官能小説家−習作−

官能小説、一連の習作を掲載。SMでつながった男女のSMプロットをオムニバス展開。 妄想男の緊縛女への股縄・羞恥責め。M女に調教されたS男のM女育成、恥丘に刺青M女etc.

目次

閲覧は無料で自由ですが、著作権は、放棄していませんので転載等は事前に承認を求めてください。



官能小説家−習作−


屋外でのノーパン、股縄、緊縛、奴隷契約、羞恥責め、自縛、露出、刺青、恥丘、m女、女王様、クンニリングス・・・
無料で読んでいただけますが、成人向けですのでご注意ください。

文章がだいぶ溜まって、どこから読めばいいか分かりにくいとのコメントもあり、
整理してみました。

目次は、項目をクリックして、その日付へ飛んでください。
そこから物語が始まります。

※ 今まで目次の項目を選ぶと、新しいお話から表示していました。
  今回それを逆に、古い(最初の)お話から表示するように変更しています。
  この方が、読みやすいと思いますので・・・

※ 下まで読み終わったら、「次へ」をクリックすると次の話へつながります。
   「前へ」をクリックすると、前の話に戻ります。


でも、最初の「レイープロット」が全ての始まりです。

基本的には、前の話に出てきた脇役が、次の主役になっていたりしますので、
最初から読んでいただけると、登場人物の生い立ちなども分かりやすいと思います。




 1.レイ-プロット       05年6月8日


 2.レイ 続き        07年6月13日


 3.ゆみか−プロット    07年9月17日 


 4.蒲田プロット-後日譚-  08年1月25日 


 5.春香−プロット      08年2月15日 


 6.エリカ様           09年5月1日 


 7.里子             09年10月8日 


 8.タトゥー程口の容子    10年8月25日


 9.プチ官能小説 「夜8時」      11年12月3日


 10.午前1時        12年2月9日


 11.ある孤独−M女が生まれるまで    12年6月1日 


 12.お気に入り画像        14年9月5日 


 13.倒 錯−譲られた女       15年1月23日 


 14.苦辱の華          16年2月12日 


 15.あのかぶ         16年4月28日 




その日付へ飛んでください。
そこから物語が始まります。





※下まで読み終わったら、「次へ」をクリックすると次の話へつながります。
   「前へ」をクリックすると、前の話に戻ります。

でも、最初の「レイープロット」が全ての始まりです。

あのかぶ−10−

とうとう、バスタオル姿の瑤子が、飛び出してきた。
柳沢の目の前に、宏子の顔を跨ぐようにして立つ。

「あー、なんだよ、急に飛び出してきて」
柳沢は喜んでいる。

「卑猥だなぁ、 宏子にそこ見せたいんだ? お前、そのけが有るんだっけ?」

瑤子は、ニマッとしただけで、自分でバスタオルを緩めて、落とした。


01d80d8908e2c798




その動きを見て宏子は、起き上がり、瑤子のクリトリスに舌を当てる。

しつこく、ゆっくり、ソフトに、そして、たまに動きを止め、焦らして勝ちを実感した。

宏子の下半身では、柳沢が、強く、上下左右に、そして濡れた愛液をすくい上げ、またクリトリスに塗りつけ・・・、もう宏子のクリは、皮をめくらなくても根元まで丸見えになっている。

「宏子って、想像以上のスケベ女でしたね、こんなによがって。パイパンまんこからクリ飛び出させて。クリ豆、大好きって言ってみな。クリ豆弄ってくれる男なら誰でもいいって。こんなことされて嬉しくて仕方ないって。お豆、摘んであげるから」

瑤子を無視して、宏子をかまう。

宏子は、瑤子から口を離して、ベッドに倒れ込み、
「あっ、ダメ〜、そんな敏感な所、摘まないで・・・」と訴える。

柳沢は、宏子を焦らしながら続ける。
「ああ、このお豆、摘みたくてもマン汁がヌルヌルで摘めないよ、ああ滑る、マン汁がどんどん出てきて、お豆が滑る、ほ〜ら、ほらもう一回」

脚を閉じようとするが、縛られた脚ではどうしようもない。

「ここ、摘むよ、滑ってだめだなぁ、ああ、ここ、摘む・・・、摘めない。豆が、お豆が・・・、クリ豆の根元。ああもう一回」

宏子は、逃げるようにベッドをずり上がるが、足を縛った縄が引き戻す。

「ああ、ツルツルした勃起クリが、ああ滑る。もう一回、ほれ、もう一回」

瑤子は、宏子の顔に跨り、クリを舐めるように押し付ける。
あるいは、息ができないように塞いだのか・・・?

