おいしいもの図鑑

おいしいもの探検の記録です。いろいろなところの名物、お土産を見ることができまーす。

じゃがいも

カルビーのじゃがいもプレゼント当選♪ 2

2013年はインフルエンザや虫歯に苦しむことからスタートしました。今年はいい年じゃないのかなぁ・・。そう心配していたら来ました、来ましたよ、ラッキーが。
13012911301292
息子と、遊びに来た友達のおやつに、40円くらいのサッポロポテトとサッポロポテトバーベキュー味を常備している。今回、応募券がけっこうあったので挑戦してみた。嬉しい。前回と含めて、私のカルビーじゃがいも当選率は100%であ~る(2回しか応募していないからネ)。でも、いろいろなものを応募しているけど、あとは歌舞伎せんべいのストラップが当たったくらい。カルビーさんは本当に大放出して沢山の人にじゃがいもを食べさせているのでしょうね。太っ腹です

じゃがいもはラクレットで食べた。ホットプレートを用意して蒸かし板の上に皮を剥いたじゃがいもを乗せて、フタをして蒸します。もちろん板の下に水は入れてね。竹串がささるイメージで蒸かしあがってきたら溶けるチーズをじゃがいもに乗せてフタをして、ほどよい溶け具合になったら出して食べます。これは子供用。子供は本格的なチーズの匂いがダメなんですよね。大人は本格的なチーズを台所でミニフライパンを使って溶かし、じゃがいもを出してその上にかけて食べます。美味しかったです。
「私が当てたから食べられたんだからねー。」
と2人に偉そうに言ってやりました(笑)。カルビーさん、本当にありがとうございました。
にほんブログ村グルメブログへ
←よぅし、私も応募するぞ!って方は押して投票してね♪

北海道名物&おいしいものチェック!

 06012221_JPG
<ケン商のバンブーティ>
物産展でよく購入しています。ティーバックタイプというのが嬉しい。しかも5回くらいは飲めます。手軽にクマ笹茶を楽しみたい方にはお勧め。
IMG_0118IMG_0119

hok24
<ハスカップ紅茶>
いただきもの。このお土産により存在を知りました。 ハーブティが大好きな夫と私は もちろん 素敵な甘い香りにウットリ!

ちなみにハスカップは北海道にしかない木の実です。古くからアイヌの人々には「不老長寿の妙薬」と言い伝えられ、ビタミンC、ビタミンE 、カルシウム、鉄分及び食物繊維が他の果実類より多く含まれているそうです。

販売店 (株)ハスカップ

1102126_JPG
<アリスファームの飲む生姜>
物産展で購入。担当してくださった店員の方がとても面白く、ジャムなども沢山試食させてくれました。私はこの飲む生姜が1番効くーっ!と印象に残りました。あったまると思います。今では冬の必需品の地位まで上りつめようとしています(笑)。
アリスファームのホームページ

bie1
<美瑛のじゃがいも>
1998年7月、夫と私は北海道へ行きました。美瑛でびっくりするほどおいしいじゃがいもを食べ、宅配も注文しました。そして すっかり忘れていた10月、できたてのじゃがいもが届き、圧力鍋でふかして食べてみたら、味が美瑛で食べたときとすっかり同じ。それによって、食べたとき見た景色まで脳裏によみがえり 感動してしまいました。
これが2人がおいしいもの探検隊を始めたきっかけ。 私たちの原点とも言えます
*2003年に子供が生まれたので、今は3人でおいしいもの探検隊です。

 corn2corn3←粒も大きい♪
<ファーム富田のとうもろこし>
「北の国から」ですっかりおなじみになったファーム富田。ラベンダーグッズだけじゃなく、このように野菜や果物の通販もしています。北海道は寒暖の差がある土地なので、じゃがいも、とうもろこし、かぼちゃなど、みーんないい甘味が出ています。 野菜が甘いという感覚、是非体験してみてください。とうもろこしの皮を剥いでいたり、ほっぺに粒をつけて夢中で食べているときって 「し・あ・わ・せ」と思えますよね(笑)。
ファーム富田のホームページ

bie4
<アスパラガス>
味とこころという会社が扱ったとき申し込みました。太くって甘く、その辺で売っているのとは味が格段違います。やっぱり北海道のだな~と唸ってしまいました。

hok181hok20
<鵡川のししゃも>
電気のふるさとじまん市(現在は開催されていません)でめぐりあいました。北海道物産展でも おなじみのお店です。このししゃもを食べてから、スーパーのししゃもを食べることができなくなりました。

