官能小説家−習作−

官能小説、一連の習作を掲載。SMでつながった男女のSMプロットをオムニバス展開。 妄想男の緊縛女への股縄・羞恥責め。M女に調教されたS男のM女育成、恥丘に刺青M女etc.

目次

閲覧は、無料で、成人限定ではありますが自由です。
ただ、著作権は、放棄していませんので、転載等は事前に承認を求めてください。



官能小説家−習作−


屋外でのノーパン、股縄、緊縛、奴隷契約、羞恥責め、自縛、露出、刺青、恥丘、m女、女王様、クンニリングス・・・
成人向けですのでご注意ください。


目次は、項目をクリックして、その日付へ飛んでください。
そこから物語が始まります。

※ 今まで目次の項目を選ぶと、古い(最初の)お話から表示します。

※ 下まで読み終わったら、「次へ」をクリックすると次の話へつながります。
   「前へ」をクリックすると、前の話に戻ります。


でも、最初の「レイープロット」が全ての始まりです。

基本的には、前の話に出てきた脇役が、次の主役になっていたりしますので、
最初から読んでいただけると、登場人物の生い立ちなども分かりやすいと思います。




 1.レイ-プロット       05年6月8日


 2.レイ 続き        07年6月13日


 3.ゆみか−プロット    07年9月17日 


 4.蒲田プロット-後日譚-  08年1月25日 


 5.春香−プロット      08年2月15日 


 6.エリカ様           09年5月1日 


 7.里子             09年10月8日 


 8.タトゥー程口の容子    10年8月25日


 9.プチ官能小説 「夜8時」      11年12月3日


 10.午前1時        12年2月9日


 11.ある孤独−M女が生まれるまで    12年6月1日 


 12.お気に入り画像        14年9月5日 


 13.倒 錯−譲られた女       15年1月23日 


 14.苦辱の華          16年2月12日 


 15.あのかぶ         16年4月28日 


 16.里加、被虐の物語<M女のはじまり> 17年9月1日 


 17.薫子、被虐の物語<悪夢のような> 17年10月20日 


 18.悦子、被虐の物語<S/M仕掛>  18年1月5日


 19.紫(ゆかり)、被虐の物語<ゆかりのかほり>  18年3月2日


 20.アフターパーティ <おもらし久遠寺 涼>  18年4月6日


 21.弥恵、遺書のあと     18年5月11日


 22.由美、被虐の物語<秘密倶楽部>     18年7月17日


 23.志津子、被虐の物語<卍> 上     18年11月5日



その日付へ飛んでください。
そこから物語が始まります。





※下まで読み終わったら、「次へ」をクリックすると次の話へつながります。
   「前へ」をクリックすると、前の話に戻ります。

でも、最初の「レイープロット」が全ての始まりです。

志津子、被虐の物語<卍> 上 -5-


もう、互いに感じるところは知り尽くして、もっと刺激が欲しくなってきていましたから、会えば、段々に変態なことに、どちらからともなく、いえ、最初は私が主導権を取っていたんですが、会えないことの恋しさ具合は私の方が勝っていましたし、美しさは光子さんの方が数段上でしたから、主導権は光子さんに移って行きました。

私は光子さんが望まれることなら、なんでもしよう、出来ると思い詰めていました。
寝室で、
「今日は貴女だけ裸になって」と、言われた時も、ものすごく恥ずかしかったんですが、従いました。

それ以上のことは、例によって、話さないので、私が補足して書き残しておきましょう・・・

裸の志津子をベッドに括り付けて、知り尽くした私の敏感なところに指を這わせたり、筆を這わせたりするんです。
二人ともが裸ならそれほどでもないんですが、きちんと服を着た光江さんに意地悪されると、もう自分が一等下等になったような気がして、光子さんがますます輝いて見えるんです。

もう志津子は、恥ずかしいとか、くすぐったいとかをとっくに通り越して、気もち良くて、でも、隠しも除けようともできないもどかしさに、狂いそうになりました。
乳首に、美しい光子さまの舌を這わされたときなんか、思わず叫んでしまいました。
そしたら、光子さんたら、志津子に猿ぐつわ噛ませるんです。

