cyukyo-D-1800-1


画像をクリックすると拡大されます



スタート地点はホームストレッチの真ん中より左寄り。
上り坂の途中がスタート地点となる。
一周目のゴール板前を過ぎて1コーナーへ。
1〜2コーナーはほぼ平坦。
向正面直線に入り、しばらくは緩い上り坂。
残り980m地点から緩やかな下り坂に入る。
3〜4コーナーは部分はすべて下り坂で、最後の直線へ。
ゴール手前380m地点より220m地点にかけては高低差1.8mの急な上り坂。
勾配は1.14%で、中山競馬場ダートコースに次いで傾斜がきつい坂が設けられた。
ラスト220mはほぼ平坦。
なお、ダートコース全体の高低差は3.4m。
最後の直線距離は410.7m。
従来よりもより98.7m延長され、東京競馬場に次いで二番目の長さとなった。


各競馬場のコースデータ



ポチリと応援お願い致します。

にほんブログ村 競馬ブログへにほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
banner2
競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ



<PR>

150120sebun1

━━━━━━━━━━━━━━━━━
年明け一発目の【中山金杯】も公言
通りに大本線で1540円ズバリ!

   <第32回 東海S(G2)>

前哨戦となるココは叩き台なのか?
本番度外視で勝ちにきているのか?

  →馬連3点勝負はコチラ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨年、確信◎ニホンピロアワーズから、8番人気の伏兵マイネルバイカの激走情報をスクープして馬連1点目・3連複5670円・3連単1万5380円の完全的中をお届けしているドル箱レース。

このレースを見極める上で重要となってくるのは、前哨戦となるココは叩き台なのか?はたまた、本番度外視で勝ちにきているのか?を見極める事。ましてやフェブラリーS連覇が掛かるコパノリッキーは田辺から武豊に乗り替わりとなるなど陣営だけでなく馬主サイドの思惑を知らずして馬券を手中に収めるにはまず不可能と言っても過言ではない。

なお、今回、無料登録された会員様には、創業当初から18年の長きに渡って徹底現場主義を貫いている競馬当社だからこそ入手できた門外不出の関係者情報で高配当馬券をお届けするのでくれぐれも見逃さないで頂きたい!

  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

   <第32回 東海S(G2)>

前哨戦となるココは叩き台なのか?
本番度外視で勝ちにきているのか?

  →馬連3点勝負はコチラ

150120sebun2