おいしいもの図鑑

おいしいもの探検の記録です。いろいろなところの名物、お土産を見ることができまーす。

小ざくらや一清

名古屋土産~6

このシリーズも第6弾。夫から出張先を聞くとき「名古屋」って言われると嬉しいー

今回はまず、名古屋を基盤にしているお店ってことで、JR名古屋タカシマヤに入っているカフェタナカの名古屋フィナンシェというものをリクエストした。
1011154
パッケージがフランスの小包っぽくて期待大ですね。西尾抹茶と八丁味噌風味がある。
1011155
私、あんまり鼻がきかないからかな?八丁味噌を感じなかったし、抹茶味もゴマの方がインパクトがあった。でも、5個入りで家族3人で分けたからアッという間に消えちゃったんだけど、もっともっと食べたいーと思うくらいしっとりしていて 焼き加減のいい生地だった。このお店には、名前に名古屋を付けた商品がまだまだあるので、お土産選びには最適ですね!
1011156

もう一品は小ざくらや一清のおほほっ、おほほっだけだとシリーズ何弾かしら?今回は温州みかん餅。夫様、駅で見あたらなかったので、わざわざ近鉄百貨店まで行ってくれたそうだ。ありがたい~。
10111511011152
一口 食べると思い出す。あー、やっぱり この餅の柔らかさ、いい、いい。
1011153
そして、蜜柑の部分を食べたら んもう幸せー!! ホントにここの果物は最高のものを選んでいると思う。こんなに糖度の高い蜜柑、なかなかないんじゃないかな。紀州口熊野上富田町の完熟温州みかんを使用しているらしい。最後の1個をめぐっては、息子と取り合いにもなった。彼もホントに譲らなくて、私が前日の夜も食べているから・・と我慢しなければならなかった。これからは1箱じゃダメかもね(トホホ・・)。

リニアモーターカーが直線コースを走ったら、東京ー名古屋間が40分で行けちゃうんだって。そんな日が来たら、ひつまぶしとか色々頻繁に食べに行けますね(笑)。

名古屋旅行で食べたもの&買ったもの

0908301
<あつた蓬莱軒のひつまぶし>
東方神起がよくテレビで「ひつまぶし」「ひつまぶし」と言っていたので、なんだか呪文にかかったように ひつまぶしが食べたくなりました。それで今回 名古屋行きを決めたと言っても過言ではないかもしれません(笑)。私は方向音痴なので、あつた蓬莱軒の店舗の中でも1番行きやすそうな 栄にある松坂屋店へ行きました。ここは支店ですが、あつた蓬莱軒は明治6年からやっている老舗で、「ひつまぶし」もここの登録商標らしいです。デパート内でしたが お座敷席に通され落ちついた雰囲気。なんで あんなに「ひつまぶし」「ひつまぶし」言っていたのか理解できました。本当に美味しい。なんて言うんでしょう。鰻の皮も香ばしくてタレも絶品。誰も見ていなかったら、ガツガツ口にかきこみたいくらいの衝動に襲われました。

あー、名古屋の人が羨ましいよー。

いろいろなところで紹介されていると思うので簡単に・・。ひつまぶしはお櫃の中を4等分して、まず1/4は普通に食べ、もう1/4はネギ、ワサビ、海苔をのせて食べ、1/4はお茶漬け、そして残り1/4は1番好きな食べ方で食べます。

息子の食べていた鰻の小どんぶりが残って、女将さんでしょうか。女性の方が包んで持たせてくれました。ホテルに戻り 夜に小腹が空いて食べたわけですが、冷めててもイケるんです。私、「あつた蓬莱軒~!!」と思わず叫びたくなりました
(実際に叫んではいませんが(笑))。名古屋に行ったら ひつまぶしを是非食べてくださいね。
あつた蓬莱軒のホームページ

09083020908303
<小ざくらや一清のおほほっ>
夫様 名古屋出張のさいは土産にせがんでしまう おほほっ。わー、今回の名古屋旅行で やーっと自分で買えると喜んで名鉄百貨店に行きました。おほほっは色々な果物を羽二重餅で包んだ和菓子。その果物と餅のハーモニーにいつもノックアウトなのです。この日のおほほっは、

えーッ、トマト~!!

