先日、郵便局から帰ってきたら、玄関に袋が2つぶらさがっていた。夫の上司夫人が置いてってくれたのは、自分たちで栽培したベカ菜とパクチョイ。野菜をいただくと、いつも質問攻めにしてしまうので、ご丁寧に名前と調理法が書いてある紙も付いていた(うるうる)。いつも珍しい野菜ばかりなので、奥様がだんなさまに頼んで作ってもらってるのかと思いきや、だんなさまが自分の直感で野菜を選んで育てているらしい。なるほど。そういう「おいしいもの探険」もあるんだなぁと思った。

ずうずうしい私は「聖護院大根ができたら、おすそわけしてください」と頼んでしまい、夫にあきれられた。
sorezore3sorezore1
↑左・ベカ菜 右・パクチョイ      ↑聖護院大根(普通の大根より甘いの!)
  
そうそう。夫の会社の先輩が以前、餅つきパーティを開いてくれた。つきたての餅を皆で試食するのである。そのとき「つきたて」の餅のおいしさに本当に心を奪われ、「うちも餅つき機が欲しい」とダダをこねた時期もあった。
sorezore2
↑餅つきパーティのとき、まるめた餅。