niigata-s-1200


画像をクリックすると拡大されます



向う正面の2コーナーを終えたところからのスタート。
3コーナーまでの直線距離は448mと長く、スパイラルコーナーと合わさってほとんどスピードが落ちない。
なので予想の際にはどこまでハイペースになるかを考慮したほうが良い。
かなり速い場合は差しが有利だが、それでも前残りはたまにある。
それよりも遅くなるようだと位置取りで通りに決まる傾向がある。


データ(1999年10月〜2009年12月27日)

10niigata-s-1200-1

10niigata-s-1200-2

10niigata-s-1200-3

各競馬場のコースデータ


ポチリと応援お願い致します。

にほんブログ村 競馬ブログへにほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
banner2
競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ




七騎の会:スプリンターズS200-200

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第48回 スプリンターズS(G1)>

 巷で有力視されている有力馬達に
  はいずれも付け入る隙がある!

穴の馬連3点はコチラで無料入手

━━━━━━━━━━━━━━━━━

今年は、実績だけ見れば先のロードカナロアを負かした事のあるハクサンムーンが一枚抜けているが、2走前の高松宮記念・前走のセントウルSで出遅れて点は正直気になる。さらに直線が長い上に連続開催で馬場が荒れている今の新潟はお世辞にも合っていない印象だ。

エピセアロームも善戦こそしているが、勝ち切れない競馬続きで1200mのスペシャリストが一同に集う本番では全幅の信頼が置けない。スプリントに路線変更してから4戦して1勝2着2回と安定しているレッドオーヴァルは終いも確実で条件的にピッタリに映るが、時計短縮が課題。

巷で有力視されている有力馬達にはいずれも付け入る隙があるとあって、この中間はどの陣営も千万一隅のチャンスと言わんばかりに勝負仕上げを施してきている。

GI特別チームがいる当社の元には

『直線に急坂のある中山なら割引だけど、直線平坦の新潟なら勝ち負け』

『野芝開催でスピード馬場の中山だったら使わなかった。連続開催で時計を要する馬場になっている新潟なら好勝負になる』

『ウチのは決め手が身上だから、新潟の1200mは願ったり叶ったりの条件』

などなど、表向きには胸を借りる立場を強調しているが、本音は勝算あっての参戦である陣営から続々と有力情報が入ってきている。

無料登録された会員さんには、「関係者の思惑」で必然の的中馬券をお届けするから大いにご期待頂きたい。

【スプリンターズS】穴の馬連3点勝負を無料配信!

七騎の会:スプリンターズS234-60