hoeimikiのblog

今晩は、お元気ですか
残り2時間で7月になります
6月はあっという間でした。

新しいリハが始まりました
お誕生会を開きました
石川に帰りました
偉い人と話しました
知らない場所で踊りました
書類を出しました
ポルトガルの人とメールしています

いま漠然と 途中経過にいるなー
と感じています。
色んな場所で沢山の人に出会いました。
その人達とこれから作り上げるものがあります。
終着点はそれぞれ1ヵ月後とか来年とか3年後とか、
とにかく全て動き出しました。

でもまだ息切れせずに済んでいるのは
力を貸してくれる人に恵まれたからに違いない!

私のガッツはすごいと褒めてもらったのですが、
私は色んな事が下手なので4倍5倍と手足動かしてないと
補えないみたいなんですね。

お誕生会でマスター木村に
「ええお仲間やなあ」
と言われて嬉しかった、
私の狂行に耐えられる人はみんな
素晴らしい人ですよ。

いつも正面からしか言えなくて時間もかかってしまいますが、
よろしくお願いします。

さっき父に電話をしたら最近全然ブログを更新してないじゃないかと言われました
お久しぶりです、みなさんお変わりないですか?

ひとつひとつ終わって
物事も人々もそれぞれさよならを言って次に進んで行きます

久しぶりに事故をした時の事を話しました
目が覚めたとき自分が終わりに近づいたなんて思えませんでした
親や周りの人達が尋常じゃなくてそうだったんだ、やってしまったと反省しました
本当にすみませんでした、ありがとうございます。


鉢植えがプレゼントしたくて迷惑を考えずに買ってきました
本番が終わればすべて終わるのではなく
生まれたものが彼女の中で何かの形で続いて欲しいと思いました
枯れてしまってもいいです、忘れないで欲しいとかじゃなくて
作品が生もの感覚だった




続けていく、終わらせない
相当体力と忍耐が必要だと思います
私は私の熱情や野心が永遠に続くという約束ができません
終わりは自分で決められない事だってあります
その分大切にします


父がこの歳になって出世したそうです
家族のために辞めずにずーっと仕事をしてきて
社会人として尊敬します、
なんでこんな娘に育ったのか
貴重な読者の父に指摘される前にまたブログ書けるかな

いろんなことの順序がめちゃくちゃになって降り懸ってきます

今は本当にダンサーとして作品の一部にならんとすべく
ダンサーとして作品に取り組み
振付家のイメージに近づける様に体を使う

これがダンサーの仕事なんだなと思います
筋肉痛で体が嬉しい悲鳴を上げます

もとを正せば、大学卒業時はダンサーになりたくて
オーディション巡りの旅をしましたが全くだめで
それより個人や主宰として事起こす事に忙しく

ダンサーとして経験を積んでから独り立ち
という人生設計は打ち砕かれて今に至りますけれども

今までは逆の立場ばかりでしたから腑に落ちない感覚も起こりうるのですが
ここで改めて下積みのチャンスをもらえてとてもラッキーだと思います
まだ全然協調性とか足りませんが
主宰の働きっぷりをみて勉強します
大物は違うなと関心するばかりです

ダンサーになれることは今後またあるか分かりませんので
最後まで頑張ります

このページのトップヘ