バンダイ「METAL BUILD(メタルビルド) ストライクフリーダムガンダム」レビュー!


2015年11月発売バンダイ「METAL BUILD(メタルビルド) ストライクフリーダムガンダム」です。

『機動戦士ガンダムSEEDDESTINY』より、ストライクフリーダムガンダムがMETAL BUILDシリーズに登場。「METAL BUILD デスティニーガンダム」を生み出したスタッフが再集結。『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』チーフメカ作画監督“重田智氏”による監修により、METAL BUILDオリジナルアレンジで立体化。


MB-SF_01_001
パッケージ表裏。
つや消しに金箔文字の質感あるパッケージ。



MB-SF_01_002
パッケージ側面。



開封。
MB-SF_01_003
ストライクフリーダムガンダム本体とベースは発泡スチロールで梱包されています。



ブリスターパックが2つ付属。
MB-SF_01_004
ひとつはビームライフル、ビームシールドなど武器類と交換手首パーツ。



MB-SF_01_005
もうひとつはバックパックと腰部レール砲。



MB-SF_01_006
ベース一式。
通常のベースに加えスーパードラグーン展示用のジョイントパーツが付属しています。



MB-SF_01_007
ベース組立て。
支柱は角度の調整が出来、ロック機構により角度の固定が可能です。



MB-SF_01_008
支柱先端部分もロック機構付きの角度調整が可能。



MB-SF_01_009
オプション類未装着状態のストライクフリーダムガンダム本体。



MB-SF_01_010
後ろ。



MB-SF_01_011
肘などダイキャストが用いられた関節部分は電解メッキによりピカピカに輝いてます。
その他の部分も繊細かつ美しい塗装が施されています。



MB-SF_01_012
バストアップ。



MB-SF_01_013
顔を正面から。



MB-SF_01_014
機体各部にはマーキングが塗装で再現されています。
ビームシールドが内蔵された小手のディテールもすごい。



MB-SF_01_015
ふくらはぎのフィン2枚は可動。
クツ部分はダイキャスト製で重量感があり、触るとひんやり。



MB-SF_01_016
バックパック、レール砲、ビームサーベルを装着。
バックパックは大きさもあり重量もかなりのもの。
まっとうな自立は少し難しいと思います。



MB-SF_01_017
それにしてもかっこいい・・・。



MB-SF_01_018
背面。



MB-SF_01_019
ウイングの密度感もすごいですね。
スーパードラグーンは先端にクリアパーツが使用されています。塗装はメタリックブルー。



MB-SF_01_020
ビームライフル2丁を装備。



MB-SF_01_021
ベースを使った飛行ディスプレイとウイングの展開。
ベースの強度はしっかり。本体がぐらつくこともありません。



MB-SF_01_022
スーパードラグーンの先端を開くことで個々のウイングを展開することが出来ます。
スーパードラグーンはそれぞれ分離も可能。
付属のパーツを使用して台座の下に展示することが出来ます。

2016年6月発売の魂ウェブ商店限定「METAL BUILD ストライクフリーダムガンダム 光の翼オプションセット」を使用することで、Sドラグーン射出時の光の翼と、全ドラグーンの射撃状態を再現することが出来ます。

商品ページはコチラ




MB-SF_01_024
ウイング展開背面。



MB-SF_01_025
ライフルは変形により連結状態を再現可能。
専用ジョイントパーツを使用して連結ライフル装備時の飛行ディスプレイが可能です。

おそろしくカッコイイですね、何をやらせても様になる。
サーベル、シールドなどまだまだオプション・ギミックともあるのですが、今回はこの辺で。

以上。「METAL BUILD ストライクフリーダムガンダム」でした。


発売中!

あみあみ商品ページ
Amazon商品ページ
駿河屋商品ページ
ハピネット・オンライン商品ページ
ビックカメラ.com商品ページicon
楽天市場で「METAL BUILD ストライクフリーダムガンダム」を探す
中古フィギュアMETAL BUILD ZGMF-X20A ストライクフリーダムガンダム 「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」



魂ウェブ商店限定「METAL BUILD ストライクフリーダムガンダム 光の翼オプションセット」2016年6月発売予定!予約受付中!