サムライの国

北海道大学男子ラクロス部15のブログです。

カテゴリ: かっしー

どーもATリーダのたくみではなくて、平ATの柏原です。前回のブログが適当で、つまらないなどの不評と、ATリーダーがなかなか書かないので、前回のブログの続きを書きたいと思います。

まず自己紹介をかねて言っておきたいのは、剣道はそこそこ強かったということです。ラクロスが弱いせいで、あいつは剣道も弱かったんだろうとお思いのみなさんは注意してください。剣道は小学校から始めて高校まで12年間やっていて3段を持っています。この前も帰省したときに、剣道部の練習を見に行った時は、防具から竹刀まで後輩がセットまでして向かい入れられました。これを言った時、全員が爆笑してましたが、まじの話なので十分注意してください。じゃあなぜ大学の剣道部に入らなかったのかというと、練習を見に行ったときに、あまりの強さにびびったからです。これは北大の剣道部のレベルが高いからと考えて欲しいです。そして、ラクロス部を選んだ理由は、棒をつかってやるなら、剣道をいかせるのではないかと思ったことと、体験会の時にお前ならすぐにBチームに入れると言われたからです。この二つは、入って一週間で間違いであったと気づきました。ふざけんな!

とまあ自己紹介として言っておきたかったことは書いたので、次はこの前来てくれはった日本代表の方々がアドバイスをしてくれたことについて自分なりにまとめて書いてみようと思います。

まず、ロールについてです。特に自分は、ロールのキレがなく、ポロリも多くて、全く武器にならずに困っていました。それを相談したところ、ロールのときの大きな意識の違いが見つかりました。それは、足のステップではなくて、重要なのは上半身の軸が大切だということでした。首から腰までの軸とクロスの軸を平行に、首から素早く回転させ、その反動でクロスと上半身がくっつきながら回転させることが重要なのだそうです。足の踏み込みを意識するあまり、前傾姿勢になり、そのせいで上半身の回転半径が大きくなる結果、クロスも大きな円を描いてしまい、ボールが飛ぶ出してしまっていたんだと気づきました。

そしてもう一つは練習が静かすぎるということです。もっと全員がヤジでもいいから声を出して、にぎやかに練習することが大切だと思います。その方が、お互いにアドバイスも言いやすいし、グラボのときなどのコミュニケーションなどもとりやすくなると思います。もうどんな声を出したらいいのか分からない人は、テンションが上がりそうな曲とかでも歌ってくれると、雰囲気も良くなるし、音楽を聞きながらの方が集中出来るという話も聞いたことがあるんで、ぜひお願いします。自分が好きな曲で全然大丈夫なんで安心してください。

書きたかったことは以上です。ATリーダー!早く書いてください!笑

どーも開幕戦観戦中の柏原です!クウォーターの合間にちょこちょこ書いてます。

いよいよ夏休み入りました!つい1週間前までは勉強でバタバタしてましたが、これからいよいよラクロスに集中できます!帰省などで、みんなクロスも新しくなり気合いも入っていると思います。僕もヘッドはエボXの青色、シャフトは銀色の中でももっとも輝く銀色のやつにしました。プレーももっとも輝きたいと思います!…というふうにひとスベりしたあとは、明日の試合の意気込みについて書こうと思います。

明日は一年生大会です!この前の三つ巴では試合には勝ちましたが、内容は納得いかないものでした。僕自身も納得いくプレーはできませんでした。明日は一人一人が自分で決めるつもりで闘志あるプレーをしましょう!

次は明日の試合の総括を含めて、アタックリーダーの中川拓巳くんお願いします!

このページのトップヘ