ゲイってどこで会うんだろうと思いませんか?
行動しなければ出会いが絶対ないのがゲイの世界。
ゲイが集まる場所がなければ出会いがないのです。
そういう 不特定多数のゲイが集まる場所のことを「ハッテン場」といいます。

ハッテン場は現在ではセックスを伴う有料ハッテン場を指すことが多いのですが、
ここでは原点に帰って話を進めます。
ゲイの交流といえば、メールや雑誌の伝言板をとおした1対1の接触もそうなのですが、
ゲイパレードやゲイナイトを始めとする企画もの、シンポジウム、音楽やスポーツ、学校、
年齢や地域などのあるテーマでまとまりを作ったゲイサークル、インターネットの掲示板や
チャット仲間が集まったオフ会、ゲイバーなどゲイの集まる場所がもともとは「ハッテン場」
なのです。出会ったことでそこから何かが始まる、「ハッテン」とはそういう意味で、
まずセックスありきという意味に特化して使われるのは、僕が その言葉の産みの親というわけ
ではないのですが、ちょっと残念です。

これをノンケの場合に置き換えると分かりやすいかもしれません。
どこで友達を作りますか?きっかけは?恋愛は?セックスは?
勤めている職場や通っている学校など、ノンケだとあらゆるところがハッテン場になるわけです。
極端にいえば、ハンカチを落としただけでもそれがきっかけになる。(今どきいないか。)
ゲイだと しようとする積極的意志がなければ何も起こりません。
友達になりたい、ゲイについて考えたい、共通の趣味をもった人と知り合いたい、
近くに友達が欲しい、恋人を作りたい、手っ取り早くセックスだけしたい、
そういった意志が必要です。

それに日常の世界には出会いが転がっていませんから、
ハッテンする場所を探さなければならないです。
どういった場所があるのかということについて、これから書いていこうと思います。

無料ハッテン場(1)

自分は何でゲイなんだろうと悩む時期を過ぎると、ゲイと交流を持ってみようという気に
なってきます。もちろん個人差があるでしょうが、たいていはおそるおそるこの世界に
入っていくことと思います。
どこの世界でも同じことでしょうが、交流の場を提供する代わりにお金を取るという
ところが多いです。
様々なロケーションで趣向を凝らしていくことで、ビジネスへと発展していきます。
特にゲイの場合には、普通の生活をしていてもなかなかそういう出会いには恵まれ
ないものですから、そうでもしなければゲイと知り合うことなんてなかなかできないのです。

しかし、ある特定の場所にゲイが集まることによって、自然と交流媒体へ
発展していくことがあります。
そこに行けば、不特定多数のゲイとふれ合うことが出来るということです。
交流目的を持ったゲイが集まる場所のことをハッテン場というのですが、
そこは誰でも入ることが出来るという場所であることが前提であることから、
当然ノンケも出入り自由です。何も知らないでさまよい込んでしまったノンケは、
ゲイ特有の雰囲気が漂う場所に居たたまれなくなって近寄らなくなり、
それがゲイが集う好条件となってさらに集まって来るということになり、
いつしかゲイの楽園へと変わっていくのです。ただ、あまりにも有名なハッテン場であれば、
ウロチョロしていればあらゆるところから働きかけがあるのでしょうが、
大抵はノンケと混在する空間であるため、ゲイはゲイであることを主張しなければ他のゲイも近寄ってこないし、こっちもアタックしずらいということになります。
(そもそも、一人では入ってこないだろう人気の少ないところが選ばれるのでしょうが。)
そこで、ゲイ特有の目印が登場するのです。片耳ピアス、短髪、小指に指輪なんて
どうしてわざわざゲイだということを主張する格好をするのかといえば、
そういう理由があるからなのです。

まず、ノンケと混在するハッテン場として、サウナ、銭湯が挙げられます。
主なハッテン銭湯として、

                ・極楽湯(福島県福島市)
                ・おふろの王様(東京都板橋区)
                ・羽衣湯(東京都渋谷区)
                ・湯~とぴあ(東京都杉並区)
                ・上野サウナ(東京都台東区)
                ・湯の華(埼玉県草加市)
                ・ゆの郷(埼玉県越谷市)

単純に裸がただで見られるという不純な目的もありますが、カップルで行く人も多いようです。
あと、スポーツジムです。新宿の某スポーツジムは有名ですね。前にも言ったように、
マッチョな男がゲイだとは いいませんが、それを見に来る人やその肉体に近づくために
切磋琢磨するゲイは相当数いるのです。プールもそうです。
泳げないのになぜかプール通いするゲイも少なくないのだとか。
僕も公営プールで泳いでいたら、ひょろっとした青白い兄ちゃんが近づいてきて、
「いい体しているんですね。」と声をかけられたことがあります。
別にハッテン目的で行っていない人にとっては、ちょっと不気味ですよね・・・。

