北水会記念病院打越PTによる高齢者の「潜在力」を引き出すトランスファーの研修が開催されました。

高齢者の自発的な動きを「待つ」こと、介護職としてとても大事なことであり、なかなか出来ないことでもあります。


本当に自立を促すのであれば、「待つ」「促す」ことは大変重要。


日々の介護で高齢者の「潜在力」を失わせないようケアしなければなりません。

改めて、気づかされました。

DSC_0266

DSC_0298

DSC_0223

DSC_0305