ほいみのそれから

銀行員→専業トレーダー→再就職→破産から復活へと歩み出すアル中廃人の日記

2014年02月

ワールドトリガー

ワールドトリガー 1 (ジャンプコミックス)
ワールドトリガー 1 (ジャンプコミックス) [コミック]

以前、ジャンプの新しい漫画ということで「暗殺教室」を紹介しましたが、あの頃はなかなかいい新人がいないということを書いていました。ただあれ以降面白い作品がいろいろ出てきていて、この漫画もその一つ。

異世界からモンスターが現れ、街が壊滅しそうになった時に、トリガーという異世界のテクノロジーを駆使する一団が現れ、モンスターたちを撃退した。その後もモンスターは現れるけどそのボーダーと呼ばれる人々により、町は平和を維持している。
主人公はボーダーの訓練生だが、ある時異世界の住人であるネイバーと呼ばれる少年と出会い、運命が大きく変化していく、というストーリーですが。ジャンルはSFですかね。

この作品が面白いのは、世界観がしっかりしてるのと、トリガーというテクノロジーが斬新で、設定も最初からきっちり書き込まれてるのと、キャラの設定やキャラ同士の人間模様が面白いんですね。ストーリーもよく練りこまれていてテンポもいい。バトルシーンもただ強さとか必殺技とかで戦うのではなく、特技やチーム同士の戦略なんかも細かく配慮されていて、なかなかに奥が深い。登場人物も多いんですが慣れてくればそれが味になってきます。
最初はジャンプだけで読んでましたが、最近単行本も買い揃えてしまいました。いやあ、どんどん本の置き場がなくなります(^^;

今はまだ本格始動というより序章のような感じですが、まだまだ登場人物も行く世界も増やせる要素が満載で、この先が楽しみな漫画です。間違いなく次世代のジャンプを代表する作品になりそうですね。トリコ以来の大物になると思います。

あれこれ

去年地元のいつも本を買っていた本屋が潰れました。
この本屋は店員のチョイスが自分に合っていたのか、平積みの新刊には自分の好みのものが多かったので、本を探すのが楽でした。地元にはもう一件本屋があるのでそっちで本を探すんですが、こっちは規模が大きいけど売れ行きランキングなんかをベースに平積みしているので、自分には興味のないものばかり。

仕方ないので最近は都心の大きい本屋に行くんですが、わざわざ足を運ぶのも面倒なので、一回行くと数冊はまとめ買いをします。毎回そんなに面白い新刊があるわけじゃないので、以前なら買わないような本も手に取ることが多くなり、必然的に初めて読む作者も増えました。

手を広げればそれなりに面白い本はあるもんですね。
今回はそんな本をふたつほど。
しかし最近は少しは面白いと思えるものは、発刊と同時に映画化やドラマ化が決まってるのが多くてやや興ざめですね。メディア業界はそれほどネタ不足なんですかね。

テティスの逆鱗 (文春文庫)

これは、4人の女性と彼女たちの美容整形を行う医師の物語。
とことん自分の美を追求し自分の人生をより豊かにと願う4人が、医師の静止も聞かずどんどんエスカレートしていき、最後は異常ともいえる精神状態とともに大きな悲劇が・・・・・

美容整形といえば、昔「モンスター」(映画化されて平積みされてますね)という作品を載せたことがありますが、あれはただ美しくなっていく自分を喜んでいた話であったのに対し、こちらの登場人物たちは強迫観念に突き動かされている、という感じでどんどんおかしくなっていくのがホラーに近い感じがありますね。



こちらは、ある研究を行っている学生が、父親の死後残された謎の研究を引き継ぎ、それがもとで事件に巻き込まれていく。同時にアフリカに特殊任務で赴いた傭兵が、アフリカの奥地でとんでもない事実を知り、命の危険を察知する。この二人がある人物の仲介で知り合い、巨大な陰謀に立ち向かっていく、という冒険ものですね。医学的、生物学的観点から人類絶滅の危機を提唱したレポートが、この話の根幹になっていて普段はなかなか知りえない学問が垣間見えてなかなか新鮮でした。











大雪

DSC_0072

















この週末の大雪は世間の予想を裏切って、かなり積もりましたね。
あれ以来誰かと話すと話題はこればっかりです。
フェイスブックも週末は大雪とバレンタインのコメントばかりでした。

