神楽食堂 (閉店)名寄市 大衆食堂 ひぐま食堂

2018年09月03日

枝幸町 食事処 喜多や

住所 枝幸郡枝幸町栄町469-1
TEL 0163-62-1133
営業時間 11時~14時・17時~21時
定休日 不定休
駐車場 店舗前に5台程度



創業は1955(昭和30)年頃とのこと。今は三代目が切り盛りする枝幸では有名な定食屋さんである。
お寿司、生チラシ、天ぷらなど和食から、中華、洋食など枝幸の魚介を使ったメニューが豊富で、最大90名まで収容できるようである。店内は、カウンター6席、テーブル席が3卓、小上がりがあるが、奥の方はどれくらい広いかはわからなかった。
シェフも二人いてちょっと変わった雰囲気である。テレビや新聞でも取り上げられたこともあり、チャーメンが人気だという。私も稚内で気になっていたこともありチャーメン(稚内のB級グルメ)とミニ生ちらしと塩ラーメンのセットを注文した。
チャーメンには大きなホタテの貝柱が入っており、ドロッとした硬めとも言えるあんの中に豚肉、いか、白菜、にんじん、たまねぎ、白菜、きくらげ、もやし、ピーマンが入っている。酢と練りからしが付いてきた。見た感じはあんかけ焼きそばってとこだろう。ボリュームは満点である。
ラーメンセットは、ミニちらしのボリュームにビックリする。新鮮で旨い。沢山の種類が乗っていて満足度は高い。ラーメンはあっさり目のスープだが深みのある魚介と鳥だろうかこのスープは全部飲んでしまった。
IMG_20180805_114203
IMG_20180805_114658
IMG_20180805_114704
IMG_20180805_120845
IMG_20180805_120935

ちなみにチャーメンは、最北の街・稚内やその近郊でしか知らないB級グルメが存在する。それが「チャーメン」だ。稚内市やその近郊では、数えきれないほどのチャーメン提供店が存在し、稚内市ではソウルフードとして市民に愛されており、漢字では「炒麺」と書く中華料理の一つである。
中華麺は、茹でた後に炒めたり、焼いたり、揚げたりと焼き色を付けている。地域や店によって様々で、あんかけ焼きそばと同じだという店もあるが、ほとんどの店ではチャーメンとして別メニューとなっている。




hokkaidou_ramen at 12:42│Comments(0) 道北方面 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
神楽食堂 (閉店)名寄市 大衆食堂 ひぐま食堂