旭川ラーメン情報満載!!


掲載の情報は、記者が一軒一軒実際に行って、食べて記事にしています。
その為、情報の偏りや、ご自身の好みによって感想と記事の内容に違いがある場合がありますが、
その分≪生の情報≫を記載していますので、ご理解下さい。
また、ジャンルは“記者の独断と偏見”“紹介している内容”により分けていますので、
お店の人気メニューや推奨メニューと異なる場合があります。


本家「北海道応援サイト!がんばれ北海道!!」にも、是非お越し下さい

2018年09月14日

大衆食堂 ひぐま食堂

住所 名寄市西四条南11
TEL 01654-2-2690
営業時間 11時~20時
定休日 不定休
駐車場 店舗前に5台程度


国道40号線沿いにあり名寄市西4条南9・10丁目の道道798号西風連名寄線道道540号名寄停車場線の国道40号線交差点から旭川方向に約260m左手。

レトロな外観。パチンコ屋の隣にあり、そこに停めて食べに来る人もいるほど。創業に関しては分からなかったが名寄では老舗の方だと思われる。
席は、手前にテーブル席があり、4人がけ3卓。右手奥には小上がりが6卓。
メニューは豊富でラーメン、そば・うどん、定食、丼物、カレーなど。他にもセットメニューがある。しかしお昼時は時間がかかるのは覚悟しなければならない。3人で切り盛りしているようだが、作る人は一人。
私が入った時は先客が5組いた。着丼までは約40分とちょっと遅かったかな。まあ仕方ないよね。
今回注文したのは、トンカツラーメン塩とセットメニューの海老チャーハンとミニラーメン(味噌+100円)を注文した。
カツは肉厚で旨い、塩は透明系な上品であっさりだ。具は、メンマ、ネギ、お麩、ナルト。セットは海老チャーハンの海老は大きめのが3つほど入ってる。パラパラというよりかはもっちりとした感じの懐かしい旨さが口の中に広がる。味噌ラーメンは炒めたもやし、玉ねぎ、挽肉が載っている。野菜の甘みと香ばしさがプラスになりピリ辛で旨い。旭川系のしっかりとした味の濃さ(よし乃に似た味わい)。あとを引く旨さが何とも言えない。
スープは、豚骨ベースで、ほんのり魚介も香るダブルスープだろうか。 あっさり目だが味わい深い。
麺は、風連町の米澤製麺所で中加水率の中細麺。
個人的にはかなり高評価です。何度も通いたくなるほどのメーニューの多さと、あんかけ焼きそばを注文する方が多かった。あんかけはこの界隈ではここが一番だという話も聞けました。是非再訪してきたいと思います。
IMG_20180806_130151
IMG_20180806_130351
IMG_20180806_130357
IMG_20180806_130404
IMG_20180806_133754 (1)
IMG_20180806_133738




hokkaidou_ramen at 11:55|PermalinkComments(0) 道北方面 

2018年09月03日

食事処 喜多や

住所 枝幸郡枝幸町栄町469-1
TEL 0163-62-1133
営業時間 11時~14時・17時~21時
定休日 不定休
駐車場 店舗前に5台程度

枝幸町観光協会


国道238号線道道1069号ウエンナイ幌内保線の南浜町の交差点から枝幸町市街地に約1.9kmの住宅街を左折し、約400mほど左手。


創業は1955(昭和30)年頃とのこと。今は三代目が切り盛りする枝幸では有名な定食屋さんである。
お寿司、生チラシ、天ぷらなど和食から、中華、洋食など枝幸の魚介を使ったメニューが豊富で、最大90名まで収容できるようである。店内は、カウンター6席、テーブル席が3卓、小上がりがあるが、奥の方はどれくらい広いかはわからなかった。
シェフも二人いてちょっと変わった雰囲気である。テレビや新聞でも取り上げられたこともあり、チャーメンが人気だという。私も稚内で気になっていたこともありチャーメン(稚内のB級グルメ)とミニ生ちらしと塩ラーメンのセットを注文した。
チャーメンには大きなホタテの貝柱が入っており、ドロッとした硬めとも言えるあんの中に豚肉、いか、白菜、にんじん、たまねぎ、白菜、きくらげ、もやし、ピーマンが入っている。酢と練りからしが付いてきた。見た感じはあんかけ焼きそばってとこだろう。ボリュームは満点である。
ラーメンセットは、ミニちらしのボリュームにビックリする。新鮮で旨い。沢山の種類が乗っていて満足度は高い。ラーメンはあっさり目のスープだが深みのある魚介と鳥だろうかこのスープは全部飲んでしまった。
IMG_20180805_114203
IMG_20180805_114658
IMG_20180805_114704
IMG_20180805_120845
IMG_20180805_120935

ちなみにチャーメンは、最北の街・稚内やその近郊でしか知らないB級グルメが存在する。それが「チャーメン」だ。稚内市やその近郊では、数えきれないほどのチャーメン提供店が存在し、稚内市ではソウルフードとして市民に愛されており、漢字では「炒麺」と書く中華料理の一つである。
中華麺は、茹でた後に炒めたり、焼いたり、揚げたりと焼き色を付けている。地域や店によって様々で、あんかけ焼きそばと同じだという店もあるが、ほとんどの店ではチャーメンとして別メニューとなっている。