お問い合わせ (株)カネダイ大野商店  TEL  0120-246-866

hok27hok281
<佃善のじゃが豚>
スーパーの北海道フェアで知りました。北海道にはジャガイモをスッたり、ゆでてつぶしたものに小麦粉をまぜて作る”イモ餅”という食文化があります。このじゃが豚はそれを応用したワンタンみたいなイメージです。ワンタン・水餃子好きの方なら気に入ってくださるでしょう。中国の方が考案したと売り子の方が仰ってました。
じゃが豚の佃善のホームページ

hok501
<石屋製菓の白い恋人>
今さら紹介するまでもないでしょう。北海道土産としての知名度は1.2を争うほどの実力。ラングドシャー(薄いクッキー)でホワイトチョコをはさんだお菓子で、そのデュエットはおいしすぎ!夫と私が北海道旅行&物産展で必ず狙っているものの1つです。
石屋製菓のホームページ
hari1
↑白い恋人の包み紙使用~

hok39106012211_JPG←もりもとはプリンも有名
<もりもとのハスカップジュエリー & プリン>
では、白い恋人のクリームをハスカップジャムに変えたとしたら・・。それに近いイメージが、このハスカップジュエリーです。クッキーの周囲をチョコレートがフチどっていて、このチョコと口に入れたときのジャムの融合が んもう~ なんとも言えません。
もりもとのホームページ

hok44
<壺屋総本店のき花>
では、白い恋人のラングドシャーをガレットに変えたとしたら・・。それに近いイメージが、この き花です。アーモンド風味のガレット+北海道らしいホワイトチョコ、こちらの融合も負けてはいません。

販売店 壺屋総本店

<北海道有楽製菓の窯焼ポテト>
05091111
このパッケージが気に入って買ってしまいました。包み紙が新聞になっていて その中で商品とおいしさの説明をしています。遊び心があっていい~。
05091121
さらに遊び心は続き、中身もさつまいも1本?と一瞬思ってしまいそうな感じ。でも、その芋の部分はおいしいスィートポテトだったりして♪ さつまいも、紅あずま以外の素材は北海道のものを使っていて、北海道のじゃがいもも入っています。
05091471
販売店 北海道有楽製菓

 0906275
<松竹屋製菓のねこのたまご>
この ねこたま、aoikumasanが紹介してくださいました(「情報編」参照)。白玉のお餅で生クリームを包んでいます。夫と私が食べたのはショコラ、ティラミス、バニラ、カスタードぷりんでしたが、種類は20種(2009年6月の情報)もあるようです。いろいろ試してみたいですね♪ 本社は釧路。
0906276
松竹屋製菓のホームページ

bie2
<スノーベルのとうきびチョコ>
とうきびというのは とうもろこしのことです。とうきびチョコは、加工した とうきびにホワイトチョコがコーティングされていて、サクサク香ばしく食べられます。
スノーベルのホームページ

 hok26
その後、妹がホリのとうきびハイミルクチョコというのを教えてくれました。もらったのはブラックチョコの方。
<ホリのとうきびハイミルクチョコと夕張メロンピュアゼリー>
060122141_JPG06012215_JPG
ホワイトチョコをコーティングした方も試せました。やはりサクサク香ばしく美味しい♪です。
0509096hok3811
ホリの夕張メロンピュアゼリーも人気がありますよね♪ 果肉を使用しているそうです。
ホリのホームページ

hok231
<北華楼の天使の鈴&開拓おかき>
おなじく、妹が北海道旅行に行ったときのお土産。天使の鈴はアンムアンムと噛むことが楽しめ、「幸福の鈴」という小さな鈴も付いています。

