ディズニーランド横のイクスピアリに初めて行った。前は興味がなかったが、妻友人がディズニーランドに遊びに来るので会おうとなって、ではイクスピアリでも調べてみるかとHPをみたら、いろんな店が出ていておもしろそうだったからだ。

赤ちゃんを連れてどこで食事をしようかと探していたら、店のつくりがジャングルそのものになっているRainforest cafeというすごい店があった。木がおい茂っていて、ゴリラやゾウやカメレオン他の動く模型といったらいいのか、が沢山いる超本格的な店だ。大きな水槽があって、そこには本物の熱帯魚がたくさんいた。
iks1iks2 
料理はハンバーグやパスタといった子供が喜びそうなメニューだった。我々はエビの入ったトマト系パスタを頼んだ。これが意外に本格的でとてもおいしかった。 飲み物はトロピカルな雰囲気を味わいたかったのでノンアルコールのパイナップル系カクテルを飲んだ。 この雰囲気は子供にとっては最高に刺激的であろう。うちの子はまだ小さすぎて分からないだろうが。

有名な果物店の千疋屋のフルーツパーラーに入った。本当に良質な果物というのを味わってみたかったのだ。私は店員に何が一番お薦めですか?と聞いた。スペシャルフルーツパフェです。と自信をもって答えるので、ではそれを。と注文した。食べるのがもったいない程果物がきれいにカットされ、どれもみずみずしい姿をしている。まず、バナナを食べた。味が深く上品だ。一瞬紅茶のような香りも感じた。やはりちょっと違う。次にグレープフルーツを食べた。苦味がほとんどなくすごくジューシーだ。やはりこれも上品で洗練された感じ。一流の果物とは上品で洗練された味のことなのか? 次はメロンだ。これがメインディシュと思うがもう食べてしまおう。口にするとなんと滑らかな舌触りだ。そしてトロケそうにジューシーだ。これが一流のメロンなのか。舌の上であっという間にとろけてしまった。やはり果物の王様はメロンだなと思った。 その後、マンゴーを食べた。これはまたなんとも魅惑的な味だ。日本の味覚にはないなんともエキゾチックな味だ。ファミレスで食べるマンゴーとは魅惑さの深みが違う。
ということで、これだけで心理的にお腹がいっぱいになってしまった。
隣に千疋屋の生ジュースコーナーがあった。これは夏場の楽しみにとっておこう。妻はフルーツサンドを食べた。これはケーキ感覚だ。
iks3iks4111
千疋屋のホームページ
千疋屋は閉店しました。(2015年の情報)

夕飯は何か買って帰って家でとした。惹かれたのがおにぎり専門店だ。
看板に米、塩、海苔がうんぬんとこだわりの言葉が書いてある。それが日本人のDNAに深く訴えかけている。特に「塩おにぎり」に惹かれた。私は子供の頃に食べた、にぎった米に塩だけで味のついた超シンプルなものを思い出した。それとシャケ。あのシャケのなんとも言えない独特の油の味、あの体によさそうなDHAを含んだ油の味をほおばりたくなった。
iks51

私は中国茶といえはジャスミンティーだ。生まれて初めて横浜中華街で味わって以来のファンだ。今回はLittle Tea Roadでその中でも球状に丸まったものにした。これは湯を入れると球が開いて花が咲いたようになるのだ。前に中国に出張した頃、このタイプの評価が高いというの聞いていた。
iks61
(写真左ははるの選んだフルーツカクテルというハーブティ)
Little Tea Road は閉店しました。でも、レピシエが入っていたので、ひき続き紅茶は楽しめそうです。(2005年4月の情報)

成城石井という一流スーパ-で、なんとなつかしい温泉パンを見つけた。覚えていらっしゃる方もいると思いますが、とんねるずのハンマープライスで爆風スランプと一緒にコンサートできる券を買った女の子がいた。その実家はパン屋だった。店の商品の中に温泉パンという商品があったのだが、それを爆風スランプが作る歌の中に盛り込んで大々的に宣伝したのだ。あの時期、温泉パンは相当有名になった。しかし、どうせ一過性で終わるだろうと思う人が多かったのではないだろうか。
しかし、7~8年たった今、石井成城という一流スーパーに置かれるようになっている。あの時の何十万円かの投資は安かった。なんか嬉しい気持ちになった。
iks7iks8
旭堂のホームページ