2012年09月21日

コメントありがとうございます。

いただいたコメントに返信します。
まず、遅れましたが、

K's Granpaさん>
ありがとうございます。新たな地を楽しみながらコーチングに精進したいと思います。

34917さん>
小中学生の全国大会どころか、インターハイや高校選抜からしてレベル分けされてない一発勝負トーナメントなのに、学生、社会人になった瞬間にレベル分けされたリーグ戦が全国で行われるっていう構造が一番問題ですね。10点差で一回戦で負け「強豪に胸を借りた、、、苦節10年、、、まだまだ及ばない、、、来年こそは」みたいな甲子園的発想を辞めないと、ホッケーに限らず日本のスポーツは進歩しません。

大差を付けて勝つことに意義を見いだすようなモラルの欠如した指導者には何を言っても無駄なので諦めるしかないのですが、そもそも大差を付けて勝てばいいような試合しか提供されていないことが問題なのです。毎試合競り合うしかないような試合の仕組みが提供されていれば、能力とモラルが欠如した指導者たちも徐々に淘汰されていくでしょう。

そもそも競技レベルの違う相手に対して「それでも最後まで手を抜かないことが礼儀」とか「勝ち目のない相手に大敗していても最後まで諦めずにプレーする」とかいう日本的な美徳は、歪みまくった競技構造の副産物でしかありません。「一年間球拾いしかできないけれど頑張る」も然り、、、要するに、それが美徳でない限りやっていられないだけです。

ちなみに「ブルーライナー」は英語的にはブルーラインからのシュートみたいな意味になりますね。NZに浮いてロングパスを待つプレーヤーは「チェリーピッカー(美味しいところ取りの奴)」もしくは「フローター(浮きまくりの奴)」と呼ばれます。

aua_momさん>
その通りです。個人的には入れ替え戦ありの構造はあまり好きではないのですが、日本ではその方が受け入れられやすいかも知れませんね。
日本くらいの競技人口があるならば、U18、U16、U14、U12、女子の各AAAチームを関東以北中心に8-10チーム作って(もちろん毎年トライアウトで編成します)、できれば韓国にも入ってもらってアジアリーグのユース版を作り、AAAチームに入れなかった選手からなる既存の高校、中学、小学校チームはAAの地域リーグとして再編、初心者は基本的に市か県リーグを争う感じにすれば良いかなと妄想します。

結局、意味のある試合を戦おうとするならば、選手やコーチの取り組みにも増して、レベルを合わせた健全な競い合いを生み出すリーグの構築が必要だという結論になります。

もちろん日本や、その他のホッケー発展途上国に今ある構造でそれを望むのは不可能ですから、各チームは工夫して、なるべく意味のある試合を組めるように努力すべきだし、また、できるだけ子供たちが成長できるようなマネージメントをして欲しいものです。

「何点差が付いたら3セット目を出せるから、1-2セット目は頑張れ」

みたいなコーチの指示も過去によく聞きましたが、最初から3セット目もチョコチョコ出しつつ1点差で勝つことを目指せないのでしょうか?もしくは、練習試合とかなら、相手チームと話してホイッスルで交代のルールにして3-4セット同士を当てることはできないのでしょうか?

日本ほどのリンクと競技人口があれば(世界9位です!)工夫次第でどうにでもなることはたくさんあります。できるだけ意味のある試合が数多く行われるように、指導者は知恵を絞らなければなりませんね。

それでは。
hockeylabjapan at 20:12│Comments(1)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by aua_mom   2012年09月21日 23:29
>相手チームと話してホイッスルで交代のルールにして3-4セット同士を当てることはできないのでしょうか?

関西での練習試合では時々見られる光景ですょ(^_-)
あと4ピリを作って(笑)で第3〜4セットだけを出し合う、とか、セットを必ず1-2-3の順で出すようにするとか、、、練習試合ではそれなりに工夫してはるみたいです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