生きてる間に月面基地できますかね?
技術はもちろんのこと、月面でなければいけない必要性が重要です。


元スレッド
月面開発を本気で考える
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/galileo/1385033612/



1: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/11/21(木) 20:33:32.25 ID:jJXVwQp7.net
・町
・赤道リニア
月軌道エレベータ
・保健衛生

3: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/11/26(火) 19:36:32.47 ID:t+QhO2m+.net
月の開発に失敗すれば地球への影響も大きいだろうから 
派手なことはやらんだろ

13: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/12/10(火) 19:48:53.00 ID:hKBtyV+I.net
・町・・・小重力リハビリセンターか? 
・赤道リニア・・・ドバイみたいになりそうだ 
・月軌道エレベータ ・・・これは必要だな 
・保健衛生 ・・・大気、水、食物・・・




4: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/11/27(水) 01:44:22.42 ID:xbKEvToT.net
月は月面開発というより物置場開拓地だな。

5: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/11/27(水) 07:42:27.05 ID:Ufrhk7tZ.net
月は「行くのがやたら大変なだけの砂漠」に等しいので資源開発等は絶望的
だろ。予想・確認されている資源と言えばH3位だがこれも大規模核融合でも
実現しない限り意味がない。他の資源なら様々な火山活動・地層の変動を
伴う内部の活動等を長期間持ち続けている地球の方が圧倒的に豊かなのは
当たり前だし実際その通りである事も確認済だ。だから誰もそんな開発を
口にしないし計画もない。物置き場としては地球近くの軌道が圧倒的に
コスト的に有利だし(真空なのはどっちも同じだが、無重量空間に置いて
地球の周りに回しておく方が楽だろう)これも絶望的だろう。せいぜい
あるとしても「観光施設」かな。これだと僅かな重力がある事が別の魅力
として大いにありうる。マンガであったような月面オリンピックみたいな
ものは面白い感じがする。巨大な宇宙ステーションを建設して内部に大きな
体育館を作って、というのとどっちが安いかだな。月面体育館の方が
コンパクトに作れそうな気がする。ステーションだとその何万倍もでかくして
回転して人工重力を作るしかけにするしかなくなるので。

78: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/02/23(日) 01:39:09.54 ID:2kZ3H3b/.net
深海の底に比べたら月とか天国だろ 
どんどん開発しろ

94: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/04/25(金) 15:15:41.41 ID:BGW2l+97.net
月面なんか開発するより、人間が住んでない砂漠開発したほうがまだコストも安いし手っ取り早い 
せいぜい資源を取りに行くくらいが関の山

102: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/07/03(木) 05:38:34.19 ID:a9xvSTsT.net
宇宙の重金属資源を得たいなら水星にある。 
水星はマントルが吹き飛ばされてコアが大。 
一方、遠方の惑星は氷などの軽元素が多。

103: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/07/05(土) 03:25:16.40 ID:urHBbcw5.net
水星ならウランも無尽蔵にあるし必要ならコアまで取り尽くせる。 
ボイジャー200億kmの2000倍で隣の恒星、 
現実的に核分裂ロケットを水星ウランを安くふんだんに使って作れる。 

月と水星で工業圏が妥当。

105: 植物園 2014/07/07(月) 11:09:47.96 ID:1C0ThOe0.net
やっぱり水だ 
酸素はケイ酸塩鉱物から水素は太陽からすくってくればいい 
はい、一丁上がり

112: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/07/22(火) 10:15:59.17 ID:ZMSqp7Rm.net
やっぱ核融合しかねーな 
月に採取にいかないと

143: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/09/04(木) 20:08:38.66 ID:V7MXIlkM.net
核融合といえば通常ヘリウムを作るものだけど 
金やウランまで作れる超新星並みの核融合作れないかな。 
いったん動き始めればトカマク型で保持温度を百~千倍にすれば達成できる。 
すると水素だけ持って行けば何でも作れることになる。 

臨界温度は電荷で決まる。 
原子番号50のスズが2つで金が出来る時、反発力は2500倍。 
Fx=W=E(力×長さ=仕事=エネルギー)、 
xは同じなので、F、W、Eそして温度が2500倍となる。 
水素同士では1000万度なら250億度でこれが起きる。そのような核融合炉を作れば良い。 

なおケイ素2つで鉄のとき、14×14≒200倍、20億度と出る。一般的な巨星の中心温度。 
核力は近接力なので原子核が近寄るかどうかの段階では関係しない。

144: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/09/05(金) 16:57:09.93 ID:OHSRoSDU.net
>>143 
その温度に耐えられる核融合炉、どうするよ? 

