hukusima-d-1000


画像をクリックすると拡大されます



上りが中心の坂コース。
スタート地点がコースの一番低い部分で、ゴール地点が一番高くなっているため、緩やかな上り一手になる。
だが3〜4コーナーが典型的なスパイラルコーナーなので、小回りの割にはコーナリングでスピードが落ちない。
逃げ馬が半分弱勝ち、7割弱連対している。
その相手もほとんど先行馬だ。
差し馬が割って入るのは逃げ馬が3〜4コーナー中間までに単騎の形にならない場合。
逃げ馬も息を入れられず、先行馬もごちゃつきながらコーナーを回るうちに消耗する。


データ(1999年10月〜2009年12月27日)

10hukusima-d-1000-1






10hukusima-d-1000-2






10hukusima-d-1000-3






各競馬場のコースデータ






ポチリと応援お願い致します。

にほんブログ村 競馬ブログへにほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
banner2

競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