宏子は、口を開けた。

柳沢は、それに構わず、ヌルヌルになった指で宏子の乳首をつまみ上げ、わざと指を滑らせて、何度も根元を摘んで焦らせる。
体勢を変えて、今度は舌でクリを刺激し、 間近で凝視してから、音を立て、吸い上げ、いやらしく笑いながら宏子の顔を眺める。

だが、宏子の顔は、瑤子の股間に隠れてもう見えなかった。
瑤子が、意地悪そうに腰を揺すっている。

柳沢は、宏子に吸い付き、舌を動かした。

「ああ、イく、イイ、イッちゃう…それされたら、イッちゃう」
宏子が口ごもりながら、そのようなことを言うのが、聞こえた。

意地悪く、動きを止め、 少しするとまた、クリトリスを摘み、激しく舐めまわす。

「あんあー、イク、イク、イッちゃう〜」
するとまた、クリトリスから舌を離す。
そして、少しすると、クリトリスを摘み、舐める、激しく強く。

遂に、宏子は、懇願する。
「お願い、逝かせて。クリトリスすごいの。熱いの・・・」

「じゃあ瑤子さまにお願いするんだな」
しゃべるのを邪魔するように、瑤子がクリを押し付けている。

宏子はそれを何とかかわして、訴える。
「いえ、貴方に逝かせてほしい」

「だから、瑤子さまのお許しが要るんだよ」
宏子のクリトリスを摘まみながら、柳沢が瑤子の方を見る。

宏子は、クリトリスでイクことしか考えられず、
「だめ・・・、クリトリス、そんなにされたら、私…狂っちゃう。瑤子さま、お願いします、逝かせてください」

瑤子も、ようやくニヤッとして、少し腰を上げて言った。
「いいわよ、同時に私もその舌で逝かせてくれるなら」

「はい、いいです、なんでも・・・。早く逝かせて」

柳沢の舌が、宏子の弱いところ、敏感なところへ集中して動き始めた。
「ダメ、そこイッちゃう、いい〜、私は、こんなにクリ勃起させて喜ぶスケベ女です、クリ、犯されてるぅ…」

「だめぇ〜狂っちゃうー、だめだめ、クリ犯しちゃ、ぁぁあ〜ん」

柳沢は舌を離し、息を吹きかけ、指を触れながら、
「私の唾だけじゃないよ。ほら、ビチョビチョじゃないか」
「だめ、見ないでぇ、ダメァ〜ん。見て、見てぇ見てください」