重水素を核融合させる、比較的楽な核融合でさえ 
核融合炉の内壁が焼損して大変だ、ってはなしだ。





41: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/01/05(日) 15:15:02.97 ID:4CIVM3TD.net
天然衛星なんだから物置き場どころじゃなく大量に設備を作って利用出来る。 
人口衛星だの宇宙ステーションだのいっても作るのも資材打ち上げも維持管理もお話にならんほど非効率不経済。 
それに人工物だってL4やL5じゃなきゃ安定して運用出来ない。宇宙板のレベルは・・・w 
アポロ時代の反射鏡ISSよりも長持ちするんですよ?

71: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/02/20(木) 19:57:29.50 ID:EXyOOG0X.net
月を拠点にする。 
太陽系の全天体に軍人みたいな集団をチーム1000人ぐらいで送り込んで 
「10年生き延びろ。そうすれば後の人生は食わせてやる。」ということにする。 
こんなチームを100個ぐらい作って飛ばせば、全太陽系の開発は20-30年で完了する。 

ライフスタイルのプロトタイプは月で磨き上げる。 
勤務は8時間、余暇はネットでも小説でも勉強でも運動でも宇宙生活の自主研究でもして遊べと。 
放射線は可能な限り防御するがどうしても浴びてしまう部分は諦める。 
もちろん救急や補給などの支援船は可能な限り太陽系内を飛び回る。 

宇宙空港なども全部月に置く。地球は20世紀型までの人間生活を徹底的に温存する場所。

72: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/02/21(金) 00:41:09.71 ID:zFtpu8sd.net
要するに全太陽系の宇宙開発の指令部は月に置かれるのだから 
まず月にほかのことには目もくれず全ての原型としての人類の拠点を作れということだよね。

99: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/06/18(水) 20:09:15.84 ID:2A1Ybket.net
SETIこと地球外生命探査をやるときには、 
月に観測拠点を置いて地球からの出力を分析することが 
極めて重要な研究だと思う。 

すなわち信号をどれだけ分離できるか、発信地を干渉などから特定できるか 
信号のどの成分に人間のどのような活動が入っているのか。 

しかし月に行く必要なんかない、と言う人は 
こういう研究もやらないでいい、と言うんだよなあ。('A`)

101: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/06/27(金) 21:51:50.18 ID:NAG5D3w1.net
日本の宇宙開発及び宇宙研究は月面都市を拠点に活動 
低重力下での実験とか 
っていう夢を見る 
50年後にはそうなってて欲しいなぁ

135: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/07/31(木) 23:01:15.78 ID:Ea2Kfd46.net
月は人類が大宇宙に飛び出す為の基地になる 

地球→軌道エレベーター→宇宙ステーション(今のよりもずっと大型)→月→宇宙全体

147: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/09/18(木) 12:06:36.67 ID:LFtnd+IB.net
宇宙空間での放電はどうなるのかな。 
月面で実験できる。 
雷レベルの高圧をかけたとき、どのように真空の絶縁は破られるんだろう。

152: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/09/18(木) 16:46:14.30 ID:Fr7V7/bN.net
>>147 
あれはたしか、ソユーズ9だったかと記憶してるんだが・・・ 
(現在脳みそがエタノールしてるので、そのへんは曖昧だ) 

宇宙船内で電気溶接する実験した所、アークがあさっての方向に飛んで 
与圧室の壁に大きな傷をつけたんだとかなんとか・・・

104: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/07/07(月) 05:59:35.29 ID:5HVJ7lIB.net
月を拠点にして 
オリンピックや祇園祭や伊勢遷宮のようなお祭り扱いにして 
2年に1回の宇宙機コンテストを永く続けたいな。 

①冥王星往復コンテストと②(名称)アルファケンタウリコンテスト 
①はマラソン、テーマも設定して1次審査基準をクリアした物はみな出走して性能を競う。 
②は最速競争、設計図面と実機試験で優勝者を1つだけ決定して 
 月の南極辺りからケンタウルスαの真ん中に命中するように打ち込む。 

恒星船は魔法ではなく実現するんではなかろうか。 
ボイジャーは黎明期の推進無しの宇宙機でこれほどの業績を達成した。 
推進有りならPCの発展を思えば宇宙機でも何百倍程度なら…。 

②で打ち込みにするのは、超高速宇宙船がそのまま飛んでいるとどこかの星に迷惑がかかるかもしれないから 
とりあえずお隣の星についたら消えてもらう形にする。 

基本的には爆発型か熱推進型の原子力推進のはずで、 
エネルギー源は核分裂→核融合→反物質と進歩するだろうが、その核反応を包む外側は似たような構成のはず。 
地球でやっちゃいかん。全ては荒野である月で準備するのが正しい。

106: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/07/08(火) 15:51:36.96 ID:y77zcXCo.net
>>104 
宇宙人<コラ~、誰だうちの庭で核融合してる奴はーーー!!





