ほいみのそれから

銀行員→専業トレーダー→再就職と第三の人生に踏み出すアル中廃人の日記

没落

えー、ご無沙汰しております。

ブログを書いてなかったのはまあいろいろありますが、ぶっちゃけお金がなくなりました。ええ、きれいに。
仕事もしてたんですが、これが金を生む卵になったかというとそれが全くそうでもなく、結局はただダラダラ飲み歩いていた結果ただお金が出る一方で見事に素寒貧になってしまいました(^^;

どうしようかなこれから。

半沢直樹

ロスジェネの逆襲 (文春文庫)
池井戸 潤
文藝春秋
2015-09-02


前回の更新からだいぶ間が空きましたが。

仕事のゴタゴタでしばらくオフィスのパソコンが使えず、放置のような形になってしまいました。すいませんです。
まあ、ブログに書くような目新しいこともなかったというのもあるんですが(^^;

それで、久々の更新なのにブックレビューで恐縮ですが。
半沢直樹シリーズの第三弾ですね。
あいも変わらず硬直した組織の中を、一本筋を通して正義を貫く半沢直樹のスタイルにスカッとさせられます。しかも所属は証券子会社なのに親会社である銀行本体に戦いを挑むという無謀にも思える行動です。

半沢直樹があれだけドラマでヒットして、一転して売れっ子作家になったんですが、ヒット以降も作品の乱発はせず、年に一作品程度しか出しておらず、それだけ構想をよく練って作品を世に送り出している姿勢がいいですね。ほぼ毎月のように新作を出している東野圭吾とはエライ違いです。まあ、東野圭吾の作品は最近読んでないので評価しようがないですが。

ちなみにこのシリーズの第四弾は既に単行本で発行されてるんですが、自分は文庫しか読まない(持ち運びに不便なのと置き場所がかさばる)ので、文庫化が待ち遠しいですね。

梅雨もあけて夏真っ盛りといっていいくらいの、熱さですが・・・

正直もう暑さにヘバりそうです(^^;
トレーダー現役時代には、トレード中も窓開けただけでエアコン使ってなかったのに、最近は家にいる間はエアコンつけっぱなし。ホント暑さに弱くなりました。

加えて困るのは額からの汗。フットサルをやるようになってから代謝がよくなったのか発汗量が増えたんですが、一番増えたのが額なんですね。ちょっと運動したり暑いとこに行くと、もう「ポタポタ」って感じで垂れてきます。「額に汗がにじむ」どころの騒ぎじゃありません。
外歩いててコンビニで買い物する時もレジに着くころには汗が垂れてて、よく店員に怪訝そうな顔をされます。
なのでタオル地のハンカチは必需品です。それも一日外にいたらビシャビシャです。

もうひとつ夏場の困りものは口唇ヘルペス。
暑さで体力が弱るのか毎年出てきます。唇に水泡ができてそれが大きくなってきて、最後は敗れてかさぶたになって、なんてことを毎年繰り返してます。いちおう市販の薬もあるようなんですが、特に痛むわけでもないしいつもなるようにほっといてます。まあ、見た目的には悪いですが(^^;

若い頃は夏なんて楽しいことしかなかったですが、今は夏はひたすら苦痛ですね。
早く冬になってほしいです←おい(笑

為替

トレーダーを引退して以来、特に相場については言及しないようにしているんですが・・・・

一応一日に一回くらいはその日の225とドル円の変動くらいは確認しています。
まあ、相場全体の動向とか企業業績とか他の通貨とかは見てないのでコメントのしようがないですが。なんせここ数年は新聞すら読んでないくらいですからね。ニュースなんかはネットとかでたまに見るくらいです。

んで、なにが言いたいのかと言うと、ドル円の水準を見るときに為替についてのニュースのコメントもちらりと見えるんですが、なんか最近は株の動向でドル円が動いてるみたいなコメントをよく見ます。しかも株が買われたら円高とかならわかるんですが株が買われたから円安ってどういうことよ?