開拓おかきの方は妹たちを案内したタクシーの運転手さんのお薦めだったそう。夫が「酒のつまみにもなりそうだなぁ」と気に入ってました。
北華楼のホームページ

06012251_JPG06012261_JPG
<ロイズのバトンクッキー>
薄焼きのクッキーにロイズの得意なチョコレートが のせてあります。サクッとした歯ざわりに ココナッツ風味がGOOD!夫と私はココナッツ好きなのでココナッツ味の方を推していますが、ヘーゼルカカオの方も負けずにおいしいです。
060122101_JPG
ROYCE'のホームページ

bie3hok14
<六花亭のお菓子>
ソフトクリームを食べに 帯広にある六花亭本店へ行ったこともあります(そのときはパソコンやHPと無縁のころだったので、写真に収めていないのが非常に残念・・・)。店内に並んでいたお菓子は、写真のホワイトチョコレートも含めて、どれもおいしそうでした。

ストロベリーチョコは、ひろさんから聞いていたし いもあんさんのHPで見て食べたいと思っていたので、N2ちゃんが北海道土産に買ってきてくれたときは嬉しかったです。”苺が生きている”という味でした。
hok45
左・普通のフタ  右・ホワイトデイ用のフタ
hok29
マルセイバターサンドは物産展では朝から行列を作って並ばれるくらいの人気商品。しっとりとした柔らかめのクッキー生地が、レーズン入りのクリームを挟んでいます。お酒の香りづけもお見事!
六花亭のホームページ

 10043041004305
<札幌カリーせんべい カリカリまだある?>
旅行会社の方が町で配っていたもの。何気に口に入れたけど、菓子に付いていた紹介文の通り、ホント クセになりますね。北海道限定のお菓子というから北海道じゃないと買えないのかしら?手がけたのは札幌名物スープカレーの名店 札幌カリーヨシミというカレー屋さん。スパイスの調合?按配がいい。もっと食べたいと思えます。
IMG_0120IMG_0122IMG_0123
↑OH! 焼きとうきび。香ばしい~。

hok151
<千秋庵の山親爺>
杉浦さやかさんが「お散歩ブック」という本の107ページで紹介していたのが山親爺。名前からすると親爺くさそうですが、食べてみたら、煎餅というより洋風な感じでした。口どけがとってもいいです。さやかさんの喜んでいたプラスチックのクマも付いていました(写真、「山」の字の近くにあるのですが、わかるでしょうか?)。今度は、山親爺の円筒の缶が欲しいです(笑)。
千秋庵のホームページ

061205711
<きのとやの札幌農学校>
札幌農学校は 北海道大学の前身らしいです。商品の名前に使っちゃって北大の許可もらってるのかなーなんて思っていたら、箱にしっかり
06120581
(ピンボケでごめんなさい)
と書いてありました。子供たちがよく食べるビスケットを上品にした感じ。子供のいる家には嬉しいお土産になると思います。
きのとやのホームページ

hok17
<五島軒のポルボローネ>
五島軒は函館の老舗レストランです。そこから売り出されたのが、このポルボローネ。洋菓子研究家今田美奈子さんのプロデュースで、ヨーロッパでは<幸せを祈るお菓子>と言われているそうです。ちょっとジューシーな焼き菓子で口の中でホロホロと溶けていきます。小麦粉、ナッツ、バターとミルクの風味が楽しめます。
五島軒のホームページ

