官能小説家−習作−

官能小説、一連の習作を掲載。SMでつながった男女のSMプロットをオムニバス展開。 妄想男の緊縛女への股縄・羞恥責め。M女に調教されたS男のM女育成、恥丘に刺青M女etc.

目次

閲覧は、無料で、成人限定ではありますが自由です。
ただ、著作権は、放棄していませんので、転載等は事前に承認を求めてください。



官能小説家−習作−


屋外でのノーパン、股縄、緊縛、奴隷契約、羞恥責め、自縛、露出、刺青、恥丘、m女、女王様、クンニリングス・・・
成人向けですのでご注意ください。


目次は、項目をクリックして、その日付へ飛んでください。
そこから物語が始まります。

※ 今まで目次の項目を選ぶと、古い(最初の)お話から表示します。

※ 下まで読み終わったら、「次へ」をクリックすると次の話へつながります。
   「前へ」をクリックすると、前の話に戻ります。


でも、最初の「レイープロット」が全ての始まりです。
6.エリカ様 までが連作になっていますので、
前の話に出てきた脇役が、次の主役になっていたりしますので、
最初から読んでいただけると、登場人物の背景なども分かりやすいと思います。




 1.レイ-プロット       05年6月8日


 2.レイ 続き        07年6月13日


 3.ゆみか−プロット    07年9月17日 


 4.蒲田プロット-後日譚-  08年1月25日 


 5.春香−プロット      08年2月15日 


 6.エリカ様           09年5月1日 


 7.里子             09年10月8日 


 8.タトゥー程口の容子    10年8月25日


 9.プチ官能小説 「夜8時」      11年12月3日


 10.午前1時        12年2月9日


 11.ある孤独−M女が生まれるまで    12年6月1日 


 12.お気に入り画像        14年9月5日 


 13.倒 錯−譲られた女       15年1月23日 


 14.苦辱の華          16年2月12日 


 15.あのかぶ         16年4月28日 


 16.里加、被虐の物語<M女のはじまり> 17年9月1日 


 17.薫子、被虐の物語<悪夢のような> 17年10月20日 


 18.悦子、被虐の物語<S/M仕掛>  18年1月5日


 19.紫(ゆかり)、被虐の物語<ゆかりのかほり>  18年3月2日


 20.アフターパーティ <おもらし久遠寺 涼>  18年4月6日


 21.弥恵、遺書のあと     18年5月11日


 22.由美、被虐の物語<秘密倶楽部>     18年7月17日


 23.志津子、被虐の物語<卍> 上     18年11月5日


 24.松下紗栄子、被虐の物語<空に架かる肉欲> 19年3月2日


 25.望、被虐の物語<望の夢叶うとき>   20年1月31日


 26.癖になりそう   20年11月6日


 27.茶道師匠、礼子<お道具に魅せられて>   20年12月23日


 28.一枝、被虐の物語<赤い照明の奥座敷>   21年3月10日


その日付へ飛んでください。
そこから物語が始まります。




※下まで読み終わったら、「次へ」をクリックすると次の話へつながります。
   「前へ」をクリックすると、前の話に戻ります。


一枝、被虐の物語<赤い照明の奥座敷>14

sex280026















武松の手は、背後から一枝の胸を掴み、さおりとの睦事を罰するように、乳首を痛いほど強く挟みつけていた。

その後、武松は、急に抱きすくめ、
「俺じゃあ、嫌か?俺のじゃ満足できねえか?」
「・・・」

「俺は、あんたが好きで、旦那から、いかさま博打までして奪ったんだ」
「い、か、さ、ま?」

「ああ、いかさまさ。だけど、旦那も、うすうす気づいていて、俺の罠に嵌ったんだ」
「気付いて、いて?」

