サムライの国

北海道大学男子ラクロス部15のブログです。

2016年02月

飛行機が遅延してて暇なので書きます

今回つま恋では3ヶ月間色々考えてきた1on1の成果を試すことがテーマでした。結果から言うと上手く行きませんでした。
室内練が始まり自分の1on1の弱さを思い知ってから3ヶ月、ようやくこうすれば自分のペースに持ち込めるという理論は出来上がりつつありました。
こういう理論が確立すると心に余裕が出来てより良いパフォーマンスが出来るということを実感し、つま恋でもどんどんボールダウンしてやろうと密かにわくわくしていました。

しかし外で久しぶりにラクロスをして感じたことは、今まで室内の狭いスペースを利用したDFをしていたということに気づきました。室内の壁などに頼っていたということです。
それに加え、頭の中では確立しつつあった理論はまだ体に染み付いておらず、試合の流れの中で無意識に実行出来なかったことも失敗した原因だと思います。
1on1だけでなく他にもたくさんミスをしました。
本当に悔しいです。まだ1ヶ月冬練は続くので必ず修正したいです


ただ、つま恋で1つだけ成長を感じた場面がありました。
相手がシュートモーションに入った瞬間に自然とチェイスに足が動いたときでした。
全く惜しくも無くチェイスには負けましたが、自分の中ではいつもと違うなという感覚になりました。
自分はクリアへの切り替えは割と早い自信があります。これはチェイスと比較して、クリアはポゼッションを奪うことに加えブレイクを作って得点につながるからで、ずっと意識してやってきました。
しかし、当たり前のことですがゴーリーセーブが起きなければクリアへの切り替えは活かせません。
相手がそのうち入りそうな枠外へのシュートを浴びせて来るときに、流れを変えることができる手段はチェイスです。
今までそれが分かっていながら、チェイスに一歩も足が出ませんでした。そういう点で小さな成長を感じました。
あと近大戦でオーバーヘッドでボールダウン出来たことも嬉しかったのですが、あまりカッコ良くなかったので無かったことにします..

自分の目標として、チェイスだけでなく試合の流れを変えられるDFになりたいです。
細かなプレー1つ1つ見直してどんどん上手くなってやります。


長くなりましたが、自分の反省はここまで。
次はBチームに向けて続きを読む

つま恋に行ってよかった。

つま恋に行く前、行って何ができるんだろう、行く意味って何なんだろうとずっと考えてた。どうせボコボコにされるだろう、迷惑しかかけないだろうとマイナスなことしか考えれないとあった。何もかも自信がなくてしょうがなかった。

実際に試合で何もできなかったし、迷惑しかかけてない。クリアで死んでいる事もあったしクリアミスをしまくった。せめて声だけでも出して周りに何しているのか伝えてチームに貢献しようと思っていたが、何も伝わっていなかった。そのせいで試合は9割くらいと言ってもいいほどディフェンスで、オフェンスの人に申し訳ない限りだった。ミーティングもほとんどがディフェンス場面で、某ATは寝ていたくらいだった。本当に申し訳ないと思っている。何もチームに貢献できなかった。

特に最後の2試合はボコッボコにされた。それまでとの違いはてらを欠いたこと。つまり、ずっとてらにおんぶしてもらっていたってこと。自分の無力さを感じた。涙が出そうになった。

それでも収穫はあった。ほとんどディフェンスの場面だったから逆転の発想でなんでディフェンスができなかったのか考えられた。少しは上手くなれたと思う。もうひとつ、ラクロスの試合は本当に楽しい。今までは緊張しててビビっていたが、なぜか今回はリラックスできていたから楽しむ余裕があった。ボコボコにされて楽しかったってどういうことなのかと思うかもしれないが、試合に出れて本当に楽しかった。

このつま恋の経験はこれからのラクロスにおいてプラスになると思う。何を目的に練習しなければならないのか、頭を使いながらやって行こう、そして、次は絶対にチームに貢献して見せる。そう思う。

最後になったけど、15、特に1年生大会でBチームだった人へ伝えたいこと。ラクロスは上手くならないと楽しくないと思う。だからみんな一緒に上手くなろう。もう一度たまかつさんやてつさん、しゅうさんに言われたことを思い出したり誰かに聞いたりして上手くなろう。全日最後の試合のホイッスルが鳴ったとき、全員がグラウンドで笑って喜ぼう!

