皆様、お初にお目にかかります!
北海道大学水産学部應援團と申します!
創設は1971年と長い歴史を持ちますが、
日々精進を重ね、進化し続けております!
宜しければ、ご高覧頂けたら幸いです!
お問い合わせ・ご連絡はこちらまで↓
hokusuiouendan@gmail.com

6月12日 北洋航海出港式

しばらく更新することができず、申し訳ございませんでした。

去る6月12日に、洋上実習兇慮送りを行いました。

今回の洋上実習兇呂しょろ丸4年ぶりの北極圏への航海が実施されます。

そして、なんと浩い砲覆辰峠蕕瓩討粒姐餽匈い任發△蠅泙后

函館からは学生は乗船せず、クルーの方たちだけでの出港でした。

應援團としましては、前日の6月11日の荷物積み込みの際に、ささやかですが差し入れをさせていただきました。

約2カ月間に及ぶ長い航海なので、クルーの方たちのご家族がお見送りにいらっしゃっていました。

おしょろ丸の航海のなかで、最も長い期間の航海であるので、無事に調査を終え函館まで帰ってきてほしいという思いをいつも以上に込め、
また、東京から乗船する学生たちに思いが届くように、エールを贈り、水産放浪歌を歌いました。

そして、船が見えなくなるまで突き上げを行いました。

おしょろ丸を見送るときはなぜかいつも涙が出そうになります。

新入団員にとっては、初めての出港式でしたので、今後出港式を行っていくうえでの参考になったのではないでしょうか。

また次の出・帰港式や應援團の活動に向けて頑張っていきたいと思います。

文責:中尾(B4)

5月23日海洋生物科学科洋上実習帰港式に関して

北海道大学水産学部應援團 OB 各位
弊團を支えてくださるすべての方々 各位 

ご無沙汰しております。
皆様には日頃よりご指導ご鞭撻を賜り、心より御礼申し上げます。


今回は、去る5月23日の海洋生物科学科洋上実習帰港式に関して、ご報告申し上げます。

まず、5月23日海洋生物科学科洋上実習帰港式を執り行うことができなかったことを心よりお詫び申し上げます。

本来ならば、團長として指導していかなければならない時期に、調査のためではありますが不在にしており團員に技術を十分に伝えることができなかったところ、練習や技術が未熟である團員に任せてしまったというところで、團長としての指導が行き届いていなかったことを深く反省しております。

また、できないならばできないと、当日にいうのではなく前もってその旨を伝えることも可能であったし、服装は正装を着用することも可能であるのに、そうしなかった團員にも落ち度があります。

しかしながら、当日出席しなかった團員については、当日授業があり参加できないとの旨を事前に聞いておりましたので、ご容赦ください。

今回は、應援團の自覚にかけた行動によってこのようなことを招いてしまい、大変申し訳ございませんでした。

弊團、まだまだ未熟な所が沢山ございますが、この問題を機に改めて自らの行動を見つめ直し、應援團としての自覚を持って活動して参る所存でございますので、ご指導ご鞭撻、ご愛顧のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。


北海道大学水産学部第四十六代應援團 團員一同

5月12日 海洋生物科学科洋上実習出港式に関しまして

5月12日〜23日に実施される

海洋生物科学科洋上実習の出港式に関してですが、

団長が道外での調査のため長期不在であること、

団員1名が実習に参加すること、

残る団員2名は出港式を任せるには技量が未熟であることを考慮し、

應援團としての出港式は執り行わないことに決定いたしました。

なおこの決定事項は、事務の船舶係の方にもお伝えしております。

應援團としての出港式を執り行うことができないことに関しまして、

大変申し訳ございません。

なお、海洋生物科学科3年生の皆様には、

應援團より差し入れをさせていただきます。

5月12日の出港時刻は、17:00(予定)となっておりますので、

お時間に余裕のある方がいらっしゃいましたら、

函館港(弁天埠頭)から盛大におしょろ丸を見送っていただければと思っております。

文責:中尾(B4)





新入団員紹介

4月が終わり、5月に突入しまして、

そろそろ活動が本格化していくにあたり、

ここで、第46代應援團の団員紹介をさせていただきます。

第46代 団員紹介

syasinn

役職:団長
氏名:中尾 眞子
出身:大阪府
学年:4年
所属:海洋資源科学科 生態系変動解析分野
一言:頑張ります。

以下、新入団員。

IMG_4315[1]

