時間するとまた、たむろしている。
追っても、追っても、戻って来る。
一人が居続けると、仲間なのか、もう一人、更にもう一人と増えてしまった。
臭いし、気分が壊れるしで、客が減る。

営業妨害だから役所に相談しようとか、警察を呼ぼうとか、従業員も騒ぎ始めたが、どれも、ただ居るというだけでは強硬手段が取れないことを、悦子は、経験上分かっていた。
だが、そうして、客足が遠のけば、売り上げが、減っていく。

そんなとき、改装時に雇った経理が、売り上げを持って姿を消した。

仕方なく、運転資金の融資を頼みに、銀行に行くと、経営者失格と言われる。
直ぐ退陣か、経営を立て直さないと、改装の融資も引き上げると。

武松に相談すると、もう融資はどこも無理だから、その筋に頼んで追っ払おうかと言うが、やくざは、後が怖い。
今の店も、新しい店も担保に取られている、ここで失敗したら、悦子には何も残らなくなるのだった。
改めて融資の契約書を見ながら考えた末に、悦子は、思いついた。

梅上の所に行き、融資を頼んだのだ。

梅上は、まんざらでもなさそうに承諾し、悦子の地位はそのままにする代わり、店の権利書を取り上げ、更に念押しして来た。
「悦子、お前は、俺の言う通りになるんだな」
「はい、仰る通りに何でも致します」

そうなってから、梅上は、その自分の社長室で、悦子に襲い掛かって来た。
悦子はびっくりしたが、こうして頼んだ以上覚悟を決め、したいようにさせたのだが、
「それじゃあ、つまんないんだよ」と、梅上が手を引いた。
「えっ?何で?」

「それって元の悦子じゃないか?金のためなら喜んで抱かれるって」
「ええ。お店、守るためだもの」

「違うよ、店守るために、下げたくもない頭を下げて頼んだのに、悪い俺様に襲われ、嫌がる悦子は犯されてしまうって言うのが、今回俺の考えたストーリーなんだからさ」
「あら、そうなの?」

「うん、そうなんだから、今後もその通りにしろよ」
「はい、分かりました」

それからは、悦子は女将として店を切り盛りしながら、梅上が来たときには、住み込み女中として、梅上の情けを乞う女になった。

前とは違って、嫌がり拒み嫌っても、強引に手込めにされるか弱い女中に・・・。


Archives
ギャラリー
  • 悦子、被虐の物語<S/M仕掛>-6-
  • 明けまして、おめでとうございます。
  • 2018年カレンダー 
  • 2018年カレンダー 
  • 2018年カレンダー 
  • 2018年カレンダー 
  • 2018年カレンダー 
  • 2018年カレンダー 
  • 2018年カレンダー 
  • 2018年カレンダー 
  • 2018年カレンダー 
  • 2018年カレンダー 
  • 2018年カレンダー 
  • 2018年カレンダー 
  • 薫子、被虐の物語 <悪夢のような> 10
  • 薫子(かおるこ)被虐の物語のはじめに当たり
  • 里加、被虐の物語<M女のはじまり>4
  • 里加、被虐の物語 <はじめに当たって>
  • 近日公開 !
  • 有難うございます
  • 和服緊縛
  • 緊縛おんなの絞め込み
  • これから、おんなの絞め込み
  • 小妻容子 画
  • kinbaku
  • お屠蘇気分も終わりまして・・・
  • カレンダー 12
  • カレンダー 11
  • カレンダー 10
  • カレンダー 9
  • カレンダー 8
  • カレンダー 7
  • カレンダー 6
  • カレンダー 5
  • カレンダー 4
  • カレンダー 3
  • カレンダー 2
  • 2017カレンダー 1
  • あのかぶ−26−
  • あのかぶ−23−
  • あのかぶ−20−
  • あのかぶ−18−
  • あのかぶ−15−
  • あのかぶ−12−
  • あのかぶ−9−
  • 2016年緊縛カレンダー1,2月
  • 2016年緊縛カレンダー1,2月
  • 2016年緊縛カレンダー3,4月
  • 2016年緊縛カレンダー3,4月
  • 2016年緊縛カレンダー5,6月
  • 2016年緊縛カレンダー5,6月
  • 2016年緊縛カレンダー7,8月
  • 2016年緊縛カレンダー7,8月
  • 2016年緊縛カレンダー9,10月
  • 2016年緊縛カレンダー9,10月
  • 2016年緊縛カレンダー11,12月
  • 2016年緊縛カレンダー11,12月
  • 雑記
  • 倒 錯−譲られた女−30
  • 倒 錯−譲られた女−29
  • 倒 錯−譲られた女−26
  • 倒 錯−譲られた女−16
  • お気に入り画像 5
  • お気に入り画像 5
  • お気に入り画像 5
  • お気に入り画像 5
  • お気に入り画像 5
  • お気に入り画像 5
  • お気に入り画像 5
  • お気に入り画像 4
  • お気に入り画像 4
  • お気に入り画像 4
  • お気に入り画像 3
  • お気に入り画像 3
  • お気に入り画像 3
  • お気に入り画像 3
  • お気に入り画像 3
  • お気に入り画像 2
  • お気に入り画像 2
  • お気に入り画像
ブログランキングに参加しました、励みになりますのでクリックを!  ↓ 
ここの画像保存する?  pinterest ☟
QRコード
QRコード
メッセージ

読者の皆様からブログ管理者へ、 非公開でメッセージを送れます。 ご利用ください。

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