こんばんは
谷川翔一です
特に何もないですが書きます

昨日のC練で言われたこと、実際に自分達がやってたこと覚えてますか
まず、実際にやってたこと→十字パスとかパスミス多すぎて意味わからない練習にならない
言われたこと→15はまずパスフォーム汚いから直した方がいいよ

はっきり言ってやばい
去年コーチからパスフォーム上手くならないと上手くならないよ
って言われ続けて今もこれ
一年間何してたの?って言われても何も言えない
あと3年もあるんだしせめてこの冬でパスフォームぐらいは全員直して春から15再出発しよう!このままじゃコーチ3人の顔に泥を塗ることになる
それだけは絶対にしたくない
春まであと1カ月、クロスを振りまくろう!!

以上



一年生大会が終わって1週間が経った。

僕はこの1週間全くクロスに触れていない。負けたのが悔しかった。ただただ悔しかった。試合のあと自分はムッとしていた。負けた試合のあとになんで笑っていられる人がいるのか僕には分からなかった。耕節さんに撮ってもらった写真でも1ミリも笑えなかった。これから何かアクションを起こさなければ北海道でさえ1番になれないことはわかっている。ただ、自分がクロスを握ってサカグラへ向かうこと、15に対して声を張って何かすることはなかった。何かが失われた。

練習もなく1人の時間が増えた。考える時間も増えた、答えは出ない。気持ちは焦っているがどこか冷めている。負けた理由は単純だ。自分がやってきたと思っていた努力を他大の人は越していたのだ。現実と理想は大きくかけ離れている。上手い人たちは今つま恋にいる。自分は札幌に居残りだ。悔しい、悔しすぎる。屈辱でしかない。それなのにケガにあまえて現実を見つめようとしない。そんな自分が嫌いだ。

でも、やっと気付いた。あの敗戦から自分はずっとラクロスのことを考えていた。ラクロス部のこと、15のこと、自分のこと、ずっと考えていた。僕はもうラクロスの魅力に取り憑かれた。ラクロスが好きだ。上手くなりたい。強くなりたい。勝ちたい。どんな手を使ってでもAチームに這い上がって、北大を代表してプレーして試合に勝ちたい。

幸いにも負けて終われるような根性ではない。

っおい誰だよこんなダサいタイトル付けたナンセンスマンは!!
はい!坂根です、見事2年生となる権利を手に入れた坂根です!!
誰だ~??勉強してた割に最近行われた某ラクロス試験に落ちたナンセンスマンは!!
はい!坂根です、そのネタは坂根の地頭の悪さ露呈するので触れないでくださいィィ!!ンヒィ~ッ

・・・どうでしょう、これで15流の前振りになったでしょうか。(息切れ)

というわけで、つま恋お留守番の坂根ですが、やれることは何かなということで遠征に向けて食事関連について何点かまとめたので軽く目を通していただけたらと思います。

主に、
①水分補給の仕方
②食事の取り方
の基礎的な2点について触れていきます。


①水分補給の仕方

これはSG講習でも触れられた項目でもあるので軽く確認程度にしておこうかと思います。

人の「喉渇いたな〜」という信号は、水分が体から2〜3%失われてはじめて脳に届きます。
つまり、「喉渇いた」と思ってから飲むのでは遅いんですね。
これは何度も言われてることだと思います。

そして、人が水分を摂取してから細胞レベルの渇きがいやされるまでに40分かかることをご存知ですか?
坂根は知りませんでした。テヘ

以上の2点を意識した上で、1日のベストな水分補給の仕方の1つを紹介します。

1.起き抜け
眠ってる間にも汗をかいてるので、起きたらまず水・白湯・番茶・麦茶などをコップ1杯を目安に飲んで欲しいと思います。
(タンパク質・エネルギー源摂取は朝食の役割なので、ここでスポドリを飲む必要はありません。スポドリのあの甘さはご飯の邪魔になったりしますしね。)

2.試合前・試合中
試合前30分前までにスポドリ250〜500mlを飲んでおくように(もちろん一気飲みではない)。
今回のつま恋は、気温も15℃いかないぐらいですし、試合時間も短いので熱中症の可能性は高くないと思いますが、水分補給は熱中症予防だけでなくパフォーマンスをベストな状態でキープするためでもあるので。
MFはフライできるので、フライしたら必ず水を飲むように気をつけてください。
なかなかフライできないDFやGはハーフ間でガツガツ意識的に飲んでほしいところです。
ちなみに30分間フルで出場した場合で250〜500mlが目安のようです。けっこう多いように感じますが、これぐらいがアスリートには適量だったりするよう。
もちろん、水でお腹パンパンとなるのは以ての外なので、個々人で調節してください。

