2008年02月19日

○っぱい が いっぱ○






タイトルのとうりの内容なので男の子限定とします。




















気がつくと目の前に裸の女の子が3人いた。






「死ぬ前に願い事を一個かなえてあげる」






と言われた。






どうやら俺はもうすぐ死ぬらしい。








俺は迷わず













「○っぱいで押し


  つぶしてくれ!」 








といった。









しかし神様は俺に十分な時間を残していなかった。







真っ暗な世界に行くと同時に








目の前にいた女の子は居なくなり










よだれのかかった



  俺の布団に変わった。 






俺は泣いた。









4-5-1

hoichi416 at 22:59|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!
Profile
アクセスカウンター