ほいみのそれから

銀行員→専業トレーダー→再就職→破産から復活へと歩み出すアル中廃人の日記

2011年03月

修羅の門

修羅の門 第弐門(1) (月刊マガジンコミックス)
修羅の門 第弐門(1) (月刊マガジンコミックス)
クチコミを見る

新ブログでは初めてのブックレビューですが、この「修羅の門」自分の中では5本の指の中に入る名作です。
知ってる人も多いかと思いますが、知らない人のためにおおまかな話を書くと、1000年の間無手(武器なし)で人を殺す業を磨き続けてきた一族がある。その一族に受け継がれてきた武術が1000年の間無敗の「陸奥圓明流」(むつえんめいりゅう)という。
そしてこの漫画の主人公はもちろん陸奥の名を継いだ陸奥九十九(つくも)。
その陸奥が、目的はストーリーの中で徐々に理解してもらうとして、地上最強を目指しありとあらゆる格闘家に勝負を挑んでいくもの。

それで何が凄いって、人殺しの技というだけあって、凄まじい破壊力を持つ技を次々と繰り出す、スピード感あふれる格闘シーン。そして修羅の内面を持ちつつも、対戦相手に対し敬意と思いやりを持つ陸奥の優しさ。この一見矛盾する両面をもつ主人公にスカッとする部分も多い。
もちろんストーリーもよく練り上げられており、30巻程度ですが最後まで間延びすることなく緊張感がたもたれて、読み終えたときには「えっもう終わり?」と物足りなさを感じるくらい。スラムダンクの連載終了時に感じたものと同じですね。

その読者の要望に答えてか、連載終了から約14年。続編の連載が再開され、ここで紹介してるのは続編の最初の一巻です。自分としても再び九十九に出会えたのはうれしい限りです。

また本編以外にも、1000年の歴史の中で歴史上の偉人たちと、関わったり戦ったりする話を描いた外伝「修羅の刻」もおすすめです。

民放・・・・



ユーチューブで津波の動画見てたら、こんなんありました。
地震で真っ先に速報&特番をやったのがNHKだけで、民放各社が地震速報出したのは地震発生後数分後。地震特番については空気の読めないテレ東を除いても、民放全てが出揃ったのが約5分後。
※これはキー局の映像なので地方局ではまた違うのかもしれません。

NHK不要論が持論でしたが、こうなると緊急時にはNHKが一番頼りになりますね。
NHK観てなかったらこの数分の違いで津波から逃げれなかった、という例もありそうです。
まあ、これに限らず民放にはいろいろ不満もあるわけですけどね。

節電

昨日震災後初めて銀座の職場にいってきました。
職場の人たちは直接的な被害はないものの、健康状態の悪い人がいるうえに、通勤もままならない人もいて、立ち上げ段階にある最初のプロジェクトが、完全に停滞しています。

その後銀座8丁目に飲みにいきましたが、電気の消えている店も多く人通りはそれなりにあるものの、さすがにまだ普段どおりとはいかないようですね。

その停電ですが、セリーグのバカっぽいドタバタはともかくとして、夏場の電力需要はとてもまかなえないという話にはどうなるんだろう?って思いますね。
福島原発は第一は廃炉になるとして、無事だった第二は状況が落ち着き次第再稼動するんでしょうか?
電力問題を考えれば充分な点検のもとに再稼動すべきとは思いますが、当分は世論が許さないでしょう。
また新たな原発建設も引き受ける自治体は皆無だろうし、じゃあ火力発電はといっても建設には何年もかかるだろうし・・・・とりあえず、既存の発電施設をフル稼働して他地域からも融通することで凌ぐしかないんでしょう。

世の中は節電ブーム(?)ですが、今は計画停電が実施されていない区域(23区内など)は多いものの、夏場にかけては節電だけでは対応しきれず、計画停電が実施され真っ暗闇の中で何もしないで過ごす、ということがありそうですね。

そして、停電となると困るのは製造業などの工場や、飲食小売などのお店ですね。
既に部品メーカーなどでは海外に製品を供給できず、海外のメーカーも困っているという話だし、日本抜きで製品を作るなんて流れもできるかもしれないし、輸出産業は大打撃でしょう。
飲食小売は、震災直後の物資不足による特需が終われば、開店時間が短くなり売り上げが激減するでしょう。
輸入産業は円高のおかげで利益率があがるでしょうけど。