17: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/12/11(水) 15:58:26.74 ID:0b5NGV2j.net
初期開拓期に人が最低数百人は現地で死ぬ 
生ゴミが出、人から体外に廃泄される各種有機物 
月面に全く無かった有機物による環境の変化は大丈夫なんだろうか 

→細菌が無菌土壌に一気に拡がるとかの意味 

変化したらしたで後から工学的に対処しようと 
割り切る考え方もあるけれど

21: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/12/11(水) 18:43:21.94 ID:CJqIDjMW.net
>>17 
サーベイヤー3の部品をアポロ12で回収したんだが、そこから 
枯草菌だったかが見つかんたんだよな。 
アポロ計画でも、宇宙飛行士の排泄物とか捨ててるし・・・ 

初期の月面探査機以外は、厳密な滅菌作業もやってないよ。

9: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/12/03(火) 17:28:52.16 ID:ZTDQWvXM.net
【宇宙】NASA、2015年に月で野菜を栽培 
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1386058361/

10: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/12/05(木) 13:09:55.81 ID:3xy1oo1G.net
>>9 
やがて人間は植物につうB級映画でもできそうだw

19: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/12/11(水) 18:07:20.18 ID:AJ0aCsdW.net
酸素と水を作るためさ 

・・・そして火星でも応用される

20: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/12/11(水) 18:08:39.72 ID:AJ0aCsdW.net
イモ類とかなら、食べれそうだ!

136: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/08/02(土) 11:08:36.76 ID:tQ0TjzGZ.net
月面に100m×100m×15m程度の大々的な 
植物園、サル園(植物+サル+etc)、ネコ園(植物+ネコ+etc)を作る。 
生殖、生物社会の維持というもの、環境からの負荷などについては 
彼らの世話をしながら考察する。

137: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/08/02(土) 11:19:36.76 ID:tQ0TjzGZ.net
空気の作り方は、 
一番いいのは外惑星系にいくらでもある水を輸送して 
これまたいくらでも使える電力で加水分解して作る。 

窒素の供給の仕方が難しい。 
大気中の窒素は人体にはいささかも役に立っていないと考えられるので 
代替に(外惑星から持ってきて)ヘリウムを使う手もある。 

地球から固体酸素、固体窒素の形で持って行くのがまず最初。 

単純な環境のため、電力源については太陽光・原子力と化学電池。

139: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/08/02(土) 13:49:24.61 ID:OAD0bjHL.net
>>137 
窒素がないと、植物が育たないよ。 

タンパク質の構成要素に窒素があるんだよね。

140: 植物園 2014/08/10(日) 18:50:33.57 ID:FfGD6qGB.net
窒素がないと死んじゃう 

必要な元素を持つ小惑星を 
月まで持ってきて(ロケットか何かで)、月に衝突させて 
利用する

141: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/08/30(土) 01:24:09.67 ID:U2KmsL08.net
月面開発が共通の最初。 
これが農耕の開始に相当する。 
日本では農耕から10万人級都市まで数百年。 
では宇宙開発で都市に相当するものは何か。 
太陽から完全に離れ恒星間空間の立体都市を作るのではないかと思う。 
きれいな立方体にすれば3次元平安京だ。 

類推では弥生→飛鳥、コロンブス→新国家のように 
三百年ぐらいは太陽の公転軌道から離れられない。 
でも惑星軌道に乗った永久インフラはやがて扱いにくい。 

地球から5光年ぐらいの完全なる恒星間空間にエネルギーも自前供給。 
一辺10万km-1000億km立方体超巨大構造物。 
そこで生まれたためそれが当たり前と思って暮らしてる兆人以上の人達の国。 
複雑さも文化も現代を遥かに超える質と量。ギリシャローマ→近代がもう一ステップ。 

これが次の次、順調に行く場合数百年後に来る新平安京だと思え。





6: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/12/01(日) 19:51:35.45 ID:xiVgJqrW.net
太陽放射線問題は月の夜の地域で暮らせば良い
交通機関に乗って半月ごとに裏側に行く移動生活でいいのよ

8: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/12/02(月) 06:29:20.70 ID:CxmwXOGG.net
>>6
夜側は太陽に向かう隕石が落ちてくる側なんで、微小隕石の危険もあるし
外宇宙線も逆にやばいのがありそうだし、チャラな気もする。どうせ地下に
潜って暮らした方がそさそうなのでそれなら昼側にいた方がエネルギーも
問題ないし、ってか移動するのも大変なので昼側夜側拘らずに移動しない
方がよさそうに思える。

37: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/12/31(火) 13:39:15.41 ID:Rh3aJnf+.net
>>8
系外から恒星に自由落下する隕石など皆無。
恒星に落ちない隕石は恒星を焦点とする2次曲線を描くので、
夜の側も昼の側も同じ数だけ存在する。

