官能小説家−習作−

官能小説、一連の習作を掲載。SMでつながった男女のSMプロットをオムニバス展開。 妄想男の緊縛女への股縄・羞恥責め。M女に調教されたS男のM女育成、恥丘に刺青M女etc.

目次

閲覧は無料で自由ですが、著作権は、放棄していませんので転載等は事前に承認を求めてください。



官能小説家−習作−


屋外でのノーパン、股縄、緊縛、奴隷契約、羞恥責め、自縛、露出、刺青、恥丘、m女、女王様、クンニリングス・・・
無料で読んでいただけますが、成人向けですのでご注意ください。

文章がだいぶ溜まって、どこから読めばいいか分かりにくいとのコメントもあり、
整理してみました。

目次は、項目をクリックして、その日付へ飛んでください。
そこから物語が始まります。

※ 今まで目次の項目を選ぶと、新しいお話から表示していました。
  今回それを逆に、古い(最初の)お話から表示するように変更しています。
  この方が、読みやすいと思いますので・・・

※ 下まで読み終わったら、「次へ」をクリックすると次の話へつながります。
   「前へ」をクリックすると、前の話に戻ります。


でも、最初の「レイープロット」が全ての始まりです。

基本的には、前の話に出てきた脇役が、次の主役になっていたりしますので、
最初から読んでいただけると、登場人物の生い立ちなども分かりやすいと思います。




 1.レイ-プロット       05年6月8日


 2.レイ 続き        07年6月13日


 3.ゆみか−プロット    07年9月17日 


 4.蒲田プロット-後日譚-  08年1月25日 


 5.春香−プロット      08年2月15日 


 6.エリカ様           09年5月1日 


 7.里子             09年10月8日 


 8.タトゥー程口の容子    10年8月25日


 9.プチ官能小説 「夜8時」      11年12月3日


 10.午前1時        12年2月9日


 11.ある孤独−M女が生まれるまで    12年6月1日 


 12.お気に入り画像        14年9月5日 


 13.倒 錯−譲られた女       15年1月23日 


 14.苦辱の華          16年2月12日 


 15.あのかぶ         16年4月28日 




その日付へ飛んでください。
そこから物語が始まります。





※下まで読み終わったら、「次へ」をクリックすると次の話へつながります。
   「前へ」をクリックすると、前の話に戻ります。

でも、最初の「レイープロット」が全ての始まりです。

あのかぶ−17−


もう一度、互いの唇が触れ合わせ、柳沢は、濡れた舌先で宏子のそれを探る。
それに出会うと、更にその中の広がりを探るように、どこまでも入り込ませる。

宏子は、受け入れるとの意思表示のためか、舌先を絡めてくる。

裸の上半身を密着させれば、宏子のふくらみが胸に当たり、それが刺激となって柳沢の舌先の動きも衝動的になる。

ふっと、その動きを止め、柳沢は顔を離して視線を宏子の下半身に向ける。
無言で、下半身も見ていいか?と問うている。
宏子は、ただ肯く
柳沢は、ゆっくりとベッドに連れて行き、横たわらせたうえで閉じられたY字に鼻先を付ける。

