北鎮海軍工廠

旧日本海軍艦艇の製作紹介

My name is hokutin navy Living in Japan
Battleship, aircraft carrier, Cruiser, destroyer I loving ship model

3
九州地震におきまして、被害にあわれた方に謹んでお見舞いと一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
誕生から20数年間 国民に親しまれ 外交では睨みを利かせた 栄光の戦艦「長門」

rriol

2014年08月03日より製作・紹介が始まりました、製作年次設定は昭和16年12月8日三宅島東方沖、真珠湾に向かう(南雲機動部隊収容のため)姿を実写真等を交えて製作紹介していきたいと思います。

----------布陣----------
「フジミ製 1/700 戦艦 長門 開戦時 特-29 」  +  「フライホーク製 1/700 戦艦長門用エッチング(フジミ用)

      完成画像集             完成画像集 (2) 



----------資料----------
「終戦帝国艦艇のブログ 長門1945」
終戦帝国艦艇のブログ
(終戦帝国艦艇のブログ様の許可を頂いております)



「艦船模型の製作と研究 長門・陸奥 不二美術(
Fujibi)模型出版部 」  
rtrd6 - コピー



「長門型戦艦 (歴史群像 太平洋戦史シリーズ)学研 」     「丸スペシャル 戦艦長門・陸奥」 1111

      無題     artj

  

「Bikini Wreck Diving: HJIN 長門 2013 Lust4Rust trip 」




先回の工程:「内火艇」・「ランチ」を考証しました。

4tw23
↑フジミキットの内火艇群中、最左翼の17m水雷艇は実は15m長官艇だということが確認できました、詳しくは先回号を確認願います。↓
記事タイトル:長門の内火艇・ランチ(61)←クリック!

本日の工程:「内火艇」・「ランチ」を作成開始します。
1 15m長官艇×1を作成します、これキットに無いので17m水雷艇を改造します
(1)↓イメージ図です、2m違いでも いかに17m水雷艇がデカイか解りますね サテ いかに改造しようか・・・ 
tittfol

(2)↓煙突後方 内火艇甲板に配置された順に並べました、まだキット素組です。クリック拡大
tip@
(3)↑左舷の17m水雷艇を15m長官艇へ改造開始! タミヤ精密ノコギリで17m全長を15mへ短縮

(4)↓フライホーク長門エッチングの17m水雷艇パーツも2m分短縮し 接着していきます。クリック拡大
fasff
↑左翼の15m長官艇に注目 長官艇のトレードマーク「スロープ」も再現してます、右翼の17m水雷艇はノーマル、他の 小型艇群はタミヤ汎用パテで山盛りにしシートカバーで覆われた感じにしました 先回号記事に「スロープ」等 詳しい説明があります。➡記事タイトル:長門の内火艇・ランチ(61)←クリック!

(5) 17m水雷艇と15m長官艇にハンモック防御(弾片防御)を施します!クリック拡大
goiop
 ↑ハンモックは伸ばしランナーで大量生産しました クリック拡大


2 12mランチ×2艇と11m内火艇に断片防御ロープを巻いていきます。 
(1)↓断片防御ロープは写真右のメタルリギングを使用、船体に瞬間接着を塗り コレを等間隔に5周位巻いてストップ ! ピンッと張ったまま10秒以上ガマン(息が出来ない・・・)、接着材が乾いたら次の5周をまた繰り返します(スケール換算で太さ約33mmのロープ)クリック拡大
yryy
    ↑スケール換算で太さ約33mmのロープになります

(2)↓12mランチと11m内火艇につや消しトップコートスプレーを吹いて完成!クリック拡大
gillu
↑瞬間接着でテカテカしてたので、トップコートつや消しスプレーでしっかり「つや消し」してあげます。


3 内火艇群完成! 早速「長門」の内火艇甲板に固定しました
pjppoi

内火艇群完成! 次回は短艇甲板の9mカッターですかな

 「人気ブログランキング 艦船」に参加中です!よろしければポチッと押してください 

閲覧ありがとうございました。
意見、要望、質問がありましたらコメント欄にお願いします


NEW
↓みんカラ始めました  クリック!↓ NEW

logo

3
九州地震におきまして、被害にあわれた方に謹んでお見舞いと一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
誕生から20数年間 国民に親しまれ 外交では睨みを利かせた 栄光の戦艦「長門」

rriol

2014年08月03日より製作・紹介が始まりました、製作年次設定は昭和16年12月8日三宅島東方沖、真珠湾に向かう(南雲機動部隊収容のため)姿を実写真等を交えて製作紹介していきたいと思います。

----------布陣----------
「フジミ製 1/700 戦艦 長門 開戦時 特-29 」  +  「フライホーク製 1/700 戦艦長門用エッチング(フジミ用)

      完成画像集             完成画像集 (2) 



