2017年07月26日

自主防災訓練 福吉区

【 私たちのまち 私たちの手で守る 】
「西国街道 北条の宿」 福吉区 山本区長 102世帯 251人(6/30現)

訓練:消火栓を住民みずから駆使して初期消火に努める。
    ‐嘆仞魍読瑤旅渋だ睫
    ⊂嘆仞魎鏘颪亮茲螳靴だ睫
    消火栓からの放水体験
目的:災害が発生した時適切な行動ができるよう、地区消防団員、
    各年齢層の住民、などとの連携を十分に図る。 

「自分だけは大丈夫」「自分たちの地域だけは大丈夫」と思っていると、
実際に災害が発生したときに、被害を拡大させてしまいます。
普段からできないことは、災害時に急にできるものではありません。
災害時に適切に行動できるよう、実践的な訓練を繰り返し行うことが
大切です。

三世代参加、消防団第一分団福吉団員指導の元、ホ−スを握る手にも
力が入り、自主防災組織の役割を再認識、放水訓練には三世代が参加、
ホ−ス水圧の強さを始めて体験、放水時は補佐役と2人で行うことを知る
機会になりました。
本年も、消防自動車も参画しました。見て、触れて、分からないことは
消防団員から説明を受けました。

防災1















防災2











防災3



2017年07月23日

住吉神社 茅の輪くぐり

【 夏越大祓(なごしのおおはらい) 】

・ところ  北条の宿 「 住吉神社 」 市指定文化財
・期 間  7月17日(月)〜8月1日(火)早朝まで
・制 作  住吉神社宮総代、関係者のみなさん
      (茅の刈り取り、乾燥、茅の輪制作)
市内玉丘古墳公園内池より茅萱(ちがや)を刈り取り神社境内で
乾燥させ早朝より作り上げた。
茅の輪(茅草で作られた大きな輪)は、正月から6月までの半年間の
罪穢を祓う夏越しの大祓に使用されます。それをくぐることにより、
疫病や罪穢が祓われます。
「みな月の夏越の祓えする人は 千年の命のぶといふなり」
と、歌いつつ茅の輪をくぐります。

こうして、心身ともに清らかになって、あとの半年間を新たな気持ちで
迎えるのです。
まちの歴史・文化は伝承されています。

茅の輪















茅野輪3












茅野輪2

2017年07月21日

雪の妖精

【 “白いとうもろこし” 収穫体験 】

・体験学習 加西市立北条幼稚園29名
・ところ  北条の宿小谷区 小松さん畑(園より徒歩15分)
・時 間  7月19日 午前9時30分
・支 援  NPO法人 まちづくり北条

“白いとうもろこしは、もぎ取って早く食べると甘みたっぷりでとても
美味しい。”小松さんから食べかた、取り方のお話を聞いて自分の
背丈より大きいとうもろこし畑に入り収穫体験をした。
ピュアホワイト「雪の妖精」。最大の特長は、とうもろこしのなかでも
高い糖度です。糖度は平均して約15度、多い時では約19度にも
なるといわれる。

《画像クリック・クリック拡大》
とうもろこし4












とうもろこし2












とうもろこし3












とうもろこし1

2017年07月18日

夏祭り in 磯部神社

【 次世代に引き継がれて 第36回 】

・主 催 江ノ木区547人/235世帯(6/30現) 小川順作区長
・後 援 女性の会 
・共 催 友和クラブ、子供会
・場 所 江ノ木区磯部神社境内 7月15日(土)
・祭 り 子供会七夕祭り、カラオケ・ビンゴゲ−ム・ラッキ−賞抽選会

   「気づき“愛” 認め“愛” 支え“愛”

     三世代のみなさん、“合い”が愛情の“愛”に!!

女性の会・子供会 バザ−、舞台の観覧・歓談 楽しく、ゆったりとした時間を過ごされました。
 
《画像クリック・クリック拡大》
夏祭り2017-2



















夏祭り2017-3


















・舞台造りも手づくり
夏祭り2017-1
hojyo_machi at 10:33|この記事のURLComments(0)

2017年07月16日

セミ誕生 我が庭

【 地中6年・地上30余日 セミの一生 】
初鳴きを耳に。
地中生活2〜6年、脱皮を幾度か繰り返し成長していきます。
成長した成虫は羽化し地上生活へ。

《画像クリック・クリック拡大》
せみ2_1280

















せみ3_1280
Profile
Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
まちづくりフォーラム in かさい (サクライ住宅工房 社長のブログ)
サクラ開花予想1号
RSS