2007年01月13日

富良野でスキー!

2006年暮れから2007年にかけ、帰省先の北海道で、スキーを楽しんできた。

1.アルファリゾート・トマム
2.富良野
3.ニセコ・ひらふ

富良野スキー場へは、札幌から富良野スキーエクスプレスで2時間ほど。

フラノスキーエキスプレス 

なお、JR北海道の手ぶらスキップを利用すると、お得。
富良野の場合、札幌〜富良野の往復列車代(乗車券+特急券+指定席)、リフト1日券、スキー・スノーボードレンタル券、富良野駅とスキー場間のバスチケットがセットになって、5200円だ。

富良野駅からバスに乗り、バス停ナトゥールヴァルト (ホテルの名前)で降り、北の峰ゴンドラのある建物へ。
道路に面した1階は観光案内所やお店になっているが、上に昇ると、リフト券売り場やレンタルショップがある。

レンタルは、珍しく、ブーツ、板、ポールを自分で選ぶシステムだ。うっかり、スノーボードのブーツを選びそうになりながら、選んで行く。
ここでちょっと戸惑うのは、スキー板の長さだ。
私が子どもの頃(20年くらい前・・・)のスキー板の長さは、身長よりも少し高めのものを選んでいた。
ところが、最近のスキー板は、形が違っていて、逆に身長よりも10センチメートルほど短いものを選ぶようになっている。カービングスキー というそうだが。

北の峰
まあとにかく、北の峰ゴンドラに乗る。
天気は曇り。トマムのときのように、青空の下で白銀の世界を楽しむことはできそうにない。
ゴンドラを降り、下を見下ろすと、雲間から平野部に陽が射しているのが見えた。

北の峰ゴンドラ付近

北の峰ゾーン、中級者向けのジャイアントコースへ。しかし、新雪が多く、また斜度19度でコブもあり、自分のテクではきつかった。
北の峰ゴンドラの上に、レディースダウンヒルコースがあり、そこから下へ滑り降りるのは気持ちが良かった。

富良野ゾーンから富良野市街を眺める

富良野ゾーン
お昼過ぎ、連絡リフトに乗り、北の峰ゾーンから富良野ゾーンへ。
次第に青空が見えてくるが、それでも雲が空の半分近くを占めている。

富良野ゾーンから富良野市街を眺める

101人乗りロープウェイ
に乗る。ほぼ満員。ほとんどの人が座れずに立っていた。
スピースコースザイラーコースは、中級者の自分にとって、とても楽しめるコースだった。
コブはなく、極端に斜度が高いわけではない。かといって、緩くもなく、適度に起伏があって、木々の合間を縫うことができる。
しばらくこれらのコースを楽しむ。

次いで、ロープウェイの上部、テクニカルコースへ。
青空が消えない内に、愛機オリンパスμ1000で写真を撮る。

富良野ゾーン

富良野ゾーン

富良野ゾーン

富良野ゾーン

富良野駅へ
富良野スキー場の不便なところは、富良野駅へのアクセスだ。
駅行きのバスは、ナトゥールヴァルト発16時50分が最終らしい。
この他、新富良野プリンスホテル始発、ナトゥールヴァルトに16時47分着の駅行きバスもある(このバスの場合、JR北海道の手ぶらスキップのバスチケットは使えない)。
これでは、スキーを終えた後に、日帰り温泉入浴を楽しむ暇がない。
もっとも、駅まで車で10分程度なので、タクシーを呼ぶという方法もある。

なお、富良野スキーエクスプレスは16時28分発なので、これに乗る場合はもっと早くスキーを終えなければならない。

それから、富良野ゾーンと北の峰ゾーンとの往来は、ゲレンデを行き来する他は、車での移動となる。
ところが、宿泊者でない者にはホテルのバスが使えず、本数が少ない路線バスを利用するしかない。
富良野ゾーンの新富良野プリンスホテルにあるニングルテラスや森の時計に行きたかったが、叶わなかった。



hodofin at 03:38コメント(0)トラックバック(0)国内旅行 | 北海道 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
ほどほど日記
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