もちろんオフィスなども仕事中3時間だけ停電なんてされたら仕事になりませんね。
労働時間が減る分人件費も削減方向になり、個人消費も縮む。
唯一の光明は復興需要ですが、これも政府が何十兆円という単位で予算を組む必要があるのに、埋蔵金とか細かい財源をいじくってる場合じゃないでしょう。
電力供給の完全な回復が見通しがたたず、あっても数年はかかるだろうから、その間の日本経済は静かに停滞していきそうですね。
ということで、株式相場についても緩やかなダウントレンドになるんではないかと見ています。


あと、今回の震災を受けて全国で災害対策に対する意識が高くなってきたと思います。
テレビでは災害対策なんちゃらセンターとかの人が物知り顔で出てたりしますが、そういう人たちは今までいったい何をしてきたんでしょうね。災害からの直接的な被害の軽減、避難民への支援、インフラの整備に町の再建といった復興対策など今後に備えた対策作りもぜひしっかりやってほしいところです。
なんせ次は東海地震ですからね。自分がまさに被災者になる可能性が大なわけですから。
今回は被害の大きさも原発問題も「想定以上の」という言葉で片付けられ仕方ない的な雰囲気がありましたが、想定以上の震災であっても被害を最小限にできるような対策作りが必要だと思います。
東京23区が津波で水没するくらいのシュミレーションはしといて欲しいところです。

Pray for Japan



※字が小さいので画像をクリックして拡大したほうがいいです。


震災は悲惨でしたが、その裏でいろいろ美しいエピソードもたくさんありますね。
日本はダメだ、なんていわれ続けてましたが、ここへ来て日本人の美徳や勤勉さが発揮され日本人自身からも海外からも再評価されてるみたいですね。まあ、政治とマスコミはいつもダメダメですが。

ちなみにうちの会社のメンバー二人は、仕事で横浜からの帰りの電車で地震にあい、そのまま京浜急行の見知らぬ駅で降ろされたとか。
とりあえず近くの喫茶店に入りましたが、その店は8時で閉店。
「さてどうしようか」なんて言ってたら、店主が
「なんならうちで食事でもしていきますか?」とありがたいおことば。
せっかくだからと食事をご馳走になったら、今度は
「布団出すので泊まっていっても大丈夫ですよ」と。
更に親切にウイスキーのボトルも提供してくれ、二人で深夜まで酒を飲んで過ごしたとか。
おかげで朝ゆっくり電車に乗って家に帰れましたとさ。

ただの喫茶店でそこまでしてくれるのは、ものすごい親切ですね。
そういう話を聞いていると、周りに困ってる人がいたら、今度は自分が助けてあげようという気にもなります。


地震 それから

連日テレビで一日中地震の報道がされてますが、ここ数日は原発と避難民の様子ばかりですね。
暇人なので時間があるときはずっとテレビ観てますが、民放では合間に流れるCMもAC(公共広告機構)ばかりで、さすがに食傷気味です。
バラエティなど通常番組はさすがに不謹慎だとは思うんですが、一般企業のCMくらい流してもいいんじゃないかとは思いますが。

マスコミが煽る避難民のお涙頂戴的な報道には感銘は受けませんが、普通に考えて同じ日本に住む日本人たちが苦しい思いをしてるのは、自分としても胸が痛むので、日本赤十字社の大震災義援金に10万円だけですが募金をすることにしました。
今回は相当の額が集まると思うので、その程度ではカスみたいなものですが、少しでも何か役に立ちたいという思いがあります。生まれてこの方ほとんど持ったことのない感情ですが。


あと、関東では計画停電やってますが、今のところ自分の住む地域では停電はなってないです。
やるやると言ってやらないのもやや混乱しますが、実際に停電になると休むお店がたくさん出るので(初日はジャンルに限らず休みの店たくさんありました)停電にならないのは助かります。
それよりも困るのは電車の運休ですね。月曜火曜と地元まで電車がこなかったので、仕事など都心に出る予定がありましたが見合わせました。今日からは大丈夫なようですが、もう一日様子を見ようと思います。