それと都心のサラリーマンや学生にはハッテン車両なんてものもあります。
例えば8時の○○行きの先頭車両とか決まっているのだそうです。
でも、 あんなぎゅうぎゅう詰めの通勤電車の中で触られたいですか?朝一で?
見ず知らずの人に触られて、気持ちいいのか? これからでかけるってのに、
もし汚れたりしたらどうする?第一、電車から降りたときにチャックが開きっぱなしだったり、
ましてや・・・ねぇ(苦笑)。誰がゲイかなんて分からないし、
やられた方はトラウマになってしまうでしょう。
今、女性専用車両なんていうのがありますが、男性専用車両なんてできた日にはハッテン車両に
指定される可能性が大きいのかもしれません。 もちろん痴漢行為は犯罪ですけれど、
誰が見てもいい気分がしませんので是非とも止めて欲しいものです。

 ※ここでいう「無料」とは、ゲイビジネスに支出する経費が「無料」、
要するにゲイと交流する目的で使用していない一般客と同一料金ということです。

無料ハッテン場(2)

次に、ゲイがノンケを駆逐したハッテン場について書いていきます。
ゲイが集まるということが周囲の噂になると、ノンケは次第にその場を避ける行動をとります。
そういうところは元々人気(ひとけ)が少ないということもありますし、
モーションをかけられて驚いた経験や男しかいないという特殊な雰囲気に居たたまれなくなって、
さらにゲイが集まりやすい環境となり、ハッテン場として定着するのです。
ノンケにとってははた迷惑な話ですが、ノンケは日常で生活する場所が全て出会いに
「ハッテン」する可能性を秘めている場ということを頭に入れておいてください。

どういうところかといえば、公園が最もポピュラーです。ちょっと有名スポットをあげておきます。


                ・鹿沼関西ペイント前公園(栃木県鹿沼市)
                ・赤塚公園(茨城県つくば市)
                ・千波公園(茨城県水戸市)
                ・舎人公園(東京都足立区)
                ・落合中央公園(東京都新宿区)
                ・幡ヶ谷第一公園(東京都渋谷区)
                ・渋谷スポーツセンター(東京都渋谷区)
                ・蚕糸の森公園(東京都杉並区)
                ・夢の島公園(東京都江東区)
                ・砧公園(東京都世田谷区)
                ・平和島公園(東京都大田区)
                ・洗足池公園(東京都大田区)
                ・光が丘公園(東京都練馬区)
                ・丸子橋(神奈川県川崎市)
                ・西京極運動公園(京都府京都市)
                ・淀川河川敷(大阪市淀川区)

 他にも至る所にあります。公衆便所や壁、歩道橋、看板、掲示板の類にもの
すっごいいたずら書きが書いてあるでしょうから、すぐ分かるでしょう。
男性器の絵ばっかり(^^;、そしてタイプとプロフと携帯番号。
(※)でも、当然のことですが昼間は普通の公園なんです。
僕も、ものは試しに、とある都心からちょっと離れた公園に行ってみたことがあるのですが、
周辺が住宅街とはいえ、夜も更けてくるとひっそりとしていて人通りも少ないです。
照明もベンチとか通路などに点々とあるから明るいのですけれど、
異様に緑が多いので、ちょっと道を離れれば真っ暗です。
よくよく考えてみると、一人歩きは大の大人でも怖いものです。
特に何事もなく(というかキョロキョロせず小走りに歩いたので)通り過ぎましたが、
だだっ広い公園でタイプのゲイに出会うことができるのは少数なのではないでしょうか?