役職:団員
氏名:越田 成
出身:大阪府
学年:4年
所属:海洋資源科学科 生態系変動解析分野
団長からの一言:団員がいないと嘆いていたら、入団してくれた新入団員。お互い4年生で忙しいが頑張ろう。

IMG_4317[1]

役職:団員
氏名:竹渕 繭
出身:静岡県
学年:3年
所属:海洋資源科学科
団長からの一言:ガチの山ガールですね。その自由さを應援團の活動でも生かしてほしいです。入団してくれてありがとう。

IMG_4305[1]

役職:団員
氏名:鈴木美奈
出身:茨城県
学年:3年
所属:海洋生物科学科
団長からの一言:平成27年度寮歌の作詞者ということで、歌に熱いイメージがあります。歌も演舞も覚えていきましょう。

以上、4名で第46代應援團は活動を行っていく所存でございます。

新入団員の中には、元恵迪寮生で水産放浪歌や都ぞ弥生などの寮歌に触れたり

本学応援団の演舞や式を目にしたりする機会が多かった者もいれば、

全くそういうものに触れてこなかった者もいます。

技術の習得に時間がかかり、

また至らないところが多いと思われますが、

温かい目で見守っていただければ、幸いでございます。

なお、3年生が2名入団してくれましたが、

人数が不足していることに変わりはないので、

引き続き団員募集の呼びかけをしていきたいと思っております。

よろしくお願いいたします。

文責:中尾(B4)








新歓

4月17日に第3回目の應援團の新歓をしました。

みんなで楽しく作れる、餃子を作りました。
IMG_4264[1]

餃子というものは、作るのがなかなか難しく、

うまく包めませんでした。

でも、自分たちで作ることに意味があると信じ、

見た目は気にしないことにしました。

肝心の味はとてもおいしかったです。

IMG_4269[1]

この後、4人くらい3年生が来てくれました。

授業の話や、これまでに参加した新歓の話など

いろいろな話が聞けて楽しかったです。

すでにサークルや部活を始めている3年生が多かったですが、

應援團にも入ってほしいですね。

文責:中尾(B4)




新歓

4月14日に2回目の新歓を行いました。

この日は、18時から講義棟で説明会を行いました。

しかし、待てど待てど人は来ず、

となりで北水祭実行委員会も説明会をしていたので、

飛び入りで一緒に説明会をさせてもらうことにしました。

北水祭実行委員会の説明会に来ていたのは、6~7人でしたが、

應援團がどんなものか知ってもらえたと思います。

是非この後の應援團の新歓に来てほしいと思いました。

文責:中尾(B4)

新歓

4月12日に應援團の第1回目の新歓を行いました。

講義棟で簡単な應援團の活動説明を行った後、

団室でご飯を食べるというものでした。

いつもは、鍋をすることが多いのですが、

たまには違うものにしてみようと思い、

チーズフォンデュをやることにしました。

IMG_4259[1]

同期の男子が1人と3年生の女子が2人来てくれました。

この後、3年生の男子が1人来てくれました。

是非入団してほしいですね。

文責:中尾(B4)



合同新歓

4月7日に、水産学部の各サークル・部活動団体が集まって新歓する

「合同新歓」が行われました。

應援團では、ブースでバザーを開きました。

炊飯器や扇風機など、先輩が残してくれた家電を

無料であげる代わりに、スライドでの應援團の活動説明を聞いてもらうという形にしました。

アピールタイムでは、みんなで都ぞ弥生を歌いました。

3年生も4年生も、サークル・部活関係なく肩を組んで歌ってくれ、

なかなか雰囲気が良いものとなりました。

新入団員が入ったかどうかについては、新歓が終わり次第、

お知らせできればと思います。

文責:中尾

3年生来る‼

4月3日に3年生に向けての移行式・学科別ガイダンスなどが行われました。

私は、研究室の顔合わせで、直接ビラ配りには行けず、

友達にビラだけ託しました。

新入生が入ってくれるといいですね。

文責:中尾B4

卒業式

2017年3月24日に、北海道大学水産学部および、水産科学院の卒業式が

行われました。

前団長の畑さんも、出席されていました。

卒業生の皆様の門出を祝うべく、

「水産放浪歌」を歌い、エールを贈りました。

「水産放浪歌」は、卒業式verの歌詞をつくり、

卒業式のプログラムと共に卒業生の皆さんに

配っていただきました。

先生方や水産放浪歌が歌える卒業生の方も

歌ってくださり、

社会や大学院という大海原へ出ていく人達への

想いを共有できました。

文責:中尾

Twitter プロフィール
QRコード
QRコード
楽天市場
  • ライブドアブログ