----------資料----------
「終戦帝国艦艇のブログ 長門1945」
終戦帝国艦艇のブログ
(終戦帝国艦艇のブログ様の許可を頂いております)



「艦船模型の製作と研究 長門・陸奥 不二美術(
Fujibi)模型出版部 」  
rtrd6 - コピー



「長門型戦艦 (歴史群像 太平洋戦史シリーズ)学研 」     「丸スペシャル 戦艦長門・陸奥」 1111

      無題     artj

  

「Bikini Wreck Diving: HJIN 長門 2013 Lust4Rust trip 」




先回の工程:「起倒式クレーン」を作成しました。

gdge

↑クレーンを寝かせた状態で作成しました


本日の工程:「内火艇」・「ランチ」を作成します。
↓場所的にはココ↓
IMGfsd
↑煙突後方に集約されてます、主砲発砲時の爆風から艇類を守るため、周囲の構造物で守られてるのが解ります。

↓上から見た図です、コレ「不二美術(Fujibi)模型出版部 」より抜粋です、既にMyブログ「2016年01月31日記事  長門の短艇甲板(56) 」記事の考証結果を基に、煙突より前部は大胆にPC加工してあります。クリック拡大
sddfff - コピー
↑今回の考証メインは煙突後方の「内火艇」と「ランチ」群!、フジミ1/700キットもこれと同じ配置になってます。


↓実際の動画でも 内火艇類の配置が うかがい知り得ることができます↓
         
                      「動画で見る長門と陸奥」
↑↓この動画後半(1分57秒後)に「航空機から撮影された長門」がでてきます、その内火艇類の配置が「不二美術図面」と一緒であることが考察されます。↑↓ クリック拡大
gsffw
↑11メートル内火艇(黄色)が一段高い所に斜めに固定され、奥の12メートル内火ランチ(青色)が見えないのが残念です、 取り敢えず これが基本配置と言っていいでしょう。

↓では それぞれの艇を 図で見てみましょう、因みに上から2番目の15m長官艇は「不二美術(Fujibi)模型出版部 」に掲載されてません。 クリック拡大
dqwdqw - コピー (2)
15m長官艇黄色いスロープを覚えといてください、他の艇には無い形状ですね
15m長官艇は連合艦隊司令長官・各艦隊司令長官等が座乗する艦に搭載し、専用艇として使われてました)

↓次に各艇の搭載数ですが↓
ウイキペディアの陸奥では下記の様に謳われてます↓
【1941年】 
 17m水雷艇 x 2
 12m内火ランチx 2
 11m内火艇 x 1
   9mカッターx 5
   6m通船x 1
※司令長官乗艦時には15m長官艇を搭載

②1/700長門(フジミ)のキット内容↓
【昭和十六年 開戦時】 
 17m水雷艇 x 2
 12m内火ランチx 2
 11m内火艇 x 1
   9mカッターx 6

③1/350長門(ハセガワ)のキット内容↓
【昭和十六年 開戦時】 
 17m水雷艇 x 2
 12m内火ランチx 2
 11m内火艇 x 1
   9mカッターx 6
↑①②③比較で気が付いたのは、「②③は開戦時キットなので15m長官艇を積載すべきなのでは?」です、昭和16年12月8日連合艦隊旗艦「長門」は「南雲機動部隊の収容支援」という目的で瀬戸内海を出撃してます。

15m長官艇積載根拠を探すべく写真資料を探したところ、昭和16~17年写真2枚に15m長官艇(赤色に着色)
らしき艇が写ってます クリック拡大
4tw23
↑先程の「15m長官艇の黄色いスロープ」がこれに合致すると思います、ちなみに当時の艦隊編成と座乗長官は↓
・昭和16年写真は第1艦隊第1戦隊旗艦      司令官:山本五十六 海軍大将
・昭和17年8月写真は第1艦隊第2戦隊旗艦  司令官:清水光美 海軍中将
よって写真とおり、船体左側は17m水雷艇でなく、15m長官艇であるのは明らかですな。

↑因みに昭和16年写真の15m長官艇
はハンモックで弾片防御されてます、コレの近距離撮影写真がないか探しましたところ・・・・・

↓アッタ!撮影年次・母艦不明ですが17m水雷艇らしき艇がハンモックで弾片防御されてるのが詳細に解ります。クリック拡大
fwwe
↑ハンモックをする・しないは 艇の重要度で決めてるのでしょうか?ハテサテ・・・・・

本日 時間切れ 次回も内火艇でガンバリマス

 「人気ブログランキング 艦船」に参加中です!よろしければポチッと押してください 

閲覧ありがとうございました。
意見、要望、質問がありましたらコメント欄にお願いします


NEW
↓みんカラ始めました  クリック!↓ NEW

logo

3
九州地震におきまして、被害にあわれた方に謹んでお見舞いと一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
新車購入と九州災害関連の仕事が重なり ブログ更新が遅れました事 お詫びいたします。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
誕生から20数年間 国民に親しまれ 外交では睨みを利かせた 栄光の戦艦「長門」

rriol

2014年08月03日より製作・紹介が始まりました、製作年次設定は昭和16年12月8日三宅島東方沖、真珠湾に向かう(南雲機動部隊収容のため)姿を実写真等を交えて製作紹介していきたいと思います。

