<2462ジェイコム(現ライク)>(東1)  

売買日  2005.12.8 → 2005.12.13
売買価格 572,000円 → 912,000円  
株数    25株
損益    △8,496,902(コスト含む)
騰落率  △59.44%

この銘柄ライブラリシリーズもこれで最終回です。

このトレードについてはブログを書き始めた頃ということもありブログでもいろいろ書いていますが、エクセルでまだ取引を記録していた売買でもあり、このシリーズの締めくくりとして採用しました。

あの大事件となった「ジェイコム誤発注事件」のまさに渦中のトレードですね。

当時の状況を書くと、IPOバブルの真っ盛りの2005年12月に当時IPOの有力銘柄として上場したこのジェイコムに、みずほ証券からありえない誤発注が出され、BNFをはじめとして世の中の多くの個人投資家がこの誤発注を利用して大きな利益を計上したものですね。

今でも値段を覚えてますが初値予想90万くらいだったものが、みずほ証券より出された注文は「1円で62万株の売り」。当然のように買気配だったこの株は67.2万円であっさりと寄り付き、そのまま急落し57.2万円に50万株以上の売り物を残してストップ安に張り付いた。

自分はこの当時の最有力候補銘柄として寄り付き前から80~90万あたりに注文をバラバラ入れていました。
寄り付いたあと急落したのを見て多少ビビりましたが、急落途中でも買いを入れてました。
事情がわかったのがS安に張り付いて、発行株式数を遥かに超える売り物が見えた時ですね。

当時トレード中は仲間とチャットをやっていたので、チャット上で「誤発注だ!みんな買えー!!」と叫んだのを覚えています(笑
当時の資金力では100株ほどは買えたはずですが、さすがにただ儲けのチャンスとは言え、当時からリスク管理とバランスが自分のトレードの持ち味だったのもあり、そこで1銘柄に余力の全額を突っ込めるほどの度胸はなく、上記のようにS安で買ったのは25株だけ。

初値買いで入れていた注文もあり、全部で40株ほどがそのまま持ち越しとなり、強制決済となるまでお宝ポジションを抱えたままトレードを続けていました。13日にポジションが強制決済で開放されたと同時に、同じく解放された資金が一気にIPOへ向かい、IPOが稀に見る大暴騰相場になり自分自身も記録的な利益を計上したのはいい思い出ですね。

もう今となっては証券会社も東証もシステムが変更されああいうありえない注文が通らない仕様になっていると思われるので、こういう大事件ともなる誤発注はもう起きないでしょう。そういう意味では最後のこういうチャンスに巡り合い、無事利益を残せたというのは当時は自分の天運があったんだなあと思います。

ちなみにこの強制決済の値段91.2万円については当時ブログ上でもかなり文句を言って叩かれた記憶があります(笑
「市場で起きたことは市場に任せるべき」「これこそ自己責任原則」という理屈でしたが、周りからは金の亡者にしか見えなかったのかもですね。

結局ジェイコムはIPOバブルで高値は200万を超えました。
自分はこのトレードの後気が抜けたのか、強制決済の値段が脳裏に引っかかったのかその後あまりこの銘柄を売買しませんでした。大きな利益とはなりましたが、これも一つの呪いだったのかなと思いますね。