おいしいもの図鑑

おいしいもの探検の記録です。いろいろなところの名物、お土産を見ることができまーす。

2006年06月

ママ友の京都土産

ママ友が京都に行くというので、

「京都のことなら 私に任せて!」

アルバムだの京都本だの出して うちで いっしょに行程を考えようとしたのだが、チビ怪獣2匹(笑)の邪魔により、あんまり教えてやることができなかった。残念・・。

京都に行けるなんていいなぁ~。羨ましいのと同時に、チビ怪獣年齢と旅行ができるパワーに尊敬も覚える。

いただいたお土産
06061711
このまえ黒ごまは食べたけど、金ごまの方の八ッ橋は初めて。
0606172106061731
さほど ごまの風味は感じず、甘い餡であった。

でも、黒ごまの方は確かごま風味が強かったな・・と思い食べてみたら そうでもない。

アレぇー??
0606174
謎がとけた。このまえ 食べた八ッ橋はおたべの方だった。

ごまが大好きな方にはおたべ、

ごまが苦手だけど栄養素は魅力&甘い餡が好みの方には井筒八ッ橋本舗

の黒ごま八ッ橋をお薦めする。

高麗人参を使ったスープ

韓国土産らしい。高麗人参と棗(だと、夫と私は思っているのだが・・)の おすそわけをいただいた。

「チャングムの世界ですね!」

珍しげに夫。

くださった方は この2つを袋から出したとき ものすご~く生き生きした目で説明していた。高価なのだろうか。それとも健康にかなり効くのだろうか。なんだか すご~く いいものをもらってしまったような気がする。
06060711060607211
くださった方は おかゆにいいと仰っていたが、私はサムゲタン風スープを作ろうと思った。高麗人参と棗と手羽もとを煮込んで あっさり塩味にするのである。あー、おいしそう♪

がっ、実際キッチンに立ったとき分量がイマイチわからず、くださった方は あいにく お留守だったのでパソコンの前に座った。なんてことない料理だったら他にも聞けるひとは沢山いただろう。しかし、高麗人参が相手となると浮かぶ顔がない・・。ネットがあって本当に良かったわぁー。

いくつか検索して高麗人参は全部使い、棗は5こで手羽もととの煮込み開始。高麗人参は 最初は色のない人参ってイメージだったけど、そのうち匂いがしてきて、できたスープの味は悪くなかったんだけど、実として高麗人参と棗を食べたときには

「ンーっ!!」

思わず声をあげてしまった。まずいのではない・・。ホントに薬なのだ。

その後 帰宅した夫もスープを口にした


「ンーっ!!」

反応が すっかり同じで笑ってしまう。高麗人参は、夫曰く「正露丸レベルの苦さ」だそう・・。青汁など ヘとも思わぬ我々であったが、高麗人参と棗には降参であった・・。

確かサムゲタンにも高麗人参と棗って入ってる。でも、今まで「ンーっ」なんて声あげた記憶がないんだな。何か薬を感じさせない裏技があるのかもしれない・・。


<追記>
くださった方に高麗人参と棗が非常に食べづらかったことを話したら、それらの栄養成分はスープ中に出るので、ムリして食べる必要なかったらしい(苦笑)。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
記事検索
タグクラウド
アーカイブ
  • ライブドアブログ