2017年06月24日

門仲にて

IMG_20170624_164155


最近カミさんがよく参考にしてるレシピ本「日本酒がおいしい人気店のおうちつまみ」(左のバナーのやつね)に出てくる店に、実際に伺ってみたいねと前から話してはいたんだけど、どこも予約困難なとこばかり。梅雨なら空いてるかもよ、とダメもとで電話してみたら、一番気になっていた門前仲町の日本酒BAR「沿露目」(ぞろめ)さんがヒット。口開けの17:00から18:45までという限定だけど全然ノー問題っす。

というわけで繰り出した土曜の午後。駅前の永代通りでは、ちょうど開店前の「魚三酒場」に並ぶ100人ぐらいの行列に驚きつつ、まずはウォーミングアップでクラフトビールの店「宮澤商店」さんへ。


志賀高原ビールなど長野の揃えが中心で、つまみも長野ご当地メニューが多い。落ち着いた雰囲気の店内は、早い時間からほぼ満席。門仲は人気の飲み屋が多いんだね。
IMG_20170624_161900



そして、こちらが「沿露目」さん。裏通りにひっそり佇んでて、見つけるのに苦労しました。
IMG_20170624_184217



カウンターのみ8席の狭い店内は仄かに暗く、まさにBARの風情。
IMG_20170624_171647



酒は冷酒、お燗あわせて50種類ほどが、すべて五勺で飲めるので、料理ごとに細かくあわせて楽しめるのがうれしい。まず僕は喜久酔、カミさんは田中六五でスタート
IMG_20170624_213138_590



お通しは二品。蕗の白和えと
IMG_20170624_172128



とり貝の磯辺巻き。お通しでとり貝出すなんておつだね〜
IMG_20170624_172332



続いて、カミさんは獅子の里で、僕は旭興。どちらも冷酒でね。
IMG_20170624_173111



料理はおまかせのコースもあるみたいだけど、僕らはアラカルトで。こちらは雲丹がのった甘海老の沖漬け。こういうのたまんねえなあ。
IMG_20170624_172732



カミさんが件のレシピ本見て、何度かチャレンジした沿露目流のおから。出汁の量が多いのでかなりしっとりタイプ。本家の味が確認できてご満悦なご様子。
IMG_20170624_173457



酒も徐々にしっかり目に。カミさん島根は扶桑鶴の高津川に、オイラは長珍の生。
pic20170625100603



たくさんある品書きで一番に目がとまった「スパサラとパクチーボンバー」。少しだけソースをつけてどうぞ、と弁当用のブルドック(笑)。いやこれうまいっす!
IMG_20170624_174003



本日のオススメから、穴子の白焼きをば。塩に、山葵、そして昆布の佃煮と一緒に、
IMG_20170624_180924



焼き海苔も炭箱で添えられる粋な演出。門仲という土地柄もあって、江戸を感じる肴だね〜。
IMG_20170624_180929



オイラは天遊琳のお燗で、カミさんは大好きな木戸泉を冷やで
pic20170625100529



蒸したてを出してくれるシューマイは、豚ではなくてなんと牛肉。おおはまさんのシューマイもうまいけど、また全然違った味わいですごく美味しい! カミさんが後で検索したら、過去の料理通信にレシピが載ってるのを見つけて古本をポチリ。いつかめがねに登場することを期待しつつ。
IMG_20170624_182034



これも揚げたてで供される、自家製ハンペン。中にはトウモロコシと桜えびで風味よく。
IMG_20170624_183043



と残念ながらここでタイムアップ。でも思う存分楽しめて大満足。もしまた機会あればぜひ訪れたい名店です!
1498296974032



せっかく門仲まできたので、おなじみ折原商店さんの角打ちをひやかしていこう。先月「ワカコ酒」に出たからなのか、店内かなりの賑わいで女性率高め。
1498300657890



この季節、爽やか系や、夏酒がここちよくて
IMG_20170624_191237



ついつい飲みすぎちゃうやね。
お隣にいらした浴衣姿の御仁は「風呂上りに一杯やりにきた」なんて仰って、もう映画のワンシーンみたい。今でも下町風情の残る門前仲町、酔い街ですなあ〜。
pic20170625100427




hoikoro_rice at 23:59│Comments(0)Japanese 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