官能小説家−習作−

官能小説、一連の習作を掲載。SMでつながった男女のSMプロットをオムニバス展開。 妄想男の緊縛女への股縄・羞恥責め。M女に調教されたS男のM女育成、恥丘に刺青M女etc.

目次

閲覧は、無料で、成人限定ではありますが自由です。
ただ、著作権は、放棄していませんので、転載等は事前に承認を求めてください。



官能小説家−習作−


屋外でのノーパン、股縄、緊縛、奴隷契約、羞恥責め、自縛、露出、刺青、恥丘、m女、女王様、クンニリングス・・・
成人向けですのでご注意ください。


目次は、項目をクリックして、その日付へ飛んでください。
そこから物語が始まります。

※ 今まで目次の項目を選ぶと、古い(最初の)お話から表示します。

※ 下まで読み終わったら、「次へ」をクリックすると次の話へつながります。
   「前へ」をクリックすると、前の話に戻ります。


でも、最初の「レイープロット」が全ての始まりです。

基本的には、前の話に出てきた脇役が、次の主役になっていたりしますので、
最初から読んでいただけると、登場人物の生い立ちなども分かりやすいと思います。




 1.レイ-プロット       05年6月8日


 2.レイ 続き        07年6月13日


 3.ゆみか−プロット    07年9月17日 


 4.蒲田プロット-後日譚-  08年1月25日 


 5.春香−プロット      08年2月15日 


 6.エリカ様           09年5月1日 


 7.里子             09年10月8日 


 8.タトゥー程口の容子    10年8月25日


 9.プチ官能小説 「夜8時」      11年12月3日


 10.午前1時        12年2月9日


 11.ある孤独−M女が生まれるまで    12年6月1日 


 12.お気に入り画像        14年9月5日 


 13.倒 錯−譲られた女       15年1月23日 


 14.苦辱の華          16年2月12日 


 15.あのかぶ         16年4月28日 


 16.里加、被虐の物語<M女のはじまり> 17年9月1日 


 17.薫子、被虐の物語<悪夢のような> 17年10月20日 


 18.悦子、被虐の物語<S/M仕掛>  18年1月5日


 19.紫(ゆかり)、被虐の物語<ゆかりのかほり>  18年3月2日


 20.アフターパーティ <おもらし久遠寺 涼>  18年4月6日


 21.弥恵、遺書のあと     18年5月11日


 22.由美、被虐の物語<秘密倶楽部>     18年7月17日



その日付へ飛んでください。
そこから物語が始まります。





※下まで読み終わったら、「次へ」をクリックすると次の話へつながります。
   「前へ」をクリックすると、前の話に戻ります。

でも、最初の「レイープロット」が全ての始まりです。

由美、被虐の物語<秘密倶楽部> 6

片腕を引いて、由美の腰がベッドの横端に来るようにしてから、再び武松の先端をクリに向けて少しずつ下ろしていく。
クリに当たる、当たる。
「あぁん」

数回、クリを弄ってから、移動していく。
行かないで・・・、でもそっちへも来て欲しい・・・。

来る、来る、来たー。
浅く入れ、ちょっと深く、また浅く、そしてとうとう待っていたグイっとした押し込み。
奥まで押し込まれる感覚は、由美にとっては何とも言えない被虐感と結びついている。

武松は、挿入すると、のしかかる様に、これでもかと大きく突き入れた。
2,3度往復させてから、上体を上げると、蝋燭を持ち上げた。
「キャー、こわぃですー」
由美はわざとらしい声を上げた。

武松は、ニヤッとしてから、腰を入れながら、熱蝋を垂らす。
先ずは脇腹、擦る様に溶けた蝋が脇に流れる。
熱い、ご褒美の突きを待つ・・・
中心が突かれて、子宮口に当たる感覚、クリが圧し潰される快感。
「あぁーいい〜」

そして、下腹部。
このペニスを咥えている由美の下の毛が生え始めていた辺り、今の由美のそこは、きれいに処理され無毛だったが、垂らされる蝋燭の熱さを直接感じ、武松の突きも直接受け止める。