11: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/12/10(火) 19:26:16.49 ID:Di86KPIL.net
隕石のリスクについては 
大気の無い地球軌道上の人工衛星や宇宙ステーションと同じ 
むしろ地球の方が81倍の質量の分だけ、月との重力分水嶺内の領域が大きくなり 
隕石を広範囲から引き寄せる 

案外危険は少ないのではないか 
デブリはたまにあるが隕石の被害は人工衛星であまり聞かない

22: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/12/12(木) 05:23:08.92 ID:3BBRuB2D.net
火星は大気があるから月より、、、って感じでよく語られるけど実際は 
大気ってCO2が1/100気圧位あるって話でなかったっけか?CO2なのはまだしも 
1/100気圧じゃほとんど真空並みに役立たずじゃね?住むって意味では。 
今これだけ抜けてんじゃ、またどえらい苦労して大気作っても作るそばから 
また抜けて行きそうな気がするが。ドーム作って住むなら水でも酸素でも 
元素としては水素も酸素もなんぼでもあるだろうから作れないわけはない 
だろうけどな。エネルギーさえ確保すればな。

25: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/12/12(木) 13:19:28.01 ID:o5LfulV4.net
>>22 
そーだな、ドームは必要だ

75: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/02/21(金) 05:58:00.70 ID:uQ6AzksR.net
月面の放射線はいくつなんだろうか。計測したのか? 
地面の元素や同位体構成比とか。岩石の表面と内部の差とか。 
山地と海と谷の差とか。クレーターの地質的偏差とか。 

温度もわからん。少しは掘ったのか? 
ボーリングで何m掘ったら岩盤になる?土壌の成分は? 

火山の地質構造は残ってないの? 
クレーターは星の深部構造にどんな歪みを与えている? 
谷の中の方はどうなってる。

77: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/02/21(金) 18:05:33.11 ID:ZsHQiJl7.net
>>75 
深層ボーリングに関しては、まぁメートルレベルだが 
アポロ15号以降と、旧ソ連のルナ24(だったかな)でやってるな。

100: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/06/22(日) 22:22:53.99 ID:l17/qZx/.net
ISSでかなりの予算を使ってる。これをそのまま月面基地建設にあてれば新しい予算は必要ない。 
当然ISSは廃止。その浮いた予算の範囲内で月面基地を作る。有人が金がかかるのなら最初はロボットでもいい。 
とにかく恒久的な設備を作って月面から観測を行う。無人ならそれなりの予算でできるのではないか。 
いまだに無人の基地さえないというのはちょっと異常だな。宇宙開発のやり方についてまともな判断ができていないと言わざるを得ない。

107: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/07/14(月) 23:18:00.44 ID:oSt/+TxL.net
ロケットでISSを月までひっぱっていって設置する。こうすれば新たに月面基地を作らなくてすむ。

109: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/07/18(金) 14:27:32.05 ID:yaBCcPOH.net
>>107 
生存性、メンテナンス考えたら月コンクリート現地生産以外ない

114: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/07/22(火) 22:57:17.23 ID:vVescoJK.net
月の裏側は隕石のリスクが大きいから、表側 

ただし、表でも裏でも日照部分と日蔭部分ではやたら温度差があるから、 
建設物はその温度差で劣化しやすくなるんじゃないかな 
建設物だけじゃなくて、人工構造物全てかもしれない 

なので、月に何か作るなら、表側(地球に面している方)の地下、が現実的なんじゃない?

117: 名無しさん@お腹いっぱい。@\(^o^)/ 2014/07/23(水) 15:29:14.15 ID:2v81Hm68.net
月に存在が確認された洞窟内に基地を設ければ 
温度差や放射線から防護できるとNASAも言っていた

118: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/07/23(水) 23:14:44.58 ID:JocP5pe1.net
>>117 
NASAの技術力はハンパないぜ。 
何しろ半世紀前に月面上で放射線と温度差に耐えられる宇宙服作ったんだからな。 
これさえあれば、福島原発の後始末も一発だぜえ。

129: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/07/27(日) 23:46:00.49 ID:jXjXzSVd.net
>>117 
でも、NASAじゃ火星に関心が行ってて、月 
にはあまり関心が無い、そんな話を聞いた 
けどなぁ。

128: 名無しさん@お腹いっぱい。@\(^o^)/ 2014/07/27(日) 15:08:11.33 ID:6+v0uOW6.net
こちらにも転載しておきます 

http://www.srg.mech.keio.ac.jp/uzume/ 
>月の縦孔・地下空洞探査計画を私たちは「UZUME」プロジェクト と名づけました 

どのくらいの広さを持つ空間なのか楽しみです

154: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/09/21(日) 02:41:41.45 ID:KUq6At78.net
シミズ・ドリーム-清水建設 
https://www.shimz.co.jp/theme/dream/