3.試合後
水分補給をしっかりと!
ここは捕食と関係してくるので後述します。




②食事の取り方

すごく長くなりそうです……(°_°)

1.試合前夜の食事

★ポイント1(夕食)
・糖質(ご飯やパン)を多めにとる
・ビタミン・ミネラル(緑黄色野菜、フルーツ、豆腐、豚肉など)を多めにとる
(※野菜は生を控え、加熱調理したものを食べてください。)
・脂質(ステーキ・トンカツなど油もの)を控える
・食物繊維の多い豆類・野菜を控える
・牛乳はとり過ぎない
・消化のいいもの

つまり、ご飯・パン(クロワッサン・バターロールは△)を中心に、おかずはさっぱりしたもの、野菜、果物を摂ってください。
今後共通して言えることですが、脂質はできる限り避けてほしいところです。
糖質を!!体に!!貯める!!!
(脂質は胃に膜作って糖の吸収を妨げちゃうんですよ…)


2.試合当日

★ポイント2(朝食)
・エネルギー源を体内で最大限に貯めるため、糖質(炭水化物)中心
・ビタミン・ミネラル類も(ビタミン,ミネラルは糖の吸収をたすけてくれるので)
・消化のいいもの
・腸内でガスを発生させる食物繊維×
・消化に時間かかってすぐエネルギーに変換されないのでタンパク質(肉系)は△

朝食は試合開始3〜4時間前までに済ませるのが理想的です。
2/22を例に出すと、タイムスケジュール的には次のような感じかと。
(フィジアップ→FU:20分前、グラウンドアップ→GUと表記・仮設定してます。)
あと、はじめに、下記で、試合後30分以内に摂取するものは積極的に摂ってほしいですが、無理はしないでください。
(試合後30分以内に摂取することで、疲労回復・組織修復と次へのエネルギー補給をはかります)


【2/22】
6:00〜7:00 起床
[ここで起き抜けの水分補給]
8:00〜 朝食
[ポイント2で述べたようなことに注意して糖質中心で!]
11:00〜 捕食
[保存を考えるとカロリーメイトやゼリー飲料がいいかと。カステラもありです]
13:05〜 FU
13:25〜 GU
13:35〜 第一試合
[ここまでに水分補給済ませておく]
〜14:10 第一試合終了
[オフィシャルあり→急いで果汁100%ジュースやゼリー飲料体に入れてください。
オフィシャルなし→第二試合まで時間あるので柑橘類のフル-ツヨ-グルトだとかおにぎりだとか、炭水化物とできれば果物・乳製品を一緒に摂ってください(保存きかないのがつらいですね)]
14:20〜14:55 オフィシャル
[オフィシャルあった人も終わり次第カロリーメイトやゼリー飲料入れとくといいかと]
16:05〜 FU
16:25〜 GU
16:35〜 第二試合
[ここまでに水分補給済ませておく]
〜17:10 第二試合終了
[夕食までの間が狭いので夕食でしっかり摂ってください]
18:00〜19:00 夕食
[糖質!糖質!糖質!気をつけるところとしては後述ポイント3です]
どこかで 夜食
[2/23の試合が朝早いため、夜食で消化がいい糖質中心の軽食摂ってください。カステラ推しです。体に蓄える糖質を高めます]

★ポイント3(再度ゴリ押し。プレート食と聞いたので)
・とにかく糖質を。おかずに炭水化物万歳です。オイチィ。ご飯ですよご飯。オイチィ。
・揚げ物などの油ものはできる限り避けてほしいところです。(理由は前述)
・フルーツなどあれば積極的に!あとサラダも嫌々しないでちゃんと食べてください。せっかく摂った糖質を体に吸収するのを助けてくれます。
・フルーツなくても果汁100%ジュースなどあればそれを。


とりあえず、押さえておくポイントは以下5つ。
1.試合前後の水分補給
2.試合前後(試合後は30分以内)の糖質補給(捕食の重要性)
3.脂質を控える
4.糖質をいかに体に貯めるか
5.睡眠大事(ちゃんと休んでね)


直前ではありますが、カロリーメイトやゼリー飲料、買っておくといいかと思います。

いろいろ省いて雑にまとまってしまいましたが、質問などありましたらLINEでもお願いします。坂根のLINEは24時間受付中です()。
あと、こういうのも載せてくんなきゃわかりづらいなどもありましたらぜひ。

つま恋メンバーの方々の健闘を北海道より心から祈っております。ファイトです!
無事に帰ってきてください*(^o^)/*

それではLINEに張り付いております……

このページのトップヘ