2017年07月15日

夏旅 明石にて

19990218_928316137308504_8214222560623484984_n


翌朝、ホテルのすぐ前にある生田神社はちょうど「茅の輪くぐり」の日だったので、お参りしてからスタート。今日も暑くなりそうだ〜。


やってきたのは明石! 駅前の魚棚市場をひやかしつつ、明石大橋が見える海沿いまでぶらぶらと散歩。地図で見るとかなり離れてる淡路島も、ここから見るとすごく近くに見える。
20106678_928469660626485_6374214019960893010_n



予想通り気温はぐんぐん上がり、昨日にひきつづき熱中症寸前。み、みず・・・
19989689_928469640626487_3873385012028618995_n



ということで西明石の銘店「菊水酢」さんにやってきました。まずはぐびっと水分補給。
IMG_20170715_120955



お通しで出してもらった「穴子の肝」が、実に上品に炊いてあって美味い!これは期待高まるっちゃ。
IMG_20170715_120247



つまみからでおまかせすると、まずは身が立派な甘カレイの造り。甘カレイとはマコガレイのことで、兵庫・淡路らへんではこう呼ぶようですな。適度に締まった身とこの旨味、さすが白身魚は西に軍配やな〜。
IMG_20170715_122037



カミさんと酒メニュー見ながら、このセレクト僕らの好みにかなりストライクじゃね、なんて話してたら、去年脱サラして店に入られた息子さんが担当されてるとな。いやぜひ一緒に呑みに行きたいわ〜、絶対好みあうと思う。
IMG_20170715_123949



今日は色んな味で穴子を食べてもらいますよ、とご主人が出してくれたのは「伝助あなごの炙り」。脂控えめな夏の穴子はこうやって香ばしく食べるのが最高やね、おいしー!!
IMG_20170715_122905



このあとも、つぶ貝刺身や、この絶品イワシ一夜干しや
IMG_20170715_124021



自家製からすみなんかも出してもらい、もう完全にターボ入っちゃいましたよ。
IMG_20170715_125143



杜の蔵二の矢 -> 勝駒ときて、もうひとつ勝駒おかわりでっ
IMG_20170715_125839



ここから握ってもらます。車海老は、茹でと生のハーフ&ハーフ。
IMG_20170715_131246



包丁仕事が見事なイカちゃんに
IMG_20170715_131831



あわびもね。
IMG_20170715_132514



こちらも旬どまんなかのきす
IMG_20170715_133306



いや〜これもたまらないっす、淡路の赤うに
IMG_20170715_133934



ヒラメは冬だけのものにあらず、夏ビラメのヅケ。さっぱり旨い!
IMG_20170715_134551



大吟醸だけど香りは強くないよ、とのことなので、播州雪彦山(せっぴこざん)は壺坂酒造限定の「神代の鍬」を。
IMG_20170715_135332



穴子の握り、ぱらりと山椒塩にて。くぅ〜甘さが引き立つ
IMG_20170715_135544



お次は、ツメと明石産岩海苔を散らして。ほんましあわせ。
IMG_20170715_135741



これまた旬、淡路のあぶらめ。関東ではアイナメね。
IMG_20170715_140119



珍しいイシカゲ貝を頂いたところでさすがに満腹になりストップ。酒がすすんで昼からかなり酔ってしまったけど、魚の宝庫、明石・淡路の夏の旬を思う存分堪能できました。いや〜おいしかった〜。
IMG_20170715_140413





hoikoro_rice at 23:59│Comments(0)Journey | Japanese

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