161: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/10/03(金) 21:31:29.19 ID:Hsfh09UA.net
材料系では宇宙用のプラスチックとゴムとビニールを完成させてほしいんだけど。 
化石資源石油ではなく、材木か合成化学の方法でね。 
プラスチック無しにまともな建築も家電も作れない。 

ガラスはすぐ作れるがガラス窓で良いのか。もっと軽い別素材。水晶とガラス。 
鉱物の結晶は月で発見出来るかな。 
衣料用繊維。 
ところで月面で洗濯物を外に干したらどうなる。普通に使える結果になるかそれとも何か起きるか。





119: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/07/24(木) 09:27:10.86 ID:FNj1HzJB.net
NASAの宇宙服は今でも放射線は防げない

121: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/07/24(木) 20:21:51.29 ID:squ6xFOc.net
じゃ、アポロ飛行士は月面着陸はおろか、ヴァンアレン帯より外に行けないじゃん.....

125: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/07/25(金) 15:05:57.90 ID:2wbZ2OH3.net
もしかしてお前ら、あの白いもこもこの中身にハードスーツあんのしらんのか?w

126: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/07/25(金) 18:27:18.08 ID:RLCMBSeQ.net
>>125 
アポロ計画の時に使ってた宇宙服に、ハードな部分は無かったような… 

スペースシャトル時代以降の船外活動服は、胴のあたりが 
硬い構造になってるけど。

127: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/07/25(金) 23:38:43.01 ID:2wbZ2OH3.net
>>126 
あるよ開発秘話ディスカバリーとかでやってたよ





58: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/02/12(水) 23:53:23.43 ID:WfOA4ThS.net
一般人の月への旅行。 
金がかかるというのは可笑しな話。 
まず地球の人工衛星に乗り11.2kmまで加速し3日待つ。 
着陸の仕方は先日の中国のチャンア号で見た。 
・7.9km→11.2kmへの加速 
・3日待つ 
・着陸 
ここの何処にも法外な設備や銭を要する部分が無い。

59: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/02/13(木) 08:12:40.84 ID:yce5k49I.net
別におかしな話ではないな。月に高々100kg程度のものを送り込み 
行ったきり帰ってこなくていいのと、10t以上のものを下してまた 
打ち上げて戻ってこさせるのではそれだけでも100倍位はコストが 
かかりそう。全てはスケールの問題で、第二宇宙速度達成でも1tと 
100tでは100倍以上、システム全体のコストとしては幾何級数的 
に大変な事になると思う。月までポンコツの探査車を送るのに数百億 
かかるなら、人を送って戻すにはやはり兆の単位になるだろう。家の 
前に自前で塀を建設できるからといって、巨大ダムは建設できないよう 
なもの。

96: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/04/26(土) 10:09:11.71 ID:A1FUSCW2.net
月への交通費は30万円前後に収束すると思う。 
その計算は地球上で1万km1万円という根拠。 

航空機が地上13kmまで上がれるとして30倍で400km 
地上400km地点ならわっと加速すれば月に向かうコース。 

そのような交通機関をさっさと開発完成させるべき。

98: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/06/18(水) 20:08:31.04 ID:2A1Ybket.net
結局ね・・・実際に具体的にやってみればいいんですよ。宇宙進出を! 
先進国を中心にアポロ当番とか決めて月面に定期的に行けばいいんです。 
12ヶ月を12カ国で割り振って日本は5月とかアメリカは3月とか適当に。 
まずやってみてからコストがどうだ、必要性がどうだと喚いてください。 
もう国民国家レベルで宇宙開発なんて無理だと。国家連合とか国際公共事業の一環とかじゃないと無理!だとか。 
地球文明に必要なのは経験です。痛い目に遭うとか苦労するとかの経験です。 
大気圏内でモジモジしてても新しい発見とか無いんですよ。恋愛と同じですよ。 
レゴリス製品とかホームセンターで売られるぐらいに発展してこその文明ってなモンです!





42: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/01/17(金) 01:04:04.25 ID:PdncXfFX.net
まず赤道リニアが最大の交通インフラになるよ。
月の自転に合わせて移動する人が大勢いるからね。

自転の順方向は複線、逆方向は単線の3線構造で良いぐらい
順方向に移動する流れが多いだろう。

48: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/02/02(日) 20:11:30.08 ID:7jgdR+sW.net
秒速1.6kmを越えると人工衛星になる
つまり月からの人工衛星の離着陸は、電磁石を用いて簡単に可

そのシステムはリニアモーターカーとの共用ができる

49: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/02/10(月) 05:28:17.83 ID:W4vO9f5M.net
MOONLIGHT MILE見て、真空中ではこんな風には飛べないだろうと疑問に思ったことあるかもしれない。

MOONLIGHT MILE 1 (ビッグコミックス)

