おいしいもの図鑑

おいしいもの探検の記録です。いろいろなところの名物、お土産を見ることができまーす。

2004年11月

第15回 電気のふるさとじまん市

041122
第15回 電気のふるさとじまん市に行ってきた。今年はテレビでじまん市のCMも見たし、千葉ウォーカーにも載っていたので、混むのではないかと非常に心配であったが、楽しめた。

去年の分も食べまくるぞ!と張り切ったが、息子がいるとそうもいかない。例年はテーブルのゾーンで食べて、ブースを買い歩き、食べて、買い歩きを繰り返してダラダラいるのだが、今年はまず、だまこ汁、能登かき、ホタテ、ソーセージ、食べるものは一気に食べて時間の短縮をはかった。

お雑煮に興味があるので、山形のお雑煮も食べてみた。月山の餅、おいしい~。汁もおいしかったけど、私たち的には海藻はいらないなぁと。

息子はだまこ餅をモグモグ食べ、ヨーグルト入りという夕張メロンジュースも飲んだ。

例年通り、だまこ餅&タレ、ししゃも、新潟の酒、くまささ茶を買う。くまささ茶、缶じゃなくてペットポトルのを売っていた。

10月に長崎に行ってきたが、そのとき見た食べ物たちとも再会。岩崎本舗の角煮まんじゅう、小川の皿うどん、ちゃんぽん、ラーメンも購入した。空港でもう食べきれないだろうと思い 買わなかった一○香も売っていた。

ずっと前、テレビで田崎真也が富山の白えびを紹介していた。白えびって、こっちじゃ珍しいでしょう。なので、今回のマーク商品であった。お店の方とお話していたら、田崎真也の本を出してきて、私たちが見ていた番組で、田崎真也が取り寄せていたお店だったとわかりビックリ。即、白えびは買うことにし(ミーハー(笑))、いくつか味見もさせてもらって、ほたるいかの黒づくりも買うことにした(これらは正月まで持ちそうなので、食べたあと報告します)。
その他、ニューフェイスはころ柿。

写真に稲がある。これ、新潟のブースで募金をしたらいただいた。そのブースにいた方の田んぼの稲なんだそうである。新潟のブースには皆、「頑張って営業しています」と貼ってあった。テレビの中にいた被災地の方たちが 目の前で頑張っている姿が見れる。これも、また、じまん市のすごいところである。テレビ局も取材していた。

がっ、じまん市には唯一 欠点がある。人が沢山来るから風邪をもらいやすいのだ。私なども例年、帰ってからゲホゲホやっている。今年もやはり、3人で風邪ひき隊に。息子は以前、熱を出したことがあるが、そのときは風邪が原因ではなかった。なので、今回、初めての風邪となる。もう、落ちついたので呑気に打っているが、じまん市デビュー、風邪デビューと息子にとって慌ただしい数日でもあった。

レッドムーンのおやき

以前、今は沢山じゃがいもの種類があることを書いたけど、細川たかしの出身地、真狩村のレッドムーンという じゃがいもをゲットした。
041118
見た感じ さつまいもっぽいけど、れっきとした じゃがいも。メークイン系らしい。

久しぶりに じゃがいものおやきを作ろうと張り切った。きんぴらごぼうのおやきにしようと思ったが、息子にごぼうはムリかなーと思い、じゃこと人参にした。じゃこと人参をめんつゆ(息子のことを考え、量 かなり少なめ)で炒めたものをボウルに入れ、その上にじゃがいもを擦りおろしていく。中3こ使ったが、2こめの後半から腕がきつくなってくる。

そこに小麦粉を入れて混ぜていく作業を息子の前でした。息子、すごく嬉しそうにボウルを見る。ポタポタだった生地が、だんだんモッチリしてくる。

「このくらいかな~。う~ん、もちょっと入れようか。」

声をかけられると 目を大きく見開いて、笑いながら 私の目を見る。長~い、まつ毛。全盛期の斎藤由貴を連想させる、ハトのような 黒目がこぼれ落ちそうなタレ目にノックアウト!

オーブンの板にクッキングシートを敷いて、手で適当に握ったタネを置いていく。9こ分作れた。息子のだけはプーさんの形にしてやった。

すると、その間 相手にされないものだから泣く。泣く。

「今、手が離せないんだから我慢してよー。」

さきほどのノックアウトはウソだったのだろうか。今度は、冷たくなる母親なのであった(笑)。

オーブンで焼いて できあがり♪
0411182
じゃがいものおやきっておいしい!

はずなのだがマズイ・・。写真で気づいた方がおられるだろうか。おバカな私は小麦粉と片栗粉を間違って入れてしまったのだ。腕が疲れたり、息子の相手をしながら苦労して作ったのにィ・・。残念!
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
タグクラウド
アーカイブ
  • ライブドアブログ