サムライの国

北海道大学男子ラクロス部15のブログです。

カテゴリ: たかき


OBとお話しできた機会と、何回目かの東北戦を見て思ったことを





あの東北戦から半年、


試合に出ていた人たちも、応援していた人たちもあれほど本気で勝ちを欲し、あれほど痺れる試合の経験は脳裏に焼き付いて離れないはずだろう。


特に試合に出ていた人たちは感じたはず。

1つのGB、1つのクリア、1つのライド、1つのパス、1つのキャッチ、1つのショット、1つのチェイス、1つの1on1、、、、、
で、勝負が決まってしまうという現実を。







今の練習にその現実の厳しさがあるだろうか、






もしも4Qの同点の場面で、得点できるビッグチャンスが自分に起こった時、100%決めると自信をもってショットを打てるだろうか、

もしも圧倒的に相手の流れになっている場面で、1on1を仕掛けられた時、ここでボールダウンをして流れを変えてやると自信をもって挑めるだろうか、

もしもこのGBをすくえばブレイクを作れる場面で、絶対にすくうと自信をもっていけるだろうか、





当時の自分にも今の自分にもそんな自信はない。
このままでは大切な時に緊張で打ちひしがれてしまう。



全ての『自信』を生み出すのは日々の練習、日々の自主練に他ならない。

練習からそれができていれば本当の勝負の時に『自信』が後押しする。

試合で起きる場面を想定して自主練していれば、自然と勝負のその場面で落ち着いていられる。





常に勝負の瞬間を意識しているか




17LAXの三地区戦まであと半年。
あと半年しかない。
真の『自信』をつけるには今が最後のチャンスだと思っている。
その危機感をみんなで共有したい。
















完全に早稲田にやられました笑












なにを書くともなく徒然と














最近の部活すごい楽しいなぁーって、











こういうことってあんまりよくないんだろうけど











同期とラクロスやるってプレー中ニアニアしちゃうくらい楽しいんだよねー、












去年はあまり一緒にやることなかったし













こんなにコイツできるんだーっとか、ここ上手くなったなーとか











あまり変わってないなーとか笑











何1つ変わってない人はいないけど












そう考えると、16Lax終わってから早1ヶ月











ラクロスうまくなれたのかなー











勝負を決めた失点の原因は俺なのに












ビデオ見るといつもなんとも言えない感情が湧き出てくるのに












あの敗戦から何か変われたのかなー




















たぶん何も変わってない















むしろ退化してる












ラクロスについて考えてるつもりになってんだろーなー











なにもわかってないのに












こういうときはとりあえず動いた方がいいのかな












たしかに最近壁当てしてないや












wall ball見てからサカグラいこ














そー。










来週には1つ、自分のラクロス人生にとって大切な日になる












同年代には、てか、1つ上もいるけど












絶対に負けたくない












また1つ上手くなる












ブログ書きたくなったんで書きました。












最後まで読んでくれてありがとー笑












何も内容ないけど












明日の部活も楽しみだー















おわり。




明日はリーグ戦でもっとも難しい試合になるのかもしれない。




半年前には夢にまでみたAチームに自分はいて、試合に出るチャンスをもらっている。




緊張と興奮で試合前日はいつもソワソワする。




失敗やミスをしてしまうんじゃないかと不安になることもある。




ただ、そんなのは机上での妄想にすぎない。




グラウンドに立つ者にはそれなりの責任がある。




北大を代表してプレーする者として自信をもって挑む。




最高の緊張感だ、




俺は13の目標達成に貢献したい。



また15にとって悔しい結果となった。15が頑張ってないのかなー?僕は別にそうは思わないし、むしろ、サカグラとかトレセンで見るのは15が多いし、、、



なんでかなーって考えてたら、やっぱり先輩たちによく言われることが引っかかるんだよなー、





『15は何を考えているか分からない』





みんなが本当にそうなのかは分からないけど、別に他の代がすごい考えているなって思うことが多いわけではないんだけど、、、
でも、そう見えるならそうなんだ。


っで、どうするのがいいのか考えてみました!


『ラクロスノート』





とりあえずこれめっちゃ書いてみませんか!
書き方はいろいろあると思うけど、
今日の練習で意識すること3つ!
とか、
ビデオ見て思ったこと全部書き残しておくとか、
先輩に、コーチに言われたことパパッと書くとか、
ミーティングで言ってること、言われたこと、思ったこと書こうとか、
練習メニュー毎に思うこと書くとか、



とりあえず何かを残す!



当然だろって思ってたらごめん。
でも、Aミーティングでノート書いてるの僕だけだったし(先輩方は書くまでもないのかもしれないけど)、、、
僕は書き残しておかないとすぐ忘れちゃうから、何度も同じミスできるだけしたくないなーって思ってるから、暇なときに書いてる!

やっていったら、自然とプレーに関して考えるようになるし、(先輩たちが言ってる根本的な考えてなさそうって意味間違ってたらごめんなさい。)

それに、毎回の練習に「やってやるぞーっ!!」って思って挑めるし!

やれることはやってみよー!って話です。


明日の武者修行に向けてテンション上げてます!





おわり!くごっち早く〜


一年生大会が終わって1週間が経った。

僕はこの1週間全くクロスに触れていない。負けたのが悔しかった。ただただ悔しかった。試合のあと自分はムッとしていた。負けた試合のあとになんで笑っていられる人がいるのか僕には分からなかった。耕節さんに撮ってもらった写真でも1ミリも笑えなかった。これから何かアクションを起こさなければ北海道でさえ1番になれないことはわかっている。ただ、自分がクロスを握ってサカグラへ向かうこと、15に対して声を張って何かすることはなかった。何かが失われた。

練習もなく1人の時間が増えた。考える時間も増えた、答えは出ない。気持ちは焦っているがどこか冷めている。負けた理由は単純だ。自分がやってきたと思っていた努力を他大の人は越していたのだ。現実と理想は大きくかけ離れている。上手い人たちは今つま恋にいる。自分は札幌に居残りだ。悔しい、悔しすぎる。屈辱でしかない。それなのにケガにあまえて現実を見つめようとしない。そんな自分が嫌いだ。

でも、やっと気付いた。あの敗戦から自分はずっとラクロスのことを考えていた。ラクロス部のこと、15のこと、自分のこと、ずっと考えていた。僕はもうラクロスの魅力に取り憑かれた。ラクロスが好きだ。上手くなりたい。強くなりたい。勝ちたい。どんな手を使ってでもAチームに這い上がって、北大を代表してプレーして試合に勝ちたい。

幸いにも負けて終われるような根性ではない。

このページのトップヘ