おいしいもの図鑑

おいしいもの探検の記録です。いろいろなところの名物、お土産を見ることができまーす。

ラスク

和楽紅屋 の 春の和ラスク

姑からのいただきもの
1805011
辻口博啓さんがオーナーの和ラスク。この箱には5種類12枚入っていた。
1805012

桜苺 プレーン 黒豆きなこ
1805013
抹茶 蜂蜜みかん
1805014
「どれ食べても美味しい」
家族三人、サクサク楽しめた。

にほんブログ村グルメブログへ←食べたいなぁと思ったら押して投票してね

石窯パン工房ばーすでぃ の 和らすこ

妹の貢物♪ 宮城県利府町にあるパン屋さんの 和らすこ。面白いネーミングですね。このお店は東日本大震災のとき食糧の面で頑張ったそうです。非常パンの缶詰も扱っているようです。
1502201
和ラスコは、見ての通り ラスクを立方体にして、フレイバーをかけたって感じ。約2cm×2cm×2cmの大きさです。
15022031502202
焼き具合が、パン屋さんのと言われると納得。パンとラスクのあいのこって微妙な塩梅。
抹茶味は、本当の抹茶が好きな方なら合う。甘い抹茶ってふうかな。抹茶が甘いのがダメって方にはダメかも。
ココアのは普通にココアで、息子は喜んで食べていました。まだまだいろいろな味があるようです♪
石窯パン工房ばーすでぃのホームページ

にほんブログ村グルメブログへ←食べたいなぁと思ったら押して投票してね

パレットの焼き菓子

妹が、宮城県栗原市にあるパレットというお店のラスクとマドレーヌを送ってくれた。栗原市、知ってます。あの東日本大震災のとき震度7だった地域ですよね。千葉レベルでとても恐かったんです。7なんて大変だったでしょうね・・。元気らすく というネーミング、ピッタリだと思います。サクサク系のラスク。息子が喜んで食べていました。
14102011410202
マドレーヌはホントは5個あったのですが、お腹がすいている時間に届いたので 写真を撮る前に茶色の石釜マドレーヌの方を1つ食べてしまいました(笑)。夫と息子はチョコ系が好きで美味しそうに食べてましたよ。

パレットさんのお菓子は、仙台だとS-PALという駅ビルで買えます(S-PALでは、畑のスイーツ という店名)。
パレットのホームページ

にほんブログ村グルメブログへ←食べたいなぁと思ったら押して投票してね

神戸 フーケのシューラスク

妹の貢物です。見た感じビスキュイっぽかったので、さいしょ敬遠モード。歯医者に行きたくないとダダこねしている昨今なので(笑)。でも、食べてみたら全然硬くなくサクッとしていてビックリ。よーくパッケージを見たら「シューラスク」って書いてありました。居留地の壁という名前です。
IMG_0106IMG_0107
居留地(きょりゅうち)って何かなーって好奇心が沸きました。ヤフーの辞書で調べてみたら、明治33年以前に外国人が住むよう限定されていたところみたい。住んでいた家の壁は煉瓦っぽかったのかしらー。入れ物や茶系のラスクの感じからも連想できますよね。生地に練りこんであるアーモンド風味も普通のラスクとの差別化に大成功。クセになっちゃうカモです。
フーケのホームページ

にほんブログ村グルメブログへ
←シューラスクが食べたくなった方は押して投票してね

神戸モリーママラスク

夫様の出張は続く。今回は大阪。忙しくて食べ物調査ができなかったので(笑)お土産は任せた

帰宅した夫が嬉しそうに出したのは、この神戸モリーママラスク。私はシベールとガトーフェスタハラダのラスクのリピーター。あの食べ心地が当たり前だと思っている。時々、違う歯触りのラスクに会うとがっかりしたりして・・。そう、ラスクにはちょっと厳しい

おいしいんでしょうね。」

疑わしい顔で言ったら

楽天で2年連続1位っていうんだから大丈夫だよー。」

と、夫が若干鼻息を荒くして言った。
1103062_JPG
確かにサクッのグループだった。だてに1位は取ってませんねー、嬉しい、嬉しい。私はチョコが付いている方のラスクが特に気に入った。実はこのチョコラスク、夫と出張に一緒に行った方が、夫の買ったプレーンラスクと数枚ずつ取り替えっこしてくれたそう。男同士でお菓子交換なんて可愛いですよね。
1103063_JPG1103061_JPG
黒字にKOBE Morry mamaの文字が入った袋。魔女の絵が乙女心をくすぐる。箱の中のピンクの裏紙も、息子の女友達が褒めていた

<追記>
神戸モリーママラスク~波の魔法箱~は、2011年日経土曜版「駅で買えるおすすめの土産菓子ランキング」新大阪駅の部で8位になっています。

シベール&ハラダのラスク

今年の外国人フレンドたちへのクリスマスプレゼントは、北うさぎ工房のクラフトにした。
イギリスのMからは息子への誕プレ他、けっこう多くいただいてるので毎年+αしている。今年はフランスのCからもステキな刺繍をいただいたのでやはり+α。2人にはラスクを付け足すことにした。

MにもCにもシベールのラスクは送ったことがある。日持ちするし、軽いので送料も普通の食品より安く済む。これ、けっこう外国人に良い贈り物。2人とも気に入ってくれた。

今年はシベールの他にガトーフェスタハラダのも加えて、缶の中半々にしてやった。うちは この2つのお店のラスクを愛用している。
061209191110612092011
さらにシベールのチョコレートを練りこんで焼き上げたショコラというラスクと、ハラダのホワイトチョコレートを外っかわにコーティングしたグーテ・デ・ロワホワイトチョコレートというラスクも数枚ずつ入れてあげた。私は どちらのお店のも やっぱりプレーンが1番好きだな。

外国の方にはわからないかもしれないけど、これ、味比べもできるし 自分ではけっこう素晴らしいGOODな詰め合わせだと満足している(笑)。

東京ラスク

もうすぐお盆で、ニッポン民族の大移動が始まりますね。帰省する皆さん、お土産、何にするか決めましたか?

最近、東京・ラスクというのを食べました。デザインがド派手で、やずやの雪街にんにく卵黄のCMに出てくる女の子にあげたら

「さすが東京だなー。」

と喜びそう・・と勝手に想像してしまいました(笑)。
06080811
↑包み紙
06080821
箱も負けずに派手。
060808306080841
開けると やはり派手で、シュガー、ガーリック、黒胡麻の3種類。味もサクサク、若者や子供たちにはウケると思います。

東京ラスクのホームページ
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
タグクラウド
アーカイブ
  • ライブドアブログ