旭川ラーメン情報満載!!


掲載の情報は、記者が一軒一軒実際に行って、食べて記事にしています。
その為、情報の偏りや、ご自身の好みによって感想と記事の内容に違いがある場合がありますが、
その分≪生の情報≫を記載していますので、ご理解下さい。
また、ジャンルは“記者の独断と偏見”“紹介している内容”により分けていますので、
お店の人気メニューや推奨メニューと異なる場合があります。


本家「北海道応援サイト!がんばれ北海道!!」にも、是非お越し下さい

2017年06月05日

きくち食堂

住所 旭川市東旭川北一条4-16-9
TEL 0166-36-2320
営業時間 11時~19時30分
定休日 木曜日
駐車場 店舗前に4台程度

道道140号愛別当麻旭川線(動物園通り)沿いにあり、道道90号旭川環状線の交差点から動物園方向に約1.8kmほど左手。

創業は、1985(昭和60)年。創業時は別の場所で2年程経営し、1987(昭和62)年に移転し、現在に至る。
席数は、カウンター席5、4人掛椅子卓2、小上がり4人掛卓1の17席。
豚丼もラーメンも美味しいが、駐車場が店舗前と店舗横に数台止めれるだけなので、昼時はオススメしない。
今回注文したのは、辛味噌レベル1と豚角煮ラーメン。
辛味噌は1だったがそれなりの辛さ。味わいもいい。たっぷりのもやしに刻みネギとメンマ、それにモモのチャーシューが2枚。
豚の角煮はトロトロで分厚い肉が3枚。醤油スープも懐かしの味わいと言おうか。飽きの来ないスープに角煮が合うんだな。
スープは、豚骨、鶏ガラ、魚介と野菜の旭川王道のスープ。表面に浮くラードがたまらなく食欲をそそる。決してくどくないスープは最後まで飲み干したくなるほど。
麺は、加藤ラーメンの中細麺。ちぢれ少な目の低加水。食べ始めと終わりくらいでは麺とスープの絡みが変わる感じがまたいい。
次は豚丼食べにいこう。
IMG_20170605_110148
IMG_20170605_110339
IMG_20170605_111215
IMG_20170605_111223















hokkaidou_ramen at 20:43|PermalinkComments(0)旭川 醤油ラーメン | 旭川 味噌ラーメン

2017年05月23日

ニューホームラン

住所 旭川市豊岡四条3丁目7-7
TEL 0166-34-9026
営業時間 11時~20時(14時までは多忙なためラーメンのみの提供で、ご飯モノは14時からの提供となっている)
定休日 無休(不定休)
駐車場 店舗横に6台程度

道道90号旭川環状線と4条通りの豊岡4条6・7丁目交差点を中心部方向に約1.1km左手。4条通りを豊岡方面へ向かっていくと、右手。


創業は不明。現在の女将さんは二代目で30年以上とのこと。店主である柳本さんが引き継ぐ以前は、出来合いのスープに出来合いのタレを使っていたそうだが、引き継いだときから「スープもタレも全て手作りし、醤油はヒゲタ醤油と」こだわりようだ。
席数は、4人席6卓、小上がり3卓の36席。
店内は、レトロな雰囲気に気さくなおばちゃん。週末は妹さんがお手伝いに来てくれるそうだが平日は一人で切り盛りしているので、ランチタイムは少しずらすといいかもだ。
メニューは、「みそ・しおは600円・しょうゆは550円」の3種類。チャーシュー麺などはできないので注意してほしい。他にもそば・うどんもある。ランチタイム(~14時まで)は、ライス1杯サービスで、ライスいるのかい?と聞かれる!!
リーズナブルな値段だが、スープからしっかりとこだわり、鶏ガラ・豚骨に魚介と旭川王道のWスープ。
もちろん麺は旭川製麺の低加水率の中太ちぢれ麺。
味噌ラーメン、塩ラーメン、豚丼を注文する。
ニンニクが利いた味噌はよし乃にも似ている感じだ。食欲をそそるスープは絶品で最後まで飲みたくなる。普段味噌を食べない人も是非一度試してもらいたい。(味噌にはチャーシューは乗っていない)
塩ラーメンは、あっさりとした白濁スープと野菜とワカメ・メンマ、まろやかなスープだが旨い。(チャーシューが乗っているようだが、乗ってなく後で別皿にて提供していただきました)
分厚く切られたもも肉チャーシューも絶品で、「ヒゲタの醤油にこだわってるんだよ。他にも入ってるけど企業秘密だよ」と笑顔で答えてたのが印象的だ。
豚丼もしっかりとした味わいで旨い。肉厚めで満足度は高い。
IMG_20170520_133346
IMG_20170520_133502
IMG_20170520_134204
IMG_20170520_134341
IMG_20170520_134400

醤油は王道の旭川ラーメン。蜂屋のラーメンを思わせる感じで注文されるラーメンのほとんどは醤油ラーメンだという。
とにかくリーズナブルでラーメンのこだわりがいっぱい詰まった何度も通いたくなる店である。
IMG_20170522_111138




hokkaidou_ramen at 21:06|PermalinkComments(0)旭川 醤油ラーメン | 旭川 塩ラーメン

2017年04月18日

らーめん屋 ほうりゅう

住所 旭川市豊岡15条7-4-1 (愛宕コーポ)
TEL 0166-34-6633
営業時間 11時~21時30分。日曜日は11時~20時
定休日 月曜日(但し、祝日の場合は、11時〜15時までの営業)
駐車場 店舗前と裏にある