もう志津子は、光子さまにおもちゃにされるんだわ、光子さまが喜んでくれるんなら、どんなことでも耐えるって心に決めたんです。

光子さまも、志津子がどこまで従うか試しているようなところがありました。
だから会うたびに、光子さまの要求は厳しくなりました。
縄で志津子を縛るだけでなく、おっぱいを縄で括って絞り出すんです、放っておくと青白くなってくるくらいに搾り上げて、乳首に指で意地悪をして、勃ってきたら、舌で苛めるんです。
「あぁー」って声が出てしまいます。
一枝さんが、どうかなさいましたーって声を掛けてきたこともあります。

「大丈夫だから」そういって、一枝さんが遠ざかるのをドアに耳を当てて、ドキドキしながら、二人で確かめました。
「気付かれたかしら?」
「大丈夫よ、万一、気付いたとしても口が堅い人だから」
そう、ひそひそ話しをしながら、なにか急に、二人で興奮してきてしまいました。
「そうだ、いい物持って来たの」
光子さまが言って、紙包みを袋から取り出したんです。

「なに?」
「ほーら」
蝋燭でした、ケーキに差すような小さいものではなく、仏壇もないのに赤い蝋燭なんて、どうするのかその頃の志津子は知りませんでした。

光子さまが、近くに有った新聞紙を床に広げて、命令口調で言います。
「その上に伏せて!」
志津子は、上半身を縄に巻かれたまま、その通りにします。

ライターで蝋燭に火を点けて、部屋の明かりを消してから、蝋燭を志津子に見せつけ、
「この溶けた蝋を姉ちゃんの身体に垂らすのよ、耐えられる?それともまた声を上げて一枝さんを呼ぶ?」なんて意地悪く訊くんです。

一枝さんに知られたら、いつか主人にも伝わってしまうような気がして、そうしたら、光子さまと会えなくなる・・・そう考えたら、選択肢はありませんでした。
「耐えてみせます」
そうは言ったものの、ゆらゆらと蠢く蝋燭の炎は、部屋を異様な雰囲気にして、蝋の熱さを想像したら、逃げ出したい衝動にかられます。

最初の一滴は、お尻に垂れて来ました。
「うっ」と堪えましたが、実は思っていたほど熱くありませんでした。
後で知ったそうだが、手加減して大分高いところから垂らしたようです。

2滴目は、本当に熱くて、思わず身体を縮めてしまいました。
光子さまは足で身体を伸ばすように踏みつけてから、3滴目を垂らされました。
それは、すごく熱かったんです、お尻ではなく内股に垂らされたんですから。

それから更に数滴立て続けに垂らされた後、
「仰向けになって」と仰いました。
「落ちてくるのをしっかり見ているのよ」と続けます。
そんな、怖いこと、うつ伏せで見えないときでも目をつぶっていたのに・・・
まるで、顔の上に垂らされるのではと思うくらい蝋燭を移動して、垂らしました。

ああ、胸に。
また一滴、乳首を避けるように、その周りに何滴も、何滴も。
志津子の乳首は、それなのに何故か、痛いくらいに膨らんできます。

光子さまは、しゃがんで更に近くから、
「ここにも欲しいでしょ?」と、微笑みながら、とうとう乳首に垂らされました。
「あぁー」小さなため息を漏らしますと、
志津子の女の中心に指をするッと入れて、
「こっちにも欲しいって?」
「いえ、そんなとこ垂らしたら・・・」
「そうね、垂らしたら火傷して、可哀想。だから、垂らさないで上げるわ」
そう言って、蝋燭を持ち直して、根元を私の口に近づけるんです。
「えっ?どうするんですか?」
「これを咥えてごらん」
志津子の上体を抱き起すと、3本の指より太いような蝋燭を、返事も待たずに押し込んできました。

慌てて逃げようと身体をずらすと、蝋が乳房や太ももに降りかかります。
直ぐ近くの蝋燭からですから、痛いくらいに熱いのです。
「だから、大人しく咥えるんだってば」
口へ押し込むと、蝋燭の炎しか見えなくなりました。