新品価格
¥545から
(2015/3/16 14:46時点)


答えはこれ。

月面上の航空は基本的には人工衛星航路を使う。
秒速1.6kmはマッハ5。
航空としては使いやすい速さであり、月に類するサイズの岩石天体上では同じ手法が使える。

50: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/02/10(月) 17:33:57.03 ID:xSkH76MT.net
人工衛星軌道は
離着陸と加減速の仕組みさえ備えれば、近場でも星の裏側でもゼロコストで行ける。
グライダーのように滑空するイメージで、人工衛星軌道に乗るのが普通の話になる。

54: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/02/12(水) 02:48:35.20 ID:HAwwRYdf.net
鉄道・・・リニアモーター~地上人工衛星
航空・・・真空中の人工衛星航路

秒速1.6kmなら月一周2時間。
これで高速交通は整理ついたな。

55: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/02/12(水) 02:52:04.45 ID:HAwwRYdf.net
軌道エレベーターはこのような交通体系の中では不要だろう。

では自動車やバスはどんなシステムにすればいいか。

66: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/02/19(水) 00:19:54.11 ID:gYbmrg8L.net
形は流線型である必要は無いので、箱型か円柱か円錐。 
天体上で何千何万と飛んでいるときに危険を回避する自動操縦。 
子供でも使えるような簡単軽量。 

自動車や飛行機と同種の技術なのでメーカーなら直ぐ作れる。 
早く実地に試せるようにならないか。

160: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/10/03(金) 21:29:01.18 ID:Hsfh09UA.net
道路族はどうしてるんだろう。 
レゴリスの大地だから月面に道路が出来ればまた仕事がいっぱい出来るが。地下鉄とか。少なくとも地下軌道。橋も多分要る。まあ川は無いが。 

大塚製薬はコメディカルとして何をやりたいのか書いてくれ。 
手職人の医者よりも宇宙では薬品・機器・とにかく研究、これらに意味がある。 
自動手術とか骨密度管理点滴とか。放射線損傷修復システムも。

168: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/10/15(水) 22:12:58.00 ID:iusuxz/0.net
有人航空機による最高高度記録樹立 
http://minkara.carview.co.jp/userid/360315/blog/30936569/ 

Youtube>FSX X-15 
https://www.youtube.com/watch?v=1s_hqr_ajZ0


https://www.youtube.com/watch?v=jGEPQ463Ask


その他、リンクをたどり好きな用に。 

1963年に高度107kmまで行ったのなら、なぜ150kmの衛星軌道まで 
行けるように開発しないのか。(大型化も) 
これで十分だろう。 

軌道エレベーターは宇宙に上がるのに一週間かかる。 
航空機は10分である。軌道エレベーターなど役に立たない。 

一端、衛星軌道に秒速8kmで入れば、ほんの少しの加速で楕円軌道の近地点~遠地点 
を取り替えていくことで、どこまでも遠くに行くことが出来る。

170: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/10/16(木) 17:03:09.91 ID:Uw4ytYRr.net
>>168 
とりあえず、色々とX-15を衛星軌道まで打上げる為の 
改良ネタはあったんだよ。 

ただ、予算が打ち切られただけなんだ・・・

174: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/10/29(水) 00:09:53.02 ID:UTdOyH4s.net
宇宙エレベーターの台風対策はどうなってんのかな?

175: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/10/29(水) 16:26:41.07 ID:TXIeNwUw.net
>>174 
宇宙エレベータを設置する予定の場所は赤道なんだが、そこは 
あまり台風が出来ない場所なんだ。





63: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/02/18(火) 19:07:10.77 ID:YT+8M+U+.net
同じ方法論で水星都市も作れるだろうな。
水星というと手ごわい環境のようなイメージだが、
太陽輻射が十倍の場所と思っておけばいいだろう。
たかだか一桁の差であり、きちんと管理するなら夜の側には住める。

火星に行けるなら次は直ぐに水星に行けるね。

遠い将来は冥王星都市もありだし。地上が冷たかろうが関係がない。
冥王星が最果てでも大気熱伝導が無いなら寒さなど感じるものではない。

64: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/02/18(火) 20:21:58.56 ID:HwpeQMpA.net
>>63
水星に行くには、エネルギーが難しい。
ただ脇を通りすぎるだけでも、木星に行くぐらいの
エネルギー(ΔVと言えばいいか?)が必要だとか。

68: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/02/19(水) 19:36:54.98 ID:+yYhzz1p.net
冥王星の環境は本質的に月の夜と変わらない。
月で生活都市設計を学べば冥王星でもそのまま。
いささか違うのは昼間の太陽照射で揮発することが無いので
岩石だけではなくH2Oなどの物質が固体のまま大量に残っていることだろう。
本質的に日光消毒されていなくて汚いのではないかな。

