2007年01月13日

ニセコでスキー!!

2006年暮れから2007年にかけ、帰省先の北海道で、スキーを楽しんできた。

1.アルファリゾート・トマム
2.富良野
3.ニセコ・ひらふ 

日帰りで北海道のスキー場に行くのなら、JR北海道の手ぶらスキップを利用すると、お得。
ニセコの場合、札幌〜倶知安の往復列車代(乗車券+特急券+指定席)、リフト1日券、スキー・スノーボードレンタル券、倶知安駅とひらふスキー場間のバスチケットがセットになって、4900円だ。(ただし、ひらふスキー場のみ)

羊蹄山

倶知安駅。スキー客が多勢降りる。ここからバスに乗る。
倶知安は、母方の親族が住んでいる町で、小学生の頃は、夏休みに祖母や親戚を訪ねて訪れていた街だ。
街は当時よりもだいぶ寂れてしまったが、今日は天気が良いせいか、割合華やかな感じもする。

ここのリフト券は1000円の保証金を納めることになる(後で返してもらえる)。なお、去年あった損害保険のオプションはなくなってしまったようだ。
リフト券は、スペインのシエラネバダのように非接触型カードだ。

花園エリア
ひらふゴンドラに乗って中腹へ。
さらに、キング第3トリプルリフト、キング第4リフトで、ゲレンデてっぺんへ。
実際には、ニセコアンヌプリ山の頂上ではなく、数十人の人がスキーやスノーボードを担いでさらに上に登っている。

キング第4リフトから、そのまま、花園エリア第3クワッドリフト乗り場まで滑り降りて行くのが気持ちよく、5,6回繰り返し楽しんでしまった。
さらに、花園エリアの麓まで行く。花園第2クワッドはつまらないが、第1クワッドは起伏があって楽しめた。
花園エリアは、第3クワッドの斜面を滑り降り、第2クワッドで一休みし、第1クワッドで仕上げの独走をするという、ロング・クルージングを楽しめるゲレンデだ。
風を感じながら疾走するのは、まさに「クルージング」といえる。

第2クワッド乗り場付近は見晴らしが良い。ニセコアンヌプリ山の無垢な姿や、羊蹄山の雄姿を眺めることができる。

花園エリアからニセコアンヌプリを眺める

ニセコアンヌプリ
ひらふスキー場では、キング第4リフトとエース第4ペアリフトで、ゲレンデ最上部へ行ける。
頂上付近は木がなく、白雪に覆われた無垢な姿をしている。
もちろん、晴れていれば、羊蹄山も見渡せて眺めが最高。

アンヌプリ。
キング第4リフトよりニセコアンヌプリを眺める

キング第4リフトよりアンヌプリ。
キング第4リフトよりニセコアンヌプリを眺める

ひらふから東山方面を眺める。
東山スキー場方面を眺める

エース第4リフトより。
エース第4リフトより

アンヌプリを滑り降りる。
キング第4リフトよりニセコアンヌプリを眺める

羊蹄山
ニセコへのスキーは、天気予報をチェックしながら決行した。
なんとしても、羊蹄山の雄姿をカメラにおさめたかったのだ。
残念ながら、頂上の雲が晴れることはなかったが、孤高の姿を楽しめた。

青雲と羊蹄山

羊蹄山

羊蹄山

中腹のアルペンコース付近にて。
羊蹄山

羊蹄山

夕暮れ時、エース第3ペアリフトで白樺コースを滑る。
夕焼けにはならなかったが、かすかに夕陽に照らされる羊蹄山を眺めることができた。
本当はもっと雪に覆われていれば良かったのだが。
羊蹄山

夜の羊蹄山。
駐車場の車のライトに照らされて。
羊蹄山



hodofin at 19:08コメント(1)トラックバック(0)国内旅行 | 北海道 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by ニセコ   2007年02月02日 09:12
4 晴れのニセコは、珍しいです。ラッキーな旅でしたね。毎週ニセコに行っていますが、いつも雪です。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
ほどほど日記
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