2017年08月06日

米倉さんにて

IMG_20170805_174932


ずっと前から来てみたかった割烹「米倉」さんに縁あって初訪問となりました。場所は大塔宮から覚園寺に向かう道にある一軒家。鎌倉の奥座敷にあるまさに隠れ家やね。


道中暑かったのでまずは冷たいビールで喉をうるおしつつコースのスタート。先付けはなんとフレッシュな桃に出汁ジュレと実紫蘇が散らしてある一品。先付けで桃ってかなり斬新だと思うけど、水菓子ではなくちゃんと料理として成立してるのに驚き。
IMG_20170805_181401



みめ美しい八寸のお出ましに、酒は新潟 朝日酒造の越州を。小松菜と海苔の浸し、もろへいや浸し、すっぽん煮凝り唐揚げ、海老の生揚げ、味噌牛蒡、水茄子、翡翠茄子、と旬野菜を軸に酒のすすむ前菜だこれは。
IMG_20170805_182309



ほうずきの中には、枝豆の手毬寿司が隠れてます。
IMG_20170805_182635



つづいてお造りは、カレイ、真鯛、いさきは炙りで。どれも淡白ながらしっとりと旨味がのった夏らしい刺身。そしてこの目の覚めるような浅黄交趾の向附がまた素晴らしい。
IMG_20170805_184622



添えられた壺々には、三崎の雲丹が。この絶妙な塩加減で酒がすすんでまうやんか。
IMG_20170805_184640



そしてお椀は・・
IMG_20170805_190420



鰆の焼き物の下に、鰆ご飯の焼きおにぎり。まずは吸い地を一口、次に焼き鰆をつつき、最後はすべてをほぐして湯漬け風でいただくという趣向。楽しくて美味しい!
IMG_20170805_190542



つづいての焼き物はボリューム満点の盛り合わせ。特に印象に残ったのは、香りの競演が実に見事なセロリ真薯を抱いた甘鯛。暑い夏でもさっぱり食べられる一仕事に感服です。
IMG_20170805_192646



お口直しに冷やしトマトの摺り流しをいただき、
IMG_20170805_195146



さて、炊き合わせは。。
IMG_20170805_200114



すっぽんの出汁の冬瓜と巻湯葉。米倉さんはすっぽんが名物と伺っていたんだけど、さすがに夏は無いよなぁと思っていたら、予期せぬ登場に興奮! しっとり湯葉と、涼やかな冬瓜を、こくのある出汁が包み込んでくれます。
IMG_20170805_200146



そして〆は手打ち蕎麦ってのが粋だねえ〜
IMG_20170805_202229



水菓子は皮やパクチーも入ったスイカのカキ氷で超さっぱりな締めくくり。
IMG_20170805_204122


先付けの桃や、このスイカみたいな攻めの要素が随所にありつつも、暑さで疲れた体に滋養を与えてくれる「冬瓜とスッポン」のように食べ手のことを第一に考えてくれている優しさが伝わってくる、素晴らしいお料理の数々、堪能させてもらいました。さすが噂に違わぬ名店です、またお邪魔させてもらいます。どうもご馳走様でした!

hoikoro_rice at 23:59│Comments(0)Japanese 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