ANIPLEX+限定「ヴァリアブルアクション アルドノア・ゼロ タルシス」レビュー!


2015年11月発売 ANIPLEX+限定商品「ヴァリアブルアクション アルドノア・ゼロ タルシス」です。

アニメ『アルドノア・ゼロ』より、騎士クルーテオ伯爵からスレイン・トロイヤードに引き継がれたカタフラクト「タルシス」がメガハウス“ヴァリアブルアクション”(以下、VA)で登場。ANIPLEX+の限定商品として2015年6月から受注が行われていました。販売価格は19,800円(税込)+送料。


THARSIS_01_001
パッケージです。
限定商品ではありますが、前面には透明の窓が設けられ中身を確認することが出来ます。



THARSIS_01_002
パッケージ寸法は横約40cm、縦約28cm。
同シリーズ「ヴァリアブルアクション スレイプニール」のパッケージと比べるとこの大きさ。



THARSIS_01_006
奥行きはスレイプニールと同寸です。
ほんとにデカイな。



THARSIS_01_003
パッケージ裏面。



THARSIS_01_004
側面。
小さくタルシスの機体解説が書かれています。



THARSIS_01_005
反対側。



THARSIS_01_007
ブリスターパック表。



THARSIS_01_008
裏。
裏にはベースとスレインのアクリルプレートが入った袋がテープ留めされています。



THARSIS_01_009
パッケージ内容一覧。
本体、ベース一式、シールド×2、バックパック、交換用手首パーツ×4、アクリルプレート。
あ、そういや取説は封入されていません。上級者仕様か!



THARSIS_01_010
シールドは同型のものが2枚付属。
それぞれ本体と同じか少し長いほどの全長をほこります。



THARSIS_01_011
シールド表裏。
裏にはブレードを内蔵。
アームの可動部には金属パーツが使用されています。



THARSIS_01_012
シールドを取り付ける前腕部。



THARSIS_01_014
バックパック取り付け前の背面。



THARSIS_01_013
首の下の四角い穴にバックパックをはめ込みます。
ずいぶん深々と刺さって最初は驚きました。



THARSIS_01_015
取り付けると見えにくくなるバックパックの裏側(表側?)。



THARSIS_01_016
シールドとバックパックを取り付けて「VA タルシス」の完成。
重厚です。装甲の曲面と綺羅びやかな塗装が美しい。



THARSIS_01_017
背面。
とても複雑で情報量の多い背面。



THARSIS_01_018
膠着状態の脚部。
つま先を真後ろまで曲げた面白い形状です。



THARSIS_01_019
足首は良く可動してくれますが、見た目通りそんなに安定感は無い!
というかバックパック重すぎ問題。



THARSIS_01_020
付属のベースを使用して飛行ディスプレイも可能です。
たぶん可能です。めっちゃブルブル揺れますけど!



ではタルシスを様々な方向から~
THARSIS_01_021

THARSIS_01_022

THARSIS_01_023

THARSIS_01_024
全面も当然情報量が多く緻密に再現されていますが、なんといっても背部がすごいですね~バックパックかっこいいわ~。



THARSIS_01_025
顔つきもシャープ。



THARSIS_01_026
未来予知を可能にする多数の観測器は塗装で再現されています。
顔などもかなり細かい部分までなかなかキレイに仕上げられているんじゃないでしょうか。



THARSIS_01_027
シールドは前腕部のアームによりフレキシブルに可動。
内蔵ブレードも可動アームにより展開が可能です。
長い。すごい迫力。



THARSIS_01_028
前方に展開。
ブレードの刃はメタリック塗装が施されています。



THARSIS_01_029
どうするのってくらい長いですね・・・。



THARSIS_01_030
シールドを翼っぽく展開したポーズも可能です。



THARSIS_01_031
それにしてもバックパックがこんなにデカイとはな~。



THARSIS_01_032

THARSIS_01_033
バックパックには中程に可動が設けられ、スラスターの上下動が可能です。



THARSIS_01_034
シールドの角度変更と展開で矛と盾。
ヒジは大型のシールドが取り付けられることを考慮してかクリック式の関節になっています。おかげでシールドを構えてもヒジが下がるということはありません。



THARSIS_01_035
内臓の機銃はこれだっけ?
いや~塗装箇所多いですね~。



THARSIS_01_036
遅くなりましたが「VA スレイプニール」との比較。
本体だけで言えばそれほどの差・・・はありますね。
本体、全体で見てタルシスはかなりボリューミーです。



THARSIS_01_037
最後に付属のスレイン・トロイヤード卿。
全高約16.5mmのアクリルに印刷されており、台座部分のアクリルとの2パーツで構成されています。



THARSIS_01_038
タルシスの足元に置くとこんな感じ。



THARSIS_01_039
カタフラクトでけえ。



THARSIS_01_041
全高約16cmではありますが、シールド、バックパックの存在により非常にボリューム感溢れるフィギュアです。取り回しは置いておいて、各部とも良く動きますし、高かったけどまあ納得は出来るなという感じ。あとは重量があるので台座は特別性がよかったかなというのはありますかね。
次はスレイプニールの宇宙装備だね・・・対決させないとね!

以上。ANIPLEX+限定「ヴァリアブルアクション アルドノア・ゼロ タルシス」でした。


発売中!

アルドノア・ゼロ タルシスヴァリアブルアクション 全高 約160mm [ANIPLEX 限定]


Amazon商品ページ
中古フィギュアヴァリアブルアクション タルシス 「ALDNOAH.ZERO-アルドノア・ゼロ-」 ANIPLEX+限定
楽天市場で「ヴァリアブルアクション タルシス」を探す



「ヴァリアブルアクション アルドノア・ゼロ KG-6スレイプニール 宇宙用装備」2016年2月発売予定!


あみあみ商品ページ
ホビーサーチで「ヴァリアブルアクション KG-6 スレイプニール(宇宙用装備)」を探す
Amazonで「ヴァリアブルアクション KG-6 スレイプニール(宇宙用装備)」を探す
楽天市場で「ヴァリアブルアクション KG-6 スレイプニール(宇宙用装備)」を探す