----------布陣----------
「フジミ製 1/700 戦艦 長門 開戦時 特-29 」  +  「フライホーク製 1/700 戦艦長門用エッチング(フジミ用)

      完成画像集             完成画像集 (2) 



----------資料----------
「終戦帝国艦艇のブログ 長門1945」
終戦帝国艦艇のブログ
(終戦帝国艦艇のブログ様の許可を頂いております)



「艦船模型の製作と研究 長門・陸奥 不二美術(
Fujibi)模型出版部 」  
rtrd6 - コピー



「長門型戦艦 (歴史群像 太平洋戦史シリーズ)学研 」     「丸スペシャル 戦艦長門・陸奥」 1111

      無題     artj

  

「Bikini Wreck Diving: HJIN 長門 2013 Lust4Rust trip 」




先回の工程:「張出・洗場・配管・舷外電路」等を作成しました。

fuoyigiu



本日の工程:「起倒式クレーン」を作成します。
写真↓はレイテ沖海戦発動後、レイテ湾突入前の最終泊地「ブルネイ湾」でのワンシーンです、泊地では水偵が重要な目となるので 起倒式クレーンを立てて航空機運用ができる状態になってます↓クリック拡大
gigtg
キットの「起倒式クレーン」も天空に「直立している状態で組立せよ」となっています が 今回の作成設定は戦闘航海中なので、ペタッと前倒しに格納された状態で作成しなければなりません。(↑写真を一部PC加工し 前倒しに格納状態を描いてみました)

          実際の格納状態を写真等で確認していきます↓ 
 
↓戦後 米軍撮影動画の長門です 「起倒式クレーン」が至近距離で撮影された 至宝の1カットですな クリック拡大
t3t35t - コピー
↑ 主要各所をPC加工で着色、見易くして 解った事は↓
 ・寝かされたクレーンの先端は「舷梯用?ダビッド」の位置にくる。(昭和16年ではダビッド有り)
 ・クレーン鉄骨下面は左半分が船体とピタッとくっ付いている感じ
 ・手摺(てすり)の取り回しが解る。
 ・舷外電路の取り回しが解る。

↓戦前の陸奥です 姉妹艦なので起倒式クレーン装置はほぼ同じ構造だろうと思い掲載しました。 クリック拡大
dasadxa
↑クレーン鉄骨下面の艦体と当たる部分(赤い部分)と 受側の船体面も平面であり 支持台らしき(赤い部分)ものが3~4か所確認できます。(一つ上段の飛行甲板はPC加工で黒色にしてます)

↓上空から捉えたショット 起倒式クレーンの鉄骨部先端が艦の舷側ギリギリに収まっているのが解ります。 クリック拡大
o7gtof

↓これらの考察結果を基に「不二美術(Fujibi)模型出版部 」図面を修正させて頂きました。(恐縮です 汗)
ijpuho
↑手摺(てすり)は元本にも描かれていたのですが、クレーン支柱等の修正を解り易くする為 あえて消去してます、他 「フェアリーダ」が後方に移動したのは 師匠「終戦帝国艦艇のブログ」様の記事:【考察】 戦艦長門 1945 (56) クレーン動力室について その1 の参考画像Ⅲに基づいたものです。

          ◆早速 作成開始 ↓

↓「舷外電路」・「舷梯用?ダビッド」・「クレーン鉄骨用の支持台」を製作しました。クリック拡大
fkug
↑舷外電路とダビッドはフライホークエッチングセットを使用、支持台はプラペーパーを細切りしました。

↓オーバースケールぎみ(太い)の鉄骨クレーンですが これは改造できないので やむなくそのまま使用しました。クリック拡大
goiu
↑クレーンシャフトはキットだと太すぎ! 伸ばしランナーとしました。

↓塗装してクレーン完成    しかし 切った 貼った 削った の跡が随所に見えます・・・アップ写真なので仕方ないか クリック拡大
yttooll
↑やっぱりクレーン鉄骨部がでかいですな、 仕方ない 諦めます

次回こそ内火艇ですかな・・・汗 

 「人気ブログランキング 艦船」に参加中です!よろしければポチッと押してください 

閲覧ありがとうございました。
意見、要望、質問がありましたらコメント欄にお願いします


NEW
↓みんカラ始めました  クリック!↓ NEW

logo

↑このページのトップヘ

                               Copyright © 艦船模型製作紹介 北鎮海軍工廠 All Rights Reserved.