さぁついに出します!
あの伝説の将軍 王騎を!!


最高にかっこいいですよね!
大柄で大きな唇、それに独特な喋り方。
おうき キングダム さいたく

これが初登場!
ただならぬ恐怖を感じます・・・(いろんな意味で)


元々かっこよく散らせる用のキャラとして
この王騎将軍が生まれたそうです!


そしてさらにスケールを上げるために六大将軍という設定を入れたとか。
そんなインパクトだらけの大御所、王齮将軍!


しっかり史実をお伝えしていきます!




~史実で見る王騎将軍~



実はもう1人の六大将軍 王齕(おうこつ) と
同一人物だったという説があります・・・。
images (8)

今回は別々だった・・・という仮定で話しを進めていきますね!
(ちょくちょく同じ戦歴が出てきます。)


まず王騎の出生は不明です。


年齢は分かりませんが、初めて史実で出るのは
「趙の首都、邯鄲(カンタン)を包囲した」
ということです。


この包囲には王齕(おうこつ)も参加しています。


つまり、王騎(おうき)王齕(おうこつ)の両名が
長平の戦いのあとの包囲戦に参加していたと言うことです。



偶然でしょうか・・・?


それから空白の10年間があったのち
韓の上党(じょうとう)いう一帯をを攻め落としています。


これも王齕(おうこつ)と一緒ということになります・・・。
同年に合従軍が秦に攻めてきていますが、王齮は参戦していません。


その1年後、紀元前246年。
始皇帝になる嬴政(えいせい)秦王に即位し、王騎は将軍に
任じられています。


王騎はもともと将軍だったのですが
即位した嬴政(えいせい)は、ここで改めて任命したのです。


これの意味は
「これからの覇道を支える、優秀な秦国の将軍達」として
周囲や列国に知らしめるために行なったのかもしれません。


王騎のほかに、2名の将軍が任命されています。
1人目は蒙驁(もうごう)将軍
蒙ごう キングダム

キングダムでは「凡庸」なんて言われていますが

実際には城を落としまくった化け物です!





もう1人は
麃公(ひょうこう)将軍!

hyoukou

こちらは情報が少なすぎて不明です・・・。
この3人が嬴政のお墨付きの将軍だったのではと思います。


しかし、気になることが1つ・・・。
それは合従軍との戦いにも出されるほど
信頼されていた王齕(おうこつ)が任命されていないことです。


優秀な人材を好む嬴政が王齕を任命しないとは・・・。


まぁ王が変わった瞬間、そりが合わず出番が無くなる名将が
いないわけではないのですが・・・。


これらの戦歴を見て見ると
まだ王齕と同一人物と言えるレベルではありませんね。


じつはもう1つ、同一人物説が騒がれる理由があります。


それは「名前」です。


王齮、王齕。
王の姓は秦国特有のような気もしますが、ここのことではありません。


・・・これらの文字です!


600年ほど先の世にて書かれた「史記集解(しきしっかい)」という
書物があります。(400年頃)


これは「史記」に書かれていることを
「ここはこういう意味なんですよ。」と補足をした書物です。


その人物の考えや思想がふんだんに含まれた内容となっています。
それに、王齮の齮の文字は「一と齕と作る」と書かれているとか・・・。


正直、わたしにはさっぱり分かりません。
漢字に詳しい方には分かるもんなんですかね・・・?


~王騎将軍の死~


嬴政から将軍に任命され、これからというとき・・・。
王騎は亡くなります。


将軍に任命されて、わずか2年後のことでした。
史実では死因は不明です。


戦で敗れたのか、はたまた病死か・・・。
史実に登場してわずか13年で歴史から消えてしまっています。


ちなみに王齕は
3年前に史記から消えています。


死亡については書かれていません。


~まとめ~


以上が王齮の史実になります!
結果を残せた戦は「趙の上党攻め落とした。」これだけです・・・。


これで信頼されるものなんですかねw


しかし、仮に王齕(おうこつ)と同一人物だったとしたら・・・
かなりの戦歴と実力を持つ将軍だったと言えそうです!


下のほうに王齕のリンク先も張っておきます♪
ぜひそちらもどうぞ!

 

キングダム (1-36巻 続巻) -漫画セット-



長平の戦いにも参加し、重用された秦国の名将!!

その名は
王齕(おうこつ)


[廉頗でさえ退ける白兵戦大好き将軍、王齕の史実]






騰(とう)や軍長たちの記事もあります。

ぜひそちらも見て行ってください♪


[ギャグセンス要員かと思えば、実は恐ろしい怪物 謄将軍]



[王騎軍の特攻隊長、録鳴未(ろくおみ)軍長]



[無骨な死闘愛好家、干央(かんおう)軍長]