「ああ、旦那は、お前のマゾが直らないのを悔いていた。自分が満足させてやれないからだと」
「直らないのを、知って、いた?」

武松の硬いものが、股の隙間を行ったり来たりしている。

「ああ、隠していたんだろうが、時々、旦那の留守中にお前の部屋が赤く染まっていたらしいな」
「あっ」

「そうさ、だから、旦那は、身を引いたんだ」
「そんな」

「そうなんだよ、だから一枝、お前はもう、したいだけマゾとして逝けばいいんだよ」

武松の指が、一段と強く、乳首を握りつぶす。
「ああ」

「自分が情けないか?そんないい旦那を恨んだりして」
「ああぁ」

武松のものが、一枝の膣に、一枝の心も踏みにじるように、中に入ってきた
「いや、いやです」

「ダメだ。もう俺の女だ」
「いや、いやです。お願いだから、帰してください」

「そう、そういうのが俺は堪んねえんだよ。部屋に行こう」
「いや、お願いですから、帰して、ください」

濡れて裸のまま、座敷に連れ込まれ、泣きじゃくったまま一枝は武松の舌に苛まれた。
唇を奪われ、武松のつばを飲み込まされ、乳房をもまれ、乳首を抓られて悲鳴を上げた。
身体中を舐め回され、クリを吸われ、淫汁を溢れさせたと嬲られ、クリを噛んでは、でかいと蔑まれて、武松のものを咥えさせられ、さすがマゾ女と揶揄われた。

そんなことをしていると、一枝の身体は、勝手に突き進んでいく。
武松の打擲を誘うように、妖しく動き、武松の肉茎が突き刺さると、肉壺が勝手にざわめいた。

一枝の心は、そんな身体を厭い呪い、死にたいと思いながら、身体の歓喜が、それを閉じ込める。

一枝は、狂うしかなかった。

一枝は、武松に刺し貫かれ、歓喜の声を上げ、
「ああ、死にたい、殺して」
と叫んでいた。

それからの一枝は、武松を見れば、武松の股間に手を延ばし、さおりを見れば、さおりの服を脱がそうとする。
誰も居なければ、裸になって自分を鞭打つように叩きながら、自慰を際限なくしていた。

一枝が狂った、噂が、一枝の旦那の耳にも、いつしか入った。

それからしばらくして、一枝の姿が、武松の奥座敷から消えた。

秋も深くなったころ、男女二人の身元不明の遺体が川岸に流れ着いた。
女は、赤い縄に身体を緊縛され、男の体に、その縄端が巻き付いていたという。

c317a924
















一枝がいなくなってから、武松もまた生気が無くなり、さおりを狂ったように抱いて、離さなくなっていた。

雪が積もる冬の朝、同じ川に、また二つ遺体が並んでいた。
だが、身元を確認できるものは何も見つからなかった。

赤い照明の奥座敷で繰り広げられた饗宴は、儚き春の夢であったのだろうか・・・


――― 終 ―――



一枝、被虐の物語<赤い照明の奥座敷>13

「あんたも、あんたのもしてあげる」
さおりは、ベッドに移動して一枝の手を引っ張って横に倒し、69の体勢になった。

縄をずらして、さおりの舌が一枝のクリを襲ってきた。
同時に、頭だけ出していたニンジンを抜いて、
「ふやけ始めてるよ」
と、言葉嬲りを少ししてから、一枝のクリを吸い上げた。
立ったままのさおりのを舐めていた時から、ムズムズしていたから、さおりの責めは、一枝を夢中にさせた。
「ああ、さおり、さん」
「いいよ、二人だけのときは、さおりで」

それからは、さおり、一枝と呼び合いながら、互いのクリを舐め合い、割れ目に舌を這わせて、指で濡れ具合を確かめながら抱き合った。

女同士だから、感じる所を探り当てるのは、簡単だった。
さおりは、甘噛みよりも強い噛みをすると身体を硬直させた。
乳首、クリにそれをすると、一枝にしがみつくようにして、もっととせがんだ。

一枝は、乳首、クリ、ヴァギナ、アヌス、どこでもよがった、噛んでも叩いても抓っても、体を震わせ声を出してしまう。
さおりが、声を抑えるため、慌てて口を塞がねばならない程だった。
それで、一枝には、手拭いで猿轡をし、ついでに悪戯心で目隠しもしてやったら、さおりが何をしても、更に悶え、もっともっとと身悶えしながら懇願し続ける。

