おいしいもの図鑑

おいしいもの探検の記録です。いろいろなところの名物、お土産を見ることができまーす。

2010年11月

名古屋土産~6

このシリーズも第6弾。夫から出張先を聞くとき「名古屋」って言われると嬉しいー

今回はまず、名古屋を基盤にしているお店ってことで、JR名古屋タカシマヤに入っているカフェタナカの名古屋フィナンシェというものをリクエストした。
1011154
パッケージがフランスの小包っぽくて期待大ですね。西尾抹茶と八丁味噌風味がある。
1011155
私、あんまり鼻がきかないからかな?八丁味噌を感じなかったし、抹茶味もゴマの方がインパクトがあった。でも、5個入りで家族3人で分けたからアッという間に消えちゃったんだけど、もっともっと食べたいーと思うくらいしっとりしていて 焼き加減のいい生地だった。このお店には、名前に名古屋を付けた商品がまだまだあるので、お土産選びには最適ですね!
1011156

もう一品は小ざくらや一清のおほほっ、おほほっだけだとシリーズ何弾かしら?今回は温州みかん餅。夫様、駅で見あたらなかったので、わざわざ近鉄百貨店まで行ってくれたそうだ。ありがたい~。
10111511011152
一口 食べると思い出す。あー、やっぱり この餅の柔らかさ、いい、いい。
1011153
そして、蜜柑の部分を食べたら んもう幸せー!! ホントにここの果物は最高のものを選んでいると思う。こんなに糖度の高い蜜柑、なかなかないんじゃないかな。紀州口熊野上富田町の完熟温州みかんを使用しているらしい。最後の1個をめぐっては、息子と取り合いにもなった。彼もホントに譲らなくて、私が前日の夜も食べているから・・と我慢しなければならなかった。これからは1箱じゃダメかもね(トホホ・・)。

リニアモーターカーが直線コースを走ったら、東京ー名古屋間が40分で行けちゃうんだって。そんな日が来たら、ひつまぶしとか色々頻繁に食べに行けますね(笑)。

東京ディズニーランドホテルでブッフェ♪

この時期になると夜のディズニーランドは、やっぱり寒~い(私が特に寒がりのせいかもしれませんが)。エレクトリカルパレードを見終えたら、んもう今すぐ帰りたい!!って感じで早足で出口を目指した

出口を通過すると・・
1011071
うちのカメラじゃ これが限界。でも、本物の光はもっともっとあたたかで こうこうとしていて、そびえているのである、この東京ディズニーランドホテルが。2008年7月に開業して、ディズニーホテルの中では最も新しいんじゃないかな。マッチ売りの少女の気持ちがなんとなくわかった。寒くて仕方のなかった私は誘われるようにその光の方向へ進んでいったのであーる

このホテルへ入るのは初めて。1階にはレストランの他にコンビニやスーベニアショップもある。ブッフェレストラン、シャーウッドガーデン・レストランでディナーを。この日はパーク内にハロウィーンの仮装をした方が山ほどいた。

「まさかホテルだから、仮装の人は入れないよねー。」

なんて私は夫に言ったのだけど、いた、いた、レストラン内、仮装の方の方が多かったくらい。きどるよりも、あくまでディズニーの世界を楽しんでもらおうというコンセプトなんですね♪
10110721011073
私が食べたものの一部。ローストビーフは切り分けてもらえる。ディズニーランド内のレストランで物足りなかった方は ここで締めくくりをはかると良い。私はカスタードクリームでタルトっぽいパンが好きで3こくらい食べちゃった。
10110741011075
左、お子様に配られるエプロンの模様。ハロウィーンの時期だったので、息子に塗り絵や迷路などを楽しめる紙もいただけた。

リロのルアウ&ファン

ディズニーランドのアドベンチャーランドにあるポリネシアンテラス・レストラン。先日インターネットで予約状況を見ていたら、満席の中、1つだけ まだリロのルアウ&ファンというランチショーが空いている日曜日があった。いつ見ても満席なのにこんなに間近で空いている日を見過ごすわけないじゃあーりませんか。ということでディズニーランドに行くことにした

ランチショーの参加者は一人一人お土産もいただける。レイかな?と思ったら、クペエという手に巻く花飾りだった。暗いところでは白く光る。息子が面白がっていた。
10110311011037

大人の前菜とメイン。前菜は気に入った
10110321011033

子供のメインとデザート。
10110341011035
大人、子供、それぞれに前菜、メイン、デザートと出る。ドリンクはおかわり自由。

各テーブルにリロ、スティッチ、ミッキー、ミニー、チップ&ディルが回ってきてくれる。キャラクターが来るのを待っているとき、他のテーブルの方々を見ていると、みんな嬉しそう。着ぐるみの中に入っている方、大変だけどやりがいは あるでしょうね。
1011036
全てのキャラクターが全てのテーブルを回り終えると、中央のステージでショーが始まる。子供たちも呼ばれるけど、無邪気にステージまで行くような息子ではありませーん(苦笑)。息子のように席に残った子供たちを見てみると、小学校の高学年と、そんな幼稚じゃなくってよーという風の女の子が多かった。なぜかロングヘアが共通(笑)。お姉さんがフラダンスを教えてくれたので、私もやってみようかな・・とテーブルの横で挑戦してみたが すぐに挫折(笑)。息子は家で上手に再現していた。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
記事検索
タグクラウド
アーカイブ
  • ライブドアブログ