距離は原子力ロケットで行くしかない。
核分裂の熱エネルギーで液体水素など液化ガスを気化させて
膨張した体積を一方向に開放してやって噴射推進。
化学ロケット・イオンロケット・太陽風推進よりは、
高速になるらしい。さすが原子力という感じ。

95: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/04/26(土) 10:08:11.67 ID:A1FUSCW2.net
恒星間ロケットと太陽系内は全く別。 
太陽系内が10億kmの世界、恒星間が10光年=100兆kmの世界とすれば。 

太陽系内は今ここで開発すべきだし、増えた人口に本人の同意得て補償保険つきで前線に出て行ってもらう。 

太陽系をやらなければ、恒星は永遠に来ない。 
技術開発しながら何か更なる次のそれの手がかりを探す。 
技術の模索に取り組みさえしないような消極的な態度は良くない。 

中間階段たるこれをやる義務が私達にはあるんじゃないか。





67: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/02/19(水) 01:54:13.32 ID:/+qPmduF.net
2014/2/16付 
月探査熱、世界に満ちる 
「火星に人到達」協力も視野 
http://www.nikkei.com/article/DGKDZO66893010V10C14A2MZ9000/ 
http://www.nikkei.com/content/pic/20140216/96959996889DE4E4EAEBE1E2E3E2E3E7E2E0E0E2E3E69F88EBE2E2E2-DSKDZO6689302015022014MZ9000-PB1-2.jpg 
 中国の探査機「嫦娥(じょうが)3号」が月面着陸に成功するなど、月探査への関心が高まっている。 
インドも着陸機を計画しているほか、米国も再び送り込む予定。着陸で中国に先を越された日本だが、 
技術的には可能とみられ、構想を研究中。将来は世界が協力して月探査などをステップに、 
有人火星探査を目指す動きも出てきた。 
 中国は2007年に打ち上げた「嫦娥1号」で月周回を達成、今回の「嫦娥3号」で昨年12月14日に 
月面に着陸した。着陸は米国、旧ソ連に次いで世界で3カ国目となった。… 

 科学技術振興機構(JST)の辻野照久・特任フェローは「中国の月着陸は驚くにあたらない」と語る。 
10年前、中国は10年ごろの月着陸を目標に掲げていたという。約3年遅れはしたが、計画を推進してきた。 
 「すごいのは衛星開発やロケット打ち上げ、新しい射場の整備など宇宙開発全体でこれから飛躍的に 
発展する仕掛けをつくっていること。月着陸はその余裕でやっている」と辻野氏は指摘する。… 

 世界はこれからちょっとした月探査ラッシュを迎えそうだ。08年に月周回衛星「チャンドラヤーン1号」 
に成功したインドは「同2号」で月面着陸を狙う。 
 米航空宇宙局(NASA)とカナダは探査車「リゾルブ」で月の土から酸素などを抽出する実験の計画を持つ。… 

 日本は月周回衛星「かぐや」の後継機「セレーネ2」を研究中で、月面着陸に挑む可能性がある。… 
 技術的には日本も月着陸が可能とみられている。… 

 JSTの宇宙技術国際比較の報告書(2011年)によると、中国は世界5位。トップは米国で欧州とロシアが 
2位に並び、日本は4位。辻野氏は現在も日本が優位とみるが「3年後に調査をしたら中国が日本を追い抜く 
のは間違いない。欧ロも抜いて米国に次ぐ可能性もある」と予想する。… 
 今後活発化しそうな月探査だが、より大きな枠組みでは火星を目指す流れの中に位置付けられる。… 


(海外メディアから)資源獲得競争、宇宙までも 
 仏AFP通信(2月9日付)は「米航空宇宙局(NASA)が月にある豊富な地下資源の開発へ、 
民間企業との連携強化を目指している」と報じた。NA…続き 
朝刊(2014/2/16付)803文字

69: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/02/19(水) 23:14:23.35 ID:q4WZjeyg.net
中国は人工衛星爆破実験で撒き散らしたデブリを回収してから
宇宙に物を打ち上げろ!
ふざけんな

70: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/02/20(木) 00:24:00.09 ID:JO/gz8jg.net
同じことをアメリカにも言ってやれ

74: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/02/21(金) 04:18:11.66 ID:2JC+vCF/.net
>>70
アメリカはちゃんと地球に落下する高度525kmの軌道で実験してるんだよ
もう殆どが大気圏に落下してる
高度850kmで実験した中国と一緒にするな 未だに大量に漂ってるだろ





149: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/09/18(木) 12:46:57.43 ID:c0a72NMn.net
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140718-00000021-rcdc-cn
日本が5年後の月面着陸を計画、中国はサンプル回収が急務に―中国紙

