北陸本線を撮る

北陸本線をただ無能に撮っていくブログです。コメント、相互リンクとも募集中です。お気軽に両方ともコメントでお知らせください。なお、画像、文章の無断転載は固くお断りいたしますが、使用に当たっては利用目的を明記の上Twitterのアカウント(@hisui4537)の方へ直接連絡いただければ検討いたします。

485系新潟車「北越」「能登」運用編成

2012年まで急行能登、そして2015年の北陸新幹線開業までは急行北越として北陸の地を訪れていた485系新潟車。その全編成の写真をまとめておきたいと思います。



国鉄色編成 K1編成 K2編成 T18編成
K1
485系K1編成

K1(2)
国鉄色として臨時急行能登、特急北越として運用に就いていました。

K2
485系K2編成

K2(2)
金沢方先頭車両の特急シンボルマークは貫通用と同様に左右に分かれるタイプのものを装備していました。


T18
485系T18編成

T182
新潟方先頭車両は北海道仕様に作られた1500番台でヘッドライトの形が他の車両とは異なっていました。


上沼垂色編成 T11編成 T12編成 T13編成 T14編成 T15編成

T11
485系T11編成

T12
485系T12編成


T13
485系T13編成


T14 (2)
485系T14編成


T15 (2)
485系T15編成

T15
489系が北越の代走をした際には高岡駅で並ぶ光景が見られました。

T16編成、T17編成は快速くびき野運用専用となっていたことから私が北陸本線内で見ることはありませんでした。



485系3000番台R編成
R21編成、R22編成、R23編成、R25編成、R26編成、R27編成、R28編成

R21
485系R21編成

R22
485系R22編成


R23
485系R23編成

R25
485系R25編成

R26
485系R26編成
元特急はくたか運用であったこともあり先頭車両運転席下側面にはウィングマークがありました。
一時期前面ヘッドマークの部分が真っ白だった時期がありました。

R27
485系R27編成

R27 (2)
R27編成にもウィングマークがありました。
このウィングマークですが2011年6月に撤去されました。

R28 (2)
R28
485系R28編成
この編成はJR羽越本線脱線事故で廃車となったR24編成を補う形で組成された編成です。

上記理由からR24編成は廃車となったことなどもあり撮影しておりません。




北陸地区では以上の485系が活躍しておりました。
ジョイフルトレインの485系は本項目では記載しておりませんので悪しからずです。
その大半は2016年9月現在廃車となっておりますが、R編成が数本まだ健在のようです。
残りの活躍にも期待ですね。
訂正などありましたらお知らせください。



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-1339086251289564"
data-ad-slot="2822171336">





【国鉄急行色】475系A19編成の動画

お久しぶりです。

北陸新幹線の開業からあいの風とやま鉄道の運用開始などいろいろなことがこの数年間でありました。

あいにく私は現在北陸におらず、帰省した際に見る程度となっています。

北陸新幹線についてはまた近々別で記事を書こうと思います。


そんなこんなで475系もB編成に組み込まれたものを除き全て松任送りとなりましたね。
久しぶりに動画ファイルを見つけたので色々見ていると475系の懐かしの映像がいろいろあったのでこの機会にA19編成のみで全てまとめてみました。



一時は鉄道文化遺産としてこの475系国鉄色のA19編成を、京都の鉄道博物館に持っていくやら色々な憶測が飛び交いましたが、結局北陸本線系列で展示となったのは583系と489系とトワイライトエクスプレスのみのようですね。

色々と期待していただけに残念です。

そうはいえども未だに松任で解体されず、窓も割られずにおかれているところを見ると、富山機関区のEF81-1のようなポジションなのでしょうか。私にはわかりませんが。


私は現在関西に居ますが、常々この車両のボックスシートを懐かしく感じます。
こちらでは基本的にロングシートか転換クロスシート。
帰省しても、基本的に521系の転換クロスシート。時間的な面から413系に乗ることはめったにないですね。

一度413系にも乗車できましたが、あいの風になってからはえらい混雑で、本当に富山かと目を疑ったものです。

こんな感じでたまにではありますが、JR時代の北陸本線の動画を出していく予定です。

ありがとう、特急はくたか

今回は特急はくたかの動画です。

基本編成は683系と681系。過去に485系、489系での運用もあり。

代走の印象が一番深かったといっても過言でないのがこの列車でしょう。トラブルで遅れたとなると大体は能登用の489系を用いて運用についていました。その為駅に行けばやたら古めかしく懐かしい塗装を纏った列車に目を疑うこともしばしばありました。インバーター音も新幹線のような独特な音がしていたものです。東芝のVVVFがほとんどだったようですが。



編集は越後湯沢から富山を経由し金沢方面へという状況で作ってあります。車内の撮影自体少ないですし肝心の160km運転の動画は撮れたかすらわからない状態なので車窓で一部だけです。基本的に富山-倶利伽羅なので富山県内区間での撮影がほとんどとなっています。途中ぼちぼち2009~2011年ごろにかけて撮影した489系なんかも出てきます。

ちなみに2:07~2:15にかけての489系は2011年2月26日の特急はくたか12号 金沢行きとして運転されたものですが、遅れの時間が10分未満ということで一時的に一部で話題になっていたものです。本来は160km運転出来ないことも含め10分程度の遅れが出ていました。

在来線での特急はくたかは消滅しますが2015年3月からは北陸新幹線の東京ー金沢間で各駅停車の運用に就く列車がはくたかとして名称を引き継ぐこととなっています。

新幹線となったあともはくたかの活躍に期待です。

【送料無料】特急はくたか(Blu-ray Disc)

【送料無料】特急はくたか(Blu-ray Disc)
価格:5,355円(税込、送料込)

惜別 往年の急行型457・475系交直両用電車

動画です。475系も残すところあとわずかとなりましたのでストックしてあった分、および没になった動画を合わせてPV風にしてみました。

デッキ付で過去は急行、今は普通列車として運用され、古さから地元ではボロなどと呼ばれたこともありましたがこのたび521系、413系に後を託し退役することとなりました。冬場はデッキのおかげで車内保温ができていた反面、同じく保温のため手動ドアとなった際には扉が重く開閉に時間がかかり乗降に手間取ることもしばしば。通勤用でありながら急行型扉だったこともまた然り。

運用区間は本来の北陸本線のほかに代走として七尾線、今となってはライトレールとなった富山港線のラッシュ時の運用にも入っていました。

印象深かったのは富山港線の区間が富山の県内ニュースで取り上げられた際ですが、駅間が短く、徒歩で走れば発車した475系に追いつけるという企画がありました。475系がメインではなかったのですが登場したのは475系でした。

撮影は比較的倶利伽羅が多かったですがバリエーションも多く楽しめる車両だったように思います。



編集構成としてはできるだけ走行シーンを多めにするようには心がけました。というのも普通運用ばかりで撮影にこれを利用していた自分としては走行シーンの撮影の際は少なからず移動を要するためあまり走行シーンは撮れていなかったためです。

撮影はおおよそ2012年ごろからのものです。

緑の窓口
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
要注意
このブログではアフィリエイトプログラムを利用しております。管理人が見つけたオススメの商品を数多く紹介しておりますが、実際の商品のご購入に関しましては、お客様とリンク先のホームページ管理人とのお取引となります。お取引に当たりまして、当ブログ、並びに管理人は一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。ご購入前、ご購入後の価格、諸費用、在庫状況、配送確認、不良品などについてのお問い合わせは、お取引先までご連絡ください。
livedoor プロフィール
  
QRコード
QRコード
アクセスカウンター

    • ライブドアブログ