2005年10月09日

北陸 〜夜の金沢

2004年10月下旬。金沢に着く。すでに夜。

石川門

ライトアップされた石川城の白壁が美しい。漆黒の闇に、浮かび上がるようだ。
橋に登らなかったことは後悔しているが、高くそびえる城門を、下から仰ぎ見ることが出来た。

石川城に先立って訪れたのは、ひがし茶屋街だ。喧騒はなく、静か。しかし、かつての料亭を改築したレストランなどはお客もそれなりにいる模様。
また、料亭によっては、明かりがついている店もある。奥の方、うだつ山の方にある高台の家々の窓から漏れる明かりが風流である。

夜の東茶屋街

夜の東茶屋街

夜の東茶屋街

夜の東茶屋街

石川城からずっと進み、香林坊の手前で右に折れ、尾山神社へ。慶長4年(1599)に前田利家を合祀して創建された卯辰八幡宮を、明治6年(1873)に現在地に移し、尾山神社としたそうだ。
シンボルとなっている神門は、明治8年(1875)11月25日に竣工したもので、キリスト教会を真似したともいえるし、ギヤマンを除けば中国風の感じもするし、またなぜか、夜の神社に違和感を感じない。いろいろな文化文明を吸収してきた日本らしさを象徴しているように思えるのだろうか。この神門は、灯台の役目も果たしたそうだ。珍奇な印象は不思議となかった。味わい深く、堪能することが出来た。

尾山神社

尾山神社神門を裏から見たところ

長町武家屋敷跡へ。
夜なので、静かな佇まいの旧家を散策できた。
暗くてよく見えないが、風流な家並みなのは、なんとなく感じ取ることが出来る。

長町武家屋敷跡



hodofin at 02:09コメント(0)トラックバック(2)国内旅行 | 北陸 

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 北陸 〜那谷寺  [ 国内ちょこちょこ旅行 ]   2005年10月09日 15:43
2004年10月下旬。小松駅より、バスにて那谷寺へ。本数が少ないので、あらかじめ調べて置いたほうがよい。また、これは普通の路線バスだが、本当は、JR加賀温泉駅前のアビオシティ加賀より、キャンバスを利用した方が便利だ。近くの店で、那谷寺そばを食べる。門前に....
2. 北陸 〜昼の金沢  [ 国内ちょこちょこ旅行 ]   2005年10月09日 15:46
リンク一覧はこちらをクリック 2004年10月下旬。前夜にライトアップされた城門を眺めた石川門から、金沢城へ入る。青空の下、平成13年に再建された菱櫓・五十間長屋・橋爪門続櫓が、気持ちよく伸びをしているようにしている。広い敷地内は、開放的で、すがすがしい....

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
ほどほど日記
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