2014年7月16日、環球時報によると、日本政府は無人探査機による月面着陸・調査に
関連する研究開発を推進することを正式に決定した。無人探査機を使った月面の地質調査や
月面資源の利用可能性を調べるとされ、2019年の探査機の打ち上げを計画している。

中国の専門家は15日、日本が宇宙探査に着手したのは早く、米ソに続いて宇宙探査機を
打ち上げた3番目の国となったと指摘。21世紀に入って月探査機「かぐや」を打ち上げ、
中国の「月女神-1号」月探査機よりも数カ月先んじているとした。

日本はその後の月面着陸も早くから計画していたものの、技術的な問題や資金面から遅れていた。
報じられたとおりになれば、5年後には月面に着陸するが、こちらは中国が日本に先んじている。
中国は2017年には月面からサンプルを回収する計画。中国の専門家は、日本は資源に乏しいため、
月面資源の開発に強い意欲を持っていると指摘した。

150: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/09/18(木) 12:52:08.11 ID:c0a72NMn.net
http://japanese.cri.cn/881/2014/08/12/141s225042.htm
探査機「嫦娥5号」、2017年頃の打ち上げを予定

 中国国家国防科技工業局が発表した情報によると、月探査プロジェクト第3期の
再突入・帰還飛行実験を行う試験機が10日、北京から西昌青山空港に輸送され、
西昌衛星発射センターに移された。試験機は、関連する実験・試験を実施する。新京報が伝えた。

 月探査プロジェクト第3期の再突入・飛行実験は今年中を予定しており、主に
月探査機「嫦娥5号」の帰還モジュールによる第2宇宙速度(11.2km/s)に近いスピードでの
大気圏再突入・帰還に関連する技術を検証する。

 嫦娥3号の任務が完了し、中国の月探査プロジェクトが第3期に入った。「周回・着陸・帰還」
計画の第3ステップである、月探査プロジェクト第3期の主要目標は、サンプルの無人自動収集と帰還で、
月面サンプルの収集、月面からの上昇、月周回軌道でのドッキング、第2宇宙速度に近いスピード
での大気圏再突入という4つの重要技術を把握する。

 嫦娥5号は2017年頃に海南文昌航天発射センターから打ち上げられ、月探査プロジェクトの
重大な飛躍である、月面サンプルの回収を実施する。

 専門家は、「飛行試験機は嫦娥5号のために準備されたものだ。嫦娥5号は軌道モジュール、
帰還モジュール、着陸モジュールなどによって構成される。飛行試験機は帰還の技術を確かめるため
用いられる。しかし帰還時の速度が早く、技術も複雑であることから、この飛行試験機は
帰還技術の試験に特化し、難度とリスクを引き下げる必要がある」と指摘した。

 専門家は、「今回の試験では軌道モジュールと帰還モジュールの月周回および帰還の全過程の
シミュレーションを実施する。帰還モジュールと帰還軌道は、今後の嫦娥5号と同様になる。
嫦娥5号は4つの部分によって形成されるが、今回はその2つの部分である軌道モジュールと
帰還モジュールの試験を実施する。嫦娥5号には、まだ上昇モジュールと着陸モジュールがある」と述べた。
「人民網日本語版」http://j.people.com.cn/

157: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/09/27(土) 12:24:20.84 ID:qa6G/xIX.net
インドが火星探査を開始、中国は今後どう出るか?
http://j.people.com.cn/n/2014/0926/c204149-8788182.html
http://j.people.com.cn/n/2014/0926/c204149-8788182-2.html

バランスが取れてるな。現実への挑戦という点で高感度大。
日本人の言論や行政はバランスが取れてないな。
今更のアポロスレの塵屑連中とかいい加減でほっとんど話題にしない行政マンとか
バランスの取れていないフォーカスの歪んだ状態であることが悲しいわ。

月探査、有人宇宙飛行、火星探査を並べてある。

「月探査機の嫦娥2号は月探査後に離陸し、地球から1億キロ離れることに成功した。
これは未来の火星探査の制御の基礎を固めている。宇宙船の自動制御の面で、
嫦娥2号の自動着陸は中国の宇宙事業がこの実力を持っていることを十分に証明した」

これは素晴らしいな。こんな事が有ったのか。

183: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/03/11(水) 01:19:27.12 ID:EOUQj/NM.net
最近というか各国が月への探査とかしだしてるけど、そんなに金賭けていく必要があるの?
目的は何?

184: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/03/11(水) 16:26:02.55 ID:0XBS1xR7.net
>>183
主に、国威発揚と
月面にある資源にツバつけとくのが、主な目的じゃないかな。

プラネテス Blu-ray Box 5.1ch Surround Edition

新品価格
¥43,500から
(2015/3/16 14:30時点)

月世界旅行&メリエスの素晴らしき映画魔術 Blu-ray

新品価格
¥4,059から
(2015/3/16 14:30時点)