垂れた淫汁を蟻の戸渡りに沿って導いて、指の腹でアヌスまで届け、その指をまた往復させながら、舌でクリを弄り続けた。
「私の、クリトリスでイクところ、見てください」

指がアヌスに触れるたびにクリが膨れる。
「あー、逝く、いく、イク。いい〜、アアアァァ〜ン」

そして果ててしまった宏子の口に、瑤子がは大きく開いたぬるぬるの陰唇を押し付けてきた。
それはとても大きくて、鼻と口を覆って、息ができないくらい。

「どう?今度は私の番。私のおまんこ、美味しいでしょう?いい音立ててしゃぶって。好きでしょう?」

「ぁぁンイヤ…そんな…」

「いつもこうやって、音立ててぐちょぐちょと舐めてもらう妄想してるんでしょ? 自分からするのも嬉しいでしょう? 瑤子さまのおまんこ美味しいですって、言うのよっ」

「やだぁぁぁぁ…、もぉ〜、お、美味しい、です…」

「なにが美味しいんですか?」
「あぁ、お、お、おまんこ〜」

「瑤子さまのおまんこ、ですよ、瑤子さまのおまんこの味はどうですか?」
「お、美味しいです。おまんこ…、瑤子さまのおまんこ、美味しいです…」

瑤子さまのあそこを舐めているのに、宏子は、自分のもまた濡れてきているのが分かり、混乱して来た。

柳沢は休めていた指に、また潤いが増えてきたのを感じ、宏子の脚を広げ、硬くなったものを割れ目に擦り付けた。

クリトリスの方から尻の方まで、クチュ、クチュッと、滑らせる。

「宏子のは毛がないから、よく滑る滑る。ここがいいんですか? ここ。チンポの先で勃起いたクリを押してやるよ」
と、クリトリスを、クチュン、クチュンと突く。

「あー、そこじゃなくて、違うの、ダメ、入れて〜、ぁぁン、入れちゃダメです。ハァァん」

にゅるん。



あのかぶ−9−

「そうだよな、今日こういうことになるなんて想像していなかったもんな。いや、想像ぐらいはしたかな?」
「そんなこと、しません」

「じゃあ、何故ここに毛がないんだ?」
「私の勝手でしょ」

「ははは、まあ、勝手だが、こうするときに便利だし」
柳沢は、宏子の陰唇の割れ目に、指を触れさせた。

「いやー」

その指は、ほとんど抵抗なく、その奥の窪みに飲み込まれた。

「やっぱりもうグチュグチュに濡れてるじゃないか」

そう言いながら、宏子の中に入れていた指を抜き、宏子に見せた後、まだ糸を引いている汁を、クリに塗り付けて、指の腹で撫でまわした。

「年始に会ったときは、普段着に毛の生えたような恰好でしたね〜。
それなのに次の時から、おしゃれして身体をくっつけるようにして来て、気が有るなって気づいてはいたんですよ。
でも、まさか縛ってなんて言って、こうしてマンマン丸出しにして、 汁流しているなんて…」
宏子を縛り、自由が利かなくしてから、柳沢は余裕を取り戻したらしい。

「やめてください…そんなこと言わないで…強引に…」

「強引に? 縛ってって言ったのは貴女ですよ。なあ、瑤子」
「私、知らないから。筋書き通りやって」

「知らないって、何だよ」
「だから、ストーリーから外れないでって」

「上司が部下の女を呼びつけて犯すシーンって言ったって、見てるのは瑤子、お前だけ。こいつは本気で俺にやられたがって来たんだ。お前は、なぜ平気でそんな指示出してんだよ?」

柳沢は、乱暴に宏子の股に中指を入れ、上天井を擦り上げた。
「いや〜!」

「ほれ、こいつは本気でよがり始めたんだ。瑤子、お前はどうすんだよ?」
「・・・」

「ただ見ていたいのか、どうなんだ?」

宏子の膣の中は柔らかくなって、更に指を何本でも呑み込めそうだった。
「ダメ、そこは。私の一番感じる所、触らないで…。これ以上、恥ずかしい…」

脚を閉じようとしても、左右に縄で繋がれ動けない。
それだけでなく、柳沢に悪戯され、瑤子さんを挑発する道具にされている。

柳沢は、指を埋め込んだ宏子に熱中するのでなく、瑤子を誘うことに意識が行っている。

そんな屈辱、でも、こんな乱れてる恥ずかしい姿を同性に見られるなんて、なのに、濡れてしまう。

そして、柳沢の腰に巻いたバスタオルの奥に、硬くなったものが…

瑤子は、黙って眺めている。

宏子は負けまいと、腰を動かし彼の指にクリを押し付け、瑤子に見せつける様に、淫らに蠢かせ始めた。

「あ〜…ン、そこ…こんなこと、いい」
と言いながら、腰をくねくねと…。

瑤子は一人、無表情で眺めている。

「スケベな躰だなぁ。 嫌だ嫌だと言いながら、クリを押し付けて来て。このいやらしい腰の動き、見てみろよ、瑤子」

そう言いながら、今度は強く、根元まで、クリトリスをこねくり回す。
上下左右に、そして濡れた愛液をすくい上げ、またクリに塗りつけ…。
もう宏子のクリは、皮を指でめくらなくても根元まで丸見えになっている。

