おいしいもの図鑑

おいしいもの探検の記録です。いろいろなところの名物、お土産を見ることができまーす。

2005年08月

宮城県塩釜市の寿司 (By ほしひこ)

05082011
先日、宮城県塩釜市へ寿司を食べに行った。実は塩釜は寿司で有名である。
「すし哲」という有名なお店に入った。ここの主人は本も出す程の知る人ぞ知る有名人である。その本を手にとってみた。
全国にまぐろの有名な場所はいろいろあるが、それらはだいたい遠洋漁業なので、まぐろを冷凍して帰港する。しかし、塩釜は近海漁業なので、まぐろを冷凍しなくて済む。よって、塩釜のまぐろは日本一旨いとのことである。俄然、私のモチベーションは上がっていった。

握りが来た。まずトロを食べた。口の中でトロがあっという間に溶けていく、そして特長的なのが、宮城のササニシキとトロが一体となっていく、ササニシキも一緒に口の中で溶けていくようである。米もトロのようである。
私は、生まれて初めて、刺身と握り寿司の違いというものが分かったような気がした。しゃりの役割をここまで感じたことはなかった。

その本をさらに読んでみると、主人は、もとは高校球児であり、白球を握っていた。しかし故障か何かでその方向を断念し、握るものを寿司に替えた。とのことである。方向は替わっても握るという道は替わらない。その辺が、トロと米が一体になっている秘密なのかもしれない
0508202105082031
PS
すし哲はエスパルという仙台駅の駅ビルにも入っています(2005年8月の情報)。

<追記・2011年6月>
すし哲さんも3月の地震で被災されたそうです。心からお見舞い申し上げます・・。

マルキンの醤油 & カラメル焼プリンタルト

息子を産んで間もないころ よくお世話になったセブンミールサービス。今月 パラパラパラッとページをめくっていたら、あったんです。前回紹介した「旅の香り時の遊び 全国お取り寄せ編」に載っていたマルキンさんのお醤油。ちょうど切れかかっていたので、ラッキー♪と注文した。
05080921
まーず、香りが良い。マルキン忠勇は小豆島のお醤油屋さんみたいだけど、例の木桶仕込みの本物の醤油グループだ。しかも100年という歴史を持つ、国の登録有形文化財にもなっているなんとも半端じゃない木桶らしい。おかげで冷奴が続いてしまう最近の食卓だ。瓶から注ぐときトクトクトクといい音がするのも気に入っている。

050809321
もう1つ、今月のセブンミールで、カラメル焼プリンタルトというのを扱っている。監修しているのが東京にあるACQUAPAZZA(アクアパッツァ)というイタリアンレストランの日高良実シェフ(袋に顔を入れているところがスゴイ・・)。なんともいえないプリンとタルトのハーモニーを体験させてもらった。

旅の香り 時の遊び 全国お取り寄せ編

毎週火曜 午後7時から(その後、放映が日曜日変更しました)、テレ朝で放映している「旅の香り時の遊び」、野際陽子と中井美穂が旅行者を交えて進行させる旅番組。氷川きよしのコーナーもある。テレビ欄をチェックして期待して見てみれば、全然旅行地の良さも見せず、たーだタレントさんたちがゲームしたり騒いでいるだけで なんだかなーと思う旅行番組も多いが、こちらはその地の美しさを存分に堪能させてくれる。興味のなかった土地まで行ってみたくなるくらいだ。ただ、私的には夕飯作りタイムと重なってしまうことが多いので、あんまり集中して見れないのが残念だったりする。

私がこの番組で1番印象深かったのは芳本ミッチョン夫婦が行った北海道かなー。娘さん、さすが芸能人のサラブレット、可愛かった。キャロなんとかというソーセージ屋さん、私たちも行ったー。見た親父さんがテレビに出ててビックリしたなぁ、もう(笑)。京都の永観堂のみかえり阿弥陀如来とかも見せてくれたな。一般人の視点にたった観光先を案内してくれる点も良い。最近だと浜口親子の尾瀬。さっきの話と矛盾するけど、こっちは尾瀬よりこの親子を見てるのが面白かった。浜口京子ってホントすれてないね。お婿さんになるひとはアニマルに挨拶に行くときさぞ緊張することだろう(=余計なお世話)。
 0508071
前置きが長くなったが、この番組のお取り寄せ本を購入した。前、番組でお取り寄せ特集みたいなものをしたとき、紙に走り書きでメモしまくってたが、本になるんならしなくてもよかったカモ。その走り書きをしたときから すんごく購入したいものがあるんだけど、まだ試していない(何かは食べるまでナイショ(笑))。
うちの図鑑にあるのだと元祖茂木ビワゼリーと梅ヶ枝餅(写真は かさの家さんの包み紙だった!)くらいかな。全体的に私たちより上の世代が好むラインナップかも。

フェスティバロのカプレス

今年も沢山のおいしいものたちとの出会いがあった。新人賞に入る有力候補(笑)はFESTIVALO(フェスティバロ)のLindo(リンド)である。もう何回、買ってきてもらったことか。夫も

「お店のひとに顔を覚えられるよー」

とブツブツ言うくらいだ。
0508053
そのフェスティバロの福岡空港限定品 カプレスを先日の出張のさいゲットしてきてもらった。とってもクリーミーな唐芋のレアケーキにチョコレートがのせてある。さつまいもにチョコー・・と一瞬 引いたが、口に入れると チョコの風味とクリーミーが、あら、いい心地。夫はチョコ好きなので非常に気に入った。もちろん、私も気に入ったけど、私的にはリンドの方が好みだな。息子は口の周りや服をチョコで汚しまくってくれた(汗)。

PS
きっと「んまぁ」とか呆れてる方もいると思いますが、一応、息子の歯磨きは頑張ってやっておりますので・・

アンドリューのエッグタルト

お昼は地方の食べ物が見れたりするので だいたいNHKなんだけど、ちょうど運よく・・というとオオゲサだけど、グッドタイミングで「笑っていいとも」の中島啓江さんのテレフォンショッキングを見ることができた。何がグッドタイミングだったかというと、中島さんがタモリへのお土産にアンドリューのエッグタルトを渡したから。これね、最近、夫が買ってきたばっかり。中島さんが

「羽田空港でしか買えないのよー。」

って言ってたけど限定品なのかな?

「タルトがパイ生地で私、沢山食べるんだけど、これだけはリバウンドしないのー。」

とも言ってた。本当かな? 
050805110508052
マカオの方が作ったらしい。夫は

「直感的においしいと思って買ったんだけど正解だったな。」

と、満足げに自分だけ2つ食べたことからも そのおいしさはわかる(あとは私と息子が1つずつ・・)。クリームも濃厚で良し。
アンドリューのエッグタルトのHP
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
タグクラウド
アーカイブ
  • ライブドアブログ