株が買われた国の通貨が強くなるって理屈はわかるけど、安くなるってどういうことですかね?
単純に考えると株式の含み益でリスク許容量が増え外貨を買う余力が増えるから円安になるって理屈かもしれませんが、それにしても釈然としません。これだけ外人が多い日本市場で、日本人の理屈だけで相場がうごくはずもないですしね。

リーマンショック以降新しく定着した法則なのかもしれませんが、こういう理屈に合わない法則が堂々とまかり通っているんであれば、自分としてはトレーダー引退して良かったと思ってます。デイトレとかもやってましたけど、自分のトレードの根底には経済状況などのファンダメンタルという概念がありましたから。

それにしても自国通貨が安くなって喜ぶ国民ってなんですかね。
輸入物価が値上がりして最近は食料品や外食産業の値上げも多いようだし、海外にもいきにくくなる。個人レベルでは全くいいとこのない円安は国民の敵だと思いますね。だいたい円安になって輸出が増えたなんて話聞いたこともないです。

選挙のたびにも思いますが、いったいこの国はどこに向かっているんですかね?


【追記】
為替が気になったのは、最近昔よく行ってたキャバクラのキャバ嬢からLINEで「FXについて教えて~」って言われたからでした。いちおう基本的なことを教えてあげて口座も開設したらしいんですが、周囲の人に反対されて断念したようです。
たぶん最近の円安でFXビギナーの彼氏なんかに「儲かるよ」とか言われたんだと思いますが、それで食っていこうなんてあまりにも安易ですね(笑

クラクラ

この記事はクラクラやってない人には全く意味が分からないと思うので、そういう人はスルーしてください。

スマホアプリはこれまで様々なものに手を出してきましたが・・・・

今やっている「クラッシュオブクラン」ほどはまったものはありません。
思えば始めたのは去年の10月。いつも行ってるボーイズバーの店員に教えられて始めたんですが、すぐにハマりそれ以降暇にあかせて一日中やってます。それまでは複数のゲームを並行してやっていたんですが、さすがにこのゲームとの並行プレイは厳しいので、すぐに他のゲームは引退しました。

クランはずっと入ってなかったんですが、2か月くらい前にクラン大戦のボーナスが大きいことを知り、とあるクランに加入。早上げTH9でしたが、メンバーは暖かく迎え入れてくれ、in率の高さと援軍の多さであっという間にサブリーダーに指名されました。

しばらくメンバーとのチャットなんかからわかってきたのは、自分の育成スピードが驚異的だということ。
始めて2年たつ人が自分より格下なんてのは当たり前。自分は大工5を常にフル回転させてますが、3つの人も多いので当然かもしれません。

とりあえず今は早上げした分の設備や研究の遅れを取り戻すべく、猛然と設備投資中。
壁だけはどうにもならないですが、なんとかTH9らしい村構えになってきました。
最初は全然取れなかった星も最近では同格なら難なく二つは取れるようになってきて安定してきました。
もう少し体裁を整えたらTH10に挑戦したいと思ってますが、まだまだ時間はかかりそうです。
いやあ、しかしホントよくできてます、このゲーム。
クラクラさいこー(笑

お酒

連休も終わりましたが、相変わらず特に記事にするようなことがないんですが・・・・

連休は例年通り特にどこにも出かけず。
平日に休みを取れる身分なので、わざわざ観光地が込み合う時期に出かけるという発想が全くないですね。毎日やることもないので、麻雀・酒・寝るでほとんど説明できるような生活でした。

連休後は通常通りの毎日ですが、最近少し変わってきたことと言えばお酒がほとんど効かなくなってきたこと(^^;
毎日浴びるように飲んでいれば普通肝臓がいかれるものですが、自分の肝臓はどうも特別製なのか特段二日酔いも全くなく健康体を維持しています。まあ、最近は検査とかもしてませんが。最近はビールや酎ハイなど数杯を飲んだ後、バーボン(ターキー50%)をストレートで数杯、その後仕上げに日本酒を4合ほど飲んで、記憶を飛ばしています(笑

