おいしいもの図鑑

おいしいもの探検の記録です。いろいろなところの名物、お土産を見ることができまーす。

2004年06月

鶏の朴葉味噌焼き (By ほしひこ)

04061910406192
 ↑朴葉

飛騨高山地方の郷土料理で「朴葉味噌焼き」というものがある。
先日、レシピをみながら自宅で作ってみた。
朴葉味噌はどうやって作るんだろう。朴葉味噌と肉はどうやって絡ませるのだろうと興味深々で作り始めた


朴葉味噌:
そのレシピによると、自宅にある普段使っている味噌で作れるのだ。普通の味噌に、みじん切りしたネギ、白ゴマ、砂糖、酒を入れて混ぜておく。
一方、朴葉は水に漬けておいてしならせる。しならせた朴葉に上記の合わせ味噌を塗りたくる。フライパンにアルミホイルを敷いておいて、アルミホイルの上で味噌の付いた朴葉を加熱するのだ。
そうすると、だんだん朴葉の香りが味噌に移ってきた。ここがポイントだ。味噌の下部が焦げる程度まで加熱して朴葉味噌の出来上がり


朴葉味噌と肉はどうやって絡ませるか:
そのレシピによると、あらかじめ焼いておいた鶏肉を朴葉味噌の上にのせるだけだ。
あれ、鶏肉に朴葉味噌を塗りたくらないのかな? と思っていたが、実際食べてみたら、もし、塗りたくっていたらしよっぱ過ぎたと思う。朴葉味噌の上にのせるだけで十分だった


自分で作ってみるとおもしろい。次は現地で食べてみたいな

Herb

0406033
妊娠するまで私たちの生活にハーブは根づいていた。

無水エタノールと精製水を買ってきて エッセンシャルオイルと混ぜ消臭スプレーを作ったり、バスタブにエッセンシャルオイルをたらしてアロマバスを楽しんだり、ホワイトリカーにハーブをつけこんでハーブ酒を作ったこともあった(ハーブ酒は飲みすぎると発疹ができるので注意(笑))。キッチンには常に5種類以上のハーブティが用意されていた。

妊婦にいいハーブがあることも知っていたけど寝込んでいたし、産後ドタバタしていたので最近までホント ハーブとはご無沙汰だった。

ハーブティはだいたいハーブアイランドとグリーンフラスコから通販するか、大丸か上野駅アトレにあるボタニカルズで買ってくることが多い。

ハーブはラベンダーから始めた。ファーム富田はオリジナルのラベンダーグッズが充実していていい。スタッフが鮮やかなラベンダー色のTシャツを着てラベンダーを刈っていた。

おなじくハーブアイランドもオリジナルのハーブ商品が充実している。園内にあるノルマンジーの家に宿泊したとき、レモンバーベナティ(ベルベーヌ)を知り、それからレモングラスなども好んで飲むようになった。ハーブアイランドにはベジタブルガーデンという野菜ゾーンもあるのだが、野菜を買ったら英字新聞で包んでくれたようなところもオシャレ。

さらに 生のカモミールの花なんだけど、それを6つ7つ摘んで、その上からお湯を注ぐと甘いカモミールティになる。こんな飲み方もハーブアイランドのスタッフに教えていただいた。

猪苗代ハーブ園、河口湖ハーブ館、神戸の布引ハーブ園、茨城県の水海道ハーブハーモニーガーデンにも行った。それぞれ雰囲気が良い。

東京の青山に行ったときは生活の木、カルペパーハウス、ナチュラルハウスに寄るのがいつものコース。

こういうお店でバイトした~い!!

ハーブ園もいいんだけど、土いじりの仕事が回ってきたらムリだと思うので・・。実はハーブの種はおろか、植物を育てるのに成功したことがない(涙)。
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
タグクラウド
アーカイブ
  • ライブドアブログ