官能小説家−習作−

官能小説、一連の習作を掲載。SMでつながった男女のSMプロットをオムニバス展開。 妄想男の緊縛女への股縄・羞恥責め。M女に調教されたS男のM女育成、恥丘に刺青M女etc.

目次

閲覧は無料で自由ですが、著作権は、放棄していませんので転載等は事前に承認を求めてください。



官能小説家−習作−


屋外でのノーパン、股縄、緊縛、奴隷契約、羞恥責め、自縛、露出、刺青、恥丘、m女、女王様、クンニリングス・・・
無料で読んでいただけますが、成人向けですのでご注意ください。

文章がだいぶ溜まって、どこから読めばいいか分かりにくいとのコメントもあり、
整理してみました。

目次は、項目をクリックして、その日付へ飛んでください。
そこから物語が始まります。

※ 今まで目次の項目を選ぶと、新しいお話から表示していました。
  今回それを逆に、古い(最初の)お話から表示するように変更しています。
  この方が、読みやすいと思いますので・・・

※ 下まで読み終わったら、「次へ」をクリックすると次の話へつながります。
   「前へ」をクリックすると、前の話に戻ります。


でも、最初の「レイープロット」が全ての始まりです。

基本的には、前の話に出てきた脇役が、次の主役になっていたりしますので、
最初から読んでいただけると、登場人物の生い立ちなども分かりやすいと思います。




 1.レイ-プロット       05年6月8日


 2.レイ 続き        07年6月13日


 3.ゆみか−プロット    07年9月17日 


 4.蒲田プロット-後日譚-  08年1月25日 


 5.春香−プロット      08年2月15日 


 6.エリカ様           09年5月1日 


 7.里子             09年10月8日 


 8.タトゥー程口の容子    10年8月25日


 9.プチ官能小説 「夜8時」      11年12月3日


 10.午前1時        12年2月9日


 11.ある孤独−M女が生まれるまで    12年6月1日 


 12.お気に入り画像        14年9月5日 


 13.倒 錯−譲られた女       15年1月23日 


 14.苦辱の華          16年2月12日 


 15.あのかぶ         16年4月28日 




その日付へ飛んでください。
そこから物語が始まります。





※下まで読み終わったら、「次へ」をクリックすると次の話へつながります。
   「前へ」をクリックすると、前の話に戻ります。

でも、最初の「レイープロット」が全ての始まりです。

あのかぶ−5−

3時に宏子と会うのは、あまり気が進まなかったが、意図を確かめておくためには柳沢は、すっぽかす訳にもいかなかった。
だが、席に着くなり、言ってしまった。
「随分強引なんですね。そんなんじゃ、株では火傷しますよ」
「柳沢さんも彼女で火傷しないでくださいね」

「まさか、チクったりする・・・」
「そんなことしませんよ。儲けの種を潰すような」

「だから、儲かるかどうかなんて確実なネタじゃないんですから、分かってますよね」
「ええ、まあ、でも、xxx商事って言った訳を詳しく教えてくださいますね」
「詳しくって言っても、新聞にある通りです」

「資源の価格下落の傷が浅いから?」
「ええ、それが第一。株価はこれ以上、大きくは下がらない」

「それで?」
「中国投資」

「これから中国投資しても、成長率落ちるばかりでしょ?」
「落ちるのは、安物の輸出産業、重厚長大の工業、それと不動産」

「上がるものが有ると?」
「賃金が上がった」

「でも・・・」
「消費は、中所得層以上は、これから伸びていく」

「爆買いの人たち」
「そうです。国内に安心して買える良いものが少ないから、海外で買う」

「それが?」
「中国で国内消費をうまく取り込めれば・・・?」

「儲かる」
「そう」
xxx商事の投資方針と規模を、その後ざっと説明しておいた。

「分かりました。いくら位なら買いですか?」
「それはご自分で判断して。私は責任持てませんから」

「そればっかり」
「ええ。損しても私のせいにしないでくださいね。得したら何か呉れてもいいですけど」

失礼のお詫びに、今日は彼女が代金は持つと言うので、そうしておいたが、不安はぬぐいきれなかった。



ひと月経った5月の木曜日、いや、曜日を変えてその前日。
ホテルも変えた。
いつもの通りのキスの後、瑤子は三つ指をついて、決まり文句を述べ、床に額を当てて畏まった。

「うん。いつも通りで、良い」

瑤子はそれに安堵して、いつもそうするようにバスタオルに隠れている柳沢のものを上から撫でる。
ひと月振りに会う赤ん坊を愛おしむように、まだ生硬い肉の塊を撫で上げ、バスタオルをめくり頬ずりしてから先端にキスをし、そのまま口に含む。

赤ん坊を起こすように、舌でチロチロと刺激してから、確かめるように口から抜き出して、その先に唇を押し付ける。
そのまま先端の割れ目に舌を這わせ、裏筋を舐め上げる。

もう一度口にすっぽり含んでから、じゅぽじゅぽと音を立てながら往復させる。
明らかに硬さが増したのを見届けてから、瑤子のバッグから首輪を取り出して捧げ持った。
柳沢はそれを瑤子の首に嵌めてやる。
挨拶は終わった。