hokkaidou_ramen at 12:42|PermalinkComments(0) 道北方面 

2018年08月23日

神楽食堂

住所 旭川市神楽四条11丁目4-18
TEL 0166-61-5818
営業時間 11時~14時・17時~19時
定休日 日曜日
駐車場 店舗そばに3台

国道237号線沿いにあり、道道98号旭川多度志線との神楽4条3丁目・神楽5条4丁目の交差点から富良野方向に約1.3kmほど左手。


創業は、1956(昭和31)年というがそれ以前から先代が営業していたのを現在地にて継いだ二代目である。70代の夫婦が切り盛りしている。
席数は、カウンター席5、小上がり3人掛け卓1、4人掛け卓1の12席と店舗内は狭い感じではあるが何か落ち着く。
メニューは手書き。ラーメン、カレー、チャーハン、丼物、お弁当、定食など。一度目に訪問した際は、豚丼、カレーライス、チャーハンを注文した。
豚丼はしっかりとした甘辛ダレとボリュームのある肉とたまねぎ。カレーライスは具は大きめで、家庭のカレー的な感じ、マイルドで辛さも抑えめで子供でも食べれるだろう。チャーハンはパラふわの安定の味わい。どれも旨かった。
IMG_20180730_130707
IMG_20180730_130938
IMG_20180730_131945
IMG_20180730_132239
IMG_20180730_132534


二度目はラーメンが食べたくて再訪する。味噌チャーシューとカツ丼を注文。カツはサクサクで味の染みたシイタケと筍が味に深みを与える。
味噌ラーメンはあっさり目の味わい。チャーシュー、長ネギ、メンマ。チャーシューは、醤油ダレがしっかりとしみ込んだ豚もも肉だが硬くなく旨い。
味噌ラーメンにはニンニクのスライスも入っている。これは自宅で栽培したものを入れているという。これが何とも言えないアクセントとなり旨かった。
IMG_20180822_180804
IMG_20180822_181732


スープは、豚骨と鶏ガラをベースに数種類の野菜と一緒に長時間煮込み丁寧に作られた濁りが少ないあっさり系スープ。
麺は、市内の千葉ラーメン。
何度も通いたくなるほどだ。





hokkaidou_ramen at 13:56|PermalinkComments(0) 旭川 味噌ラーメン | 旭川 醤油ラーメン

2018年08月09日

中頓別町 明月庵 田中屋

住所 枝幸郡中頓別町字中頓別161-1
TEL 01634-6-2408
営業時間 10時~19時
定休日 不定休
駐車場 店舗横に6台程度

中頓別町

国道275号線道道84号豊富浜頓別線の中央北・南交差点から国道275号線を音威子府方向へ約20.0kmほど左手。音威子府村の国道40号線と国道275号線の分岐から浜頓別方向へ約40.2kmほど右手。


地元の方に聞いたらここを勧められた。メニューは豊富で目移りしてしまうほどだ。夫婦二人で切り盛りしているので込み合うと待ち時間が増えるのは仕方なかった。先客が10名ほどいたこともありかなり待ったのだが、待つ甲斐があったと思うほどの味わいで大満足だった。お昼時は混みあう場合があるので注意。
店内には、フライ物は自家製パン粉、米は国産米、麺は自家製手打ち麺(ラーメンもソバもうどんも全て手打ち)、ラーメンには化学調味料・ラード等使用していないというこだわりよう。
麺類、定食、丼もの、定食等メニューが沢山あって相当悩んだ結果、チャーシューメンセット(チャーシューメンと焼きぎょうざ)、自家製豚角煮定食を注文する。
スープは、魚と野菜のダシだろうか。いつものスープとはずいぶん違う雰囲気だがこれはこれで旨い。スープまで飲み干してしまった。麺との相性も良く手打ち麺の旨さがスープに合う。焼き餃子も旨かった。自家製角煮はトロトロで大きな角煮が3個。口の中一杯に肉汁が広がる。しょっぱくなくくどさもない。最後まで美味しくい頂ける角煮はライスをおかわりしたくなるほど。
近ければ何度も通いたくなるほどだ。またいつか機会を見て行ってきたい。
IMG_20180804_114413
IMG_20180804_114938
IMG_20180804_114946
IMG_20180804_115017
IMG_20180804_124435
IMG_20180804_124619




hokkaidou_ramen at 13:11|PermalinkComments(0) 道北方面 

2018年07月12日

らあめん かんざん

住所 旭川市東光2条3-4-10
TEL 0166-33-3284
営業時間 11時~15時
定休日 日曜日、第一・第三月曜日
駐車場 店横と横に5台ほど


3・3・20永山東光線と道道1160号旭川旭岳温泉線の東光1条4丁目・豊岡1条3丁目交差点から南6条通り方向へ約160mの住宅街を右折し、約170m左手。


オープンは、2017(平成29)年4月である。以前は自宅に隣接している居酒屋を約15年ほど続けてきたが閉店した。その前は焼き肉店や中華のシェフなどを経験する。居酒屋をラーメン店に変身させ再オープンした。60歳台後半と思われるご夫婦での経営である。
席数は、カウンター8席、7人掛テーブル1、小上がりは4人掛卓2の23席。
今回注文したのは、塩チャーシューと味噌ラーメンだ。塩ラーメンは透き通る綺麗なスープでアッサリだががコクも有り旨い一杯だ。チャーシューは脂の少ないモモ。味噌は胡麻の風味とニンニクの風味がたまらない。木耳、玉葱とモヤシの炒め物、メンマ、白味噌でスープ自体は少し濃いめだが旨い。
スープは、豚骨系ベースに、昆布や煮干し、野菜などを使用している。
麺は、加藤製麺の中細縮れ麺。旭川では定番の麺だ。
このラーメン屋さんは、他にも人気のメニューがあり、あんかけ焼きそばやチャーハンが旨いんだそうだ。次回再訪して食べてきたいとおもう。
IMG_20180707_115227
IMG_20180707_115924
IMG_20180707_115940




hokkaidou_ramen at 13:13|PermalinkComments(0) 旭川 塩ラーメン