地元ではいつもの飲んべ連中の話をいろいろ聞いて、みんな帰るのに苦労した話が多かったです。自分は駅から徒歩圏内なので普通に飲んで普通に歩いて移動してましたが、前回の雪でタクシーは絶対捕まらないのがわかっているのにタクシーを呼んでた人たちは、なくなく長い時間をかけて歩いて帰ったそうです。
前回は動いていたバスも今回はほとんど走っていなかったようで、駅前に何か所かあるバス停には長蛇の列が。あれを見てタクシーは諦めるという発想ができない人が多いのには呆れました。夕方に深夜の迎車を予約していたのに来なかったなんて話もあったくらいですからねえ。

雪は基本的に好きなんですが、唯一被害というか困ったことは明日予定していたゴルフが中止になったこと。週末に練習に行こうと練習場まで行ったら、どこも営業を中止していました。そりゃ道路とかの雪は片付いてるけど、練習場のような広い土地を雪かきなんてしないでしょうからねえ。これを見てゴルフ場も同じ理屈で無理かなと思ってたら、案の定コースがクローズしているってことで中止になりました。ああ残念。

しかし歴史的な大雪ですが、首都圏の大雪に対する脆さは意外でしたね。ちょっとした天災クラスだもんなあ。自分はこういうリスクには敏感なので、帰れなくなりそうな場所には行きませんでした。ボディバランスには自信があるので転ぶリスクとかは全く考えませんでしたが。飲んで酔っ払っても雪をザクザク踏みしめて次の店に移動してたりしました。

写真は移動途中の道路の歩道です。時間は深夜1時くらい。フカフカの雪を踏みしめる感覚が気持ちよくてとった写真ですね(笑 友人が言ってましたが、戌年の人は雪が好きなんだとか。なんだか妙に納得です。
ニュースでは今週も雪が降りそうだとか。平日ですが確定申告もしたいし仕事休むかな。また白銀の世界が見れるかもと思うと今から楽しみです(^^)

訃報

先週、いつも飲みに行ってるスナックの子が亡くなりました。
それで店の女の子たちと通夜に行ってきたんですが。
告別式は午前中なので夜型生活の我々にはムリ、ってことで通夜だけになりました。

会場に着くと、店からの連絡が行き届いていたのか自分以外の客がけっこうきてました。そのせいか会場から人がかなりあふれていました。亡くなったのは先週木曜ですが、大雪を避けて日程を今週にしたのがよかったみたいですね。葬儀は真言宗のなんとかとかで、今まで経験していない流派で、お坊さんの挙動も今までのものといろいろ違い、そこだけがやや新鮮な感じ。まあ坊主のお経はいらないというのが自分の持論ですが。

焼香も終わり、別室でふるまい酒などを飲みながら、亡くなった子についていろいろ話してると、感極まった女の子たちがぐずりだして、男は女の涙に弱いということを再確認(^^;なんやかんやで一時間くらいで会場を出て、あとはいつものとおりでその店にいって、彼女が好きだった冷酒で弔い酒してました。

しかし、39歳で心不全ってあるんですね。昔従兄弟が30代で亡くなった時も心不全でしたが、あれは明らかに過労だったしなあ。普通の生活してて、寝てる間に穏やかに亡くなったそうで、原因が全く思いつかずみんな不思議がってました。

今の地元に住み始めて14年ですが、その間亡くなった知り合いは4人目で葬儀は3回目ですが、毎週100人以上からの人間と会ってるので、たまにはこういうこともあるんですかね。しかし葬式はいつ出ても嫌なもんです。

Mちゃんの冥福を祈って・・・・・

225

相場については225やドル円の水準を毎日一回見る程度なんですが・・・・

とうとう本格的な崩壊がやってきましたね。
もともとアベノミクスなんてのは虚構で、それに乗った相場は長くは続かないと思ってましたが、今までよくもったもんです。

もちろんアベノミクスが全く意味がないと言っても、その間に上げた分を全戻しするとまでは思ってません。民主党政権から安倍内閣に代わり政治的な安定感が出たことと、日本経済が底打ちしたこと、アメリカ経済が確実に回復期に入っていることなんかを考えると、半値戻しくらいが妥当なのかなと。

もちろん個別銘柄は全く見てないのでよくわかりませんが、一つのプチバブルが終わったのは確実ですね。後出しじゃんけんじゃないですが、年末年始のフラフラした相場を見て、元デイトレーダーの友人と「日本株はもう終わりだね」と年始に話していたことを思い出しました。

去年は爆発的に稼いだ人が多かったみたいですが、こんな崩壊に捕まってせっかく稼いだ資産を失くさないようにしてほしいですね。次にいい相場がくるのは何年後かわかりませんが、まあとにかく頑張ってください。

Profile

ほいみ

47歳♂ 会社員
東京都某区在住

資産を全て失いフリーターから人生をやりなおす日々
13年ぶりにサラリーマンに復活

メールはこちらから

最新コメント
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