「縄」
瑤子がバッグから急いで一本を差し出す。

首輪の後ろにある金具に通してから真っ直ぐ股をくぐらせ瘤を三つほど作ってから、反対側の金具に縄を通して固定する。

「次」
2本目を差し出すのを受け取りながら、瘤が瑤子の女性部分に上手く当たっているか確かめる。

「向こうを向け」
一本目の端に輪を繋いで、乳房の上と下に縄を回しながら、何気なく乳首に縄を擦り付ける。
膨らんだ乳首には、麻縄の粗いざわつきは、どんな振動よりも刺激的だ。
擦り付けたら、下縄の瘤に覆われた女性部分にも電気が走ることは、もう十分承知している。

「もう感じてるのか?」
「あ、い・・・」



2時間ほどして、椅子に腰かけ、瑤子が作ってきた弁当を食べながら、向き合うように床に座って食べている瑤子の膝を割って足先をその中心に進めながら、
「言ったとおりになったろう?」
「株?」
瑤子は、腰をひねりながら、話題の先を感良く察して訊き返す。

「ああ」
「私も買えばよかった」

柳沢はつま先で、瑤子の中心の潤いを、感じながら、
「そう、買えばよかったのに」
「でも損したら、恨むようになるから、いい」

「そうか、そうだな」
柳沢は、食べ終わった弁当を置いて、瑤子の後ろに座り、
「この前のおばさん、明日また会うんだけど、一応上がってるからご満足だろうよ」
縄跡を労わりながら、乳首に手を伸ばす。

瑤子は、それに答えず、箸を口に運んでいる。
「なんだ?まだ疑ってるのか?」
「絶対おかしい」


あのかぶ−4−

翌月の4月、いつものホテルで、瑤子は部屋に入って来ると、キスをせがむ。
応じた後、早々に、
「挨拶を」

瑤子は身体を離して靴を脱ぎ、ひざま付いて三つ指をついた。
「今日も、ご主人様にお目に掛かれて光栄です。ご主人様のご満足を頂くためなら、どんなことでもお尽くし致します」
そう言うと、瑤子は、床に額を当てて畏まった。