河川敷で?と思われる人もいるでしょうが、 大抵きれいに整備されているとはいっても、
葦が茂っていませんか?獣道を分け入って行くと、ホームレスの住宅があったりしますよね。
一見隙間なく生い茂っているようにみえて、実はちょっとしたオープンスペースがあるのです。
そういうところで・・多分日焼けしてます(笑)。目印がないし、日中ですからね。

あとは、交通手段のないようなところもありますが、郊外の場合は主として幹線道路の沿線とか、
広い駐車場のあるところがハッテン場になるようです。
結構遠路はるばるなんて人も多いらしいですが、地元の人には奇異に見えるので、
警察や自警団がパトロールしている場所もあるのだとか。
意味もなく男達が突っ立っている風景は確かに不気味かも。
それに、地方だと結構顔見知りが多いので、都心と違って結構フレンドリーなんだとか。

大抵は何時にそこに行くからと不特定多数に呼びかけるBBSに載せて、
その場で品定めをするようです。でも、空調は当然ないんで、主として夏場です。
蚊 などの虫も多いし、結構年配の人が常駐しているところも多いようなことを聞きます。
別に年齢制限があるわけではないからいいのですが、そういう人はハッテンできているのか
気になるところです。また、ホモ狩りと呼ばれる被害も潜在的に多く、
夢の島では殺人事件まで起きているのですから、 行かないにこしたことはないです。
どうしてもという方は、金銭等はあまり持たず、防犯グッズを身につけた上で出かけた方が
いいかと思います。 ちなみに、大抵はホモが憎いというよりは金銭等の恐喝が目的ですから、
一般の方々も注意してください。

 あとはトイレです。もちろんトイレだから用を足すのに使われる場所ですが、
例えば公園のトイレは老朽化するとあまり使われなくなります。
また、トイレの前にたむろっていると使いづらくなるでしょう。
落書きが多くなり、破損して使えなくなるトイレも出てくると、
近くの新しくてきれいなトイレに行きたくなるでしょう。
また、ハッテンでトイレの個室が常時長時間使用中になっていれば
「開かずのトイレ」のような感じで敬遠されていくことでしょう。
公園のトイレは特に破損してもすぐに治す予算もありませんし、
メンテナンスも悪いので、ハッテン場になりがちです。有名なところとしては、

                ・札幌駅南口トイレ(北海道札幌市)
                ・新宿マイシティB2(東京都新宿区)
                ・池袋駅地下道トイレ(東京都豊島区)
                ・新橋首都高下トイレ(東京都港区)
                ・世田谷代田公衆トイレ(東京都世田谷区)
                ・桜小学校前トイレ(東京都世田谷区)
                ・JR上野駅不忍口トイレ(東京都台東区)
                ・東綾瀬公園水車小屋(東京都足立区)
                ・ららぽーと中央バスターミナルトイレ(千葉県船橋市)
                ・阪急梅田駅(大阪府)
                ・近鉄奈良駅トイレ(奈良県奈良市)
                ・近鉄天理駅トイレ(奈良県天理市)
                ・ダイエーショッパーズ専門店街トイレ(福岡県福岡市)

 札幌で男性用トイレで用を足しているところを見たり、後ろから抱きつくなどの
迷惑行為を繰り返していた60歳代の男が逮捕されたなんてのもありました。
何やってんでしょうね(失笑)。大抵のターミナル駅はよく利用されます。
交通の便はいいし手っ取り早い というのが理由です。仕事帰りにちょっとという感じです。
公園だったらそれが格好の目印なので、自然と集まるようです。
夜中の公園のトイレなんて、一般人は行きませんし。
しかし、公衆トイレは一般的に不衛生ですし、臭いし、狭いし、忙しないし、
気持ちのいいものではないです 。
それに、普通の人でもトイレで待ち合わせなんて嫌でしょう?
トイレで出会った人を好きになりますか?
言い換えれば、公衆便所が人間に置き換わっただけのようなものですから・・

                 海岸もあります。ゲイビーチってものがあるのです。

                ・須磨海岸(兵庫県神戸市)
                ・二色浜(大阪府貝塚市)
                ・甲子園浜(兵庫県西宮市)
                ・釣師海岸(千葉県夷隅郡)
                ・稲毛海浜公園(千葉県習志野市) 

そこは砂浜で寝っころがっているとナンパされたり、砂浜で着替えだしたりと
やりたい放題なんだとか。ただ、その砂浜全部ではなく、
ちょっとした一区画がハッテン場と化しているようです。
ビーチバレーに誘われたり、スイカ割りをしたりと、
さすがに昼間だから大っぴらに楽しめるようです。
健全そうな感じがしますが、夜 もそれなりにいます。

人気のないところでは治安が心配です。
ノンケとのトラブルやゲイ同士の痴話喧嘩に対して迅速な対応がとれません。
かといって、ノンケがたくさん集まるようなところでは、誰がゲイなのか判別もつきませんし、
ゲイだということが不特定多数にばれてしまいます。危険な目にはあいたくないが、
警察の介入は極力避けたいという、無料ハッテン場ならではのジレンマがあるのです 。

                ※公共の場でのいたずら書きは犯罪です。