<4331T&Gニーズ>(東1)  

売買日  2003.8.27 → 2003.8.27
売買価格 2,800,000円 → 2,960,000円  
株数    1株
損益    △151,380(コスト含む)
騰落率  △5.71%

2003年5月に相場全体が底打ちをして、自分もオープンIFで大勝利を収めてからは、とにかくいろんな銘柄を買っては売りの回転売買で順調に勝ち続けていた。
特に新興市場がよい稼ぎ場であり、当然のようにやがてIPOにも目を向けるようになった。

この会社がいつ上場したかは覚えてないけど、記録を見る限りこれが最初の売買なのでたぶんこの頃だったんでしょう。上場してからしばらくはこのトレードも含め数回売買しただけだけど、株価はこの後500万ほどまで上昇したあと100万円台まで下がったりしていた。

IPOの値動きの癖なんかはまるで知らなかったけど、その急落は特に食らったわけでもなく、100万円台になってから再度売買の対象としていたようです。
値動きだけ見れば普通はいったんそこまで落ちたIPO銘柄を手がけることはしないはずですが、この会社はレストランウェディングという当時としては斬新な業態であり、結婚後まだ数年だった自分にはいろいろ思い入れるには十分な会社だった。

100万円台から売買を再開してからはIPOバブルの波にも乗ったのかトントン拍子に上昇していった。
株価は当時の自分には数枚買える程度のものでしたが、その上昇トレンドにひたすらくっついていって、買っては売りの繰り返しで都合30回以上、合計で600万ほどの利益を得られたありがたい銘柄でした。

ついでに言うとこの頃はまだ特定口座ではなく確定申告が必要でしたが、この銘柄の売買の数字を誤魔化してだいぶ節税(脱税)した記憶もあります。当時はそれほど多くない1株単位の銘柄ということで調整がしやすかった記憶があります。いろんな意味でいい思い出のある銘柄ですね。

そして実は今の仕事になって再びこの会社と出会った。(詳しくは書けませんが)
あの頃ただのIPOだった会社がずいぶんと立派な会社になっていてなんか感動しましたね。小学生だった甥っ子がいつの間にか立派な青年になっていたというような感覚とでもいいましょうか。
こういう企業の成長を見ることができるのも株式投資の醍醐味ですね。