キャンピングトレーラーHobbyのキッチン引出しはソフトに閉まるオートクローザーが設置してあります。
引出しを途中まで閉めれば、後は自動で閉まり、キャンピングトレーラーでありながら自宅の豪華なキッチンと変りない装備がお気に入りです。オートクローザーと呼ぶのか?ソフトクローザーと呼ぶのか?
しかし自宅と違い走行時は絶えず振動しており、オートクローザーと引出しを止めてるプラスチックの凸部が摩耗して固定出来なくなりオートクローザー機能が使用不可になりました。
ビスなどで固定しても良いのですが、引出しを取り外し出来なくなるので応急処置としてゴムバンドでオートクローザーと引出しを固定しました。これでオートクローザー機能は復活しました。恒久対策は摩耗した凸部をどの様にして復活させるか悩みどころです。
conv0006



conv0002

写真の赤枠部分にオートクローザーと引出しのプラスチック凸部が嵌り込んで固定される構造になっています。
しかし走行時の振動により凸部が摩耗して固定出来なく引出し開閉すればオートクローザーと引出しが外れてしまいます。


conv0003

赤枠が引出し側の凸部ですが、走行時の振動により金物と擦れて凸部が摩耗してしまい固定出来ない状況です。
この摩耗した凸部を何で肉盛りすれば良いのか?思案中です。


conv0004

損傷したオートクローザーの凸部恒久対策は時間を掛けて修復するとして、応急対策としてゴムバンドで固定しました。これで取敢えず使用には問題ないのですが。。。