ビックリしました。トマトというので数秒悩みましたが(笑)、小ざくらや一清の実力を信じて買いました。ホテルに戻って おそるおそる食べましたがGOOD~! 私たちの想像する味のトマトを使ったのではなく、糖度10というフルーツトマトを使用しているからこそできたバージョンなのですね。石川県の南川農園のトマトを収穫後すぐ発送してもらって作っているようです。作り物じゃない果物のような爽やかーな甘さ。

小ざくらや一清さんには相互リンクしていただけました。大変光栄です。
小ざくらや一清のホームページ


09083060908307
<名古屋城名物 金シャチ焼>
名古屋城の売店(お城に近い方です)にて購入。これ、お土産にいいと思います。名古屋城だけの限定品だし、万人受けする味。
0908305

0908301309083014
<吉田麺業の手造りきしめん>
名古屋城の売店で「岸朝子さんのお薦め」と紙が貼ってあって、そこでは荷物になるので買いませんでしたが、今回のきしめんは吉田麺業に決まりっ!と思いました(笑)。防腐剤などの添加物は一切使用していないそうです。さすが朝子さん、いい食品に目をつけますねー。コシもあります。
吉田麺業のホームページ

090830230908304
<徳川園にて>
徳川園で、お昼を食べよう・・と何気に入ったのですが 和の雰囲気を生かしたお洒落な空間で 子持ちには似合わぬ場だとヒヤリとしました。蘇山荘という名前で、明治初期に迎賓館だった建物を移築したらしくノスタルジーが感じられます。
天むすを頼みました。天むすって美味しいですねー。今度、自分でも作ってみようと思います。蓮茶というのも初めて飲みました。
0908309090830811
売店では葵もなかが買えます。葵の紋や模様が徳川してます(笑)。お土産にいいかもです。


0908301009083012
<矢場とんのひれかつ>
矢場とんは名古屋でも有名なみそかつ屋さん。箸の袋やカレーの箱にいる豚ちゃんがオリジナルキャラクターとして活躍しています。基本的にとんかつはソース派ですが、みそもいいなーって思えました。みそだれとかつも合いますね。矢場とんさんも慣れていて、子供にはみそかソースか初めにちゃんと聞いてくれて、ソースの用意もあります。
矢場とんのホームページ

0908301609083017
<パティシェリー モン シュシュの堂島ロール>
ミッドランドスクエアのB1階に行ったら行列・・。このモン シュシュのロールケーキ目当てでした。大阪の堂島ロールは知ってましたが、まさか名古屋にあるなんて・・などと思いながらついつい並んでしまう私(笑)。センスのいいお店ですね。このオレンジのパッケージ類もいい感じ。店員さんもアップの髪に茶色いロングワンピース風の制服を着こなし、品よく応対してました。堂島ロールもスポンジ、クリーム共に文句なしですし、バラのフィナンシェはバターと生地が口の中をジュワ~と幸せにしてくれる感じ。Mon chouchouというのは「マイハニー」という意味らしいです。
パティシェリー モン シュシュのホームページ

09083018
 <名古屋テレビ塔にて>
パークギャラリーでテレビ塔グッズが買えます。四角すい(?)のテレビ塔のパッケージのミントキャンディはテレビ塔っぽいし安いし軽いし、ハッカ飴じゃなかったらお土産に配りたかったです。ハッカって好みがありますものね。他の味も出せばいいのに・・と思いました。
紅茶(丸い缶の方)は「えいこく屋さんの紅茶です」みたいな紙が貼ってあったので、えいこく屋さんって名古屋で有名なのかしらー?じゃ、飲んでみなきゃ・・と思い買ってみました。あとで調べてみたら、昭和54年から名古屋・覚王山でやっている紅茶とインド料理の専門店らしいです
(まだ飲んでないので感想はあとでネ)。