お酒がほとんど効かなくなったといっても、日本酒だけは特別でこれだけで十分に酔っ払えます。おかげで毎日日本酒を飲んでるせいか、お腹のメタボがどうにもなりません。体重は変わってないんですが、顔も昔に比べて膨らんできているようで、久しぶりに会う人からは必ずと言っていいほど「太った?」と聞かれます。先日帰省した際に両親にも言われました。

さすがに自分でも少し危機感を感じてきたので、今の仕事が一服したらダイエットツアーかなんかに行こうかな、とも思ってます。普段の生活では節制することはとてもムリそうなので。まあ、行ってみたはいいけどあまりに健全すぎて肌が合わずに逃げてしまうかもしれませんが。

と、こんな感じで変わらぬ日常を送ってますが、読者の皆さんにはどうも刺激が足りないようで、最近では1日のページビューがとうとう二桁に落ち込んでしまいました。まあ、読者がほとんどいなくなってもこのブログは書き続けると思うので、末永くお付き合いください。

花粉症

20代に花粉症になって既に20年近くのお付き合いですが。

最初に発症したころは2月からゴールデンウィークあたりまで、くしゃみと鼻水に苦しめられてたんですが、年々症状は軽くなってゆき、ここ数年はたまに症状が酷くなる程度で苦しいというほどもありませんでした。
薬は飲んでないので体の免疫がついてきたのかな、と勝手に思っていたんですが、油断してた裏をかかれたのか先週はかなり酷い状態でこの数年で最悪の症状でした。

この時期は寝るときにマスクを着けたまま寝ることで「モーニングアタック」(朝くしゃみで目が覚めること)を回避していたんですが、先週はマスクをしていても朝くしゃみが出て、しかも鼻が詰まっているのでもう眠れない。寝ようともがいていても鼻水が次から次へと出てくるので、枕元にティッシュとゴミ箱を用意して延々と鼻をかみ続ける始末。

おかげで睡眠不足が続き、食欲まで低下する始末。
週末になってやっと症状は軽くなったんですが、ホント久しぶりに苦しい一週間でした。
4月になればだいぶ楽にはなるんですが、先週の苦しみの恐怖があるので、今も油断しないでマスクはしてます。去年酷い目にあったので、ゴルフにスキーなんかも行ってません。
今週末花見があるのでそれがちょっと危険かもですね。

スノボ

今週の火曜ですが今シーズン初のスキーに行ってきました

去年まではスノボにチャレンジしていてそれなりに滑れるようになったんですが、一緒に行く連中ほどには上達せず、一緒に行ってもキツイコースでどんどん置いて行かれるので、スノボは諦めて慣れたスキーにチェンジしました。

今回は新潟県の舞子スキー場。
長いゴンドラがあって最長4キロ一気に滑れるコースがありなかなかに歯ごたえのあるコース。思えば去年はこの長いコースで挫けたもんでした。

スキー板をレンタルして早速ゴンドラから始めたんですが、3本滑っただけでもう太ももがガクガク。
途中休憩を挟みながらいろんなコースを回り10本ほど滑ったところで、コースの下のほうにあったジャンプ台にチャレンジ。スピードをつけ一気にジャンプしましたが、重心が後ろに傾きすぎてたのか背中から落下するような形に。

焦って手を出して受け身を取ったつもりなんですが、左の親指だけ他の指と違うほうに向けてしまったようで、指に強い痛みが。その時は多少痛む程度だったんですが、時間がたつごとにじっとしていても鈍い痛みが続き、帰りの車の中ではひたすら痛みに耐えてました。