それと、地域に限らない話かもしれませんが、物資の買い込み度合いが凄いですね。
日曜の時点でトイレットペーパーが店頭から消えたほか(オイルショックかよ)、カップ麺はどこも完売だし、ガソリンスタンドは在庫切れかあっても長蛇の列で、どれだけ一般市民が不安感を感じてるのかよくわかります。
計画停電の影響もあるんでしょうが、それよりも無いから買い込んでおかないと、という群集心理が働くんでしょう。うちは非常食もほとんどありませんが、少なくとも水は確保してあるし、車はほとんど乗らないので特に何もしていません。


相場も眺めてますが、メルトダウンのリスクに敏感に反応してますね。
昨日の大暴落には驚きましたが、長期投資のチャンスだと思い、小額ですが昨日の後場の戻り局面に数銘柄を現物で買い入れました。さすがに売られすぎでしょう。久々に日本独自のセリクラらしい動きを見た気がします。いつもこういう相場なら面白いんですけどねえ。
同じく長期投資のREITは含み益の大半が消えました。
この後は原発報道に相関して動くんでしょうが、1万円までの戻りは軽いと思ってます。


最後にですが、前回地震について記事を二つアップしましたが、コメントが一件しかなかったのは悲しかったですね。別にコメントが欲しいというわけではないんですが、相場やお金絡みの話だと時には何十件とコメントが付くのに、地震についてはそれぞれ思うところもあると思うのに何も反応がないというのは、皆さんいったいどんだけお金にしか興味がないのかと。
こっちのブログでは日常の出来事を綴っているわけですが、そうそう相場やお金のネタなんてないですよ(笑

地震 続き

当初は東北地方の状況がよくわからず、規模の割には被害が少ないと思っていたら、刻々と壊滅的な被害状況が伝えられ、また津波による凄まじい映像もたくさん流れ、やはり半端ない被害状況ですね。

特に津波については、その破壊力の凄さをまざまざと見せつけられ、映像を通じて世界中にその怖さが伝わったんじゃないでしょうか。
津波といえば、以前ブックレビューで「TSUNAMI」という本を紹介しましたが、この本では東海・東南海・南海地震が同時発生して、太平洋側の都市部に壊滅的な被害をもたらす、というもので、今回の群発地震を見るにあながちサスペンスと言い切れないリアリティがあります。
もし読んだことがないのなら、災害対策や心構えという意味も含めて読んでみることをお勧めします。

なんにしても余震もまだ続くだろうし、孤立状態の住民もまだたくさんいるようで、これからの生活を考えると気の毒になりますね。今朝方も長野や神奈川で地震があったようですが、世の中が落ち着くまでにもう一つでかいのがくると、それこそパニックになると思うので、このままいったん地震はおさまってくれるのを祈ってます。

地震

今日のは大きかったですね。

自宅にいてPCをいじっていたので、最初から感じてはいましたが、最初はかなり小さかったのに徐々に大きくなってきたので、洗面所でドライヤーを使っていた嫁に注意して、すぐにガスの元栓を締め、閉じ込め対策で玄関の扉を開けっ放しにしました。
一番ヤバかったのが食器棚で、ガチャガチャいいだしたので嫁が扉を手で押さえましたが、食器棚そのものが倒れる可能性もあったので、「離れろ!」と注意したら食器がガチャガチャと落ちてきました。
あと本棚も大きいので倒れるのが怖かったのですが、なんとか耐えてくれて本が数冊落ちた程度で済みました。

体感としては過去最大級の地震だったので、関東が震源地かと思ったら東北だったんですね。
どれだけ凄い地震だったか想像もつかないですね。
今テレビで情報を見てますが、そうこうしてるうちにまた大きいのがきました。
今揺れながらブログ書いてます(笑

出掛けようかと思ってたんですが、これだと家が心配で出掛けられないですね(^^;

Profile

ほいみ

47歳♂ 会社員
東京都某区在住

資産を全て失いフリーターから人生をやりなおす日々
13年ぶりにサラリーマンに復活

メールはこちらから

最新コメント
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