09083019
<カクキューの八丁味噌>
名古屋名物の赤味噌は高島屋で購入。店員さんに質問して基本のタイプにしました(まだ使ってないので感想はあとでネ)。

0908302009083022
<ディンタイフォン>
最終日のランチを考えるため、JR名古屋タカシマヤタワーズプラザのグルメ案内を見たとき即決。横浜店でですが、小さかった息子がムツムツチャーハンを食べて嬉しかったのを思い出し、また入ってみました。メニューもそのときと同じで小籠包とチャーハン。最初
「俺、チャーハン食べないからね。ママ、一人で食べてね。」
なんて言っていた息子。チャーハンが来て一口食べさせたら態度が変わり ムツムツ食べ出しました。あまりにも前食べたときと反応が同じなので笑ってしまいました。私は小籠包しか食べられなくて残念でしたが、ディンタイフォンの料理には子供まで虜にする力があります。私的にもトップクラスに好きな点心料理店です。


*旅行記はこちらに書いています。

名古屋土産~3

このまえ、夫が名古屋出張に行った。「名古屋」と聞くと嬉しい。名古屋にはいーっぱいリクエストがある。まずは久しぶりなので ごっさまを頼んだ。さらりとした漉し餡なので餡子があまり好きじゃない息子も喜んで食べる。8個入りはすぐなくなった。

小ざくらや一清のおほほっも外せない。前回は苺だったが今回はさくらんぼか葡萄で頼んだら、さくらんぼはやっていなかったそうで葡萄が来た。
08081510808152
あうーっ。一口食べただけで いと懐かし。柔らかい柔らか~いお餅。このお餅だけで小ざくらや一清の実力がわかる。そこに餡子と岡山産のピオーネが入っている。新宿高野の桃を食べたとき

やはり果物はそのまま食べるのが1番おいしいと思う。

と言い切っていたが、私の主張なんて簡単に翻るのである(笑)。

果物は餡子と餅に包まれていてもすっごくおいしいと思う。

苺大福は完全に市民権を得てるけど、葡萄大福もイケる。これからも未知の味を体験させてくれるおほほっシリーズ、楽しみである。夫が注文するとき、おほほっと言いづらかったと言っていた(笑)。
(紹介してくださったころこにさん(「情報編」参照)、本当にありがとうございます。情報提供者の皆さん、こちらを是非読んでくださいね。)

まだまだ試したいお菓子は沢山あるのだが、3人家族じゃ賞味期限の関係でこのへんが限度だ。最後は宮のきしめん。
0808153
うちは醤油味の方を食べて、味噌煮込みの方はちょっとお礼しなきゃないことがあってよそ様にあげた。名古屋はうどん激戦区。宮の麺もコシがあっていい。

名古屋土産~2

夫様、名古屋出張(去年のですけどね)での獲得品。今回の司令塔は私。

本当は また ごっさまが食べたかった。しかし、夫が開拓者精神に則り別のものを試したかったらしい。そこで納屋橋饅頭本店の納屋橋まんじゅう。「なやはし」と読むようだ。
061209151
いわゆる酒饅頭で、どんなひとからも喜ばれると思う(相当甘いものが嫌いでなければ・・)。

納屋橋まんじゅうが和菓子の基本だとすれば、次に紹介する おほほっ は和菓子の異端児かもしれない。名前からして はぁ?と思ってしまうし(笑)。
061209161061209171
しかし、この 小ざくらや一清の おほほっ、私、基本も好きだが異端児も

好きよっ・・。

私が食べたのは苺大福なのだが(他にも種類があるらしい)、愛西市八開の農家から直接仕入れてる朝摘みの苺っていうのが もんのすごく美味しい。餅の柔らかさも私好み~。白餡じゃなく黒い方の餡子を使ってたら最高だったなー。去年は ごっさま と じゃがポックル どちらが新人賞かな・・なんて暇に考えていたが、最後の方に彗星のごとく登場したお気に入りであった。私が名古屋に住んでたら苺大福シーズンには絶対に頻繁に通っていたと思う。ああっ、名古屋市民が羨ましい・・。
小ざくらや一清のホームページ
061209181
おほほっ は ころこにさんから紹介していただきました(「情報編」参照)。ころこにさん、ありがとうございます。皆さんも苺大福のおいしいお店を知っていたら是非教えて下さい。
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
タグクラウド
アーカイブ
  • ライブドアブログ