地元についたときには耐えがたい痛みとなったので、すぐ薬局に行って(夜なので医者は閉まっていた)湿布とテーピングを買い、自分では処置できないので仲間にテーピングをしてもらい、なんとか落ち着きました。患部は腫れていないし痺れもないので骨に異常はないとは思ってましたが、そこで気づいたのは左手を動かすだけで痛みがはしるので左手が全く使えないこと。

仲間と晩飯で鍋を食べた時に、お椀がもてないので具をよそえない。
雨が降っていたので傘を差そうにもさせない。
トイレ行っても片手ではおしっこが難しい。
ペットボトルのふたが開けられない。
風呂で体を洗うのにいろいろ難儀する。
着替えが大変、等々

片腕だけで暮らそうとするといろいろ不便なことに初めて気が付きました。
幸い翌日にはある程度左手を動かせるようになり不便さは減りましたが、あの痛みが続いていたらどれだけ不便な毎日になるかと思うとぞっとしました。
ちなみに今は湿布とテーピングでだいぶ落ち着いてきたので、両手使ってこの記事を書いています。

しかし仲間にも言われましたが40も過ぎてるのに、ムチャはするもんじゃないですね。
しばし反省でした。

DSC_0159

帰省

お待たせしました
やっとこさ今年一回目の更新です

実は先週4年ぶりに実家に帰省してきました
特に用事があったわけじゃないんですが、年をとるごとに田舎に帰る間隔が長くなっているうえに、親が元気なうちに様子を見といたほうがいいということで、重い腰をあげて新幹線で名古屋へ。親は何ともないとは言ってるんですが実は去年母親が倒れたことがあって、その確認もありました。
実家は岐阜駅から車で10分くらいの場所にあります。2階建ての戸建てで一階はオヤジの経営する看板屋の工場で自宅は2階。自分が高校に入る時に建てた家でつまり自分がそこに住んでいたのはたったの3年。中学まで住んでいた更に田舎にあった実家のほうが思い出も思い入れも多いですね。

岐阜駅に着き駅から出ると、毎回恒例の駅周辺の散策。岐阜は昔は繊維の問屋街として栄えたんですが、それ以外に主だった産業はなく、繊維業界の衰退とともにどんどん寂れる一方。その寂れ具合を確認するための散策なんですが、前回来た時よりも更に寂れているだけなのを確認。
駅の北側1キロ四方は完全にシャッター商店会となっていました。

更に駅の南側は「金津園」といって日本の3大風俗街の一つだったんですが、こちらもすっかり寂れて風俗店も全部で20軒もない程度。ちなみに自分はトレーダーになってから初めて仲間と一回行っただけの場所です。なんせ住んでた時は高校生でしたからね。

小一時間ほどの散策を終えると、駅前のスーパーで手土産のアルコールを買ってタクシーで実家へ。
実家に着くと毎回種類こそ違え飼い犬がお出迎えしてくれたもんですが、今回は犬の姿はなし。玄関を通りリビングに入り「ただいまー」というと、多少老けた感じの両親がお迎え。とりあえず荷物をまとめリビングで腰を落ち着け一服するなり親からの質問攻めが・・・

トレーダーを辞めてからの消息を一切話していなかったので、そこからあったことをポツポツと報告。今の仕事も含め風来坊的な生きざまに半ば呆れられ半ば納得され。うちの一族は自由人が多いというか勤め人には向いてないというか最初から最後までサラリーマンでとおした人がいないんですね。そんなこんなで普通の親なら「ちゃんとしなさい」と言うところを、「自分の足で生きていけるんならそれでいいんじゃない」というお考え。

自分の報告が終わると今度は両親の近況報告。自営の看板屋は従業員を雇う余裕もなくなり、今は両親の二人だけで細々とやっている程度。オヤジのつてで仕事がちょいちょい入ってくるらしく、それをこなしつつ年金と併せて生活には困らない程度らしい。とりあえず近々面倒を見なければいけない状況ではなく一安心。ただ借金はかなり残っていて銀行には金利だけを払ってるとのことで、相続財産は期待はできそうにない。まあ二人とも少し小さくなったような気はするけど、どっちも元気そうで一安心。