さおりは、指を一枝の中に入れ、力いっぱいGスポットを押し上げてやった。
突然、一枝の中が震え出した。
気持ちよくって、どうかしちゃったのかしら・・・

さらっとした暖かい液体が、さおりの手から溢れ出てきた。
一枝の潮吹き?
一瞬緩めて指にもう一度力を入れると、猿轡の奥でうめき声をあげながら、一枝が身体全体を硬直させ、生暖かい液を何度か漏らしながら、太ももと膣で、さおりの手を締め付け放さなかった。

「あたしも、こんな風に逝きたい・・・」
さおりが、呟いていると、突然、部屋の扉が開いた。

武松が、にやつきながら言う。
「懇親会は終わりだ」

ローターのリモコンを手にした武松は、一枝の背中の縄を引き上げ、立たせると、
「さおり、勝手に俺の女に唾つけるんじゃねえ!後で覚悟しておけよ」
と、蹴とばした。

「一枝、こっちで俺のものにご挨拶と言うところだが、さおりの唾だらけの女は汚ねえから、もう一度風呂に入ってもらおうか」

一枝は、まだ意識がはっきりしないまま、猿轡も目隠しもされたまま、縄を掴んだ武松に引き立てられ浴室に連れてこられた。

武松は、湯船のふたを開けると、
「入れ」
シャワーは使ったが湯は沸かしていなかったから、冷たいはずだった。

だが、仕方がない、片足を湯船に差し入れた。

hip121_81




























湯船に跨った格好になったそこを、武松の手が襲ってきた。
股縄の上端を引っ張り、もう片方の手で女の部分をまさぐって来る。

「さおりのやつ、勝手にニンジンも抜きやがって。で、この滑りは、さおりの唾か、お前の汁か?」
「わ、わかり、ません」
怖ろしくなって、一枝は、あいまいな答えをした。

「縄は邪魔だな」
武松は、猿轡と目隠しと一緒に、手早く一枝の縄を解き洗面器に投げ込むと、自分の服も脱いで脱衣所に放り投げた。

「縄痕が、いい具合についている」
「しゃがめ」
一枝は、湯船の冷たい水に肩まで浸った。
「さおりに舐められたのはそこまでか?」
一枝は、息を止めて目の下まで浸かった。

「それだけじゃないだろう」
武松はそう言うと、一枝の頭を抑えつけて全てを水の中に沈めた。
5秒、10秒、いきなりだから、すぐ苦しくなった。
20秒、手が緩められた。

顔を出して、せき込みながら、息をつぐ。

もう一度押し込まれた。
10秒、20秒、30秒、40秒、

もがきながら必死で顔を上げようとし、ようやく息ができたと思えば、また抑え込まれる。
3度目に解放された。
「苦しかっただろう?もう俺に内緒で良い思いしようなんて考えるなよ」
一枝は頷くしかなかった。

武松の平手が、一枝の頬を歪ませた。
「ちゃんと声を出して返事しろ」

「はい」

「よし、出てこい。洗ってやる」
武松は、温水のシャワーを出したまま一枝の身体に泡を広げていった。
縄目の跡を確かめるように執拗に辿りながら、首、胸、横腹、腰、そして股へ。

水と恐怖で縮こまった肌に生気が甦り、一枝の意識もはっきりしてきた。
同時に、臍下から縄目が、次第に浅くなり、無毛になっている一枝の割れ目で、縄目は消え、ぬめりだけが、その名残を呼び覚ますように武松の指に触れる。

武松は、背後に回って、腰横から手を回してくる。
「まだ滑らせている」
武松は追加の泡を取ると、塗りまわして、一枝の中にまで指を這わしてきた。
「うっ」
「こんなので感じちゃうのか?マゾ姉さんが」