「ほら、見られて感じて、勃起して」
と、指先で包皮を引っ張り、クリトリスを剥き出しにした。

「ぅ…ン、やぁーハァ。ぅーン。そんなこと、しないで。そんなに近くで見ないで。見られるとダメなの」
宏子は、大げさなくらいに声を出して、喘いでみせた。

「こういうの、好きなんだ? 剥かれて見られるだけで、感じるんだ?」

「イヤ〜、もうこれ以上はしないで」

「これからだよ。ほーら、マン汁を、たっぷり付けて触ってやるから。あーあ、ぬるぬるしてよく滑る。勃起クリに、こうして塗りつけたら、マン汁も溢れるだ?会社の上司にクリ擦られるのがそんなにイイんか〜? これは、いじめ甲斐のあるクリトリスだね・・・」

と露わになったクリの先の部分だけを、焦らすようにチョンチョンと舐める。

「そんないやらしいこと、言わないで、やめて・・・」

「いやらしいのは宏子、お前のこのクリだろう。こんなにプックリ膨らませて。上品そうな顔して、こんなクリトリスを隠して。あーあ、また大きくなってヒクついている。クリの先っぽ、そんなにいいのか、感じるのか? 先っぽ気持ちいいって、言ってごらん」

クリトリスの先だけを、しつこく、ゆっくりソフトに擦る。

「だめーぇ、そこはもうダメなの、それ以上は許して…」

それを聞くと、柳沢は、クリトリスに指を軽く触れたまま、動きを止める。
もう、瑤子の方へは振り返らない。



16-06-17-01femona






























柳沢の手の動きに、もどかしくてたまらなくなった宏子は、もう無意識に腰を動かし、彼の指にクリトリスを押し付け、更に淫らに誘いかけた。





Archives
ギャラリー
  • あのかぶ−10−
  • あのかぶ−9−
  • 2016年緊縛カレンダー1,2月
  • 2016年緊縛カレンダー1,2月
  • 2016年緊縛カレンダー3,4月
  • 2016年緊縛カレンダー3,4月
  • 2016年緊縛カレンダー5,6月
  • 2016年緊縛カレンダー5,6月
  • 2016年緊縛カレンダー7,8月
  • 2016年緊縛カレンダー7,8月
  • 2016年緊縛カレンダー9,10月
  • 2016年緊縛カレンダー9,10月
  • 2016年緊縛カレンダー11,12月
  • 2016年緊縛カレンダー11,12月
  • 雑記
  • 倒 錯−譲られた女−30
  • 倒 錯−譲られた女−29
  • 倒 錯−譲られた女−26
  • 倒 錯−譲られた女−16
  • お気に入り画像 5
  • お気に入り画像 5
  • お気に入り画像 5
  • お気に入り画像 5
  • お気に入り画像 5
  • お気に入り画像 5
  • お気に入り画像 5
  • お気に入り画像 4
  • お気に入り画像 4
  • お気に入り画像 4
  • お気に入り画像 3
  • お気に入り画像 3
  • お気に入り画像 3
  • お気に入り画像 3
  • お気に入り画像 3
  • お気に入り画像 2
  • お気に入り画像 2
  • お気に入り画像
  • お気に入り画像
  • お気に入り画像
  • お気に入り画像
  • ある孤独−M女が生まれるまで−81
  • ある孤独−M女が生まれるまで−79
  • ある孤独−M女が生まれるまで−67
  • ある孤独−M女が生まれるまで−66
  • ある孤独−M女が生まれるまで−52
  • ある孤独−M女が生まれるまで−48
  • ある孤独−M女が生まれるまで−47
  • ある孤独−M女が生まれるまで−46
  • ある孤独−M女が生まれるまで−42
  • ある孤独−M女が生まれるまで−40
  • ある孤独−M女が生まれるまで−38
  • ある孤独−M女が生まれるまで−35
  • ある孤独−M女が生まれるまで−28
  • ある孤独−M女が生まれるまで−26
  • ある孤独−M女が生まれるまで−22
  • ある孤独−M女が生まれるまで−21
  • ある孤独−M女が生まれるまで−16
  • ある孤独−M女が生まれるまで−11
  • ある孤独−M女が生まれるまで−8
  • ある孤独−M女が生まれるまで−6
  • 午前1時−4−
  • 午前1時−1−
  • タトゥー程口の容子−30−
  • タトゥー程口の容子−26−
  • 春香−14−




アダルトブログランキングへ


QRコード
QRコード
メッセージ

読者の皆様からブログ管理者に非公開でメッセージを送れます。ご利用ください。

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