上の妹(42)が相変わらず独身で親にパラサイト中なのも変わらず。アナログで未だにガラケーを使っていて「メールするんなら電話すればいい」というお考えで、スマホやラインについて周りからいろいろ言われるらしく教えてくれというので、自分なりに使い勝手やゲームなんかについて説明してあげました。自分よりも年上の兄が時代の流れについていってるのがショックだったのか、その後はふてくされてしまいましたが。
下の妹はいつも自分が帰ると甥っ子二人を連れて実家にやってきたもんですが、今回は用事があったのか姿を見せず。会ったら4年分のお年玉をせびられると思ってたので、少しホッとしました。

食事しながら酒を飲み深夜まで話をしていましたが、けっこう飲んだのもあるし田舎の夜は早いので11時にはご就寝。翌日目が覚めると朝の7時で毎日午後まで寝る自分としてはなんとも快挙なできごと。母親の朝食の勧めを断りこたつに入って普段は観ないテレビを観てダラダラ。しかし相変わらずテレビって中身がないですね。
昼食は親と一緒にとり、親は仕事だというのでその後も1人で本を読んだりしてダラダラ。
途中気分転換に家の近所を散歩してみましたが相変わらずのド田舎。犬の散歩にはよかったんですけどね。
DSC_0156











夕方近くになってダラダラにも飽き荷物をまとめて帰り支度をしていると、親が「送ってく」と言うので車で岐阜駅まで。毎回実家に帰っても退屈を持て余して一泊しかしないのをよくわかってるので、無理に引き留めることもない。

田舎の同級生たちとはフェイスブックで多少つながりがあるものの、もう離れて20年以上たっているので、お互い世界が違うということで特に交流もありません。写真をアップしてつぶやいたところ同級生たちは「いいね」を押すものの声をかけてくるやつもいないくらいでした。

毎回晩飯を食べに行くだけの帰省ですが次は何年後になりますやら。
親の葬式ではないことだけは祈ってますが。

年末

今年もあと一週間ほどで終わるのでこの一年を振り返ってみるんですが。

思えば驚くほど「何もない」一年でしたね。
何もないと言っても何もしていないというわけではなく、自分の印象に強く残るほどの出来事がなかったということで、去年までの惰性で生きてきた一年だったと思います。

大きな新しい出会いもなく、住環境にも変化なく、行動や体調も例年通りで、普通なら健康に穏やかに生きられたと言って感謝するところなんでしょうが、刺激を求める自分としては退屈極まりない一年でしたね。もちろん毎日飲みに出ては笑いの絶えない毎日ではあったんですが。

まあ娯楽面ではワールドトリガーという漫画とクラッシュオブクランというゲームにハマりそれはそれで楽しいですけどね。あとリクルートという10年以上前の投資が回収できたのは良かったです。ワールドカップもなんとか観れましたしね。
仕事もしていますが、こちらはなかなか進まず停滞気味。新しい投資もしているもののこれもなかなか進まず回収の目途もたっていません。

スノボにゴルフにフットサルはマメにやってます。美味しいものも仲間内でよく食べにいったりしてます。本も相変わらず大量に読んでます。ただそれだけじゃどうにも物足りない。来年は何か新しいものを探す必要がありますね。

あと知り合いで亡くなったのが二人。いろいろあって自分の周りを去って行ったのが数人。まあそれ以上に新しい知り合いが増えてますけどね。とにかく人に恵まれているのはいいことだと思ってます。

とりとめがなくなりましたが一年のまとめとしては以上です。
それでは皆さんよいお年を
Profile

ほいみ

44歳♂ 金融関係勤務
東京都某区在住

株の専業トレーダーを引退し金融関係のベンチャー企業に勤める。
アルコールは毎晩飲んでます。

メールはこちらから

最新コメント
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