「うん」
それを合図に、瑤子が顔を上げ、バスタオルに手を伸ばそうとした。

「その前に、ここへ来るときエレベーターに誰か乗っていたか」
「ええ、女性が一人」
答えながら、伸ばしかけた手は膝に戻した。

「この階で同時に下りたか?」
「あ、はい」

「ちょっと、廊下にまだ居るか見て来い」
「何なんですか?まさか奥さんにバレたとか」

「そうじゃないが、感付いたのかも知れないおばさんが居る」
「おばさんって?」
瑤子は、立ち上がってドアに向かいながら、訊いた。

覗き穴から外を見て、
「ドアの前には誰も居ない」
「じゃあ、開けてみろ」

そおーっと開けると、いきなり女が顔を出した。
「ひゃっ」
と、瑤子が声を上げた。

「やっぱり、私の思い込みじゃなかった」
「やっぱり、あなたですか」

「何よこの人」
その瑤子の発言にも構わず、部屋に足を踏み入れた加藤宏子は、
「あなた、柳沢さんの奥様じゃないですね?」

「だから、貴女、一体誰なんですか?勝手にずけずけ入って来て」
「まあ、いい。入れてドアを閉めろ」
「いいんですか?」

「仕方ないだろ、落ち着け」
瑤子は仕方なしにドアを閉めてから、ふて腐れた風に壁に寄り掛かる。

「そこに掛けてください」
「ええ、現行犯ですもんね」

「で、どうしたいんですか?」
「別に奥様に言いつけたりしませんから」
瑤子の方に目を向けながら、宏子が答えた。

「じゃあ、何でこんな真似を」
「だから、前から言ってるじゃありませんか、上がる株の銘柄を教えてくださいなぁ」

「そんなことのために、こんな破廉恥な?」
「破廉恥は、ここのお二人の方でしょう?」

「分かった、分かりました。でも何度も言ってますが、別に特別な情報なんか持ってませんから」
「こっちの奥さんは?あっ、奥さんでよかったかしら?」

「彼女も、そんな情報持ってませんて」
「どうかしら?一流会社の旦那さん居るんでしょ?」

「なによ、それ」瑤子が向きになって言い返した。
「お前は黙って居ろ。はったりで言ってるんだから」

「あら、バレちゃいました?」
「奥さんかどうかも知らなかったんでしょ?」

「ああ、そうでしたね」
「銘柄は教えてもいいですが、当たるかどうか何の保証もないですよ。嘘かもしれないし」

「この期に及んで嘘をつくメリットもないでしょ?」
「まあ、その通りですが」

「じゃあ、お願いします」
「xxx商事」

「なんで?」
「大化けすると思うから」

「分かったわ。詳しい話はこの後、いつもの所でお聞きしますね。お邪魔してすいませんでした」
宏子は帰って行った。

瑤子は、送り出したドアを閉めたとたん、
「何よ、あの女」
「この前ちょっと話しただろ。ここ終わったら会ってるおばさんだよ」

「そんな関係じゃないって、言ってたじゃない」
「ああ、株の話をしてるだけだ」

「あれって、絶対それだけじゃない」
「それだけさ。xxx商事って言ったら、あっさり帰って行ったじゃないか」

「でも、なんか気分壊れちゃった」
「うん、そうだな」

「今日は帰ろうかなー」
「まあ、そんなこと言うなよ。久しぶりに可愛がってやるから」

「えっ、そう?」
「そうさ」

瑤子を抱き寄せて、キスをする。
舌を絡ませて、唾液を混ぜ合わせながら、身体を抱く腕の力を思い切り強める。
伸び上がる様に反り返した上半身を追いかけて、唇を首筋へ移動させる。

「首輪しないんですか?」
「今日はしない。いやか?」

腰を押し付け合い、柳沢の塊が硬くなり始めたのを感じる。

「いえ、ご主人様の思いのままで」
「うん」

いつもとやり方を変えて、柳沢は瑤子の服の上から身体の線を探りながら跪いた。
「えっ、どうしたんですか?」

無言のまま、瑤子のワンピースの裾に手をかけ、めくりながら脚を撫で上げていく。
「こんなの久しぶりです」

白い内腿が見えてくる。
「破っていいか?」
「ええ、代えは持って来てますから」

パンストをつまみ上げ、爪を立てながら力いっぱい引っ張る。
あっけなく破れて、瑤子の柔らかそうな太ももが直に見える。

肌をまさぐりながら破れをどんどん広げて、股の縫い目を引くとパンストごと下りてきてしまった。
敏感な部分を覆っているパンティーのクロッチに指を当てながら、太ももに口を付け、吸い痕を付けていく。

「ああん、痛い」
「こっちが痛いのか?」
柳沢がクロッチの指を大きく動かす。

「違いますってば・・・」
「止めるか?」

「いえ、もう、止めないで」
「痛くてもいいんだな?」

「好きにしてください。それで喜んでくれるなら」
「スケベ女め」


Archives
ギャラリー
  • 2016年緊縛カレンダー1,2月
  • 2016年緊縛カレンダー1,2月
  • 2016年緊縛カレンダー3,4月
  • 2016年緊縛カレンダー3,4月
  • 2016年緊縛カレンダー5,6月
  • 2016年緊縛カレンダー5,6月
  • 2016年緊縛カレンダー7,8月
  • 2016年緊縛カレンダー7,8月
  • 2016年緊縛カレンダー9,10月
  • 2016年緊縛カレンダー9,10月
  • 2016年緊縛カレンダー11,12月
  • 2016年緊縛カレンダー11,12月
  • 雑記
  • 倒 錯−譲られた女−30
  • 倒 錯−譲られた女−29
  • 倒 錯−譲られた女−26
  • 倒 錯−譲られた女−16
  • お気に入り画像 5
  • お気に入り画像 5
  • お気に入り画像 5
  • お気に入り画像 5
  • お気に入り画像 5
  • お気に入り画像 5
  • お気に入り画像 5
  • お気に入り画像 4
  • お気に入り画像 4
  • お気に入り画像 4
  • お気に入り画像 3
  • お気に入り画像 3
  • お気に入り画像 3
  • お気に入り画像 3
  • お気に入り画像 3
  • お気に入り画像 2
  • お気に入り画像 2
  • お気に入り画像
  • お気に入り画像
  • お気に入り画像
  • お気に入り画像
  • ある孤独−M女が生まれるまで−81
  • ある孤独−M女が生まれるまで−79
  • ある孤独−M女が生まれるまで−67
  • ある孤独−M女が生まれるまで−66
  • ある孤独−M女が生まれるまで−52
  • ある孤独−M女が生まれるまで−48
  • ある孤独−M女が生まれるまで−47
  • ある孤独−M女が生まれるまで−46
  • ある孤独−M女が生まれるまで−42
  • ある孤独−M女が生まれるまで−40
  • ある孤独−M女が生まれるまで−38
  • ある孤独−M女が生まれるまで−35
  • ある孤独−M女が生まれるまで−28
  • ある孤独−M女が生まれるまで−26
  • ある孤独−M女が生まれるまで−22
  • ある孤独−M女が生まれるまで−21
  • ある孤独−M女が生まれるまで−16
  • ある孤独−M女が生まれるまで−11
  • ある孤独−M女が生まれるまで−8
  • ある孤独−M女が生まれるまで−6
  • 午前1時−4−
  • 午前1時−1−
  • タトゥー程口の容子−30−
  • タトゥー程口の容子−26−
  • 春香−14−




アダルトブログランキングへ


QRコード
QRコード
メッセージ

読者の皆様からブログ管理者に非公開でメッセージを送れます。ご利用ください。

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