1101077
↑北海道限定のぷっちょ。ミルク味~♪

にほんブログ村グルメブログへ←役に立ったら押して投票してね

*カテゴリ「北海道
」には、まだまだ北海道情報があります。そちらも見てくださいね。

カルビーのじゃがいもプレゼント当選♪

だてにじゃがりこ研究会をしていなかった。息子の友達が遊びに来るとき、逆に行くとき、私は必ずおやつにじゃがりこを買っているような気がする。このたび じゃがりこのフタを取っておいて、Calbeeのカルビー大収穫祭2009というキャンペーンに応募したら、見事じゃがいもが当たってしまった。嬉しいー!!
09120111
美瑛産でポテトチップスに使用しているトヨシロという品種らしい。カルビーの畑、だいぶ前だけど北海道旅行したとき見た。懐かしいな・・。
09120120912014
北海道のじゃがいもを食べるなら やはり最初はじゃがバターである。わざわざエシレバターまで買ってきてしまった。フランスが原産国で、タカナシ販売が販売者。

でも、胃もたれ・・。

息子は平気だったの。親2人がね・・。初日は調子にのって ちょっと食べ過ぎてしまった(苦笑)。エシレバターだとじゃがバタが上品になってしまう。定番のが食べたい方はスーパーのバターの方がいいかも。
昨日はじゃがいも&エシレバターでジャーマンポテトも作ってみたけど美味しかったな・・。優雅な朝を感じた。Calbee様、ありがとうございました。
にほんブログ村グルメブログへ←よぅし、私も応募するぞ!って方は押して投票してね♪

黄金崎農場のじゃがいも

以前、最近のじゃがいもの種類の多さに驚いていたが、このたび黄金崎農場のじゃがいもを試す機会を持った。
0503015
ホラ、みぃんな まとめて言えば「じゃがいも」だけど、ハッキリと種類の違いがわかるでしょう。

0503012
まず、デストロイヤー。どうして そんな名前にしたくなったのか わかるような気がする(笑)。

05030160503013
次にジャガキッズパープル。じゃがいもを剥くと 紫色の色素が残っているものもあって、グリコのパナップというアイスクリームの グレープ味のソースを思い出してしまった。右側はアンデスレッド。

インカのめざめとシンシアは ほぼ私たちが連想する じゃがいもの色だけど、インカのめざめの方が濃い。

全部 蒸かして食べた。素の味が1番。もちろん、ベースはじゃがいも、それも「甘い」じゃがいも なんだけど、5つ それぞれに、ホクホクだの、栗っぽかったりだの、個性が加わって楽しむことができた。

黄金崎農場は青森県にあり、あの世界遺産の白神山地と岩木山麓に畑。標高が高いため 昼夜の気温差が大きいらしい。

出たー、また、「気温差」だ。ホント、気温差って野菜をおいしくする魔法。

黄金崎農場のじゃがいもも、北海道やユニクロの じゃがいもとともに、私たちの「おいしかった思い出」となった。

レッドムーンのおやき

以前、今は沢山じゃがいもの種類があることを書いたけど、細川たかしの出身地、真狩村のレッドムーンという じゃがいもをゲットした。
041118
見た感じ さつまいもっぽいけど、れっきとした じゃがいも。メークイン系らしい。

久しぶりに じゃがいものおやきを作ろうと張り切った。きんぴらごぼうのおやきにしようと思ったが、息子にごぼうはムリかなーと思い、じゃこと人参にした。じゃこと人参をめんつゆ(息子のことを考え、量 かなり少なめ)で炒めたものをボウルに入れ、その上にじゃがいもを擦りおろしていく。中3こ使ったが、2こめの後半から腕がきつくなってくる。

そこに小麦粉を入れて混ぜていく作業を息子の前でした。息子、すごく嬉しそうにボウルを見る。ポタポタだった生地が、だんだんモッチリしてくる。

「このくらいかな~。う~ん、もちょっと入れようか。」

声をかけられると 目を大きく見開いて、笑いながら 私の目を見る。長~い、まつ毛。全盛期の斎藤由貴を連想させる、ハトのような 黒目がこぼれ落ちそうなタレ目にノックアウト!

オーブンの板にクッキングシートを敷いて、手で適当に握ったタネを置いていく。9こ分作れた。息子のだけはプーさんの形にしてやった。

すると、その間 相手にされないものだから泣く。泣く。

「今、手が離せないんだから我慢してよー。」

さきほどのノックアウトはウソだったのだろうか。今度は、冷たくなる母親なのであった(笑)。

オーブンで焼いて できあがり♪
0411182
じゃがいものおやきっておいしい!