少し動くと、蝋が太ももに掛かります、動かなくても、ゆらゆらと炎が顔を炙ります。
志津子は、落ちてくる蝋を避けるために、股を自然と開いていました。
光子さまは嬉しそうに、
「ここを触って欲しいんだ?」と、クリに指を触れ、ぬめりを下から掬って、中指の平でクリの先端を揺らします。
『ああ、もうこのまま死にたい、責め殺されたいっ』て、志津子は本気で、頭の中で叫んでいました。

志津子、被虐の物語<卍> 上 -4-


締め切った部屋は、二人の熱気で、じっとりと汗がにじむような暑さになっていて、光子さんの肌に直に触ると、もう我慢ができなくなっていました。

「ああ、憎らしい、こんなきれいな身体して、殺してしまいたいくらい」
私が、荒々しく唇を重ねると、光子さんの唇も熱くなっています。
唇を重ね、お互いの舌を絡ませているうちに、身体も絡み合って、お互いの愛しいところに指が這っていました。
「殺して、殺して、私もあなたに殺して欲しい」と、光子さんも呟くんです。

同性愛ってこの時初めて知ったんです、神聖な思い出だからここまでにして。

なので、仕方なく、私が補足して書き残しておく・・・

愛しいところは、指を触れればお互い滑っていました。
クリトリスもすぐ尖って来て指先に当たります。

乳首を口に含みながら、感じそうなところをゆっくり撫でて上げます。
お互いそんなことをしながら、私は、おっぱいを吸っているだけでは足りなくなって来てしまったんです。
お風呂入ってからじゃなきゃいやって光子さんは言いましたが、一枝さんがいることだしそんなことしてたら怪しまれます。
私は光子さんのなら平気だからと言って、下着も脱がして、舌を這わせました。

女の香りとちょっとしょっぱい味がしましたが、直ぐにそんなの気にせずにクリトリスを口に吸い込んであげました。
光子さんも善がって、私だってと言って私の服を脱がせてクリトリスに吸い付きます。
主人にもそんなことしてもらったことないので初めての感覚でした、なんて気持ちいいの・・・。

クリだけじゃなく、お互いに膣の中に指を入れて気持ちいいところを探り合います。
もう、感じて濡れ切っていますから、指をにゅるにゅる行ったり来たりさせて、ここはどう?こうしたらどう?って、お互いの反応を聞きながらつき止めるんです。

垂れてきたお汁を吸ってあげたり吸われたり、こんなきれいで素敵な人に私のおマンコ吸われてるって、天にも昇る気持ちです。
女の気持ち良さって、一回じゃ終わらないんですから、何時間か寝室に籠ってそんなことをしていました。


その日は、そんな考えまではありませんでしたから、主人の事務所へ、普通に学校からの振りして、一緒に帰ってくるつもりをしていました。
でも、いつまでも連絡が無いので、主人から携帯に掛かって来てしまいました。

話の流れで、光子さんがうちに来ているので連絡忘れていたと取り繕うと、
「光子さんが家にいるなら急いで帰るから引き留めておいてくれ」と言うんです。
「分かった、これから用事あると言ってらしたけど、できるだけしてみる」と仕方なく答えました。

本心では、私だけの光子さんのままで居て欲しくて、主人には会わせたくなかったんですけど、電話の手前と、私も離れがたい気持ちもあり、なんだかんだと引き留めしているうちに、帰って来てしまいました。

主人は喜んでいましたが、私は主人が邪魔もののような気持ちでいましたし、光子さんも何か後ろめたい気持ちもあって、ちっとも話が弾みません。
主人一人で、はしゃいだ振りをしていましたが、光子さんが帰ると言い出したときには、私は、ほっとしたのを覚えています。

その後も、二人で会っては話し、すぐ会えるしメールもできるのに、わざわざいろいろ凝った封筒や便箋を使って手紙をやり取りしていました。
面と向かって話すより、手紙の方が伝え易いこともあるんです。