道道90号旭川環状線道道140号愛別当麻旭川線(動物園通り)の交差点から動物園方向に約75mほど、左手。



創業は、1985(昭和60)年と老舗のほうだろうか。店内はどこか懐かしい雰囲気だ。
席数は、カウンター席10、4人掛テーブル2、小上がりは4人掛卓2の26席。
以前は喫煙可だったが、現在は禁煙になっている。水とおしぼりはセルフサービスです。
味噌チャーシューを注文する。
スープは、豚骨ベースに魚介と野菜だろうか。見た目よりあっさり系だ。
具は、チャーシュー、長ネギ、メンマ、チャーシューの下にはもやしがどっさり。
麺は、地元の加藤ラーメンの低加水率中細麺。
チャーシューは、ハードタイプのももチャーシューだが、しっかりとした味わいで硬くなく旨い。
IMG_20170414_155425
IMG_20170414_160159
IMG_20170414_160252







hokkaidou_ramen at 20:22|PermalinkComments(0)旭川 味噌ラーメン 

2017年04月01日

特一番 本町店

住所 旭川市本町3-437-92
TEL 0166-52-0045
営業時間 11時~20時30分
定休日 不定休
駐車場 店舗横5台程度

旭川新橋の4条東鷹栖通り沿いにあり、国道40号線との交差点から新橋方向に約170mほど。

おもちゃのヨシダの並びにあり、こちらも昔からある店舗だが創業は聞いてこなかった。
この特一番は、1950(昭和25)年に旭川市で創業したのが始まりで本町店はその支店になる。醤油ラーメンをメインとしている地元老舗店だが味噌も旨いのである。
個人的には味噌が好きなので初訪問時は私は味噌とほぼ決めている。
席数は、4人掛けテーブル3、 小上がり4人掛け卓3の24席。昭和チックな内装がまたなんともいえない雰囲気だ。
スープは、豚骨と鶏ガラをベースに野菜と魚介を合わせ長時間じっくりと煮込んだこってりダブルスープ。
特一番さんの暖簾を掲げている店舗ても、各店の味は違い、どこも旨い。本町店のスープは、他店よりもこってりとし、魚介が強調されている感じで、好き嫌いが別れるかもしれないが個人的にはかなり好きな一杯と言っても過言ではない。
原材料はほぼすべて国産のものを使っているそうだが「メンマは国産のものはありません」とあった。
チャーシュー、長ネギ、メンマと野菜炒めが下に待機している。チャーシューは、豚もも肉を使用。大量に乗ったチャーシューが肉好きをうならせる一杯だ。味噌はピリ辛なので子供にはオススメできないかもだが、旨い。
麺は、地元の佐藤製麺工場、低加水率の中細縮れ麺。
次は醤油にチャレンジしよう。
IMG_20170314_112143
IMG_20170314_112354
IMG_20170314_112939

醤油チャーシューと塩カツラーメンも後日頂いてきました。どれも旨い!またいこうとおもう。
IMG_20170415_192642
IMG_20170415_192701





hokkaidou_ramen at 20:49|PermalinkComments(0)旭川 味噌ラーメン | 旭川 醤油ラーメン

2017年03月13日

幌延町 レストラン ポロ

住所 天塩郡幌延町北進398 トナカイ観光牧場内
TEL 01632-5-2050
営業時間 10時~17時(LO、16時30分)
定休日 毎週月曜日、12月31日~1月5日

トナカイ観光牧場
営業時間 9時~17時
定休日 毎週月曜日、12月31日~1月5日
入場料 無料、トナカイえさ1袋 200円

道道121号稚内幌延線沿いにあり、幌延市街地から浜頓別方向に約3.5kmほど。

2016(平成28)年4月にリニューアルオープンした。
店内はカウンター8・6人掛けテーブル5卓・4人掛けテーブル5卓の58席。
幌延や近郊ではランチを食べれる店が数件しかないため、地方から来るとかなり食事処で苦労することがある。
幌延町内の交番で聞いても、ここのレストランを推してくれたため観光がてらいってみる。
店内は開放感のある広いスペースで、窓からはトナカイが見られる。このトナカイ牧場は入場料は無料なのである。
エサは1袋200円、それなりの量があり。トナカイはエサを見つけると我先に突進してくる。かなり楽しいので是非お勧めしたい。
トナカイを見ながらランチタイムは良い雰囲気だ、ちなみに店内は禁煙。
ファミレスの様に一通りのメニューがあり、しょうが焼き定食が人気なのかかなりの頻度で注文入ってた。しかし私はラーメンを注文する。合鴨白湯ラーメンから目が離れなかったのもある。注文したのは合鴨白湯塩と味噌。ちょっと濃いめのスープが味噌である。
スープは、豚骨と魚介合わせだろうか。くどくなく旨い。麺は地元ではないと思う。
合鴨チャーシューもしっかりとした味わいで旨かった。ちなみに合鴨はサロベツ産とのこと。
IMG_20170211_124003
IMG_20170211_124310
IMG_20170211_124624
IMG_20170211_124315
IMG_20170211_124629
IMG_20170211_131213
IMG_20170211_131127






hokkaidou_ramen at 21:14|PermalinkComments(0)道北方面