はずなのだがマズイ・・。写真で気づいた方がおられるだろうか。おバカな私は小麦粉と片栗粉を間違って入れてしまったのだ。腕が疲れたり、息子の相手をしながら苦労して作ったのにィ・・。残念!

じゃがいも & 野菜ソムリエ

男爵&メークインくらいしか浮かばないけど、今って じゃがいもの種類が沢山あるみたい。

JAFの会報。北海道のじゃがいも料理を紹介しているページで、梅村さんという方の自家製じゃがいもが紹介されていた。

レッドアンデス、さやか、インカのめざめ、キタアカリ、インカレッド、パープルポテト

NICOS会員誌に付いてきた「こだわりの選択」という通販。白神山地のふもとにある黄金崎農場のじゃがいもが紹介されていた。

インカのめざめ、ジャガキッズパープル、ヨーデル、タワラムラサキ、十勝こがね、ビオレッタ、シェリー、シンシア、デストロイヤー、アンデスレッド

両方とも写真が付いていて、これって さつまいも じゃない? な~んてツッコミたくなるくらい赤かったり、長い芋なんかもあった。インカのめざめ、かろうじて知ってたな。シンシアもこのまえ、買った。

黄金崎農場のはセット販売なので 以前だったら絶対買って、夫といろんな じゃがいもの食べ比べをしたと思うが、今の私たちは そういう時間がなくなってしまった。残念!

このまえ資格のこと話したけど、ベジタブル&フルーツマイスターっていう野菜のソムリエに ちょっと興味があったりする。ずーっと前の「テレビチャンピオン野菜・果物王」のとき非常に面白かったので・・。でも、夫に反対され、自分も無視して強行しないところを見ると、そこまでの情熱は ないみたい。

かぶと虫のことなら何でもわかる かぶと虫おじさんとか、生肉見ただけで国産か そうじゃないか見分けて ウソの表示してたスーパー 見抜いた方とかいるじゃない。そういう何かに専門的な知識を持っている人がとても羨ましく思えたりする。

空港no1の銘菓 と インカのめざめ

日曜の夜、テレビ東京で 私たち好みの番組を放送した。白い恋人、ロイズ、崎陽軒のシウマイ誕生話とか、熊本県民以外にはメジャーじゃない麺とか、長崎県民以外にはメジャーじゃないトルコライスとか そんな感じの内容。

その中に各空港での売上げno1を誇る銘菓の紹介コーナーがあった。まず東日本編。

宮城ー萩の月、新潟ー笹だんご、東京ー東京ばな奈、愛知ー名古屋コーチンプリン、石川ーきんつば

夫、「こりゃあ、名古屋コーチンプリンをおさえておかないといけないなぁ。明日(=昨日) 出張だから買ってくるよ。」

最近の夫様、出張が多いので、なぁんかムカついてしまうのだが、こういう面では良い。しかし、「おもいっきりテレビ」や「はなまるマーケット」で紹介された食材が 次の日 スーパーで売り切れてしまうように、名古屋コーチンプリンも売り切れだったそうだ・・。

続いて西日本の空港no1。

大阪ー赤福、香川ー志満秀、高知ー土佐日記、福岡ー博多通りもん、鹿児島ーさつまどり、沖縄ーべにいもたると

夫と私、ノックアウト!! 西日本に弱いとは気づいていたが、大阪以外、知らないものばかりとは・・。まだまだですわ。
(ちなみに赤福は伊勢名物である。一応、念のため。)

話変わって、最近、千葉県産の「インカのめざめ」というじゃがいもを食べた。
04081010408102
この写真じゃピンと来ないカモ。色が濃い。ただ、ふかして食べただけだが、おいしかった。私は栗、夫はさつまいものイメージ。添えてあった紙の「ケーキやアイスクリームに向いてる」という紹介文もわかるような気がする。

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
タグクラウド
アーカイブ
  • ライブドアブログ