学校で会って、そのまま喫茶店に行って学校の終わる時間になるまで一緒に居るとか、喫茶店で待ち合わせて家に連れてくるようになっていました。
会ったその日の手紙に、光子、光子、光子、光子、光子、光子、と紙一枚に書き埋めて送ったりしたものです。

そんな手紙の中で、私のことを、志津姉ちゃん、姉ちゃんと呼ぶようになって、私も光子さんのことを、光ちゃんと呼ぶようになってきました。

Archives
ギャラリー
  • 予告「志津子、被虐の物語<卍> 上」
  • 由美、被虐の物語<秘密倶楽部> 3
  • 弥恵、遺書のあと - 13
  • 弥恵、遺書のあと - 1
  • アフターパーティ <おもらし久遠寺 涼> -6-
  • アフターパーティ <おもらし久遠寺 涼> -4-
  • アフターパーティ <おもらし久遠寺 涼>
  • アフターパーティ <おもらし久遠寺 涼>
  • アフターパーティ <おもらし久遠寺 涼>
  • アフターパーティ <おもらし久遠寺 涼>
  • ― 予告 ― おもらし久遠寺 涼
  • 紫(ゆかり)、被虐の物語<ゆかりのかほり>-10-
  • 紫(ゆかり)、被虐の物語<ゆかりのかほり>-9-
  • 紫(ゆかり)、被虐の物語<ゆかりのかほり>-9-
  • 紫(ゆかり)、被虐の物語<ゆかりのかほり>-8-
  • 悦子、被虐の物語<S/M仕掛>-6-
  • 明けまして、おめでとうございます。
  • 2018年カレンダー 
  • 2018年カレンダー 
  • 2018年カレンダー 
  • 2018年カレンダー 
  • 2018年カレンダー 
  • 2018年カレンダー 
  • 2018年カレンダー 
  • 2018年カレンダー 
  • 2018年カレンダー 
  • 2018年カレンダー 
  • 2018年カレンダー 
  • 2018年カレンダー 
  • 薫子、被虐の物語 <悪夢のような> 10
  • 薫子(かおるこ)被虐の物語のはじめに当たり
  • 里加、被虐の物語<M女のはじまり>4
  • 里加、被虐の物語 <はじめに当たって>
  • 近日公開 !
  • 有難うございます
  • 和服緊縛
  • 緊縛おんなの絞め込み
  • これから、おんなの絞め込み
  • 小妻容子 画
  • kinbaku
  • お屠蘇気分も終わりまして・・・
  • カレンダー 12
  • カレンダー 11
  • カレンダー 10
  • カレンダー 9
  • カレンダー 8
  • カレンダー 7
  • カレンダー 6
  • カレンダー 5
  • カレンダー 4
  • カレンダー 3
  • カレンダー 2
  • 2017カレンダー 1
  • あのかぶ−26−
  • あのかぶ−23−
  • あのかぶ−20−
  • あのかぶ−18−
  • あのかぶ−15−
  • あのかぶ−12−
  • あのかぶ−9−
  • 2016年緊縛カレンダー1,2月
  • 2016年緊縛カレンダー1,2月
  • 2016年緊縛カレンダー3,4月
  • 2016年緊縛カレンダー3,4月
  • 2016年緊縛カレンダー5,6月
  • 2016年緊縛カレンダー5,6月
  • 2016年緊縛カレンダー7,8月
  • 2016年緊縛カレンダー7,8月
  • 2016年緊縛カレンダー9,10月
  • 2016年緊縛カレンダー9,10月
  • 2016年緊縛カレンダー11,12月
  • 2016年緊縛カレンダー11,12月
  • 雑記
  • 倒 錯−譲られた女−30
  • 倒 錯−譲られた女−29
  • 倒 錯−譲られた女−26
  • 倒 錯−譲られた女−16
  • お気に入り画像 5
  • お気に入り画像 5
  • お気に入り画像 5
ブログランキングに参加しました、励みになりますのでクリックを!  ↓ 
ここの画像保存する?  pinterest ☟
QRコード
QRコード
メッセージ

読者の皆様からブログ管理者へ、 非公開でメッセージを送れます。 ご利用ください。

名前
メール
本文
ユニークユーザー数アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