「いいふくらみじゃないか、もっと見せて」

いやいやをする宏子の態度を無視して、足首を掴み両側に広げる。
素敵だと囁きながら、割れ目に触れる。

手のひらで恥丘の大きさを感じるように柔らかく掴む。

無毛の恥丘に顔を近づけ、唇を肌に当てる。

柳沢は挑むように、舌でクリトリスを弄り、感じて粟立った太ももを舐め回す。
胸を突き出すくらいに腰を引いていた宏子の表情に、羞恥が仄見える。

すぐにクリトリスが硬くなり、男と女の睦み合いは、快楽の貪り合いに転化していく
柳沢は、もう一度、宏子の顔を見つめ、快楽への帯同を約す。

ここからのくちづけは、探り合いの用心深さは必要ない。
互いの想いを表現する舞だ。

舞は舞台を代えても繰り広げられる。

乳首を舌先でくすぐり、強く吸い込む。
胸からあばらの下端へ唇を移動しながら、女の表情を覗く。
女は、自分の指をくわえて溢れそうな何かを抑えている。

パンティーラインに、もう一度舌を這わす。

既に無い女のパンティーラインには、たぷたぷと柔らかい肉が揺れ、その先にある熟した沼地を想像させる。

ぴくんと動く女の肉を、感じている印として、沼地に舌を伸ばして行く。

唇でクリトリスを摘まむが、うまくつかめない。

そのうち宏子は、早くと言う風に腰を浮かせてくる。
メラニンの濃くなった陰唇は、もう半開きになっている。

指で広げてみれば想像通りに、ピンクの綺麗な粘膜がその中に広がっている。

その奥も、かわいく濡れているのだろうか。
それとも熟して崩れそうなのか。

脚を更に広げさせ、太ももから舐めて回る。
右脚、左脚、恥丘、中心にはわざと近づかない。

宏子は、腰を上げて、ここにもと無言で迫る。

ちょっと舌をクリに当ててやり、両脇の陰唇を広げてやる。

クリトリスを更に舌先攻撃すれば、硬く大きく膨らんでくるのが分かる。

「あぁー」
と声を漏らすのを聞きながら、口を押し付けて、その中でクリに舌を打ちつけ転げまわす。

下唇で、じゅんと濡れてくるのを感じる。

その秘汁を舐め取り、クリにすくい上げ、ざらついた舌腹で、淫靡に擦るのだ。

「ダメー」
宏子が声を上げても、手足を押さえて更に繰り返す。

何度も繰り返したところで、宏子の腰が跳ねあがったのを機に態勢を変え、柳沢のものを女の眼前に置く。

待ちきれなかったというように、まだ半分ほどの硬さのものを咥えこみ、硬くしてみせると舌を這い回らせながら、同時に、もっとお願いと言う風に自分の股を広げる。

もう互いに求めるものは明らかで、隠す必要もなく、隠せるものでもなく、思いっ切りそれを貪り合うだけ。

宏子の舌技は、見事に目的を果たす。
感じ合い、高まり合う。
つま先から電気が走り、指が反り返る。

女の口から抜きとったペニスは、痛いほど反り返り、柳沢は、正常位になろうとする。

宏子は、口から離れるそれを名残惜しそうに、でも次にされることを期待して、手でそれに触れ続ける。

男の硬さは、女の手のひらからの刺激で持続させられながら、女の期待通りの処に挿入れられる。

もうそこは、外側に溢れるほど濡れていて手を添えるまでもなくすっと飲み込まれていく。

女のパイパンに男の茂みの無い恥骨が当り、ペニスの先が締まる肉壺の底に行きどまる。

この過程で濡れた肉襞の刺激と、圧さえるようにひくつく肉壁の締め付けが、男のガマンを解放するように迫る。

心地よさは、何度も往復して高まり、宏子の苦悶に歪んだような表情が、それを倍加させていく。

女の足を持ち上げて肩に担ぎ、もっと奥までと突き続ける。

「あぁー」

柳沢の腰が動くたびに、男の先から漏れる潤滑液と女のぬめりが混ざり合い、クチュクチュと淫靡な音を立てる。

女の腰も、求めるように次第に大きく動き出す。

「逝くー」

「まだだ」



あのかぶ−16−



柳沢は、ドMではなかったのに、この前から、そんな状況の置かれると興奮してしまうことに気付かされていました。

「もっと舌を入れて、お尻の穴を味わうのよ。 オマンコなんて贅沢だからね」

「一番汚いとこを舐めてするオナニーで充分だよ」

「私のお尻の穴でも逝けるようになったお前は、幸せ者だね」

こんな玲子さまの言葉で、我慢が効かなくなります。

柳沢は、玲子さまのアナルに舌を入れながら、久しぶりに大量の精液を放出しました。
全身の力が抜けます。
全身が痙攣するくらい良くなれたのです。



そのあとは、宏子がお風呂で、玲子さまの椅子になっています。

両手両膝をついて椅子になっていると玲子さまが、体勢を変えて、

「はいっ」
と、同じような格好をして、お尻を宏子の顔の前に突き出しました。

「今日は私のアヌスを舐めるのよ」

宏子は、玲子さまのお尻の穴を渋々舐めながら、玲子さまが悪戯っぽく後ろ脚のように伸ばしてきた足先を乳首に受け、黙って耐えるのです。

宏子は、俺よりもっと、Mでなかったのに・・・
見るともなくそれを見ていた柳沢は、ちょっと宏子が哀れになりました。


玲子さまは、二人の奉仕を散々受けた後、逝くだけ逝って帰って行かれました。
次の予定は、一か月後です。



玲子さまが先に帰ってしまったので、下のホテルロビーで待ち合わせる必要がなくなった。

柳沢は、見送ったときの裸にパンツだけの姿で、
「で、話って何だよ?」
と、きりだすと、
宏子もバスローブを羽織って来て、ティーカップを取り出していた。

「まあ、玲子が帰ったんだから、ゆっくりお茶でも飲んで」
「ああ」
柳沢は、ソファーに掛け、宏子の紅茶を入れている姿を、眺めて居た。

「はいっ」
宏子が、片方の紅茶を柳沢に手渡し、自分もその隣に腰掛ける。

「何で、こんな目に合わなきゃならないのよ?」
「こんな目って?」

「玲子の奴隷よ」
「ああ」

