今年も残すところあと数日ですね。

毎年恒例の締めですが、今年は約13年ぶりのサラリーマンとなり、貧乏ながらも一応は人並みの生活を送ることができるようになった年でしたね。

トレーダーを引退するときに「サラリーマンになる!」と宣言してたわけですが、あれからも7年ほどが過ぎ積み重ねた年月の重さをひしひしと感じています。
そしてサラリーマンになり引きこもりから社会に出てみて思ったのは、自分がそういう生活に比較的普通に馴染むことができたということですね。よくサラリーマンが嫌になって相場に戻るんでしょ、みたいなことを言われましたが、どちらかというとこちらのほうが本来の自分にフィットする感じで、何の違和感もありません。

休みの日にすることがなくて仕事のことを考えたりする時間も多いです。「悔しいけど仕事が好き」状態ですね(笑
自分の役目は特殊ですが、ボスが自分をよくわかってくれているというのもあり、安心して仕事に取り組めるため、なかなか今の会社は居心地がいいです。

ただ入社してからいろいろ考え手を打ってきたんですが、人を動かすというのは難しいもんですね。
既存の従業員はこれまでやってきた仕事を大過なく過ごせばそれで問題ないですが、こちらはそれをぶち壊して新たな秩序を作らいないといけない。いわば静と動のせめぎあいであり、そこに様々な理屈や情を持ち込んで人を動かしていくというのは自分ではあまり経験のないジャンルで、営業経験の無さが自分の弱点だなと痛感しています。

まあ、伊達に年は食ってないので、それなりにやり方もあるわけですが、アタマを常に柔らかくして違う切り口がないかと考える必要があって、アルコールで溶けた脳みそにはいい刺激となっています。
アルコールといえば、いちおう毎日は飲んでいますが、流石に昔と比べて酒量はかなり落ちました。
一時期乱れていた睡眠も、最近は元に戻り毎日よく眠れます。
なんつーか健康すぎるんですよねえ。もっと体とココロに無理をさせないとホントに長生きしてしまう。

髪はだいぶ白くなってきたし最近はとうとう朝立ちもしなくなりました(^^;
元気な下半身は男としてのアイデンティティの象徴に思っていたので、これは少しショックです。
やっぱり今の生活はぬるすぎるのかなあと思っています。


少しでも刺激を求めようと続けているFXについては、一時はスタイルの完成を見たわけですが、その後ボラの高い相場となった時に脆さが露呈して、再度スタイルを構築し直さないといけない感じです。まあそんなに簡単じゃないよね。こちらは暇つぶし程度の話なので気長にやりますわ。

冬のボーナスが入り少し生活的には楽になったんですが、ここ数年何も買い物らしいことはしてないので、あれやこれやとあっという間に金が出ていきます。あまり飲みにも行ってないのになあ。
年末年始は7連休が確定してまた暇な時間が売るほどできそうです。のめり込める娯楽もなく貧乏暇だらけ生活はまだしばらくは続きそうです。

最後にここんとこよく有線なんかでかかっているDA PUMPのUSAですが、最初こそそのノリに少し惹かれたものの動画を見てなんか引きましたね。次のハマり曲はなんだろうなあ。

それでは皆さんよいお年を