武松の陰毛が、繋ぎ目をわずかに隠しているが、垂らすたびに押し入るペニスとぶつかってくる恥骨に、そこも歪んで、固まった蝋も浮き上がって剥がれた。

落下点は臍の周りに移り、臍の穴を埋め尽くし、そして乳房にやって来た。

もうその頃には、熱さに免疫もでき、熱がるよりは、怖さを訴え、武松の嗜虐心を煽る由美だった。

「あぁー、ヤダヤダ、そんなとこ垂らさないで〜」
「だめ、そこは敏感なんだからー、こわい〜」

垂らす度に突きこまれ、垂らされる度に由美の襞は、武松を締め付けた。

両の乳首が、熱蝋に埋まる頃には、武松は耐えられずに蝋燭を脇に放り出して、由美を抱え込んだ。
大きく腰だけを動かし、息が荒くなり、動きが速くなる。
由美は、その動きを感じ取り、包み込んで逃すまいとしがみ付き、よがり声を漏らし始めた。

「あぁー、いい〜いいー、逝き、いきます」
「ああ、逝け」

「ああぁぁぁぁー」

大きく入って、そして、動きが鈍くなった。
武松が、ゆっくり由美から降りる。

由美は甘えるように武松の胸に顔を埋めた。
ふぅー
武松が大きく呼吸する。

「ありがとうございました」
由美は脇のボックスからティッシュを取り出し、自分の割れ目に当ててから、武松のやわらかくなり始めたペニスを口に含んだ。

そして、キレイに吸い取ってからティッシュで包んで、それに囁く、
「またお出でね。秘密の約束よ」

―― 終わり ――





由美、被虐の物語<秘密倶楽部> 5

首輪が外された。
手枷も外される。
衣装ともいえない程の紐と鎖の繋がりが、すべて解き落ちていく。

床に押し倒された。
同時に、武松のものは口から抜かれ、舌が代わりに入ってきた。

由美の華唇は、もう開き、中は蜜が溢れ、それを吸いに来る生き物を待ち構えている。
武松の指がそれを確かめて帰ると、すぐに肉棒が押し入って来た。
乱暴に数回大きく犯し、その後はねちねちと小さく動きながら、武松の舌が首筋や胸を這い回り、指が由美の口を犯し、その濡れた指でクリに触って、これでもかと蜜を促す。

それに応えるように、由美の襞が、蜜を吸いに来た肉棒を、次第に、そして懸命に愛撫し始めた。

襞がけいれんし始めると、体を起こされ騎乗位に移行して突き上げてくる。
由美は、それを気持ちいいところに当たる様、懸命に位置を取る。
グチュン、グチュンと自分の恥ずかしい音を聞きながら、Gスポットと言われるところへ肉棒の先を導き、蜜が外に垂れ出して来たころ、後ろ向きにされて、武松の上体が起き上った。

今度は、バックからパクン、パクンと、音を立てて突きこまれる。
武松の玉が、由美の膨らんで敏感になりきったクリに当たり、声を上げずには居られない。

「あぁー、いくー、逝かせて、ください」

それなのに、武松は抜いて、立ち上がった。
「まだだ」

隅に有った蝋燭を見つけたのだ。
火を点けながら戻って来て、
「背中がいいか、胸に欲しいか?」
「やだやだ」
這いつくばって前に進む。

「じゃあ、このまま背中だな」
そう言うと、由美を抑え、バックでもう一度押し入って来た。
まだ乾く間もなく濡れたままの膣は、抵抗もなく迎え入れ、迎え入れた以上は歓迎し始めた。

最初の熱い一滴は、尾てい骨の辺り、由美のお尻の割れ目が消えてなくなる辺りに、ポツンと落ちて来た。
「あっ」
由美の動きが一瞬止まる。
武松の突きが大きく入る。
「うぅ」
武松が大きく動くと、そのたびに、熱い蝋が落ちてくる。

熱い蝋は厭だが、大きく突かれるのは厭らしく気持ちいい。
2つがセットなら、いつまでも続けて欲しい。

熱さと気もち良さがセットで由美の中に沁み込み、それは脳で交じり合って、より高い快感に昇華し始めた。
Mの素質というべきものだろう。

由美は自分から動いて、武松の突きをせがんだ。
熱蝋も当然、応える。

「あぁーいい、すごく感じます。もっと、もっとして」

武松が平手で背と尻を叩いて来た。
蝋だらけになったのを、叩き落とす動作でもあるが、由美にとってはそれも心地よい。
叩くときに、互いの身体が動き武松と由美の接合点が、ぶつかる様にこつんと当たる。
入っている感じが、とてもする瞬間だった。

