vs 蔚山 2-2vs 浦和 2-2

2012年04月03日

vs 広島 0-1

強くは無いが大粒の雨、強風で閑散とする青赤横丁
しかし、喜作には長蛇の列、東京サポの意地(食い意地?)
黒ホッピーだけでスタンドへ。

東京は草民選手ボランチ4-2-3-1
広島は3-4-2-1でも守るときは5バック、攻めるときは4バック気味

荒れた天候で両者パスがつながらず
東京が球を持ちますがなかなかゴール前で崩せず
広島のカウンターを受けます。

序盤は草民選手から前にパスが出ていましたが
徐々に減ります。

サイドから石川選手の突破などみられましたが、
なかなか楔の球をキープできず、ゴールに迫れず。

CKや権田選手の飛び出しからピンチも何とか前半は0-0

ハーフタイムになんとか喜作に。味噌味はなかなかおいしい。

相変わらず雨の中、東京が球を保持するというか持たされている感じ。
パスが足下足下では、相手に読まれてしまいます。
するとカウンターからみごとにCBの間に走った寿人選手にクロスが合って失点。

羽生、谷澤→渡辺、大竹選手

とてこ入れしますが、球回す東京とカウンターの広島
なかなかシュートチャンスまで行きません。

加賀→平山選手
パワープレー?、つなげず、ロングも入れられずそのまま終了。

広島はつなぐだけでなく守りにもは入れるのが強みですね。
確か城福東京のときも守られて、崩せなかった広島戦。
これに勝てるようになれば東京も本物になれそうです。


権田 5.5 失点はノーチャンスか

徳永 5.5 攻められず
加賀 5.5 一回だけ寿人止められず
森重 5.5 同上
太田 5.5 攻められず

草民 5.5 なかなか前向けず
高橋 5.5 攻めのパスはいまいち

石川 6.0 一人前線で働く
羽生 5.5 起点にはなれず
谷澤 5.5 ドリブルが通じず

ルカ 6.0 変わらずプレーも決めたい

渡辺 5.5 ポストはまずまず、シュートは?
大竹 5.0 まわりと合わず
平山 5.5 見せ場なし

欠場した梶山、長谷川選手の存在感が明確に。
前での起点と守備はルーカスならまだしも羽生選手では変われません。
中盤からの押し上げは草民選手は消極的。
ミスを恐れない二人のプレーぶりが他の選手にも欲しいところです。


hobotokyo at 17:24│Comments(0)TrackBack(0) FC東京 | サッカー

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
vs 蔚山 2-2vs 浦和 2-2