「ああって、前と逆で、貴方はいいの?」
「ちょっと驚いているが、あいつの気持ちも分かって、いい経験には、なるのかなって・・・」

「何、呑気なこと言ってるの? 玲子は、私たちを脅してこういう立場にしてるのよ」
「ああ、従わなければ、家族にばらすぞって言うからだろ?」

「それで、いいの?」
「だって、そもそもは、あんたが、そう脅したんじゃないか・・・」

「そうだけど・・・ 私は、貴方と寝てみたかっただけなのに・・・」
「自業自得、脅しは自己責任でってやつだ」

「あんなやり方でエッチしたいの? 私は嫌、レズじゃないし、女に奴隷扱いされるのもイヤ」
「じゃあ、どうするの? ここで俺に抱かれればいいのか?」

「ええ、それはそれでいいけど・・・」

「けど・・・?」
「この状況を変えたいのよ」

「まあな、あんたが、そう思うのは無理ないな」
「でしょう。何かいい方法無いの?」

「無いの、と訊かれても、俺には動機が薄いから・・・」
「何が欲しいの?私で叶えられることなら何でも言って」

「ほら、そういう不用心なこと言うから付け込まれるんだ」
「貴方になら、何されてもいい」

「俺が、金持って来いって言ったら、持って来るのか?」
「持って来る。いくら?」

「おいおい、冗談だから」
「冗談でなく、いくらならいいの?」

「分かったよ。何か考えてみるから・・・」
柳沢が、宏子の肩に手を回した。

宏子は、柳沢のカップを取って、自分のと一緒にテーブルに置く。

互いの顔を近づけて、唇を重ねる。

宏子の首筋に柳沢の手が伸びて、髪をかき上げるように往復する。
抱きしめながらバスローブをずらし、耳から鎖骨の辺りに唇を這わす。

「あぁーん」
「本当は、どうされたかったんだ?」

「いいの。貴方の好きなようにして」
「俺の好きなようになら、俺が命令すれば、瑤子の奴隷を続けられるっていうのか?」

「本当に貴方が、望むならね」
「望む」

「うそ」
「うそなもんか」

「貴方は、瑤子としてるときは硬くしてるのに、私と瑤子がしてるときには、全然興奮も嫉妬もしてないもの」
「ははは、よくそんなときに見てるな」

「貴方のために瑤子の言うことを聞いてるんだから・・・」
「分かったよ。今日、只今この時は、俺の意志で、お前を抱く」

宏子のバスローブの紐を解き、剥き出しになった乳首を口に含む。

「あぁ」

バスローブから肩をそして腕を抜き、前をはだけさせる。

宏子の裸体をあらためて眺めながら、
「そしたら俺の命令として、瑤子の奴隷を続けるか?」

「瑤子より、私を大事に思ってくれるなら」
「うーん。そう思えるか試してみよう」



Archives
ギャラリー
  • あのかぶ−15−
  • あのかぶ−12−
  • あのかぶ−9−
  • 2016年緊縛カレンダー1,2月
  • 2016年緊縛カレンダー1,2月
  • 2016年緊縛カレンダー3,4月
  • 2016年緊縛カレンダー3,4月
  • 2016年緊縛カレンダー5,6月
  • 2016年緊縛カレンダー5,6月
  • 2016年緊縛カレンダー7,8月
  • 2016年緊縛カレンダー7,8月
  • 2016年緊縛カレンダー9,10月
  • 2016年緊縛カレンダー9,10月
  • 2016年緊縛カレンダー11,12月
  • 2016年緊縛カレンダー11,12月
  • 雑記
  • 倒 錯−譲られた女−30
  • 倒 錯−譲られた女−29
  • 倒 錯−譲られた女−26
  • 倒 錯−譲られた女−16
  • お気に入り画像 5
  • お気に入り画像 5
  • お気に入り画像 5
  • お気に入り画像 5
  • お気に入り画像 5
  • お気に入り画像 5
  • お気に入り画像 5
  • お気に入り画像 4
  • お気に入り画像 4
  • お気に入り画像 4
  • お気に入り画像 3
  • お気に入り画像 3
  • お気に入り画像 3
  • お気に入り画像 3
  • お気に入り画像 3
  • お気に入り画像 2
  • お気に入り画像 2
  • お気に入り画像
  • お気に入り画像
  • お気に入り画像
  • お気に入り画像
  • ある孤独−M女が生まれるまで−81
  • ある孤独−M女が生まれるまで−79
  • ある孤独−M女が生まれるまで−67
  • ある孤独−M女が生まれるまで−66
  • ある孤独−M女が生まれるまで−52
  • ある孤独−M女が生まれるまで−48
  • ある孤独−M女が生まれるまで−47
  • ある孤独−M女が生まれるまで−46
  • ある孤独−M女が生まれるまで−42
  • ある孤独−M女が生まれるまで−40
  • ある孤独−M女が生まれるまで−38
  • ある孤独−M女が生まれるまで−35
  • ある孤独−M女が生まれるまで−28
  • ある孤独−M女が生まれるまで−26
  • ある孤独−M女が生まれるまで−22
  • ある孤独−M女が生まれるまで−21
  • ある孤独−M女が生まれるまで−16
  • ある孤独−M女が生まれるまで−11
  • ある孤独−M女が生まれるまで−8
  • ある孤独−M女が生まれるまで−6
  • 午前1時−4−
  • 午前1時−1−
  • タトゥー程口の容子−30−
  • タトゥー程口の容子−26−
  • 春香−14−




アダルトブログランキングへ


QRコード
QRコード
メッセージ

読者の皆様からブログ管理者に非公開でメッセージを送れます。ご利用ください。

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