「いいー、もっとして」
言葉だけでなく、由美の膣が、締まりながら本心の願いだと訴える。

武松は由美を犯しながら抱きかかえると、ベッドに下ろして一旦抜いた。
止めないでと、振り返った由美の目が訴える。
武松は、目で答えると腕を引いて仰向けになるよう促した。
ああ、胸

Archives
ギャラリー
  • 由美、被虐の物語<秘密倶楽部> 3
  • 弥恵、遺書のあと - 13
  • 弥恵、遺書のあと - 1
  • アフターパーティ <おもらし久遠寺 涼> -6-
  • アフターパーティ <おもらし久遠寺 涼> -4-
  • アフターパーティ <おもらし久遠寺 涼>
  • アフターパーティ <おもらし久遠寺 涼>
  • アフターパーティ <おもらし久遠寺 涼>
  • アフターパーティ <おもらし久遠寺 涼>
  • ― 予告 ― おもらし久遠寺 涼
  • 紫(ゆかり)、被虐の物語<ゆかりのかほり>-10-
  • 紫(ゆかり)、被虐の物語<ゆかりのかほり>-9-
  • 紫(ゆかり)、被虐の物語<ゆかりのかほり>-9-
  • 紫(ゆかり)、被虐の物語<ゆかりのかほり>-8-
  • 悦子、被虐の物語<S/M仕掛>-6-
  • 明けまして、おめでとうございます。
  • 2018年カレンダー 
  • 2018年カレンダー 
  • 2018年カレンダー 
  • 2018年カレンダー 
  • 2018年カレンダー 
  • 2018年カレンダー 
  • 2018年カレンダー 
  • 2018年カレンダー 
  • 2018年カレンダー 
  • 2018年カレンダー 
  • 2018年カレンダー 
  • 2018年カレンダー 
  • 薫子、被虐の物語 <悪夢のような> 10
  • 薫子(かおるこ)被虐の物語のはじめに当たり
  • 里加、被虐の物語<M女のはじまり>4
  • 里加、被虐の物語 <はじめに当たって>
  • 近日公開 !
  • 有難うございます
  • 和服緊縛
  • 緊縛おんなの絞め込み
  • これから、おんなの絞め込み
  • 小妻容子 画
  • kinbaku
  • お屠蘇気分も終わりまして・・・
  • カレンダー 12
  • カレンダー 11
  • カレンダー 10
  • カレンダー 9
  • カレンダー 8
  • カレンダー 7
  • カレンダー 6
  • カレンダー 5
  • カレンダー 4
  • カレンダー 3
  • カレンダー 2
  • 2017カレンダー 1
  • あのかぶ−26−
  • あのかぶ−23−
  • あのかぶ−20−
  • あのかぶ−18−
  • あのかぶ−15−
  • あのかぶ−12−
  • あのかぶ−9−
  • 2016年緊縛カレンダー1,2月
  • 2016年緊縛カレンダー1,2月
  • 2016年緊縛カレンダー3,4月
  • 2016年緊縛カレンダー3,4月
  • 2016年緊縛カレンダー5,6月
  • 2016年緊縛カレンダー5,6月
  • 2016年緊縛カレンダー7,8月
  • 2016年緊縛カレンダー7,8月
  • 2016年緊縛カレンダー9,10月
  • 2016年緊縛カレンダー9,10月
  • 2016年緊縛カレンダー11,12月
  • 2016年緊縛カレンダー11,12月
  • 雑記
  • 倒 錯−譲られた女−30
  • 倒 錯−譲られた女−29
  • 倒 錯−譲られた女−26
  • 倒 錯−譲られた女−16
  • お気に入り画像 5
  • お気に入り画像 5
  • お気に入り画像 5
  • お気に入り画像 5
ブログランキングに参加しました、励みになりますのでクリックを!  ↓ 
ここの画像保存する?  pinterest ☟
QRコード
QRコード
メッセージ

読者の皆様からブログ管理者へ、 非公開でメッセージを送れます。 ご利用ください。

名前
メール
本文
ユニークユーザー数アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