vs 浦和 2-2

2012年09月29日

vs 磐田 2-1

台風の前、強い日差し
誕生日間近のドロンパ、
熊とお姉さん従え華麗にダンス

磐田、ダイア4-4-2で前からプレス守備
東京、定番4-2-3-1

序盤東京はエジポスト、
右から攻め中で梶山選手のシュート
米本選手上がり、FKなどで攻撃

しかし、前田選手の飛び出しからピンチ
そして、駒野選手?のクロスを大外で頭に合わされ失点

裏取れない(取らない?)ので
磐田にライン上げられ
狭い中盤でつなぐもゴール前の怖さ無く
シュートまでいけず。

さらに、サイドからクロス上げられず、
敵多い中央から無理に突破しようとしてばかり
これではいくらやってもゴールは遠い。

少ないチャンスCKもポストに防がれる。
治療で相手少ないのにシュートうたれる
ルカクロスエジ頭シュートも枠外

負けてるのに後ろで回し取られてカウンターでピンチ
裏飛び出しに複数で工夫のある磐田、単身勝負の東京
椋原選手前いけずブーイング
また、おしいCK

照りつける日差しと低調な内容でどっと疲れて後半へ。

米本選手→ネマ右へ、石川選手左へ
梶山選手ボランチ、ルカエジでツートップ

奮起したか、サイドから攻勢の東京
左石川選手がパスうけ突破しクロス
ネマシュート防がれるもエジ押し込む!

駒野選手のクロスに前田選手が
ネットを揺らしますがオフサイドで助かる。

とにかく仕掛ける石川選手ドリブルからの
シュートは惜しくもバー

負けじと磐田も絶妙な前田選手の飛び出し
からシュートは外れ

梶山選手→チャン(久々?) CBで 高橋選手ボランチ

疲れか両チーム中盤ゆるく両ゴール前での攻防
ネマの狙い済ましたシュートは左へ
キーパーまで崩されたシュートも誰かがクリア

エジ→渡邉選手

その彼が後ろからのパスを前向きにオサレヒール
で抜けクロス、走りこんだネマにピッタリ、ゴール!!

盛り上がるスタンド、わっしょい二回

磐田も最後の反撃
五分の追加時間、ペナ近いFKふせぎ逃げ切り
貴重な逆転勝利

いつしか日差しは雲に遮られ
心地よい秋風に吹かれながら眠らない街

素晴らしい後半でした。
外国人助っ人の決定力が生きました。
補強がうまくいった証。

磐田は前田、駒野選手の巧なプレーと
ちょこまか湧き出てくる選手
長短のパス、ドリブルなどバランスのよいチーム
CBがしっかりしたら成績残せそうな印象。

権田 6.0 セーブ安定、フィードどうにかならない?

徳永 6.0 疲れ?元気無い。
高橋 6.5 ボラになって攻撃を牽引
森重 6.5 何とか抑える
椋原 5.5 駒野選手前に常に消極的。

米本 6.0 よく動くが効果はイマイチ
長谷 6.0 疲れたが最後まで体はる

石川 6.5 後半積極的にしかけ実る
梶山 5.5 前で守備できず、存在感無し
ルカ 6.5 前線の方が生きる。最後まで守備も

エジ 6.5 得点力ある。他も馴染む

ネマ 7.0 失敗もあるが仕掛は脅威
チャ 6.0 うまく試合に入れた
渡邉 6.5 どんどん仕掛けろ!


ここ数試合良くも悪くも前半と後半で
大きく異なる内容。

相手が待ち構える所を正面突破という理想に
燃えるのは勝手ですが
(たぶんうまくいかないと思う)
それに付き合わされ結果が出ないのは
城福監督でこりごり。

江尻千葉、大木甲府、フィンケ浦和など
Jではどこもうまくいかなかった
ものをなしとげたいのでしょうか?
(風間川崎もその気配あり?)

中央サイド、長短のパス、カウンター、セットプレー
バランスよく相手の弱点をつけるチームが
強いのはJ2&天皇杯優勝で実感しました。

その点ポポ監督はこだわりながらも修正ができてる
ようなのでまだまだ期待できそう。


hobotokyo at 22:37│Comments(0)TrackBack(0) FC東京 | サッカー

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
vs 浦和 2-2