向きを変えられ、シャワーの暖かい湯が、一枝の背に掛かるのと同時に、武松の硬く熱くなったものが、一枝の無防備な割れ目を襲おうとするかのように、動く。

Archives
ギャラリー
  • 一枝、被虐の物語<赤い照明の奥座敷>14
  • 一枝、被虐の物語<赤い照明の奥座敷>14
  • 一枝、被虐の物語<赤い照明の奥座敷>13
  • 一枝、被虐の物語<赤い照明の奥座敷>12
  • 一枝、被虐の物語<赤い照明の奥座敷>11
  • 一枝、被虐の物語<赤い照明の奥座敷>11
  • 一枝、被虐の物語<赤い照明の奥座敷>10
  • 一枝、被虐の物語<赤い照明の奥座敷>9
  • 一枝、被虐の物語<赤い照明の奥座敷>8
  • 一枝、被虐の物語<赤い照明の奥座敷>6
  • 一枝、被虐の物語<赤い照明の奥座敷>4
  • 一枝、被虐の物語<赤い照明の奥座敷>2
  • 一枝、被虐の物語<赤い照明の奥座>  予告
  • 茶道師匠、礼子<お道具に魅せられて>15
  • 茶道師匠、礼子<お道具に魅せられて>14
  • 茶道師匠、礼子<お道具に魅せられて>13
  • 茶道師匠、礼子<お道具に魅せられて>12
  • 茶道師匠、礼子<お道具に魅せられて>10
  • 茶道師匠、礼子<お道具に魅せられて>9
  • 謹賀新年-5 おめでとう!!
  • 謹賀新年-4 して
  • 謹賀新年-3 ま
  • 謹賀新年-2 け
  • 謹賀新年-1 あ
  • 茶道師匠、礼子<お道具に魅せられて>8
  • 茶道師匠、礼子<お道具に魅せられて>7
  • 茶道師匠、礼子<お道具に魅せられて>5
  • 茶道師匠、礼子<お道具に魅せられて>4
  • 茶道師匠、礼子<お道具に魅せられて>2
  • 茶道師匠、礼子<お道具に魅せられて>1
  • 礼子、被虐の物語<茶道師匠、お道具に魅せられて> 予告
  • 癖になりそう -19
  • 癖になりそう -16
  • 癖になりそう -14
  • 癖になりそう -12
  • 癖になりそう -6
  • 癖になりそう -1
  • お気にの画像紹介-66
  • お気にの画像紹介-65
  • お気にの画像紹介-64
  • お気にの画像紹介-63
  • お気にの画像紹介-62
  • お気にの画像紹介-61
  • お気にの画像紹介-60
  • お気にの画像紹介-59
  • 次回予告
  • お気にの画像紹介-58
  • お気にの画像紹介-57
  • お気にの画像紹介-56
  • お気にの画像紹介-55
  • お気にの画像紹介-54
  • お気にの画像紹介-53
  • お気にの画像紹介-52
  • お気にの画像紹介-51
  • お気にの画像紹介-50
  • お気にの画像紹介-49
  • お気にの画像紹介-48
  • お気にの画像紹介-47
  • お気にの画像紹介-46
  • お気にの画像紹介-45
  • お気にの画像紹介-44
  • 2020年
  • お気にの画像紹介-43
  • お気にの画像紹介-42
  • お気にの画像紹介-41
  • お気にの画像紹介-40
  • お気にの画像紹介-39
  • お気にの画像紹介-38
  • お気にの画像紹介-37
  • お気にの画像紹介-36
  • お気にの画像紹介-35
  • お気にの画像紹介-34
  • お気にの画像紹介-33
  • お気にの画像紹介-32
  • お気にの画像紹介-31
  • お気にの画像紹介-30
  • お気にの画像紹介-29
  • お気にの画像紹介-28
  • お気にの画像紹介-27
  • お気にの画像紹介-26
ブログランキングに参加しました、励みになりますのでクリックを!  ↓ 
ここの画像保存する?  pinterest ☟
QRコード
QRコード
メッセージ

読者の皆様からブログ作者宛に 非公開でメッセージを送れます。 ご利用ください。

名前
メール
本文
ユニークユーザー数アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